渡邊 直希

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/01 12:44
 
アバター
研究者氏名
渡邊 直希
 
ワタナベ ナオキ
eメール
naokibelle.shiga-med.ac.jp
所属
滋賀医科大学
部署
神経難病研究センター 分子神経病理学部門
職名
助教
学位
医学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
2015年6月
京都大学 ウイルス研究所 教務補佐員
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2015年3月
京都大学大学院 医学研究科 医学専攻博士課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
京都大学大学院 医学研究科 医科学専攻修士課程
 
2005年4月
 - 
2009年3月
九州大学 理学部 生物学科
 

論文

 
Lei Liu, Naoki Watanabe, Hiroyasu Akatsu, Masaki Nishimura
Neuroscience   330 236-246   2016年8月   [査読有り]
© 2016 IBRO.Decrease in brain amyloid-β (Aβ) accumulation is a leading strategy for treating Alzheimer's disease (AD). However, the intrinsic mechanism of the regulation of brain Aβ production is largely unknown. Previously, we reported that ILEI ...
Watanabe N, Kageyama R, Ohtsuka T
Development (Cambridge, England)   142(13) 2278-2290   2015年7月   [査読有り]
Toshiyuki Ohtsuka, Hiromi Shimojo, Mitsuhiro Matsunaga, Naoki Watanabe, Kohei Kometani, Nagahiro Minato, Ryoichiro Kageyama
Stem Cells   29(11) 1817-1828   2011年11月   [査読有り]
During mammalian brain development, neural stem cells transform from neuroepithelial cells to radial glial cells and finally remain as astrocyte-like cells in the postnatal and adult brain. Neuroepithelial cells divide symmetrically and expand the...

講演・口頭発表等

 
渡邊直希, 劉磊, 赤津裕康, 西村正樹
第35回日本認知症学会学術集会   2016年12月2日   
Naoki Watanabe,Lei Liu,Masaki Nishimura
第39回 日本神経科学大会   2016年7月20日   日本神経科学学会
渡邊直希, 劉磊, 赤津裕康, 西村正樹
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月1日   
渡邊直希, 大塚俊之, 影山龍一郎
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2014年   

競争的資金等の研究課題

 
新たな作用機序を介する分子を標的としたアルツハイマー病の予防的治療法の実証的研究
独立行政法人日本医療研究開発機構: 脳科学研究戦略推進プログラム
研究期間: 2016年11月 - 2021年3月    代表者: 西村 正樹
新規分泌分子ILEIの加齢に伴う発現低下がアルツハイマー病の一次要因となり得るか
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 渡邊 直希
Aβ産生制御分子ILEIからみたアルツハイマー病の非遺伝的発症要因解析
公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団: 調査研究助成
研究期間: 2015年12月 - 2016年12月    代表者: 渡邊 直希