永幡

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/25 14:51
 
アバター
研究者氏名
永幡
ハンドル
永幡
eメール
nagahatarakuno.ac.jp
所属
酪農学園大学
部署
獣医学部 獣医学科
学位
獣医学博士(北海道大学), 修士(学術)(放送大学大学院)
科研費研究者番号
10133571

プロフィール

酪農学園大学大学院獣医学研究科教授
獣医衛生学 獣医学博士 

論文

 
25-Hydroxyvitamin D-3がウシ単球およびリンパ球のβーデフェンシンmRNA発現量に及ぼす影響
松川佐希、森 千尋、権平 智、樋口豪紀、永幡 肇
家畜衛生学雑誌   42(3) 138-139   2016年9月   [査読有り]
牛乳房炎分房へのBifidobacterium breve注入に伴う乳腺の反応性とサイトカイン産生
國分千尋、浅井友紀子、澤田知佳、丸山久美子、権平 智、樋口豪紀、永幡 肇
家畜衛生学雑誌   42(3) 140-141   2016年9月   [査読有り]
国際酪農連盟(IDF)の酪農乳業動向に関する報告(2015)から
永幡 肇
畜産の研究   70(7) 511-518   2016年7月
近代デンマークにおけるグルンドビィの民衆啓蒙の淵源と敷衍
永幡 肇
放送大学大学院修士課程(人文学研究科)      2016年3月   [査読有り]
Phage therapy is effective in a Mouse model of bacterial equine keratitis.
T. Furusawa, H. Iwano, Y. Hiyashimizu, K. matsubara, H. higuchi, H. Nagahata, H. Niwa, Y. Katayama, Y. Kinoshita, k. Hagiwara, T. Iwasaki, Y. Tanji, H. Yokota, Y. Tamura
Applied and Environmental Microbiology      2016年   [査読有り]
An unusual case of thoracic ectopia cordis in a Toggenburg goat and its three dimentional images constructed with X-ray computed tomography.
Japanese Journal of Veterinary Research   64(2) 165-170   2016年   [査読有り]
Predictors of fatal outcomes resulting from acute Escherichia coli mastitis in dairy cows.
Journal of Veterinary Medical Science   78(5) 905-908   2016年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Effectiveness of slightly acidic electrolyzed water for improvement of hygienic conditions of milking system [招待有り]
永幡
6th IDF International Mastitis Conference (Nantes, France)   2016年9月7日   
Evaluation of intramammary infusion of lactic acid bacteria and therapeutic effects on mastitis in dairy cows.
永幡
World Buiatrics Congress Dublin 2016   2016年7月4日   

競争的資金等の研究課題

 
有用微生物を用いたウシ乳腺の分子免疫学的修飾と感染防御に関する研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)一般
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 永幡 肇

社会貢献活動

 
世界展開事業獣医学教育(カセサート・東大・北大・酪農大)
【講師】  タイカセサート大・東大・北大・酪農大  2016年9月20日
江別市都市計画審議会
【その他】  2016年6月30日
国際酪農連盟日本国内委員会専門分科会報告
【報告書執筆】  国際酪農連盟日本国内委員会  2016年2月23日