木村 實

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/06 17:39
 
アバター
研究者氏名
木村 實
URL
http://www.tamagawa.jp/graduate/brain/staff/labs/kimura.html
所属
玉川大学
職名
所長・教授

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
玉川大学 脳科学研究所 所長・教授
 
2003年
 - 
2010年
京都府立医科大学大学院 神経生理学 教授
 
2000年
 - 
2003年
京都府立医科大学 第二生理学 教授
 
1999年
 - 
2000年
大阪大学 健康体育部 部長
 
1997年
 - 
1999年
大阪大学大学院 医学系研究科情報伝達医学専攻協力講座 教授
 
1992年
 - 
1997年
大阪大学 健康体育部身体文化学部門 教授
 
1990年
 - 
1992年
国立生理学研究所 高次液性調節研究部門 助教授
 
1989年
 - 
1990年
自治医科大学 医学部 助教授
 
1980年
 - 
1989年
自治医科大学 医学部 講師
 

受賞

 
2012年
日本神経回路学会論文賞
 
2006年
日本神経回路学会論文賞
 
2001年
時実利彦記念賞
 
1989年
ブレインサイエンス振興財団 研究助成賞
 

論文

 
Yamanaka K, Hori Y, Minamimoto T, Yamada H, Matsumoto N, Enomoto K, Aosaki T, Graybiel AM, Kimura M
Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996)      2017年3月   [査読有り]
Saiki A, Sakai Y, Fukabori R, Soma S, Yoshida J, Kawabata M, Yawo H, Kobayashi K, Kimura M, Isomura Y
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)      2017年1月   [査読有り]
Yamada H, Inokawa H, Hori Y, Pan X, Matsuzaki R, Nakamura K, Samejima K, Shidara M, Kimura M, Sakagami M, Minamimoto T
Neuroscience research   105 2-18   2016年4月   [査読有り]
Watanabe Y, Yoshimoto K, Tatebe H, Kita M, Nishikura K, Kimura M, Tanaka M
The International Journal of Neuropsychopharmacology   17(5) 739-751   2014年5月   [査読有り]
Haruno M, Kimura M, Frith CD.
Journal of Cognitive Neuroscience   26(8) 1861-1870   2014年8月   [査読有り]
Minamimoto T, Hori Y, Yamanaka K, Kimura M.
Frontiers in Systems Neuroscience   8(3)    2014年1月   [査読有り]
Yamada H, Inokawa H, Matsumoto N, Ueda Y, Enomoto K, Kimura M
Journal of neurophysiology   109 1140-1151   2013年2月   [査読有り]
Yoshimoto K, Watanabe Y, Tanaka M, Kimura M
The European journal of neuroscience   35 1368-1380   2012年4月   [査読有り]
Smith Y, Surmeier DJ, Redgrave P, Kimura M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31 16102-16106   2011年11月   [査読有り]
Enomoto K, Matsumoto N, Nakai S, Satoh T, Sato TK, Ueda Y, Inokawa H, Haruno M, Kimura M
Proc Natl Acad Sci USA   108(37) 15462-15467   2011年9月   [査読有り]
Yamada H, Inokawa H, Matsumoto N, Ueda Y, Kimura M
Eur. J. Neurosci.   34(3) 489-506   2011年8月   [査読有り]
Muranishi M, Inokawa H, Yamada H, Ueda Y, Matsumoto N, Nakagawa M, Kimura M.
Exp Brain Res.   209(2) 235-246   2011年3月   [査読有り]
Inokawa H., Yamada H., Matsumoto N., Muranishi M. and Kimura M.
Neuroscience   168(2) 395-404   2010年6月   [査読有り]
Hori Y, Minamimoto T, Kimura M
Journal of neurophysiology   102 3530-3543   2009年12月   [査読有り]
Minamimoto T, Hori Y, Kimura M
Brain research bulletin   78 75-79   2009年2月   [査読有り]
Tsytsarev V, Fukuyama H, Pope D, Pumbo E, Kimura M
Frontiers in neuroengineering   2 2   2009年   [査読有り]
Yamada H, Matsumoto N, Kimura M
Journal of neurophysiology   98 3557-3567   2007年12月   [査読有り]
Kimura M, Satoh T, Matsumoto N
Nature neuroscience   10 677-678   2007年6月   [査読有り]
Samejima K, Ueda Y, Doya K, Kimura M
Science (New York, N.Y.)   310(5752) 1337-1340   2005年11月   [査読有り]
Minamimoto T, Hori Y, Kimura M
Science (New York, N.Y.)   308(5729) 1798-1801   2005年6月   [査読有り]
Kimura M, Minamimoto T, Matsumoto N, Hori Y
Neuroscience research   48(4) 355-360   2004年4月   [査読有り]
Yamada H, Matsumoto N, Kimura M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24 3500-3510   2004年4月   [査読有り]
Haruno M, Kuroda T, Doya K, Toyama K, Kimura M, Samejima K, Imamizu H, Kawato M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24 1660-1665   2004年2月   [査読有り]
Kimura M, Yamada H, Matsumoto N
Brain & development   25 Suppl 1 S20-3   2003年12月   [査読有り]
Satoh T, Nakai S, Sato T, Kimura M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23 9913-9923   2003年10月   [査読有り]
Encoding of direction and combination of movements by primate putamen neurons.
Ueda Y, Kimura M
The European journal of neuroscience   18 980-994   2003年8月   [査読有り]
Kimura M, Matsumoto N, Okahashi K, Ueda Y, Satoh T, Minamimoto T, Sakamoto M, Yamada H
Neuroreport   14 799-802   2003年5月   [査読有り]
Participation of the thalamic CM-Pf complex in attentional orienting.
Minamimoto T, Kimura M
Journal of neurophysiology   87 3090-3101   2002年6月   [査読有り]

