眞茅みゆき

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/24 21:48
 
アバター
研究者氏名
眞茅みゆき
 
マカヤ ミユキ
eメール
miyuki-mnrs.kitasato-u.ac.jp
所属
北里大学
部署
看護学部
職名
教授
学位
博士(医学)

プロフィール

高齢化社会を迎え、高齢の慢性疾患患者の長期的な療養支援が求められています。患者の抱える問題は多様化しており、入院中ならびに在宅における実効性のあるケアシステムの構築を目指しています。

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
北里大学看護学部 看護システム学
 
 
   
 
国立国際医療センター研究所医療情報解析研究部
 
 
   
 
国立国際医療センター研究所 流動研究員
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
American Heart Association, Council on Cardiovascular and Stroke Nursing  International Fellow
 
2012年8月
 - 
現在
日本心臓リハビリテーション学会  評議員
 
2012年8月
 - 
現在
日本心不全学会  チーム医療推進委員会
 
2015年
 - 
現在
日本循環器病予防学会  理事
 
2009年4月
 - 
現在
日本心不全学会  評議員
 

論文

 
Matsuoka S, Makaya M, Kayane T, Yamada M, Wakabayashi R, Kato NP, Yazawa M
Patient Education and Counseling      2016年1月   [査読有り]
Matsuoka S, Kato N, Kayane T, Yamada M, Koizumi M, Ikegame T, Makaya M
The Journal of Cardiovascular Nursing      2015年6月   [査読有り]
Hamaguchi S, Kinugawa S, Matsushima S, Fukushima A, Yokota T, Sakakibara M, Yokoshiki H, Makaya M, Tsutsui H, JCARE-CARD Investigators
International Journal of Cardiology   176(1) 239-242   2014年9月   [査読有り]
Hamaguchi S, Kinugawa S, Makaya M, Matsushima S, Sakakibara M, Ishimori N, Goto D, Tsutsui H
Journal of Cardiology      2013年9月   [査読有り]
Hamaguchi S, Kinugawa S, Makaya M, Goto D, Yamada S, Yokoshiki H, Tsutsui H
Journal of Cardiology   62 95-101   2013年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
中外医学社   2015年5月   ISBN:4498136292
眞茅みゆき (担当:分担執筆, 範囲:退院後の慢性心不全患者は、看護師主導の在宅管理、心不全専門外来のどちらでフォローすべきか?)
中外医学社   2015年5月   ISBN:4498134206
眞茅みゆき、筒井裕之 (担当:分担執筆, 範囲:心不全の一般管理)
医学書院   2013年1月   ISBN:4260014722
眞茅みゆき (担当:分担執筆, 範囲:慢性心不全)
学研メディカル秀潤社   2012年12月   ISBN:4780920191

競争的資金等の研究課題

 
慢性心疾患患者の重症化予防を目的とした心理社会的支援プログラムの構築
(財)健康管理事業団: 研究助成
研究期間: 2011年7月 - 2012年7月    代表者: 眞茅みゆき
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 眞茅 みゆき
環境要因のコンパートメント化を考慮した、スリランカでの生活習慣病の遺伝疫学
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 加藤規弘
植込み型除細動器患者に対する生活の質の向上をめざした看護ケアモデルの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 樗木晶子
全国患者登録データを用いたわが国の慢性心不全患者の急性増悪・難治化要因の解明と効果的治療法の確立
厚生労働科学研究費補助金: 全国患者登録データを用いたわが国の慢性心不全患者の急性増悪・難治化要因の解明と効果的治療法の確立
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 筒井裕之