夏川浩明

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/07 16:55
 
アバター
研究者氏名
夏川浩明
 
ナツカワ ヒロアキ
URL
http://www.viz.media.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
学術情報メディアセンター ビジュアライゼーション研究分野
職名
特定助教
学位
博士(工学)(京都大学)
その他の所属
京都大学 次世代研究創成ユニット

プロフィール

ヒトの脳内メカニズムの解明に向けて、脳磁図や機能的磁気共鳴画像法、脳波等のヒトの脳活動の非侵襲計測の統合的な解析手法の研究や、マルチモーダルなデータを用いてヒトの脳の動的な活動を可視化することでインタラクティブに脳神経ネットワーク解析を行うための研究に取り組んでいます。

また、光ポンピング原子磁気センサという超高感度の磁気センサの開発と生体計測応用(脳磁計測、脊磁計測、超低磁場MRI等)も行ってきました。

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
京都大学 学術情報メディアセンター 特定助教
 
2013年4月
 - 
2016年3月
京都大学 大学院工学研究科 特定助教(地域科学技術振興)
 
2010年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC1
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 博士課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 修士課程
 
2004年4月
 - 
2008年3月
京都大学 工学部 電気電子工学科
 

受賞

 
2016年11月
第4回京都大学 学際研究着想コンテスト 総長賞(研究奨励支援金50万円) ヒトはなぜ「運」に魅せられるのか?~「運」というレンズを通して見る世界観~
受賞者: 鈴木多聞、西村周浩、夏川浩明、小川正
 
2013年6月
日本生体磁気学会 U35奨励賞 線形制約付き一般化最小二乗法を用いたfMRI-MEG統合解析法:MEGノイズ共分散行列計算のための信号とノイズの分離(共著)
受賞者: 井上智弘、夏川浩明、小林哲生
 
2008年5月
The 2nd International Symposium on Complex Medical Engineering Best Paper Award Optokinetic eye movements elicited by transparent drifting random dot patterns
受賞者: Hiroaki Natsukawa, Tetsuo Kobayashi, Takenori Oida and Jiuk Jung
 

論文

 
Remote detected Low-Field MRI using an optically pumped atomic magnetometer combined with a liquid cooled pre-polarization coil
Ingo Hilschenz, Yosuke Ito, Hiroaki Natsukawa, Takenori Oida, Tetsuya Yamamoto, Tetsuo Kobayashi
Journal of Magnetic Resonance   274 89-94   2017年   [査読有り]
Improvements in Normalized Integrative fMRI–MEG Method by Iterative Model Selection and Theoretical Evaluation
Takafumi Yano, Hiroaki Natsukawa, Tetsuo Kobayashi
Neuroscience and Biomedical Engineering   4(2) 104-112   2016年   [査読有り]
Cortical Activation Associated with Determination of Depth Order during Transparent Motion Perception: A Normalized Integrative fMRI−MEG Study
Hiroaki Natsukawa, Tetsuo Kobayashi
Human Brain Mapping   36(10) 3922-3934   2015年   [査読有り]
Human magnetoencephalogram measurements using newly developed compact module of high-sensitivity atomic magnetometer
Keigo Kamada, Daichi Sato, Yosuke Ito, Hiroaki Natsukawa, Kazuhisa Okano, Natsuhiko Mizutani, Tetsuo Kobayashi
Japanese Journal of Applied Physics   54(2) 02660   2015年   [査読有り]
Dynamic cortical activations associated with saccade execution: A normalized integrative fMRI-MEG study
Hiroaki Natsukawa, Tetsuo Kobayashi
Advanced Biomedical Engineering   1 27-35   2012年   [査読有り]
奥行き注意下の運動透明視タスク遂行時における脳磁図の事象関連同期・脱同期
夏川浩明,小林哲生
生体医工学   50(5) 417-425   2012年   [査読有り]
脳磁界と視運動性眼球運動計測による奥行き注意下の運動透明刺激に誘発される皮質活動の検討
夏川浩明,鄭 址旭,小林哲生
電子情報通信学会論文誌D   J94-D(3) 604-613   2011年   [査読有り]
fMRI-MEG統合解析に向けた統計的モデル選択に基づくfMRI非捕捉干渉信号源の位置と個数の推定法
矢野貴文、夏川浩明、小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告NC2014-110   114(515) 239-244   2015年
運動透明刺激観察時の内因的知覚交替に関わる脳神経活動のMEG事象関連同期・脱同期による検討
田中佑卓、夏川浩明、小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告MBE2014-116   114(514) 1-6   2015年
原子磁気センサモジュールによる事象関連脱同期及び事象関連脳磁界の計測
鎌田啓吾、佐藤大地、伊藤陽介、夏川浩明、岡野一久、水谷夏彦、小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告MBE2014-57   114(258) 31-36   2014年