Misc

 
パーキンソン病におけるニューロンの選択的脆弱性に対する治療の意義(座談会)
宇川義一(司会)、Dalton James Surmeier, Jr.、木村實
Frontiers in Parkinson Disease   7(4) 191-197   2014年11月   [依頼有り]
大脳基底核の内ループ
山中航、木村實
Annual Review 2013 神経   68-74   2013年1月   [依頼有り]
「視床随板内核」(気になる脳部位)
山中航、木村實
分子精神医学   12(2) 55-30   2012年4月   [依頼有り]
意思決定と行動発現を支える神経回路基盤 ―霊長類モデルを中心に
榎本一紀、木村實
実験医学 増刊号 『in vivo 実験医学によるヒト疾患解明の最前線』   30(2) 114-120   2012年1月   [依頼有り]
渡邊義久, 吉本寛司, 建部陽嗣, 西倉和子, 木村實, 田中雅樹
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th WEB ONLY 3P-0661   2012年

書籍等出版物

 
Neuroeconomics, Second Edition: Decision-Making and the Brain
Doya K. and Kimura M. (担当:共著, 範囲:The Basal Ganglia, Reinforcement Learning and the Encoding of Value)
Academic Press   2013年9月   ISBN:978-0124160088
Encyclopedia of Neuroscience
Kimura M. and Ueda Y. (担当:共著, 範囲:Sensorimotor Learning and the Basal Ganglia)
Springer   2009年10月   ISBN:978-3540237358
Neuroeconomics: Decision Making and the Brain
Doya K. and Kimura M. (担当:共著, 範囲:The basal ganglia and the encoding of value.)
Academic Press   2008年10月   ISBN:978-0123741769
Microcircuits : The interface between neurons and global brain function*
Bergman H, Kimura M. and Wickens J.R. (担当:共著, 範囲:Modulation of striate circuits by dopamine and acetylcholine.)
The MIT press   2006年9月   
Recent Breakthroughs in Basal Ganglia Research.
Kimura M, Satoh T, Sato T, Enomoto, K. and Matsumoto N. (担当:共著, 範囲:Motivational Signals of Dopamine Neurons.)
Nova Science Publishers   2006年12月   ISBN:978-1594548802

