南嶋 洋司

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/12 21:58
 
アバター
研究者氏名
南嶋 洋司
所属
九州大学生体防御医学研究所
職名
特任准教授
学位
M.D.(九州大学), Ph.D.(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年6月
 - 
現在
九州大学生体防御医学研究所 細胞機能制御学部門 分子医科学分野 特任准教授
 
2016年4月
 - 
2016年5月
九州大学生体防御医学研究所 細胞機能制御学部門 分子医科学分野 特別研究員
 
2015年2月
 - 
2016年3月
慶應義塾大学医学部 医化学 特任講師
 
2011年4月
 - 
2016年3月
独立行政法人科学技術振興機構 ERATO グループリーダー
 
2011年4月
 - 
2015年1月
慶應義塾大学医学部 医化学 専任講師
 
2010年10月
 - 
2011年3月
慶應義塾大学医学部 医化学 特別研究講師
 
2010年9月
 - 
2010年9月
慶應義塾大学医学部 医化学 特別研究助教
 
2010年9月
 - 
2011年3月
独立行政法人科学技術振興機構 ERATO 研究員
 
2004年9月
 - 
2010年8月
Howard Hughes Medical Institute, Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School 博士研究員
 
2002年4月
 - 
2004年9月
Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School 博士研究員
 
1996年6月
 - 
1998年3月
日本赤十字社福岡赤十字病院外科 医員
 
1995年6月
 - 
1996年5月
宮崎県立宮崎病院外科 医員
 
1994年6月
 - 
1995年5月
九州厚生年金病院外科 レジデント
 
1993年4月
 - 
1994年5月
九州大学病院第一外科 レジデント
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
九州大学 大学院医学系研究科 
 