講演・口頭発表等

 
Convergent Cross MappingによるMEGデータの領域間結合解析に関する検討
夏川浩明、小山田耕二
第19回日本ヒト脳機能マッピング学会   2017年3月9日   
ヒト脳機能ネットワークのビジュアル分析
夏川浩明、小山田耕二
第11回ICTイノベーション   2017年2月23日   
脳機能コネクティビティ解析の取り組み [招待有り]
夏川浩明
アドバンスト・エレクトロニクス・シンポジウム(AESセミナー)   2017年1月26日   
脳磁図によるコネクティビティ解析 [招待有り]
夏川浩明
LE2016~脳の領域間コネクティビティ解析のフロンティア~   2016年11月3日   
Causal Inference in Time Series Data Using Autoencoder
Kozen Umezawa, Yosuke Onoue, Hiroaki Natsukawa, Koji Koyamada
Visualization in Data Science (VDS at IEEE VIS 2016)   2016年10月24日   
脳磁図による複数皮質領域間結合解析と可視化検討
夏川浩明、小山田耕二
第44回可視化情報シンポジウム2016   2016年7月19日   
Remote detection of NMR Signals using a Portable Atomic Magnetometer Module combining with a Gradiometer-type Flux Transformer
Ingo Hilschenz, Yosuke Ito, Hiroaki Natsukawa, Takenori Oida, Tetsuya Yamamoto, Tetsuo Kobayashi
The 9th CME International Conference on Complex Medical Engineering   2015年6月20日   
An fMRI-MEG Integrative Source Reconstruction Method: Suppression of Unknown Correlated MEG Sources Using Iterative Estimation and Model Selection
Takafumi Yano, Hiroaki Natsukawa, Tetsuo Kobayashi
The 9th CME International Conference on Complex Medical Engineering   2015年6月19日   
Measurements of human visual evoked fields using a compact atomic magnetometer module
Hiroaki Natsukawa, Keigo Kamada, Tetsuya Yamamoto, Tetsuo Kobayashi
OHBM’s 2015 Annual Meeting   2015年6月15日   
高感度光ポンピング原子磁気センサモジュールによる視覚誘発応答計測
夏川浩明、鎌田啓吾、山本哲也、小林哲生
日本視覚学会2015年冬季大会   2015年1月23日   

委員歴

 
2016年11月
 - 
現在
NICOGRAPH International 2017  Local Committee Chair
 
2016年5月
 - 
2016年10月
JSST2016  Publication Chair
 
2016年5月
 - 
2016年10月
JSST2016  Exhibition Chair
 
2016年
 - 
2016年3月
第18回日本ヒト脳機能マッピング学会  現地実行委員会
 

競争的資金等の研究課題

 
高感度生体磁気センサを用いたマルチモダリティ脳神経活動計測と解析の手法開発
独立行政法人日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(若手研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 夏川浩明
視運動性眼球運動とMEG-fMRI統合解析に基づく運動透明視の脳内機構の研究
独立行政法人日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 夏川浩明

Misc

 
T. Kobayashi; K. Akamatsu; H. Natsukawa
Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS   5414-5417   2013年   [査読有り]
H. Natsukawa; T. Kobayashi
2012 ICME International Conference on Complex Medical Engineering, CME 2012 Proceedings   643-646   2012年   [査読有り]
H. Natsukawa; T. Kobayashi
IFMBE Proceedings   37 1194-1197   2011年   [査読有り]
Brain activations associated with determination of depth order in transparent motion perception: An MEG study
Hiroaki Natsukawa, Jiuk Jung, Tetsuo Kobayashi
Brain Topography and Multimodal Imaging   1194-1197   2009年
Optokinetic eye movements elicited by transparent drifting random dot patterns
Hiroaki Natsukawa, Tetsuo Kobayashi, Takenori Oida and Jiuk Jung
Proceedings of the 2nd International Symposium on Complex Medical Engineering   87-90   2008年