講演・口頭発表等

 
Roles of thalamostriatal projection from posterior intralaminar nuclei in associative learning of external events [招待有り]
木村 實
国際シンポジウムComputational Basal Ganglia   2016年12月14日   自然科学研究機構 生理学研究所
Activity of dopamine D2 receptor-expressing striatal neurons during decision-making task
S. Nonomura, K. Yamanaka, K. Nishizawa, K. Kobayashi, Y. Sakai1, Y. Kawaguchi, A. Nambu, Y. Isomura, M. Kimura
第39回日本神経科学学会大会   2016年7月22日   日本神経科学学会
Roles of nigrostriate and thalamostriate systems in motivation and learning [招待有り]
Minoru Kimura
The Third CiNet Conference Neural mechanisms of decision making: Achievements and new directions   2016年2月5日   NICT,Center for information and Neural Networks(CiNet/NICT)
Roles of the centromedian nucleus of thalamus and its projection to the striatum in cognitive and behavioral biases
Kimura M., Yamanaka K., Minamimoto T., Hori Y., Ueda Y.
Neuroscience 2015, SfN's 45th annual meeting   2015年10月21日   Society for Neuroscience
視床正中中心核の細胞は行動と報酬の連合学習において神経回路特異的な活動をする
山中 航、堀 由紀子、上田 康雄、榎本 一紀、南本 敬史、木村 實
第38回日本神経科学大会   2015年7月28日   日本神経科学学会
大脳基底核による行動選択と学習機能 [招待有り]
木村 實
第30回日本大脳基底核研究会   2015年7月19日   第30回日本大脳基底核研究会
Neural basis of congnitive control of behavior in the centromedian nucleus of thalamus and its projection to the striatum [招待有り]
Kimura M.,Yamanaka K., Minamimoto T., Hori T., Ueda Y.
Thalamus and Corticothalamic Interactions   2015年4月27日   Janelia Rserch Campus
大脳基底核の機能におけるドーパミンの役割 [招待有り]
木村 實
エビリファイ発売8周年記念講演会 第2回ドーパミンシステムを再考する   2014年11月29日   大塚製薬株式会社
強化学習に基づいた、サル線条体に存在する内因性エンドカンナビノイドの意志決定に関する役割
上田 康雅,岡崎 哲,山中 航,鮫島 和行,榎本 一紀,狩野 方伸,木村 實
第37回日本神経科学大会   2014年9月12日   日本神経科学学会
視床正中中心核における行動バイアスのモニター
山中 航,堀 由紀子,上田 康雅,南本 敬史,木村 實
第37回日本神経科学大会   2014年9月11日   日本神経科学学会
サル中脳ドーパミン細胞によるオーバートレーニング時の部位特異的な将来報酬表現
榎本 一紀,松本 直幸,春野 雅彦,木村 實
第37回日本神経科学大会   2014年9月11日   日本神経科学学会
オーバートレーニング時のサルにおいてドーパミン細胞は課題ブロックを跨いだ超長期的な報酬情報を表現する
榎本 一紀,松本 直幸,木村 實
Neuroscience 2013, SfN's 43nd annual meeting   2013年11月13日   Society for Neuroscience
過学習時においてサル中脳ドーパミン細胞は超長期的な報酬期待を表現する
Enomoto K, Matsumoto N, Kimura M.
第36回日本神経科学学会大会 Neuro2013   2013年6月22日   日本神経科学学会
報酬に基づく行動のバイアスは視床CM核̶線条体投射によって最適化される
Yamanaka K, Kimura M.
第36回日本神経科学学会大会 Neuro2013   2013年6月22日   日本神経科学学会
複数ステップ報酬課題における線条体の活動が時間割引率を反映する
Tanaka S, Takaoka M, Yoneda H, Enomoto K, Samejima K, Haruno M Kimura M, Ohtake F.
第36回日本神経科学学会大会 Neuro2013   2013年6月20日   日本神経科学学会
大脳基底核における意志決定の神経機構 [招待有り]
木村 實
つくばブレインサイエンスセミナー第200回記念特別講演会   2013年2月9日   筑波大学
大脳基底核における意志決定の神経機構 [招待有り]
木村 實
京都府立医科大学生理学教室130周年記念シンポジウム   2013年2月2日   京都府立医科大学
