笹岡 正俊

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/21 23:44
 
アバター
研究者氏名
笹岡 正俊
 
ササオカ マサトシ
通称等の別名
msasaoka
eメール
m.sasaokalet.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科
職名
准教授
学位
博士(農学)(東京大学)

プロフィール

1971年広島生まれ。博士(農学)。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程単位取得退学後、日本学術振興会海外特別研究員/インドネシア科学院社会文化研究センター(PMB-LIPI)客員研究員(2002年4月-2005年3月)、財団法人林業経済研究所研究員(2005年6月-2008年3月)、財団法人自然環境研究センター研究員(2008年4月-2010年3月)、独立行政法人森林総合研究所特別研究員(2010年4月-2010年8月)、芝浦工業大学非常勤講師(2009年9月-2010年8月)、国際林業研究センター(Center for International Forestry Research: CIFOR)研究員(2010年8月-2013年3月)を経て、2013年4月より、北海道大学大学院文学研究科准教授。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院文学研究科 准教授
 
2010年8月
 - 
2013年3月
国際林業研究センター(CIFOR) 博士研究員
 
2010年4月
 - 
2010年8月
独立行政法人 森林総合研究所 博士研究員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
財団法人 自然環境研究センター 研究員
 
2005年6月
 - 
2008年3月
財団法人 林業経済研究所 研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
インドネシア科学院 社会文化研究センター 客員研究員・日本学術振興会海外特別研究員
 

受賞

 
2013年3月
Ecology & Society Ralf Yorque 記念賞
受賞者: 笹岡 正俊、イヴ・ラウモニエル
 
2010年6月
日本熱帯生態学会 吉良賞(奨励賞)
 

