Masahiko SHOJI

J-GLOBAL         Last updated: May 25, 2016 at 18:23
 
Avatar
Name
Masahiko SHOJI
E-mail
shojiglocom.ac.jp
Affiliation
International University of Japan
Section
Center for Global Communications,International University of Japan
Research funding number
50399771
Twitter ID
mshouji

Profile

Masahiko Shoji is a Senior Research Fellow and Assistant Professor of Center for Global Communications (GLOCOM), International University of Japan. He is interested in the studies of Information Society, and has specialized in policy and governance issues that arise with information and communications technology. He has been engaged in a number of research projects on e-government policy, informatization in local communities, social media, and social innovations.

Mr Shoji received BA and MA degrees in Policy Studies from Chuo University. He is the leader of the Open Knowledge Foundation Japan Initiative (OKFJ), and one of the directors of the Movements for Internet Active Users (MIAU), Japan.

Email: shoji@glocom.ac.jp
Twitter: @mshouji

ACTIVITIES
- Ministry of Economy, Trade and Industry, Public Data Working Group [National Government] Member: 2012-present
- IT Strategic Headquarters, Taskforce for Electronic Administration [National Government] Member: 2010-2012
- National Museum of Ethnology [Osaka Japan] Fellowship Researcher: 2009-2010
- The Infosocionomics Society of Japan. Member of Steering Committee: 2005-present

RESEACH WORK
- Information Communication Technology and Social Network in Local Communities, Senri Ethnological Reports, National Museum of Ethnology. 2012.
- Comparative Considerations of United States' and China's Reception of Twitter --Considerations of Mechanisms of Diversity of Information Societies, The Journal of Infosocionomics, Vol.5 No.3, The Infosocionomics Society of Japan. 2010.

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2010 - 2011    Investigator(s): Masahiko SYOJI
This study analyzed local SNSs(Social Networking Services). A structure linking various civil society organizations and hobby circles may vitalize their activities. Autonomy in neighborhood small community and role of sub-elites are key to progres...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2008 - 2009    Investigator(s): Masahiko SYOJI
This research discussed activities of local revitalization using local social networking services. It is mainly based on the social capital theory, the governance theory, and the network science, etc. A lot of SNS is used to activate civil activit...

Education

 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
Faculty of Policy Studies, Chuo University
 

Published Papers

 
Masahiko SHOJI
5(2)    Nov 2010   [Refereed]
Despite the globalized information society, there is a great disparity in the United States and China. These two countries seem
become to be super powers in different sides of the information society in the future. In this paper, I focused on Twit...
SHOJI Masahiko
Environmental information science   39(1) 34-39   Mar 2010
Open Government Cases in Japan and Other Countries
Masahiko SHOJI
Administration and Information Systems   46(6)    2010   [Refereed]
Masahiko Shoji
3(2)    Mar 2009   [Refereed]
This paper describes the legislative process of the “Children’s Internet Protection Act” in Japan, and specifically probes the relationship between various people and their behaviors from the viewpoint of Kingdon's “policy window” model. It was di...
Journal of municipal problems.   60(5) 97-114   May 2008
Masahiko Shoji
   Mar 2008
This research is an investigation of reality of the situation of conditions of "regional social networking services" that increases rapidly from 2005 in Japan. I modeled a mechanism of "Local revitalization using regional SNS" based on the social ...