1987年4月
 - 
1993年3月
九州大学 医学部 医学科
 

論文

 
Futatsugi K, Tokuyama H, Shibata S, Naitoh M, Kanda T, Minakuchi H, Yamaguchi S, Hayashi K, Minamishima YA, Yanagita M, Wakino S, Itoh H
Scientific reports   6 36533   2016年11月   [査読有り]
Tanaka N, Kosaka T, Miyazaki Y, Mikami S, Niwa N, Otsuka Y, Minamishima YA, Mizuno R, Kikuchi E, Miyajima A, Sabe H, Okada Y, Uhlén P, Suematsu M, Oya M
JCI insight   1(18) e83654   2016年11月   [査読有り]
Suhara T, Hishiki T, Kasahara M, Hayakawa N, Oyaizu T, Nakanishi T, Kubo A, Morisaki H, Kaelin WG Jr, Suematsu M, Minamishima YA
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(37) 11642-11647   2015年8月   [査読有り]
Kikuchi D, Minamishima YA, Nakayama K
Biochemical and biophysical research communications      2014年7月   [査読有り]
Bao Y, Mukai K, Hishiki T, Kubo A, Ohmura M, Sugiura Y, Matsuura T, Nagahata Y, Hayakawa N, Yamamoto T, Fukuda R, Saya H, Suematsu M, Minamishima YA
Molecular Cancer Research   11(9) 973-985   2013年9月   [査読有り]
Lin W, Cao J, Liu J, Beshiri ML, Fujiwara Y, Francis J, Cherniack AD, Geisen C, Blair LP, Zou MR, Shen X, Kawamori D, Liu Z, Grisanzio C, Watanabe H, Minamishima YA, Zhang Q, Kulkarni RN, Signoretti S, Rodig SJ, Bronson RT, Orkin SH, Tuck DP, Benevolenskaya EV, Meyerson M, Kaelin WG Jr, Yan Q
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(33) 13379-13386   2011年7月   [査読有り]
Bair S. M, Minamishima Y. A, Liao R. L, Kaelin W. G, Moslehi J
Circulation   124(21) 2   2011年   [査読有り]
Bair S. M, Minamishima Y. A, Liao R. L, Kaelin W. G, Moslehi J
Circulation   124(21)    2011年   [査読有り]
Moslehi J, Minamishima YA, Shi J, Neuberg D, Charytan DM, Padera RF, Signoretti S, Liao R, Kaelin WG Jr
Circulation   122(10) 1004-1016   2010年9月   [査読有り]
Minamishima YA, Kaelin WG Jr
Science (New York, N.Y.)   329(5990) 407   2010年7月   [査読有り]
Moslehi J, Minamishima Y. A, Padera R, Liao R, Kaelin W. G
Journal of Cardiac Failure   16(8) S2   2010年   [査読有り]
Moslehi J, Minamishima Y. A, Padera R, Liao R, Kaelin W. G
Journal of Cardiac Failure   16(8) 004   2010年   [査読有り]
Minamishima YA, Moslehi J, Padera RF, Bronson RT, Liao R, Kaelin WG Jr
Molecular and Cellular Biology   29(21) 5729-5741   2009年11月   [査読有り]
Minamishima S, Bougaki M, Sips PY, Yu JD, Minamishima YA, Elrod JW, Lefer DJ, Bloch KD, Ichinose F
Circulation   120(10) 888-896   2009年9月   [査読有り]
Minamishima YA, Moslehi J, Bardeesy N, Cullen D, Bronson RT, Kaelin WG Jr
Blood   111(6) 3236-3244   2008年3月   [査読有り]
Young AP, Schlisio S, Minamishima YA, Zhang Q, Li L, Grisanzio C, Signoretti S, Kaelin WG Jr
Nature Cell Biology   10(3) 361-369   2008年3月   [査読有り]
Minamishima S, De Yu J, Bougaki M, Adrie C, Minamishima Y. A, Lefer D. J, Ichinose F
Circulation   118(18) S1446-S1447   2008年   [査読有り]
Minamishima S, De Yu J, Bougaki M, Adrie C, Minamishima Y. A, Lefer D. J, Ichinose F
Circulation   118(18) S1446-S1447   2008年   [査読有り]
Yang H, Minamishima YA, Yan Q, Schlisio S, Ebert BL, Zhang X, Zhang L, Kim WY, Olumi AF, Kaelin WG Jr
Molecular Cell   28(1) 15-27   2007年10月   [査読有り]
Li L, Zhang L, Zhang X, Yan Q, Minamishima YA, Olumi AF, Mao M, Bartz S, Kaelin WG Jr
Molecular and Cellular Biology   27(15) 5381-5392   2007年8月   [査読有り]
Nakayama K, Nagahama H, Minamishima YA, Miyake S, Ishida N, Hatakeyama S, Kitagawa M, Iemura S, Natsume T, Nakayama KI
Developmental Cell   6(5) 661-672   2004年5月   [査読有り]
Ohtsuka T, Ryu H, Minamishima YA, Macip S, Sagara J, Nakayama KI, Aaronson SA, Lee SW
Nature Cell Biology   6(2) 121-128   2004年2月   [査読有り]
Ohtsuka T, Ryu H, Minamishima YA, Ryo A, Lee SW
Oncogene   22(11) 1678-1687   2003年3月   [査読有り]
Saimura M, Nagai E, Mizumoto K, Maehara N, Minamishima YA, Katano M, Matsumoto K, Nakamura T, Tanaka M
Clinical Cancer Research   8(10) 3243-3249   2002年10月   [査読有り]
Minamishima YA, Nakayama K, Nakayama K
Cancer Research   62(4) 995-999   2002年2月   [査読有り]
Shono M, Sato N, Mizumoto K, Minamishima YA, Nakamura M, Maehara N, Urashima T, Saimura M, Qian L, Nishio S, Nagai E, Tanaka M
Cancer Letters   170(1) 81-89   2001年9月   [査読有り]
Sato N, Mizumoto K, Nakamura M, Maehara N, Minamishima YA, Nishio S, Nagai E, Tanaka M
Cancer Genetics and Cytogenetics   126(1) 13-19   2001年4月   [査読有り]
Tsukiyama T, Ishida N, Shirane M, Minamishima YA, Hatakeyama S, Kitagawa M, Nakayama K, Nakayama K
Journal of Immunology   166(1) 304-312   2001年1月   [査読有り]
Sato N, Mizumoto K, Nakamura M, Ueno H, Minamishima YA, Farber JL, Tanaka M
Oncogene   19(46) 5281-5290   2000年11月   [査読有り]
Takai H, Tominaga K, Motoyama N, Minamishima YA, Nagahama H, Tsukiyama T, Ikeda K, Nakayama K, Nakanishi M, Nakayama K
Genes & Development   14(12) 1439-1447   2000年6月   [査読有り]
Nakayama K, Nagahama H, Minamishima YA, Matsumoto M, Nakamichi I, Kitagawa K, Shirane M, Tsunematsu R, Tsukiyama T, Ishida N, Kitagawa M, Nakayama K, Hatakeyama S
The EMBO Journal   19(9) 2069-2081   2000年5月   [査読有り]
Satoh H, Hirano T, Ogawa Y, Minamishima Y, Saitoh S, Takashima M, Koga K, Imaizumi N, Yoshida M
Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery   6(2) 186-189   1999年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
全人力・科学力・透析力・for the people 透析医学
南嶋 洋司 (担当:分担執筆, 範囲:成人肝細胞での低酸素応答をターゲットとした腎性貧血治療法の可能性)
医薬ジャーナル社   2014年6月   ISBN:ISBN978-4-7532-2679-5 C3047
見つける、量る、可視化する!質量分析実験ガイド
南嶋 洋司 (担当:分担執筆, 範囲:10 細胞のエネルギー代謝を量る 低酸素環境下での代謝フラックスの定量)
羊土社   2013年3月   ISBN:978-4-7581-0186-8
https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758101868/