論文

 
ムシ・フタン・プルサダ(MHP)社による住民の強制排除
笹岡 正俊
JATAN NEWS   107 2-6   2016年11月
The sustainable livelihood challenge of REDD+ implementation in the Philippines
Rose Jane Peras, Juan Pulhin, Makoto Inoue, Abrar Jurar Mohammed, Kazuhiro Harada, Masatoshi Sasaoka
Environment and Natural Resources Research   6(3) 91-105   2016年9月   [査読有り]
隔離型保全モデル再考:オオバタンの二次林利用に関する調査から
笹岡 正俊
CIAS Discussion Paper   59 7-14   2016年3月   [招待有り]
書評 ジェームズ・C・スコット著(佐藤仁訳) ゾミア 脱国家の世界史
笹岡 正俊
林業経済   68(8) 24-28   2015年11月   [招待有り]
泥炭地との共存をめざす草の根の試み
笹岡 正俊
海外の森林と林業   No.94 3-8   2015年11月   [招待有り]
「保全のシンプリフィケーション」を越えて:草の根の環境平和の実践に学ぶ
笹岡 正俊
平和研究   (44) 41-58   2015年5月   [招待有り]
泥炭地との共存をめざす村落開発の試み:スマトラ島リアウ州テビン・ティンギ村のサゴヤシと人
笹岡 正俊
インドネシアニュースレター   (88) 40-51   2015年4月   [招待有り]
Sasaoka, M., Laumonier, Y., Sugimura, K.
Journal of Tropical Forest Science   26(1) 75-83   2014年1月   [査読有り]
Takuro Furusawa, Myknee Qusa Sirikolo, Masatoshi Sasaoka and Ryutaro Ohtsuka
Journal of Ethnobiology and Ethnomedicine   10(10)    2014年1月   [査読有り]
Sasaoka, Masatoshi; Laumonier, Yves;
Ecology and Society   17(4) 6   2012年   [査読有り]
笹岡 正俊
文化人類学   75(4) 483-514   2011年3月   [査読有り]
世界のさまざまな地域では、超自然的存在やそれが持つ力への視点を抜きにしては捉えられないような、数かずの「在地の資源管理(Indigenous Resource Management:IRM)」が行われている。資源管理や自然保護をめぐっては「コミュニティ基盤型」あるいは「参加型」アプローチの有効性・必要性が叫ばれて久しいが、人類学的コモンズ論をはじめとして自然資源管理をめぐる議論では、地域の人びとの超自然観と密接に結びついているIRMを十分に主題化してきたとは言い難い。そこで、本研究ではイン...
インドネシア東部セラム島山地民にとってのオウム猟の重要性
笹岡 正俊
日本熱帯生態学会ニューズレター   (80) 7-19   2010年8月   [招待有り]
森をつくり,使う,人びとの智恵―サゴヤシに依存するインドネシア東部セラム島山地民の暮らしと生物多様性
笹岡 正俊
グローバルネット   (234) 14-15   2010年5月   [招待有り]
迫りくる開発と保護―森と密接に結びついたセラム島山地民の暮らし
笹岡 正俊
ワセダアジアレビュー   (5) 14-15   2009年1月   [招待有り]
笹岡 正俊
東南アジア研究   46(3) 377-419   2008年12月   [査読有り]
This paper examines the social and cultural meanings of the subsistence consumption of game animals among mountain villagers in Seram Island, Eastern Indonesia. The community under study is highly dependent on sago (starch extracted from sago palm...
サステイナブルな「自然保護」を探る
笹岡 正俊
サステナ   (8) 62-63   2008年7月   [招待有り]
猟が生みだす森のかく乱環境―生きもの博物誌:ハイイロクスクス
笹岡 正俊
月刊 みんぱく   32(6) 20-21   2008年6月   [招待有り]
『チャカレレ・ダンス』事件とアンボンの今後
笹岡 正俊
Indonesia Alternative Information   (96) 2-4   2007年9月
笹岡正俊
海洋水産エンジニアリング   7(68) 23-36   2007年4月
笹岡 正俊
アジア・アフリカ地域研究   (7-2) 158-190   2007年   [査読有り]
Illegal hunting (trapping) and trading of wild parrots such as Cacatua moluccensis (protected species listed in CITES Appendix I), Lorius domicella (protected species listed in CITES Appendix II), and Eos bornea (unprotected species) are important...
海をわたるオウム―生きもの博物誌:オオバタン
笹岡 正俊
月刊 みんぱく   30(11) 20-21   2006年11月   [招待有り]
笹岡 正俊
東南アジア研究   44(2) 105-144   2006年9月   [査読有り]
この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。The purpose of this paper is to consider the social meaning of "ownership" of sago palm (Metroxylon spp.) in Seram, eastern Indonesia.In the highland community under study, local people depend heavily on sago st...
笹岡 正俊
世界   (736) 260-268   2005年2月
和平会議後に起きた最大の衝突事件とその後のアンボン情勢
笹岡 正俊
Indonesia Alternative Information   (66) 2-5   2004年9月
SASAOKA Masatoshi
Tropics   12(4) 247-260   2003年5月   [査読有り]
3年目のマルク抗争:和平会議の行方
笹岡 正俊
Indonesia Alternative Information   (41) 5-8   2002年3月
笹岡 正俊
部落解放   (491) 100-111   2001年9月
笹岡 正俊
世界   (686) 190-196   2001年4月
笹岡 正俊
環境社会学研究   (6) 209-216   2000年10月
銃声やまぬ島-非常事態宣言のアンボンから
笹岡 正俊
オルタ   32-34   2000年9月
海を行き交う人々 マルク諸島の『宗教紛争』
笹岡 正俊
オルタ   28-29   2000年7月
フィールド日記:セラム島のクスクス猟-インドネシア東部島嶼地域の森のしきたり
笹岡 正俊
エコソフィア   (5) 62-63   2000年5月
ハルク村襲撃事件
笹岡 正俊
Indonesia Alternative Information   (21) 6-9   2000年3月
いま,マルクで何が起きているのか
笹岡 正俊
Indonesia Alternative Information   (21) 2-5   2000年3月
笹岡正俊
日本林学会大会学術講演集   110th(Vol.1) 224-225   1999年4月
笹岡正俊, 井上真
日本林学会論文集   (106) 11-14   1995年10月

