中前 貴

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/23 13:07
 
アバター
研究者氏名
中前 貴

論文

 
Tateno M, Jovanović N, Beezhold J, Uehara-Aoyama K, Umene-Nakano W, Nakamae T, Uchida N, Hashimoto N, Kikuchi S, Wake Y, Fujisawa D, Ikari K, Otsuka K, Takahashi K, Okugawa G, Watanabe N, Shirasaka T, Kato TA
Early intervention in psychiatry      2017年8月   [査読有り]
Takagi Y, Sakai Y, Lisi G, Yahata N, Abe Y, Nishida S, Nakamae T, Morimoto J, Kawato M, Narumoto J, Tanaka SC
Scientific reports   7(1) 7538   2017年8月   [査読有り]
Radhakrishnan R, Wasser T, Picon F, Puspanathan P, da Costa MP, Nakamae T, Elkholy H
The lancet. Psychiatry   4(7) 515-516   2017年7月   [査読有り]
Fouche JP, du Plessis S, Hattingh C, Roos A, Lochner C, Soriano-Mas C, Sato JR, Nakamae T, Nishida S, Kwon JS, Jung WH, Mataix-Cols D, Hoexter MQ, Alonso P, OCD Brain Imaging Consortium., de Wit SJ, Veltman DJ, Stein DJ, van den Heuvel OA
The British journal of psychiatry : the journal of mental science   210(1) 67-74   2017年1月   [査読有り]
Boedhoe PS, Schmaal L, Abe Y, Ameis SH, Arnold PD, Batistuzzo MC, Benedetti F, Beucke JC, Bollettini I, Bose A, Brem S, Calvo A, Cheng Y, Cho KI, Dallaspezia S, Denys D, Fitzgerald KD, Fouche JP, Giménez M, Gruner P, Hanna GL, Hibar DP, Hoexter MQ, Hu H, Huyser C, Ikari K, Jahanshad N, Kathmann N, Kaufmann C, Koch K, Kwon JS, Lazaro L, Liu Y, Lochner C, Marsh R, Martínez-Zalacaín I, Mataix-Cols D, Menchón JM, Minuzzi L, Nakamae T, Nakao T, Narayanaswamy JC, Piras F, Piras F, Pittenger C, Reddy YC, Sato JR, Simpson HB, Soreni N, Soriano-Mas C, Spalletta G, Stevens MC, Szeszko PR, Tolin DF, Venkatasubramanian G, Walitza S, Wang Z, van Wingen GA, Xu J, Xu X, Yun JY, Zhao Q, ENIGMA OCD Working Group., Thompson PM, Stein DJ, van den Heuvel OA
The American journal of psychiatry   174(1) 60-69   2017年1月   [査読有り]

Misc

 
強迫症の早期治療へ向けた当院での研究計画
松本 佳大, 中前 貴, 渡辺 杏里, 阿部 能成, 富永 敏行, 成本 迅
日本外来精神医療学会プログラム・抄録集   17回 106-106   2017年5月
【強迫症の理解と治療の新たな展開II】 強迫症に対する脳深部刺激療法(DBS)・脳神経外科治療の可能性
中前 貴
精神科治療学   32(4) 533-539   2017年4月
薬物療法や認知行動療法といった既存の治療に反応しない、重症かつ難治性の強迫症(obsessive-compulsive disorder:OCD)患者に対して、諸外国では脳深部刺激療法(deep brain stimulation:DBS)や定位脳手術が行われ一定の成果を上げている。DBSは脳への影響が可逆的であることが利点であり、難治性OCDに対するDBSは、内包前脚、腹側線条体、分界条床核、側坐核、視床下核など、皮質-線条体-視床-皮質回路に影響を与える脳領域がターゲットとなっており、...
【強迫症の理解と治療の新たな展開I】 強迫性(compulsivity)の拡がりと連続性 脳内機序との関連から
中前 貴
精神科治療学   32(3) 365-370   2017年3月
近年、症候学的な診断の枠を飛び越え、生物学的異常に基づいて精神疾患を分類する重要性が指摘されているが、その新たな1つのドメインとして強迫性compulsivityが提唱されている。強迫性が関与している疾患としては、DSM-5の「強迫症および関連症群」に含まれる、強迫症、抜毛症、皮膚むしり症や、物質使用障害、ギャンブル障害などが含まれるが、これらの病態は高率に合併し、共通する神経基盤が想定される。強迫性の病態生理には皮質-線条体-視床-皮質回路が関わっており、その中に並行する複数の回路が存在...
精神科研修医における燃え尽き症候群についての国際共同研究(BoSS International) 日本国内調査(BoSS Japan)の結果から
館農 勝, 加藤 隆弘, 青山 久美, 中野 和歌子, 中前 貴, 内田 直樹, 橋本 直樹, 菊地 紗耶, 和気 洋介, 藤澤 大介, 猪狩 圭介, 大塚 耕太郎, 高橋 克昌, 奥川 学, 渡辺 範雄, 白坂 知彦, Jovanovic Nikolina, Beezhold Julian
精神神経学雑誌   119(2) 83-97   2017年2月
【背景】燃え尽き症候群は,仕事上のストレスに曝された結果生じる心理的反応である.医師で発生率が高いとされるが,とりわけ,臨床経験が少ない研修医はリスクが高い.今回,精神科研修医の燃え尽き症候群に関する国際調査(BoSS)の日本データを解析し報告する.【方法】BoSSは欧州精神科研修医連合(EFPT)により企画され,欧州を中心に22の国・地域が参加した.各国の研究責任者が協力者を募り,その所属先に勤務する精神科研修医の同意を得た上で,メールアドレスのリストを作成し調査対象とした.データ収集は...
遠隔で行った強迫症に対する曝露反応妨害法 3症例のケースシリーズ
岸本 泰士郎, 垂水 沙梨, 中前 貴, 三村 將
臨床精神医学   45(12) 1603-1609   2016年12月
不潔恐怖の30代後半女性、加害恐怖の20代前半男性、加害恐怖の40代半ば男性に対して、遠隔で行った暴露反応妨害法(EXRP)の3症例について報告した。全例においてYale-Brown Obsessive Compulsive Scale(Y-BOCS)の改善を認めた。対面と遠隔を組み合わせたEXRPがどの程度患者に受け入れられ、満足度が得られるか、運用上どのような問題があるかについて検討した。通信に関しては患者宅のインターネット通信速度が低下し、一時的に通話が中断したり、電波の届きにくいと...