Impairment of reward-based adaptive choice of actions by local injection of cannabinoid CB1 receptor antagonist into the striatum of behaving monkeys
Ueda Y., Okazaki S. R., Yamanaka K., Enomoto K., Kano M., Kimura M..
Neuroscience 2012, SfN's 42nd annual meeting   2012年10月17日   Society for Neuroscience
Activity in the nucleus accumbens and amygdala encodes prosocial and individualistic intuitions in social decision making.
Haruno M., Kimura M., Frith CD.
Neuroscience 2012, SfN's 42nd annual meeting   2012年10月15日   Society for Neuroscience
Signals projected from the centromedian nucleus of thalamus to the putamen during reward-based action selection in monkey
Yamanaka K., Kimura M.
Neuroscience 2012, SfN's 42nd annual meeting   2012年10月15日   Society for Neuroscience
Location-specific roles of dopamine neurons in the midbrain in learning and decision-making.
Enomoto K., Matsumoto M., Kimura M..
Neuroscience 2012, SfN's 42nd annual meeting   2012年10月13日   Society for Neuroscience
視床CM核の非感覚性細胞による行動選択への関与
山中 航,堀 由紀子,上田 康雅,南本 敬史,木村 實
第35回日本神経科学大会   2012年9月21日   日本神経科学学会
学習と意思決定課題におけるサルの中脳部位特異的なドーパミン細胞の活動
榎本 一紀,松本 直幸,木村 實
第35回日本神経科学大会   2012年9月18日   日本神経科学学会
試行錯誤学習課題遂行中の、サルの線条体CB1受容体が果たす役割について
上田 康雅,岡崎 哲,山中 航,鮫島 和行,榎本 一紀,井ノ川 仁,松本 直幸,狩野 方伸,木村 實
第35回日本神経科学大会   2012年9月18日   日本神経科学学会
スポーツにおける動機づけ ―その時脳はどう働くのか?― [招待有り]
木村 實
札幌スポーツ医科学セミナー'12   2012年8月9日   山の手通八木病院
Neuronal basis of decision, action and evaluation in the basal ganglia [招待有り]
木村實 
Gatsby Computational Neuroscience Unit Striatum Meeting   2012年5月25日   UCL Gatsby Unit
5-HT2C受容体RNA編集のアルコール嗜好性への関与 [招待有り]
渡邊 義久、吉本 寛司、建部 陽嗣、木村 實、田中 雅樹
第9回GPCR研究会   2012年5月12日   昭和大学医学部解剖学講座顕微解剖学部門
ドーパミンと脳報酬系のシステム神経科学 [招待有り]
木村實
第9回GPCR研究会   2012年5月12日   
カンナビノイド(CB1)受容体阻害剤の線条体注入による、試行錯誤学習課題に及ぼす影響
岡崎哲、上田康雅、山中航、榎本一紀、井之川仁、八木田和弘、松本直幸、狩野方伸、木村實
第89回日本生理学会大会   2012年3月31日   
Thalamic Contributions to Basal Ganglia-Related Behavioral Switching and Reinforcement
Yoland Smith, D. James Surmeier, Peter Redgrave, and Minoru Kimura
The 41th annual meeting of Society for Neuroscience   2011年11月14日   Society for Neuroscience
中脳ドーパミン細胞による、異なった時間スケールでの報酬価値とその誤差の表現
榎本 一紀、 松本 直幸、 木村 實
第34回日本神経科学大会   2011年9月16日   日本神経科学学会
Value signals for decision and action selection in the basal ganglia. [招待有り]
Kimura M, Enomoto K, and Yamanaka K.
Janelia Conference Neural Circuits of Decision-Making   2011年3月6日   Howard Hughes Medical Institute
Differential encoding of reward value and its prediction error by dopamine neurons located in ventromedial and dorsolateral parts of the midbrain.
Enomoto K, Matsumoto N, Haruno M, Kimura M.
The 40th annual meeting of Society for Neuroscience   2010年11月17日   Society for Neuroscience
