成原慧

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/15 22:16
 
アバター
研究者氏名
成原慧
 
ナリハラ サトシ
eメール
nariharaiii.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学
部署
大学院情報学環
職名
客員研究員
学位
修士(社会情報学)(東京大学)
その他の所属
総務省情報通信政策研究所

プロフィール

東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。東京大学大学院情報学環助教等を経て、現在は東京大学大学院情報学環客員研究員、総務省情報通信政策研究所主任研究官。専門は情報法。法とアーキテクチャの相互作用に着目して、表現の自由、プライバシー、人工知能・ロボットに関する法的問題について研究している。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年11月
 - 
現在
総務省情報通信政策研究所 調査研究部 主任研究官
 
2015年11月
 - 
現在
東京大学 大学院情報学環 客員研究員
 
2017年4月
 - 
2017年9月
慶應義塾大学 総合政策学部 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
2017年9月
早稲田大学 アジア太平洋研究科 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
2017年9月
筑波大学 非常勤講師
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2012年4月
東京大学 大学院学際情報学府博士課程 
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学 大学院学際情報学府修士課程 
 

受賞

 
2017年3月
公益財団法人電気通信普及財団 第32回テレコム社会科学賞(奨励賞) 「表現の自由とアーキテクチャ 情報社会における自由と規制の再構成」
 
2016年2月
KDDI総研 第5回Nextcom 情報通信論文賞 「情報流通の媒介者と表現の自由」
 
2011年9月
日本社会情報学会(JSIS) 学会賞(研究奨励賞) 「著作物の技術的保護のための法的規制と表現の自由」
 

書籍等出版物

 
ダニエル・J. ソロブ (担当:共訳)
勁草書房   2017年4月   ISBN:4326451106
松尾陽, 稲谷龍彦, 片桐直人, 栗田昌裕, 成原慧, 山本龍彦, 横大道聡 (担当:共著, 範囲:「アーキテクチャの設計と自由の再構築」)
弘文堂   2017年2月   ISBN:4335356919
北田暁大, 神野真吾, 竹田恵子, 志田陽子, 成原慧, 韓東賢, 明戸隆浩, 岸政彦, 清水晶子, 仁平典宏, 間庭大祐 (担当:共著, 範囲:「制度としての美術館、あるいは表現の『場』と媒介者」)
フィルムアート社   2016年12月   ISBN:4845916096
成原 慧
勁草書房   2016年6月   ISBN:4326403209
フィン・ブラントン (担当:監修)
河出書房新社   2015年12月   ISBN:430924744X

論文

 
パーソナルデータとアーキテクチャの関係をめぐる試論 ―プライバシー・ナッジとプライバシー・バイ・デザインを題材にして
成原慧
NBL   (1100) 9-12   2017年6月   [招待有り]
「忘れられる権利」をめぐる日米欧の議論状況
成原慧
行政&情報システム   51 53-58   2015年12月   [招待有り]
成原 慧
Nextcom   (21) 60-69   2015年3月
憲法とコンテクスト(2・完)―初期ローレンス・レッシグの憲法理論―
成原慧
東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究   (87) 1-36   2014年10月
憲法とコンテクスト(1)―初期ローレンス・レッシグの憲法理論―
成原慧
東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究   (86) 47-81   2014年3月

Misc

 
最高裁が検索結果の削除基準示す
成原慧
マスコミ倫理   (688)    2017年1月   [依頼有り]
ネット監視・プライバシー・表現の自由
成原慧
α-Synodos   (208)    2016年11月   [依頼有り]
アーキテクチャによる自由と規制は表裏一体である 『表現の自由とアーキテクチャ』著者、成原慧氏インタビュー
成原慧
SYNODOS      2016年10月   [依頼有り]
情報・メディア法 (特集 学界回顧2015年)
大島義則、城野一憲、成原慧
法律時報   87(13) 36-42   2015年12月   [依頼有り]
マスコミ関連判例 2014年1月〜9月
成原慧
マスコミ倫理   (664)    2015年2月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
分散型ソーシャルネットワークをめぐる法的問題:マストドンを事例として [招待有り]
成原慧
うぐいすリボン講演会   2017年6月18日   
【今こそ問い直すプライバシー!】 大島義則先生×松尾剛行先生×成原慧先生 トークイベント (スペシャルゲスト 大屋雄裕先生)
成原慧
2017年5月29日   
Applying New Legal Requirements to Big Data and Analytics, Machine Learning and AI [招待有り]
成原慧
​   2017年5月11日   
パネルディスカッション「AIネットワーク化がもたらすリスクへの対応」 [招待有り]
成原慧
AIネットワーク社会推進フォーラム   2017年3月14日   
インターネット法の回顧と展望 [招待有り]
成原慧
メディア法研究会発足記念公開シンポジウム   2017年1月22日   

競争的資金等の研究課題

 
ビッグデータ時代における表現の自由とプライバシーに関する日米欧比較法研究
日本学術振興会: 科研費 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 成原慧
放送法改正経緯の調査研究
放送文化基金: 助成(人文社会・文化)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 成原慧
情報社会における規制の重層化に関する比較制度研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)( 基盤研究(C) )
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 成原慧
インターネット上の情報流通に対する「間接規制」に関する総合的研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 成原慧

担当経験のある科目

 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
総務省情報通信政策研究所   情報通信法学研究会 構成員
 
2016年7月
 - 
現在
内閣官房 シェアリングエコノミー検討会議  構成員
 

社会貢献活動

 
グーグルでの「忘れられる権利」 最高裁が「検索結果の削除」で初の基準
【コメンテーター】  テレビ朝日  AbemaPrime  2017年2月2日 - 2017年2月2日
ヤフー、検索削除新基準
【取材協力】  毎日新聞  毎日新聞朝刊  2015年3月31日 - 2015年3月31日
ヤフー・検索情報削除の新基準公表
【インタビュイー】  NHK  NHKニュース7  2015年3月30日 - 2015年3月30日