永森 光晴

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/09 03:01
 
アバター
研究者氏名
永森 光晴
所属
筑波大学
部署
図書館情報メディア系
職名
講師
学位
学術修士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1993年
図書館情報大学 図書館情報学部 図書館情報学科
 
 
 - 
1995年
図書館情報大学 図書館情報学研究科 図書館情報学
 

論文

 
マンガの構成要素に基づく自動シーン分割処理に関する一検討(画像符号化,通信・ストリーム技術,一般)
石井, 大祐; 柳澤, 秀彰; 三原, 鉄也; 永森, 光晴; 渡辺, 裕
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   114(350) 73-76   2014年11月
物語性のあるマンガにおいて,シーン情報は重要なメタデータの一つである.シーンはマンガの意味的側面における一区間として定義されており,内容の要約単位として有効である.また,マンガ内に含まれる多数のメタデータをシーン単位にまとめることで,メタデータの利便性を高められるものと考えられる.これまでに,マンガ画像解析処理として,コマ,登場人物,吹き出し等,マンガの構成要素を検出するための手法が提案されている.我々の研究目的は,マンガのコマ内に含まれる構成要素に基づいて,シーンの切り替わりとなるコマを...
放送コンテンツアーカイブのためのメタデータモデル構築
萩原, 和樹; 三原, 鉄也; 永森, 光晴; 杉本, 重雄
情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告   2014(4) 1-9   2014年11月
放送コンテンツを保存するデジタルアーカイブが増えていく一方,検索や利用の観点からアーカイブ同士の連携が求められる.しかし,保存方針の統一化が未整備のため,放送コンテンツアーカイブは同じ放送局であっても部署毎に保存や公開方法が異なっており,放送コンテンツアーカイブの利用の妨げの要因となっている.現状の放送コンテンツアーカイブの利用性を高めるという本研究では,放送番組の情報や DBpedia,NDLSH といった LOD リソースを利用し,異なるアーカイブ同士の連携を図るメタデータモデルの提案...
Linking Digital Archives:LODを利用したディジタルアーカイブへのアクセス支援
萩原,和樹;中野,伸吾;本間,維;永森,光晴;杉本,重雄
全国大会講演論文集   2013(1) 587-589   2013年3月
信頼性が高く学術的な情報を含むディジタルアーカイブ(以下、DA)は有用な情報資源であるが、必ずしもよく知られたものばかりではない。また、同じ分野のDA同士であっても関連付けられていない場合が多い。しかし、DAにはそれぞれ対象の分野や年代情報、地理情報などの属性を持っている。それらの属性を持つメタデータスキーマを定義して各DAに関するメタデータを記述することで、DA同士を関連付けられる。それにより、関連するDAにアクセスしやすくなる。本研究では、記述した各DAのメタデータを利用して、DAとそ...
Linked Open Dataを利用するアプリケーションの作成支援 -スキーマが与えられていないメタデータの視覚化支援手法の提案-
田中,圭;西出,?継;永森,光晴;杉本,重雄
全国大会講演論文集   2013(1) 591-593   2013年3月
Linked Open Data(LOD)の普及に伴い、メタデータを地図や年表など、様々な表示形式で視覚化し、アプリケーションの中で利用することが増えている。メタデータの視覚化には、メタデータの構造情報や記述されているデータ型などの記述規則を把握する必要がある。しかし、LODとして提供されているメタデータは、その記述規則が明らかではないものが多い。 本研究ではLODとして提供されているメタデータの視覚化を支援するため、まず各表示形式に必要な属性(例えば地図ならば地名や緯度経度、年表ならばイ...
Linked Open Dataを利用するアプリケーションの作成支援 -表示形式に合わせたメタデータ変換手法の提案-
西出,?継;田中,圭;永森,光晴;杉本,重雄
全国大会講演論文集   2013(1) 593-595   2013年3月
Linked Open Data (LOD) の普及により、メタデータを地図や年表などの表示形式に視覚化してアプリケーションの中で利用しやすくすることが求められている。メタデータの視覚化を行うには、各表示形式に合わせた変換処理が必要となる。しかしこの処理では、メタデータの構造や語彙定義への理解が求められるため開発コストが大きい。 そこで本研究では、視覚化ライブラリExhibitを対象として、各表示形式に必要なメタデータ属性の組み合わせを用いたLODの変換手法を提案する。本手法では、メタデー...

書籍等出版物

 
目録とメタデータに対するXMLの適用
宇陀則彦;永森光晴
図書館目録とメタデータ 図書館目録とメタデータ 勉誠出版   2004年10月   
ASIAN DIGITAL LIBRARIES: LOOKING BACK 10 YEARS AND FORGING NEW FRONTIERS, PROCEEDINGS
Lee, Wonsook;Nagamori, Mitsuharu;Sugimoto, Shigeo
SPRINGER-VERLAG BERLIN   2007年1月   ISBN:9783540770930

講演・口頭発表等

 
XPath 式を用いた Application Profile に基づく メタデータスキーマとインスタンスの関連付け
永森,光晴
第27回セマンティックウェブとオントロジー研究会   2012年5月9日   人工知能学会
Introduction to The DCMI Registry
Mitsuharu, Nagamori
DC-ANZ: A Regional Organisation for Dublin Core in Australia and New Zealand____   2005年5月   
Registry at University of Tsukuba
Mitsuharu, Nagamori
DC-2005: International Conference on Dublin Core and Metadata Applications“Metadata Vocabularies in Practice”____   2005年10月   
図書館のセマンティックウェブ
永森光晴
第36回ディジタル図書館ワークショップ____   2009年3月   
DCMI Metadata Schema Registry: Discovery and Reuse of Metadata Terms
Mitsuharu, Nagamori
International Conference on Dublin Core and Metadata Applications, DC-2009 Seoul Proceedings_Dublin Core Metadata Initiative___   2009年10月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
LinkedDataを基礎とした用例に基づくメタデータ語彙発見とスキーマ設計支援
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 永森 光晴
多言語メタデータスキーマレジストリの開発
研究期間: 2001年   
機能デザインとビジュアルデザインを分離したGUI開発ツール
LinkedData環境の実現に向けたメタデータスキーマレジストリの応用
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年
メタデータの相互運用性と再利用性向上のための協調的メタデータスキーマ開発支援環境
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2007年 - 2008年