Top-down signal from the frontal cortex regulates social value orientation.
Haruno M, Frith C, Sakagami M, Kimura M.
第33回日本神経科学大会   2010年9月4日   日本神経科学学会
Dopamine neurons in ventromedial and dorsolateral part of the midbrain differentially encode reward value and its error.
Enomoto K, Matsumoto N, Haruno M, Kimura M.
第33回日本神経科学大会   2010年9月3日   日本神経科学学会
ご褒美と罰によって私達の行動を司る脳のしくみ.
木村 實
包括的脳科学研究・教育センター設立記念シンポジウム   2010年1月6日   
Neuronal basis of action valuation and selection in the basal ganglia.
木村 實
International Symposium : New Perspectives on Neural Mechanisms of Cognition and Action.   2009年11月13日   
被殻の機能脱落は状態価値ではなく行動価値を障害する.
村西学, 井之川仁, 山田洋, 木村實.
第32回日本神経科学大会   2009年9月17日   日本神経科学学会
ドーパミン細胞は複数のステップで得られる総報酬量に基づく報酬価値とその誤差を表現する.
榎本一紀, 松本直幸, 木村實.
第32回日本神経科学学会大会   2009年9月16日   日本神経科学学会
サルの視床CM核細胞の報酬予告と行動に対する応答.
山中航, 堀由紀子, 上田康雅, 木村實.
第32回日本神経科学大会   2009年9月16日   日本神経科学学会
Involvement of the basal ganglia in valuation and selection of actions.
Kimura M, Yamada H, Enomoto K, Matsumoto N, Hori Y, Ueda Y. and Yamanaka K.
第36回国際生理学会世界大会   2009年7月29日   国際生理学会
Adaptation of reward-based free-choices is impaired by D1 but not D2 dopamine receptor antagonist in the striatum.
Ueda Y, Samejima K, Yamanaka K, Doya K, Kimura M.
The 38th annual meeting of Society for Neuroscience   2008年11月16日   Society for Neuroscience
被殻へのムシモル注入による報酬価値に基づく行動選択の障害.
村西 学、井之川 仁、山田 洋、木村 實
第31回日本神経科学大会   2008年7月10日   日本神経科学学会
価値判断と意志決定に関わる大脳基底核の神経信号.
木村 實
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会(BMB2007)   2007年12月14日   日本分子生物学会/日本生化学会
報酬に基づく行動選択の大脳基底核メカニズム(教育講演). [招待有り]
木村 實
第17回神経科学の基礎と臨床:大脳基底核の基礎と臨床Up Date   2007年12月8日   
ニューロン活動からみた大脳基底核の機能とその障害. [招待有り]
木村 實
京都 神経科学セミナー   2007年12月1日   
随意運動で基底核ニューロンはどのように働いているか? [招待有り]
木村 實
Movement Disorder Society, Japan 第一回学術集会   2007年10月5日   
線条体の行動価値と皮質‐基底核回路の強化学習モデル.
鮫島和行、上田康雅、銅谷賢治、木村實
第30回日本神経科学大会   2007年9月14日   日本神経科学学会
報酬に基づく意思決定における線条体アセチルコリン信号の役割.
井之川 仁、山田 洋、木村 實
第30回日本神経科学大会   2007年9月13日   日本神経科学学会
ドーパミンD1受容体阻害剤の線条体注入による、試行錯誤学習課題に及ぼす影響.
上田康雅、鮫島和行、銅谷賢治、木村 實
第30回日本神経科学大会   2007年9月12日   日本神経科学学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 木村 實
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 木村 實
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 木村 實
以下の3つの項目について研究を推進し、成果を得た。1.複数のニホンザルが同時に参加する状況での意思決定と行動選択:2頭のニホンザルが対面状態で、報酬に基づく意思決定課題をおこなうための特別な実験ブース、セットアップを完成させた。自分の意思決定・行動選択の結果自分が得た報酬(水)が他者にも与えられる場合、他者の得た報酬・懲罰が自分に及ぶ場合を設定した。その際、自分と他者への報酬・懲罰を定量的に制御し、報酬・懲罰がどの他者に及ぶか確実な状況と不確実な状況を設定した。この行動課題に参加する実施者...
文部科学省: 脳科学研究戦略推進プログラム
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 木村 實