Books etc

 
Adam Peake, 猪狩 典子, 上村 圭介, 小林 寛三, 庄司 昌彦, 新谷 隆, 砂田 薫, 豊福 晋平, 中島 洋, 野村 恭彦, 樋口 尚文, 村上 憲郎, 若山 俊弘, 渡辺 智暁 (Part:Joint Work)
国際大学GLOCOM   Mar 2012   ISBN:4904305116
新谷 隆, 高原基彰, 中島 洋, 豊福晋平, 野村恭彦, 山口 浩, 猪狩典子, 井上明人, 上村圭介, 庄司昌彦, 砂田 薫, 渡辺智暁 (Part:Joint Work)
国際大学グロバール・コミュニケーション・センター(GLOCOM)   Mar 2011   ISBN:4904305108
豊福晋平, 山崎富美, 渡辺弘美, 猪狩典子, 井上明人, 上村圭介, 庄司昌彦, 渡辺智暁 (Part:Joint Work)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(国際大学GLOCOM)   Jan 2010   ISBN:4904305094
野村恭彦, 秋山進, 服部篤子, 菊地史彦, 松原 和之, やまざきゆにこ, 砂田薫, 井上明人, 庄司昌彦 (Part:Joint Work)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(国際大学GLOCOM)   Jun 2009   ISBN:4904305086
アダム・ピーク, 鬼木 甫, 関口和一, 土屋大洋, 中川 譲, 猪狩典子, 井上明人, 上村圭介, 庄司昌彦, 砂田 薫, 渡辺智暁 (Part:Joint Work)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(国際大学GLOCOM)   Mar 2009   ISBN:4904305078
井上 明人, 金 正勲, 増田 聡, 村上 敬亮, 森 祐治 (Part:Joint Editor)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(国際大学GLOCOM)   Dec 2008   ISBN:490430506X
上村 圭介, 庄司 昌彦, 渡辺 俊史, 湯下 秀樹 (Part:Joint Work)
NIKK   Aug 2008   ISBN:9784902222555
秋山 進, 飯盛 義徳, 池上 英子, 井上 明人, 井庭 崇, 折田 明子, ケニス・ニール・クッキエ, 庄司 昌彦, トーマス・W・ヘイズレット, 渕野 康一, 増田 直紀, 湯川 抗, 渡辺 弘美 (Part:Joint Work)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(国際大学GLOCOM)   Apr 2008   ISBN:4904305000
田中 辰雄, 竹内 郁雄, 安村 通晃, 前川 徹, 砂田 薫, 城 繁幸, 楠 正憲, 井上 明人, 土屋 大洋, 高原 基彰, 洛西 一周, 小野 和俊, まつもと ゆきひろ (Part:Joint Editor)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)   Nov 2007   ISBN:4904305051
青柳武彦, 井上 明人, 上村 圭介, 公文 俊平, 栗澤 哲夫, 庄司 昌彦, 鈴木 健, 砂田 薫, 豊福 晋平, 森田 沙保里 (Part:Joint Work)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)   Mar 2007   ISBN:4904305043
庄司 昌彦, 三浦 伸也, 須子 善彦, 和崎 宏 (Part:Joint Work)
アスキー   Mar 2007   ISBN:4756148735
本書『地域SNS最前線』では、地域SNSの現状を整理するとともに、地域社会とSNSの関係、オフライン活動との結びつき、他の地域情報化事例との比較、運営者の(ノウハウだけではなく)「考え方」の説明などにも多くを割いています。各種地域SNSの一覧ではなく、一歩踏み込んで実際の運営や利用のポイントを、実際に携わっている専門家が解説していますので、運営者や利用者、地方自体関係者など、さまざまな立場で地域活性化に関わる方々のお役に立つのではないかと自負しています。
上村 圭介, 原田 泉, 木村 忠正, 庄司 昌彦, 陳 潔華, 土屋 大洋, 山内 康英 (Part:Joint Work)
NTT出版   Feb 2007   ISBN:4757102046
遠藤 雅伸, 久保 雅一, 新 清士, 川端 裕人, 井上 明人, 伊藤 憲二, 土居 純, 三淵 啓自, 鈴木 健, 森田 沙保里, 山根 信二, 松山 遥, 公文 俊平 (Part:Joint Editor)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)   Dec 2006   ISBN:4904305035
東浩紀, 石橋啓一郎, 大越 匡, 大谷卓史, 金子 勇, 岸原孝昌, 小林隆生, 庄司昌彦, 鈴木謙介, 高木浩光, 瀧川正晴, 谷脇康彦, 濱野智史, 丸田 一, 三神万里子, 山根信二, 霜島朗子 (Part:Joint Work)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター   Mar 2006   ISBN:4904305019
C&C振興財団, 山田 肇, 庄司 昌彦, 関根 千佳, 榊原 直樹, 遊間 和子 (Part:Joint Work)
NTT出版   Mar 2005   ISBN:4757101511