書籍等出版物

 
東南アジア地域研究入門
笹岡 正俊 (担当:分担執筆, 範囲:「隠れた物語」を掘り起こすポリティカルエコロジーの視角)
慶應義塾大学出版会   2017年2月   ISBN:9784766423945
現代インドネシアを知るための60章
村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子編著 (担当:分担執筆, 範囲:民族紛争と宗教紛争―スハルト体制末期から崩壊後にかけての紛争を中心に; 農園開発―アブラヤシ生産の現状と問題)
明石書店   2013年1月   ISBN:475033748X
食べられる生き物たち―世界の民族と食文化
「みんぱく」編集部(編) (担当:分担執筆, 範囲:猟が生みだす森の撹乱環境)
丸善出版   2012年7月   
地球環境学辞典
総合地球環境学研究所(編) (担当:分担執筆, 範囲:住民参加型の資源管理-コミュニティ基盤型管理から協働管理へ)
弘文堂   2010年10月   ISBN:4335750137
Sustainable use of biological diversity in socio-ecological production landscapes. Background to the ‘Satoyama Initiative for the benefit of biodiversity and human well-being
Frusawa, T., Ohtsuka, R. and Sasaoka, M (担当:分担執筆, 範囲:Living by utilizing various modified natural resources in the Solomon Islands)
Secretariat of the Convention on Biological Diversity   2010年7月   
Sustainable use of biological diversity in socio-ecological production landscapes: Background to the ‘Satoyama Initiative for the benefit of biodiversity and human well-being
Sasaoka, M. and Ohtsuka, R. (担当:分担執筆, 範囲:Nature-friendly agriculture in the state of Queensland, Australia.)
Secretariat of the Convention on Biological Diversity   2010年7月   
コモンズ論の挑戦:新たな資源管理を求めて
井上真(編) (担当:分担執筆, 範囲:超自然的存在と『共に生きる』人びとの資源管理―インドネシア東部セラム島山地民の森林管理の民俗)
新曜社   2008年11月   ISBN:4788511258
躍動するフィールドワーク:研究と実践をつなぐ
井上真(編) (担当:分担執筆, 範囲:ウォーレシア・セラム島山地民のつきあいの作法に学ぶ)
世界思想社   2006年7月   ISBN:4790712052
インドネシアを知るための50章
佐伯奈津子・村井吉敬(編) (担当:分担執筆, 範囲:合板-巨大財閥が進めた森林破壊)
明石書店   2004年7月   
失敗のインドネシア-民主化・改革はついえたのか
インドネシア民主化支援ネットワーク(編) (担当:分担執筆, 範囲:マルク-特殊部隊が暗躍する『宗教』抗争)
インドネシア民主化支援ネットワーク/コモンス   2003年6月   
笹岡 正俊編著
インドネシア民主化支援ネットワーク   2001年7月   ISBN:490664094X
コモンズの社会学:森・川・海の資源共同管理を考える
井上真・宮内泰介(編) (担当:分担執筆, 範囲:コモンズとしてのサシ:東インドネシアマルク諸島における資源の利用と管理)
新曜社   2001年3月   
ウォーレシアという世界
尾本恵一・浜下武志・村井吉敬・家島彦一(編) (担当:分担執筆, 範囲:セラム島のクスクス猟)
岩波書店   2001年1月   ISBN:978-4000265744