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 木村 實
総括支援活動については、支援業務を担当する委員会が精力的な活動を行っている。研究集会委員会は、夏のワークショップにおいて研究支援の在り方や若手研究者育成支援などの企画を運営し、脳関連の8つの新学術領域、戦略的脳科学研究推進支援プログラム、CREST、さきがけ、「脳と心のメカニズム」研究者グループなどの幅広い脳科学研究者コミュニティー、更に文部科学省から合計758名の参加を得て、活発な討論と研究交流を行った。育成支援委員会は、異分野の若手研究者による研究室相互訪問プログラム、新研究法・新分野...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 木村 實
ドーパミン細胞が長期的な報酬予測を表現するかどうかを調べた。3択によって3回の報酬を得る課題を日本ザルに行わせた。予測的な舌の運動から、動物は各試行での報酬価値ではなく、長期的報酬(強化学習の価値関数)を予測していることが判明した。ドーパミン細胞は、動物の行動と同様に長期的報酬予測を表現することが分かった。将来のゴールに向けて長期的な予測と誤差を表現し、線条体などの標的部位での価値のアップデートや意志決定に必須の役割を担うと考えられる。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2010年    代表者: 木村 實
線条体の細胞が、行動選択肢の報酬価値を表現することを神経生理学実験と計算理論によって検証し、価値の情報が行動選択肢に連合して表現されることを示した。高い価値の選択も可能である時に低い価値の選択を求められると、視床正中中心(CM)核の細胞が活性化され、次善の策を講じるための基盤となることを示唆した。更に、ドーパミン細胞が長期的な価値とその誤差を表現することを発見し、複数ステップの行動によってゴールに到達する上で必須の役割を担うことを示唆した。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2010年    代表者: 木村 實
中核となる5つの研究項目において高い成果を得た。情報認知においては、物体の形、色、奥行きなどの特徴を抽出する神経回路メカニズムと分子的基盤を網膜、視床、大脳皮質視覚領・側頭葉の神経回路と機能モジュールにおいて明らかにする知見、物体のカテゴリー、注意や輝度による判断の大脳皮質側頭葉の情報処理原理について高水準の知見が得られた。行動と運動においては、運動の企画と制御、ゴール指向的行動とその障害における大脳皮質前頭葉と小脳の役割について、感覚情報処理から運動の企画に関わる脊髄、視床、大脳基底核、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 木村 實
3年間の研究期間において、以下の2つの研究プロジェクトを推進し、具体的な成果を得た。研究プロジェクト1.ドーパミンニューロンの担う神経情報の同定報酬確率の異なる意志決定と行動選択課題をサルにおこなわせ、中脳ドーパミンニューロンの活動を記録した。その結果、ドーパミンニューロンは報酬の予測誤差情報と動機づけ情報を担っていることを明らかにした。報酬予測誤差情報は線条体や辺縁系、大脳皮質前頭葉に投射され、多くの報酬を獲得するような意志決定と行動選択メカニズムに必須の役割を担うと考えられる。一方、ド...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C), 特定領域研究)
研究期間: 2000年 - 2004年    代表者: 木村 實
視床線条体投射の機能:視床髄板内核を構成するCM/Pf核は、注意を惹きつける外界の事象に関する情報を線条体に投射することを明らかにした(松本ら、2001;南本ら 2002)。木村らの最近の成果に基づいて、「大脳皮質-基底核ループ系は、動機づけに基づいて望ましい行動や認知情報を予測的に選択すると共に、予測から外れた事象が現れた場合には、次善の選択肢を選ぶ。その機能には視床CM/Pf核から線条体に投射する視床線条体系が関与する」という仮説を提唱した(木村ら、2004)。この仮説を検証するために...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A))
研究期間: 1996年 - 1999年    代表者: 木村 實
木村は、運動や行動の学習と記憶の仕組みにおいて大脳基底核がどのような役割を担うかを調べるために、一側の黒質線条体ドーパミン系を破壊したサルに、左右の手を用いて複数のボタン押し運動を学習させた。その結果、大脳基底核は複数のボタン押し運動を予測的で、スムースな一連の運動として学習する上で必須であり、その仕組みに黒質線条体ドーパミン系が重要な役割を担うことを明らかにした。丹治は、運動発現における運動前野の機能を明らかにするための研究を行った。背側、および腹側運動前野の細胞は運動の順序制御に関わる...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 木村 實
本研究は、黒質線条体ドーパミン系が線条体ニューロンが保有するどのタイプの受容体を介して、行動の学習に伴う活動特性の変容とその維持に関与しているかを明らかにすることを目的として行った。実験には2頭の日本ザルを用いた。4〜5連の多連ガラス微小電極を使って、中心の電極によってサルの線条体ニューロンTANsの活動を記録しながら回りの電極でD1クラスまたはD2クラス受容体拮抗薬を電気泳動的に投与した。調べた40個のTANsのうち19個のTANsはD2クラスの拮抗薬(-)-sulpiride(10mM...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 木村 実, 木村 實