講演・口頭発表等

 
岸本翔太郎、早川典代、末松誠、南嶋洋司*
第14回がんとハイポキシア研究会   2016年11月5日   がんとハイポキシア研究会
岸本翔太郎*、早川典代、末松誠、南嶋洋司
第75回日本癌学会学術総会   2016年10月7日   日本癌学会
小柳津-寅丸智子, 壽原朋宏, 早川典代, 中村貴, 南嶋しづか, 山口京二, 菱木貴子, 森崎浩, 末松誠, 南嶋洋司*
第89回日本生化学会大会   2016年9月26日   日本生化学会
岸本翔太郎、早川典代、末松誠、南嶋洋司*
第4回低酸素研究会   2016年7月23日   低酸素研究会
岸本翔太郎、早川典代、末松誠、南嶋洋司*
第4回がんと代謝研究会   2016年7月8日   がんと代謝研究会
壽原朋宏*, 菱木貴子, 笠原正貴, 早川典代, 小柳津智子, 中西豪, 久保亜紀子, 末松誠, 南嶋洋司, 森崎浩
日本集中治療医学会学術集会(Web)   2016年1月15日   
寿原朋宏*、菱木貴子、笠原正貴、早川典代、小柳津智子、中西豪、久保亜紀子、森崎浩, KAELIN William G.,Jr、末松誠、南嶋洋司
日本生化学会大会(Web)   2015年   
久保(弓場)亜紀子*, 鮑彦, 向井邦晃, 菱木貴子, 大村光代, 大村光代, 南嶋洋司, 南嶋洋司, 末松誠, 末松誠
日本生化学会大会(Web)   2015年   
南嶋洋司
第15回日本蛋白質科学会年会   2015年6月25日   
南嶋洋司
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集   2015年5月26日   
壽原朋宏*、菱木貴子、笠原正貴、早川典代、小柳津智子、中西豪、久保亜紀子、森崎浩、William G. Kaelin Jr.、末松誠、南嶋洋司
第13回がんとハイポキシア研究会   2015年6月5日   がんとハイポキシア研究会
中山恒, 南嶋洋司
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2014年   
壽原朋宏、笠原正貴、菱木貴子、早川典代、南嶋洋司、末松誠
第12回がんとハイポキシア研究会   2014年11月21日   がんとハイポキシア研究会
南嶋洋司、笠原正貴、壽原朋宏、早川典代、末松誠
第11回がんとハイポキシア研究会   2013年12月14日   がんとハイポキシア研究会
南嶋洋司、笠原正貴、早川典代、壽原朋宏、末松誠
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月3日   日本分子生物学会
南嶋洋司
第1回がんと代謝研究会   2013年10月31日   がんと代謝研究会
南嶋洋司, 南嶋洋司, 鮑彦, 向井邦晃, 菱木貴子, 菱木貴子, 久保亜紀子, 久保亜紀子, 大村光代, 早川典代, 早川典代, 佐谷秀行, 末松誠, 末松誠
がんと代謝研究会プログラム&抄録集   2013年10月30日   
久保亜紀子, BAO Y., 向井邦晃, 菱木貴子, 大村光代, 南嶋洋司, 末松誠
質量分析総合討論会講演要旨集   2013年9月2日   
南嶋洋司
第1回低酸素研究会   2013年7月6日   低酸素研究会
南嶋洋司
平成25年度 基盤医学特論   2013年5月16日   名古屋大学大学院医学系研究科
腎性貧血を標的とした新しい創薬に向けて 成人肝細胞のエリスロポイエチン産生能力再活性化と、その腎性貧血治療への応用 PHD-HIF依存的低酸素応答をターゲットとした新しい治療法の開発
南嶋 洋司
日本透析医学会雑誌   2013年5月   
Yoji Andrew Minamishima
Cancer Area Meeting, Graduate School of Medicine, Kyoto University   2012年12月20日   Graduate School of Medicine, Kyoto University
南嶋洋司
第85回日本生化学会大会   2012年12月14日   日本生化学会
低酸素応答が制御する多彩な生命現象 生理機能の解明から疾患に迫る 低酸素応答によるin vivoでの細胞内エネルギー代謝の制御
南嶋 洋司, 末松 誠
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2012年12月   
南嶋洋司
宮崎大学先端的医学獣医学特論(大学院特別セミナー)   2012年10月19日   宮崎大学大学院
南嶋洋司
第6回東北眼疾患病態研究会   2012年7月23日   東北大学医学部眼科学教室
南嶋洋司
北海道大学大学院薬学研究院/日本薬学会北海道支部 特別講演会   2012年6月   北海道大学大学院薬学研究院/日本薬学会北海道支部
Yoji Andrew Minamishima
The 33rd Naito Conference   2012年6月27日   The Naito Foundation
南嶋洋司, 末松誠
日本生化学会大会(Web)   2012年   
南嶋洋司
第34回日本分子生物学会年会   2011年12月   日本分子生物学会
Yoji Andrew Minamishima
Biocenter Oulu Doctoral Programme Advanced Course, Cellular Signalling Networks – From molecular components to complex life processes, Autumn 2011   2011年11月   Biocenter Oulu, University of Oulu
南嶋洋司
第一三共株式会社セミナー   2011年10月   第一三共株式会社
南嶋 洋司, Moslehi Javid, Kaelin Jr. William G., 末松 誠
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2011年9月   
南嶋洋司
第8回臨床・腫瘍外科セミナー   2011年9月   九州大学医学部 臨床・腫瘍外科/大鵬薬品工業
南嶋洋司
第84回日本生化学会大会   2011年9月   日本生化学会
南嶋洋司
第164回横浜市立大学医学会講演会   2011年7月   横浜市立大学医学会
南嶋洋司