Misc

 
庄司昌彦
行政&情報システム   51(6) 76-79   Dec 2015
庄司昌彦
情報の科学と技術   65(12) 496-502   Dec 2015
Shoji Masahiko
The journal of Information Science and Technology Association   65(12) 496-502   Dec 2015
In recent years, Open Data policies and movements continues to spread worldwide. This paper introduces the debates about the definitions of open data (especially the "Government of Japan Standard Terms and Conditions"), and latest policy trends of...
岡田誠, 五十嵐洋一郎, 原田博一, 庄司昌彦, 徳田雄人, 井庭崇
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.1D01   Oct 2015
庄司昌彦
行政&情報システム   51(4) 55-59   Aug 2015
庄司昌彦
行政&情報システム   50(6) 70-73   Dec 2014
庄司昌彦
行政&情報システム   50(4) 52-56   Aug 2014
庄司昌彦
行政&情報システム   50(2) 9-13   Apr 2014
54(12) 1244-1247   Dec 2013
庄司昌彦
情報処理   54(12) 1244-1247   Nov 2013
SHOJI Masahiko
IPSJ Magazine   54(12) 1202-1203   Nov 2013
庄司 昌彦
情報処理   54(12) 1244-1247   Nov 2013
SHOJI Masahiko
IPSJ Magazine   54(12) 1244-1247   Nov 2013
庄司昌彦
行政&情報システム   49(4) 55-59   Aug 2013
庄司昌彦
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(4) ROMBUNNO.EIP-58,NO.4   Dec 2012
庄司昌彦
行政&情報システム   48(6) 48-51   Dec 2012
庄司昌彦
行政&情報システム   48(4) 60-64   Aug 2012
田中秀圭, 庄司昌彦, 河井孝仁, 佐藤雄一
社会情報学研究   16(2) 81-92   May 2012
庄司昌彦
行政&情報システム   48(2) 62-65   Apr 2012
TANAKA Hideyuki, SHOJI Masahiko, KAWAI Takayoshi, SATO Yuichi
日本社会情報学会学会誌   23(2) 53-64   Mar 2012
庄司昌彦, 猪狩典子, 砂田薫
行政&情報システム   48(1) 31-36   Feb 2012
田中 秀幸, 庄司 昌彦, 河井 孝仁
社会情報学研究 : 日本社会情報学会誌   16(2) 81-92   2012
庄司昌彦
行政&情報システム   47(6) 54-57   Dec 2011
庄司昌彦
行政&情報システム   47(4) 58-60   Aug 2011
庄司昌彦
行政&情報システム   47(2) 52-55   Apr 2011
庄司昌彦
行政&情報システム   46(6) 18-24   Dec 2010
原田泉, 土屋大洋, 上村圭介, 庄司昌彦
ユビキタス社会におけるIT国家戦略 平成17年度 ユビキタス都市1 C&C振興財団調査研究委託事業   80P   2006
庄司昌彦
情報処理学会研究報告   2004(124(EIP-26)) 27-28   Dec 2004
庄司 昌彦
情報処理学会研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)   2004(124) 43-48   Dec 2004
航空手荷物輸送システム等の空港システムへのRFID導入は、出入国管理の厳格化や航空機を使ったテロの防止など、保安上の目的が大きな要素を占めているという点が特色である。ASTREC(次世代空港システム技術研究組合)では、実際の空港施設、航空便、旅客手荷物を用いたRFIDタグの認識実験を行っており、実験は順調に推移している。今後の課題は「保安上の要求」「コスト」「利用者の利便性」のトレードオフをどう調整していくか、という問題に整理できる。だが、米国政府の政策が「保安上の要求」を強調しており、プ...
Shoji Masahiko
IPSJ SIG Notes   2004(124) 27-28   Dec 2004
A big purpose to introduce RFID technology to airport systems such as an aviation baggage transit system is higher security for immigration control, and prevention of airplane terrorism. It is a feature, of this area. ASTREC (Advanced Airport Syst...
庄司 昌彦
研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)   2012(4) 1-5   Nov 2012
政府保有データの活用(オープンデータ)は,電子行政の新たな潮流であるオープンガバメントを進める上で最も主要な政策である.政府は「電子行政オープンデータ戦略」をとりまとめ,政府の透明性・信頼性の向,国民参加・官民協働の推進,経済の活性化・行政の効率化といった目標に向け動き出した.世界最高水準とされる日本の情報通信基盤を活用し国民がITの恩恵を享受するためのカギはデータの活用にある.本稿は国内外先進事例に基づき,オープンデータを具体的に進めるための(法制度整備以外の)5つの方策を示す.Open...
田中幸子, 小池智子, 庄司昌彦, 斉藤訓子, 小川忍
日本看護管理学会年次大会講演抄録集   8th 156-157   Aug 2004

Conference Activities & Talks

 
Masahiko Shoji
IPSJ SIG Notes   9 Nov 2012   
Open data is the most important policy in promoting open government. Japanese government issued "e-Government Open Data Strategy." It aims to advance government's transparency, public-private cooperation, and revitalization of the economy. Utiliza...