本研究では、行動の条件付けを通して線条体ニューロンが新しい活動を獲得する上で、黒質線条件ドーパミン系がどのような役割を果しているのかを明らかにすることを目的として行った。約3週間かけてクリック音と報酬との古典的条件付けが完成すると、3頭の動物総てにおいて、記録した線条体の持続的な自発放電を持つ介在ニューロン(TANs)の6割以上が条件刺激であるクリック音に反応を示すようになった。一側の線条体にMPTPを2週間かけて注入すると、動物は注入と同側へ回転する傾向を示し、眼球運動も同側視野へ向かう...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1992年 - 1992年    代表者: 木村 実, 木村 實
背景と目的:木村らは大脳基底核の線条体のニューロンの示す感覚応答や身体運動に関連する活動は,感覚刺激のもつ物理的な性質や運動のパラメーターとの関係は弱く、刺激や運動などの事象がどのような状況で起こるかに強く依存することを報告してきた(文献1,2,3).例えば,サルに3つの押しボタンを順番に手で抑える運動を,感覚刺激誘導モードで,自己始動モードそして記憶依存モードで行わせ,線条体の被殻・尾状核のニューロンの活動を調べると,3つの運動モードのいずれでも活動するのではなく,いずれかのモードでは営...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1991年 - 1991年    代表者: 木村 実
本研究は、大脳基底核の被殻と尾状核の単一ニュ-ロンの活動を動物が学習した行動を行っている時に記録して調べ、被殻一淡蒼球系の機能が異なるのか、異なるとすれば行動の発想や運動の制御においてどのような役割をもつのかについて具体的な答を得ることが目的である。方法:大脳基底核の損傷によって障害されると考えられている“一連の順序に促った運動"seguertial Movementを運動課題として2頭の日本ザルに学習させた。サルはモンキ-チェアに座っていて、目の前に逆三角形状に配置された3つの押しボタン...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1991年 - 1991年    代表者: 木村 実
本年度の研究の目的は被殻と尾求核のニュ-ロンの活動特性に見られる共通点と相違点は何かを明らかにすることである。方法:大脳基底核の損傷によって著しく障害されると考えられている“一連の順序に従った運動Sequential movement"を運動課題として2頭の日本ザルに学習させた。サルはモンキ-チェアに座っていて、目の前に逆三角形状に配置された3つの押しボタンを、第一の感覚刺激誘導モ-ドでは順次点灯するボタンを追跡するように順番に押える。第二の自己始動性モ-ドでは光ランプの指示なしに自分のタ...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1990年 - 1990年    代表者: 木村 実
本研究は、随意運動の発現と制御のための神経過程において大脳基底核がどのような役割を担っているのかを明らかにすることを目的として行った。方法:サルをオペラント条件づけして一連の順序に従った腕の運動を行わせた。その際、一連のボタン押し運動を(1)光ランプの指末によって、(2)運動開始のタイミングは外界からの指示なしに動物自身の意志で、(3)運動の順序を短期的な記憶情報なもとづいて行うよう3のの運動課題を用いた。運動課題を行っている時の大脳皮質の被殻及び尾状核の単一ニュ-ロン活動を記録した。一連...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1988年 - 1988年    代表者: 木村 実
黒質緻密部に細胞体をもち長い軸索を線条体(被殼と尾状核)に投射して伝達物質であるドーパミンを放出する黒質線条体ドーパミン系の機能を調べることを目的として研究を行った。ドーパミンは線条体における大変重要な伝達物質であるが、主要な神経情報はグルタミン酸を伝達物質として大脳皮質から送られて来るので、ドーパミン系の遮断の他にグルタミン酸系の遮断、GABA agonistであるムシモルを用いてニューロン活動の非選択的遮断も行った。1.実験:日本ザルをモンキーチェアに座らせ光刺激の指示に従って肘関節の...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1986年 - 1986年    代表者: 木村 実
木村らは咋年までの研究によって、サルの大脳基底核の被殻には随意運動に際して異なった活動をする数種類のニューロンが存在することを明らかにした。すなわち、1)持続的な自発放電をするニューロンは運動を開始するための感覚刺激に応答するが、動物が運動を始めない時には感覚応答も現われないこと、2)手足の運動に同期した活動をするニューロンの中約6割(【II】a型)は感覚刺激で誘発される反復運動の最初にだけ相動的な活動をするが、残りの4割は(【II】b型)運動と1対1対応の活動をする。従って【I】型と【I...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定研究)
研究期間: 1985年 - 1985年    代表者: 木村 実
1.目的 大脳基底核は随意運動の神経過程に関与すると考えられているが、その神経機序は明らかではない。 サルのオペラント条件づけを用いた被殻のニューロン活動を調べる実験から、現在までに次の事実が明らかである。 被殻には、(1)持続的な自発放電をし、運動開始のための手がかり刺激に応答するが、刺激によって運動反応が誘発されない時には応答も消失する【I】型細胞、(2)自発放電は少いが運動に同期して相動的な活動をする【II】型細胞とがある。 本研究では【II】型細胞が運動と無条件に関連して活動するの...