第34回生命医科学科講演会   2011年5月   早稲田大学大学院先進理工学研究科
南嶋洋司
第36回日本微小循環学会   2011年2月   日本微小循環学会
南嶋洋司
第8回がんとハイポキシア研究会   2011年1月   
低酸素応答と成体肝細胞におけるerythropoietin産生の再活性化 HIFプロリン水酸化酵素をターゲットとした腎性貧血治療の可能性(Postnatal Reactivation of Hepatic Erythropoietin Production After PHD Inactivation: Impact on the treatment of anemia due to chronic renal failure)
南嶋 洋司, 末松 誠, Kaelin Jr. William G.
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2010年12月   
南嶋洋司
第33回日本分子生物学会年会   2010年12月   日本分子生物学会/日本生化学会
南嶋洋司
2010協和キリン腎臓シンポジウム   2010年10月   東京大学医学部腎臓内科
Yoji Andrew Minamishima
Keio University G-COE Symposium “Invitation to Gas Biology: Hypoxia-sensing mechanisms”   2010年4月   慶應義塾大学医学部
Yoji Andrew Minamishima, et al.
Keystone Symposia, Hypoxia: Molecular Mechanisms of Oxygen Sensing and Response Pathways (B1)   2010年1月   Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology
南嶋洋司
第32回日本分子生物学会年会   2009年12月   日本分子生物学会
南嶋洋司
第667回千葉県がんセンター研究局集談会   2009年2月   千葉県がんセンター
南嶋洋司,中山啓子,畠山鎮次, 嘉村巧,中山敬一
第24回日本分子生物学会年会   2001年12月   日本分子生物学会
庄野正規, 佐藤典宏, 水元一博, 南嶋洋司, 永井英司, 田中雅夫
日本外科学会雑誌   2001年3月10日   
庄野 正規, 佐藤 典宏, 水元 一博, 南嶋 洋司, 永井 英司, 田中 雅夫
日本外科学会雑誌   2001年3月10日   
南嶋洋司,畠山鎮次,豊野 孝,北川雅敏,中山啓子,中山敬一
第21回日本分子生物学会年会   1998年12月1日   日本分子生物学会
南嶋洋司, 畠山鎮次, 豊野孝, 北川雅敏, 中山啓子, 中山敬一
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1998年11月   
多臓器不全に陥り腎摘を余儀なくされた死体腎移植の一例
平野 達也, 南嶋 洋司, 中房 祐司, 斉藤 省一郎
臨牀と研究   1998年8月   
多臓器不全に陥ったHBsAg陽性レシピエントへの死体腎移植の1例
平野 達也, 南嶋 洋司, 中房 祐司, 斉藤 省一郎
移植   1998年6月   
特異な形態の結腸癌として診断された胆嚢原発転移性結腸癌の1手術例
南嶋 洋司
日本大腸肛門病学会雑誌   1998年5月   
Colo-rectal endometriosisの2症例
南嶋 洋司
日本臨床外科医学会雑誌   1997年10月   
移植後17日目に急激な急性拒絶反応を呈した生体腎移植の1例
南嶋 洋司
臨牀と研究   1997年8月   
移植後17日目に急激な急性拒絶反応を呈した生体腎移植の1例
南嶋 洋司
移植   1997年6月   
限局性胆管拡張で発見された早期肝内胆管癌の一治癒切除例
南嶋 洋司
臨牀と研究   1997年3月   
当院における小肝細胞癌の治療成績
上田祐滋,児島一司,樋口茂輝,南嶋洋司,西田卓爾,山内励,下薗孝司,竹中晃司,豊田清一,宮永修,菊池郁夫,上田章,三原謙郎,西川卓志,山田浩巳,林透
臨牀と研究   1997年   
CMV抗体陽性ドナーから抗体陰性ドナーへ生体腎移植を行った2例
南嶋 洋司
移植   1996年10月   
S状結腸憩室膀胱瘻の一例
南嶋 洋司
日本大腸肛門病学会雑誌   1995年7月   
高齢者における腎移植の経験
西中秀和, 中房祐司, 南嶋洋司, 本山健太郎, 平野達也, 田中雅夫, 亀井隆史, 平方秀樹, 久保充明, 平野直史, 植木理夫, 斉藤省一郎, 奥田哲也, 藤見惺
臨牀と研究   1995年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 南嶋 洋司
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 三浦 恭子 領域代表: 森 泰生
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 南嶋 洋司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 笠原正貴
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年3月 - 2015年3月    代表者: 南嶋しづか
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 南嶋 洋司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 南嶋 洋司
日本腎臓財団: 若手研究者助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 南嶋洋司
ノバルティス科学振興財団: 第24回ノバルティス研究奨励金
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 南嶋洋司
武田科学振興財団: 医学系研究助成
研究期間: 2011年       代表者: 南嶋洋司
JST戦略的創造研究推進制度(総括実施型) (創造科学技術推進事業:ERATO)
研究期間: 2010年 - 2014年

