小林哲郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/15 15:09
 
アバター
研究者氏名
小林哲郎
eメール
tkobayascityu.edu.hk
所属
香港城市大学
部署
メディア・コミュニケーション学部
職名
准教授
学位
博士(社会心理学)(東京大学)
その他の所属
神戸大学大学院法学研究科
ORCID ID
0000-0003-0162-538X

プロフィール

東京都出身。東京大学文学部卒。同大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(社会心理学)。政治コミュニケーションを中心に研究。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年12月
 - 
現在
香港城市大学 メディア・コミュニケーション学部 准教授
 
2012年4月
 - 
2015年12月
総合研究大学院大学 複合科学研究科 准教授
 
2012年2月
 - 
2014年2月
Stanford University, Department of Communication, Visiting Scholar
 
2011年11月
 - 
2015年12月
国立情報学研究所 情報社会相関研究系 准教授
 
2011年1月
 - 
2011年3月
Stanford University, Department of Communication, Visiting Scholar
 

受賞

 
2016年9月
日本社会心理学会 平成28年度日本社会心理学会奨励論文賞
受賞者: 三浦麻子, 小林哲郎
 
2016年3月
ISS/OUP Prize: SSJJ Annual Best Paper Prize Who Deserves Citizenship? An Experimental Study of Japanese Attitudes Toward Immigrant Workers
受賞者: Kobayashi, T., Collet, C., Iyengar, S., & Hahn, K. S.
 
2015年5月
日本選挙学会 2014年度優秀ポスター発表賞 日中領土問題と首相支持:サーベイ実験による旗下集結効果の検討
受賞者: 小林哲郎・片桐梓
 
2014年12月
International Conference on e-Democracy and Open Government (CeDEM) Asia 2014 Top Paper Award
受賞者: Kobayashi, T. & Katagiri, A.
 
2014年9月
社会情報学会 優秀文献賞 Shiro Uesugi (Ed). IT Enabled Services
受賞者: 上杉志朗(編集代表), 章分担共著者として
 

担当経験のある科目

 

論文

 
The media priming effect: A preregistered replication experiment
Kobayashi, T., Miura, A., & Inamasu, K.
Journal of Experimental Political Science   (forthcoming)    [査読有り]
歴史・領土問題に関する日韓新聞報道の比較:トピックモデルを用いたフレーム分析
小川祐樹・小林哲郎・Kyu S. Hahn・Seulgi Jang
行動計量学   (forthcoming)    [査読有り][招待有り]
Survey satisficing inflates stereotypical responses in online experiment: The case of immigration study
Miura, A. & Kobayashi, T.
Frontiers in Psychology   (forthcoming)    [査読有り]
ソフトニュースへの接触は政治的関心を高めるか:一般化傾向スコアを用いた因果推論
登藤直弥・小林哲郎・稲増一憲
行動計量学   (forthcoming)    [査読有り][招待有り]
オンライン調査におけるSatisficeを検出する技法:大学生サンプルを用いた検討
三浦麻子・小林哲郎
社会心理学研究   (forthcoming)    [査読有り]
Renoust, B., Kobayashi, T., Ngo, T. D., Le, D. D., & Satoh, S.
Applied Network Science   1(4) 1-25   2016年6月   [査読有り]
The impact of crime on social ties and civic participation
Takagi, D., Ikeda, K., Kobayashi, T., Harihara, M., & Kawachi, I.
Journal of Community & Applied Social Psychology   26(2) 164-178   2016年3月   [査読有り]
オンライン調査モニタのSatisficeはいかに実質科学的知見を毀損するか
三浦麻子・小林哲郎
社会心理学研究   31(2) 120-127   2015年12月   [査読有り]
オンライン調査モニタのSatisfice行動に関する実験的研究
三浦麻子・小林哲郎
社会心理学研究   31(1) 1-12   2015年9月   [査読有り]
Boase, J., Kobayashi, T., Schrock, A., Suzuki, T., & Suzuki, T.
American Behavioral Scientist   59(8) 931-945   2015年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Political conversations as civic engagement: Examining patterns from mobile communication logs in Japan. In R. Wei (Eds.) Mobile media, political participation, and civic activism in Asia: Private chat to public communication (pp. 57-79).
Suzuki, T., Kobayashi, T., & Boase, J. (担当:分担執筆)
Springer   2016年   
「近隣・治安に関する意識」「情報に関する意識」「信頼と寛容性に関する意識」 池田謙一(編著) 日本人の考え方 世界の人の考え方:世界価値観調査から見えるもの
小林哲郎 (担当:分担執筆)
勁草書房   2016年4月   
Knowledge gap. (In) Gianpietro Mazzoleni (Ed.) The International Encyclopedia of Political Communication
Kobayashi, T. (担当:分担執筆)
Wiley-Blackwell   
Selective exposure. (In) Gianpietro Mazzoleni (Ed.) The International Encyclopedia of Political Communication, Wiley-Blackwell.
Kobayashi, T. (担当:分担執筆)
Wiley-Blackwell   
ネット評判社会 西垣通・伊藤守(編著)よくわかる社会情報学
小林哲郎 (担当:分担執筆)
ミネルヴァ書房, Pp. 72-73.   2015年5月   
インターネットの活用 加藤潤三・石盛真徳・岡本卓也(編著)コミュニティの社会心理学
小林哲郎 (担当:分担執筆)
ナカニシヤ出版   2013年10月   
マスメディアよりも「中立」な日本のネットニュース―2012年衆議院議員選挙時のニュース利用における党派性バイアス認知 清原聖子・前嶋和弘(編著)ネット選挙が変える政治と社会――日米韓に見る新たな「公共圏」の姿
小林哲郎 (担当:分担執筆)
慶應義塾大学出版会, Pp. 119-147.   2013年9月   
The effects of similarities to previous buyers on trust and intention to buy from e-commerce stores: An experimental study based on the SVS model. In S. Uesugi (Ed.) IT enabled services.
Kobayashi, T. & Okada, H. (担当:分担執筆)
Springer, Pp. 19-38.   2013年1月   ISBN:978-3-7091-1425-4
http://www.springer.com/cda/content/document/cda_downloaddocument/9783709114247-c1.pdf?SGWID=0-0-45-1368413-p174676213
Cyber behavior and social capital. In Z. Yan (Ed.). Encyclopedia of Cyber Behavior.
Kobayashi, T. (担当:分担執筆)
IGI Global: Hershey, PA. Pp. 1063-1073.   2012年3月   
「見たいものだけ見る?」―日本のネットニュース閲覧における選択的接触 清原聖子・前嶋和弘(編著)『インターネットが変える選挙―米韓比較と日本の展望』
小林哲郎
慶應義塾大学出版会, Pp. 115-144.(分担執筆)   2011年1月   

