宮下惇嗣

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/24 03:09
 
アバター
研究者氏名
宮下惇嗣
所属
東京大学
職名
博士課程学生

プロフィール

主に昆虫を用いた基礎生物学研究を行なっています。
現在、細菌学および免疫学について取り組んでいます。

研究分野

 
 

競争的資金等の研究課題

 
カイコO157感染モデルを用いた宿主病原体相互作用の解明と新たな治療戦略の提案
日本学術振興会: 特別研究員(DC1)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 宮下惇嗣

受賞

 
2014年10月
日本細菌学会 第97回日本細菌学会関東支部総会 学生ベストプレゼンテーション賞
 
2014年10月
日本生化学会 第87回日本生化学会大会 若手優秀発表賞
 
2014年9月
日本薬学会 第13回次世代を担う若手ファーマバイオフォーラム2014 優秀発表者賞
 
2013年11月
日本細菌学会 第96回日本細菌学会関東支部総会 優秀発表賞
 

論文

 
Miyashita A, Kizaki H, Sekimizu K, Kaito C
PloS one   11(1) e0146999   2016年   [査読有り]
Miyashita A, Takahashi S, Ishii K, Sekimizu K, Kaito C
PloS one   10(6) e0130486   2015年   [査読有り]
Miyashita A, Hirai Y, Sekimizu K, Kaito C
Drug discoveries & therapeutics   9(1) 33-37   2015年1月   [査読有り]
Miyashita A, Kizaki H, Kawasaki K, Sekimizu K, Kaito C
The Journal of biological chemistry   289 14412-14421   2014年5月   [査読有り]
無脊椎動物における適応免疫機構の解明
宮下惇嗣
東京大学      2013年3月
Miyashita A, Iyoda S, Ishii K, Hamamoto H, Sekimizu K, Kaito C
FEMS microbiology letters   333 59-68   2012年8月   [査読有り]
Miyashita A, Kuwahara T, Iwatsubo T
22(2) 115-119   2010年6月

学歴

 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学 教養学部 (理科二類)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東京大学 薬学部 薬科学科
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 薬学系研究科 修士課程 (関水和久教授) 
 
2012年4月
 - 
現在
東京大学 ライフイノベーション・リーディング大学院 「ライフイノベーションを先導するリーダー養成プログラム」(2期生)
 
2013年4月
 - 
現在
東京大学大学院 薬学系研究科 博士課程 (関水和久教授) 
 

講演・口頭発表等

 
A robust regulation of song pitch in cricket mating behaviors
宮下惇嗣
The 1st Tokyo-Dresden-Workshop   2016年2月18日   
Primed immune responses in the silkworm
宮下惇嗣
The University of Tokyo Graduate School of Pharmaceutical Sciences Workshop with the Cambridge Department of Chemistry and the Cambridge Institute of Medical Research (CIMR)   2015年11月23日   
ペプチドグリカンの経口投与によるカイコの緑膿菌に対する感染抵抗性獲得
宮下惇嗣、高橋真司、石井健一、関水和久、垣内力
第97回日本細菌学会 関東支部総会   2014年10月30日   
黄色ブドウ球菌の病原性に寄与する新規ヌクレオシド二リン酸分解酵素の同定
宮下惇嗣、今江健太、木崎速人、斎藤祐樹、毛瀚、関水和久、垣内力
第87回日本生化学会大会   2014年10月18日   
黄色ブドウ球菌の病原性発現に必要な新規ヌクレオシド二リン酸分解酵素の同定
宮下惇嗣
第13回次世代を担う若手ファーマバイオフォーラム2014   2014年9月20日   

担当経験のある科目

 
 

Misc

 
宮下惇嗣, 桑原知樹, 岩坪威
Brain Med   22(2) 115-119   2010年6月