委員歴

 
2013年10月
 - 
現在
がんと代謝研究会  運営委員
 

Misc

 
壽原朋宏, 壽原朋宏, 長田大雅, 南嶋洋司, 武田純三, 森崎浩
臨床麻酔(真興交易)   40(4) 599-607   2016年4月
南嶋洋司, 久保亜紀子
月刊腎臓内科・泌尿器科   2(2) 203-209   2015年8月
南嶋洋司
血管医学   13(4) 385-391   2012年11月
南嶋洋司, KAELIN William G,Jr., 末松誠
腎臓   35(2) 112-116   2012年12月
上田祐滋, 空閑啓高, 児嶋一司, 古川貢之, 西川卓志, 山田浩巳, 林透, 南嶋洋司, 河野通孝
宮崎県医師会医学会誌   21(2) 122-126-126   1998年3月
上田祐滋, 空閑啓高, 児嶋一司, 佐藤典宏, 南嶋洋司, 宮永修, 三原謙郎, 山田浩巳, 林透
宮崎県医師会医学会誌   21(1) 8-12-12   1997年3月
自見政一郎, 南嶋洋司, 佐藤裕, 大畑佳裕, 千々岩一男, み生隆一, 田中雅夫, 植木隆
日本大腸肛門病学会雑誌   49(5) 368-372   1996年6月   [査読有り]
放線菌症はActinomyces属の細菌により膿瘍や瘻孔を形成する慢性の化膿性肉芽腫性感染症であり, 近年抗生剤の発達により比較的稀な疾患となっている.今回, 横行結腸に発生した放線菌症の1例を経験した.症例は41歳, 女性.主訴は発熱, 腹痛, 腹部腫瘤.胆嚢摘出, 虫垂切除の既往がある.入院時, 贋左下方に境界不明瞭な手拳大の有痛性腫瘤を触知.便潜血陽性であり, 白血球増多とCRP値の上昇を認めたが, 血液生化学, 凝固系や腫瘍マーカーは正常範囲内.注腸造影で横行結腸に約10cmにわた...