講演・口頭発表等

 
Internet development in Japan [招待有り]
Kobayashi, T.
The 13th Asia-Pacific Internet Research Alliance (APIRA) International Conference   2016年9月22日   
Webサーベイ実験における努力の最小化と民族ステレオタイプ
三浦麻子・小林哲郎
2016年9月18日   
人は検索によって正しい情報にたどり着けるのか:在日コリアンに関する誤情報を用いた実験
小林哲郎・高史明・鈴木貴久
第57回日本社会心理学会大会   2016年9月17日   
Persistent civic virtue of online news exposure: A Field experiment
Kobayashi, T.
American Political Science Association Annual Meeting 2016   2016年9月4日   
Disentangling social role, tie strength, and media multiplexity: An analysis of logged mobile data
Boase, J., Jamieson, J., & Kobayashi, T.
American Sociological Association’s 111th Annual Meeting   2016年8月23日   
日韓IATの試み:二国間比較実験から
小林哲郎
第11回KG-RCSPセミナー   2016年8月8日   
日韓の経済力と世論:日韓比較実験
小林哲郎
日本心理学会公開シンポジウム「紛争問題を考える」: 政治学・心理学・メディア研究からみた東アジアの国際関係   2016年8月6日   
Can “googling” correct misbelief?
Kobayashi, T., Taka, F., & Suzuki, T.
International Congress of Psychology   2016年7月29日   
Persistent civic virtue of online news exposure: A field experiment using a popular portal website
Kobayashi, T., Hoshino, T., & Suzuki, T.
International Communication Association's 66th Annual Conference   2016年6月12日   
Analyzing political conversation through mobile communication logs
Suzuki, T., Kobayashi, T., & Boase, J.
International Communication Association's 66th Annual Conference (Preconference: New Media and Citizenship in Asia)   2016年6月9日   

Misc

 
三浦麻子・小林哲郎
メディア・情報・コミュニケーション研究   1 27-42   2016年3月
小林哲郎
放送メディア研究   13 106-128   2016年2月   [依頼有り]
スマートフォンを利用したライフログ研究の可能性
小林哲郎
心理学ワールド   69 23-24   2015年4月   [依頼有り]
技術の制御-制度の限界と社会科学的事後検証-
小林哲郎
電子情報通信学会誌   98(1) 2-5   2015年1月   [依頼有り]
メディア利用の測定誤差
小林哲郎
よろん(日本世論調査協会報)   110 2-10   2012年10月   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
高度情報化社会における政治的学習に関する実験社会心理学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手(B)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 小林哲郎
スマートフォンを用いた「弱い紐帯」の維持・再活性化による社会関係資本の醸成
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 小林哲郎
インターネット利用における評判情報流通と社会関係資本に関する社会心理学的研究
日本学術振興会: 平成21-22年度科学研究費補助金 若手(B)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 小林哲郎
政治行動における情報・通信技術利用に関する実証研究
財団法人 大川情報通信基金: 平成21年度大川情報通信基金 人文社会科学分野
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 小林哲郎
重層的な社会関係資本に対する情報通信技術利用の社会的帰結に関する研究
日本学術振興会: 平成19-20年度科学研究費補助金 若手スタートアップ
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 小林哲郎
インターネット利用の社会的帰結-社会関係資本の視点から-
日本学術振興会: 平成18年度科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 小林哲郎

委員歴

 
2014年5月
 - 
現在
日本選挙学会  事務局幹事
 
2013年4月
 - 
現在
日本行動計量学会  広報委員
 
2011年4月
 - 
現在
日本社会心理学会  広報委員
 
2010年5月
 - 
現在
一般社団法人社会調査協会  広報委員
 
2008年7月
 - 
2010年3月
総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)採択課題「北海道における地方議員と住民間の協働支援システムの研究開発」検討委員会委員