上野光博

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/11 20:50
 
アバター
研究者氏名
上野光博
 
ウエノ ミツヒロ
eメール
uenojuen.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90260546.ja.html
所属
上越教育大学
部署
学校教育研究科(研究院)
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
上越教育大学 学校教育研究科(研究院) 教授
 

論文

 
Significant association between renal function and area of amyloid deposition in kidney biopsy specimens in both AA amyloidosis associated with rheumatoid arthritis and AL amyloidosis.
黒田 毅、上野光博、他11名
Amyloid   24(2) 123-130   2017年6月   [査読有り]
Significant association between renal function and area of amyloid deposition evident in kidney biopsy specimens in both AA and AL amyloidosis.
黒田毅、伊藤由美、野澤由貴子、佐藤弘恵、中枝武司、和田庸子、上野光博、中野正明、成田一衛
Amyloid   24(sup1) 151-152   2017年3月   [査読有り]
Pathological Interstitial Vascular Proliferation Adjacent to Glomeruli in Immunoglobulin A Nephropathy
森 穂波、西 慎一、上野 光博、今井 直史、大河原 晋、森下 義幸、成田 一衛、田部井 薫
Saudi J Kidney Dis Transpl   27(5) 885-892   2016年5月   [査読有り]
池川 茂樹, 上野 光博, 丸山 幸恵, 直原 幹
上越教育大学研究紀要 = Bulletin of Joetsu University of Education   34 227-233   2015年3月
Ultrastructural Studies of IgG4-related Kidney Disease
西慎一、今井直史、吉田一浩、伊藤由美、上野光博、佐伯敬子
Internal Medicine   54(2) 147-153   2015年1月   [査読有り]

Misc

 
吉田一浩, 金子佳賢, 上野光博, 成田一衛
日本老年医学会雑誌   49 65   2012年5月
上野光博
日本臨床   82-87   2012年1月
泉田侑恵, 本間則行, 酒巻裕一, 黒羽高志, 関義信, 吉田一浩, 伊藤由美, 大澤豊, 今井直史, 上野光博, 成田一衛
新潟県立新発田病院医誌   17(1) 5-7   2011年11月

書籍等出版物

 
大学生活と健康
上野光博、他4名 (担当:共著)
上越教育大学出版会   2017年3月   
悠久の流れ 先達の歩みをたどって 腎生検60周年記念誌
上野光博 (担当:共著, 範囲:腎生検の手技と生検針の変遷)
日本医学館   2014年7月   ISBN:978-4890447886
IgG4関連疾患
上野光博 (担当:共著, 範囲:IgG4-Related Kidney Disease)
Springer   2013年11月   ISBN:978-4-431-54227-8
IgG4関連疾患アトラス
上野光博、他62名 (担当:共著, 範囲:腎臓病の尿細管間質病変の光学顕微鏡所見)
前田書店   2012年3月   ISBN:978-4-944121-23-6

講演・口頭発表等

 
小中学校栄養教諭・学校栄養職員の『食に関する指導』の実態に関する調査研究
安嶋まなみ、上野光博、野口孝則
第63回日本学校保健学会   2016年11月20日   
中学校における養護教諭とスクールカウンセラーとの連携に関する研究 ~養護教諭の連携の実態から考える連携推進の方策~
上原瑠莉、上野光博、留目宏美、前川美紀子
第63回日本学校保健学会   2016年11月19日   
中学1年生における性の学びを高める保健学習の検討
町田範子、増井 晃、上野光博
第61回日本学校保健学会   2014年11月15日   
中学校における子宮頸がん予防教育に関する研究
森野史裕、上野 光博、上原 瑠莉、片山 直幸、安嶋 まなみ、増井 晃
日本学校保健学会   2014年11月15日   
伊藤由美, 今井直史, 河野恵美子, 吉田一浩, 飯野則昭, 大澤豊, 上野光博, 荒川正昭, 成田一衛
日本腎臓学会誌   2014年5月25日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 上野 光博
メタボリックシンドローム(MS)と慢性腎臓病(CKD)の関連を知るために、健診者をMS群と非MS群に分けて健診データを解析した。MS群は非MS群に比べ、CKD患者が有意に多く、尿中アルブミン値や尿蛋白は有意に多く、腎機能は有意に低かった。これは高血圧や糖尿病の既往を認める者を除外してもMS群は非MS群に比べ、有意に微量アルブミン尿あるいは蛋白尿陽性者が多かったことから、MS固有の腎症の存在が示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 上野 光博
IgA腎症と半月体形成性糸球体腎炎は難治性糸球体腎炎の代表的疾患である。IgA腎症はその正確な発症・進展機序は明らかでないが、遺伝的背景がその一つであると考えられている。本症の特徴的な臨床所見としてしばしば高IgA血症や高血圧を認められ、病状の進展に高血圧、レニン・アイジオテンシン系やインスリン感受性など非免疫学的機序が準展に関わるといわれている。こうした背景から、本症の発症・進展機序解明のため、約250例の本症患者において、1)IgAの代謝・処理に関わるpolymeric immunog...