講演・口頭発表等

 
Suitability of Local Resource Management based on Supernatural Enforcement Mechanism in the Local Social-cultural Context: toward self-directed resource management by the people who ‘coexist’ with supernatural agencies
笹岡 正俊; イヴ・ラウモニエル
第8回ヨーロッパ・東南アジア研究学会   2015年8月14日   
We focus on local forest resource management based on supernatural enforcement mechanism and its suitability in the local social cultural context in central Seram, east Indonesia. Local resource management appears to be embedded in the wider socia...
格安コピー用紙の向こう側:グローバル環境ガバナンスの陥穽を埋めるために何が必要か
笹岡 正俊, 原田公
日本平和学会2015春季研究大会   2015年7月19日   
Conservation value of human-modified tropical forests in Maluku, east Indonesia
笹岡 正俊; イヴ・ラウモニエル
第14回国際民族生物学会   2014年6月5日   
Potential conservation value of less-intensively managed human modified forests in and around National park: Focusing on interrelationships between local people and wild animal species formed through traditional arboricultural practices
笹岡 正俊, イヴ・ラウモニエル
第一回アジア国立公園会議   2013年11月14日   環境省,IUCN
Manusela national park was established in central Seram Island, east Indonesia in 1989 to conserve biodiversity and maintain ecosystem services in the region. One of its main expected functions is to help conserve a flagship species in Wallacea, t...
Conservation Value of Less-intensively Managed Human Modified Forests formed through arboricultural activities in Seram, east Indonesia: An Insight on Interrelationships between local people and a protected wild parrot
Sasaoka, M and Laumonier, Y
第23回日本熱帯生態学会年次大会   2013年6月16日   
ソロモン諸島ロヴィアナ地域における社会生態学的生産ランドスケープ:定量的民族植物学のアプローチから
古澤拓郎、 笹岡正俊、 大塚柳太郎
第22回日本熱帯生態学会年次大会   2012年6月16日   
Sasaoka, M., Laumonier, Y. and Sugimura, K.
The 13th Congress of the International Society of Ethnobiology   2012年5月25日   
Sasaoka, M. and Laumonier, Y.
The 10th International Sago Symposium   2011年10月29日   
Changing Paradigms in a Changing Climate: Adaptive Innovation towards Forest Management Institutions to Manage Tropical Forest in South and Southeast Asia
Rahman, S.A., Desissa, D., Sasaoka, M., Paras, F.D., Healey, J., and Sunderland, T.
The 8th IALE (International Association for Landscape Ecology) World Congress   2011年8月20日   
Sasaoka, M., Sugimura, K. and Laumonier, Y.
The 8th IALE (International Association for Landscape Ecology) World Congress, Landscape Ecology   2011年8月20日   
粗放な樹木栽培型農業が生みだす人と生きものの相互関係―インドネシア東部セラム島の事例
笹岡 正俊
第58回日本生態学会札幌大会   2011年3月11日   
アーボリカルチュアが生み出す野生動物と人のかかわりあい―インドネシア東部島嶼部住民による多様な森の創出
笹岡 正俊
第120回日本森林学会大会   2009年3月   
熱帯の「在来農業」が生み出す人と動物の『緩やかな共生関係』―インドネシア東部セラム島の事例
笹岡 正俊
第18回日本熱帯生態学会年次大会   2008年6月22日   
超自然的存在が生みだす森の利用秩序―インドネシア東部セラム島山地民による在地の狩猟資源管理
笹岡 正俊
生き物文化誌学会第6回学術大会   2008年6月20日   
サゴ基盤型根菜農耕(Sago-based Vegeculture)と森林景観のかかわり:インドネシア東部マルク諸島セラム島M村の事例
笹岡 正俊
サゴヤシ学会第16回講演会   2007年6月17日   
サゴヤシを保有することの意味:インドネシア東部・セラム島山地民の事例
笹岡 正俊
サゴヤシ学会第15回講演会   2006年6月24日   
インドネシア東部・セラム島山地民によるオオバタン(Cacatu moluccensis)の捕獲と交易
笹岡 正俊
第16回 日本熱帯生態学会   2006年6月18日   

担当経験のある科目