西澤正己

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/25 13:51
 
アバター
研究者氏名
西澤正己
所属
国立情報学研究所
部署
情報社会相関研究系
職名
准教授

研究分野

 
 

論文

 
A Study on the Academic and Research Impact of Shared Contents in Institutional Repositories in Related to Performance Indicators of University Rankings
Hiroyuki Tsunoda, Yuan Sun, Masaki Nishizawa, Xiaomin Liu
Proceedings of the Association for Information Science and Technology, Wiley Online Library   53(1) 1-6   2016年12月   [査読有り]
How is scientific research announced in a press release? - Focusing on its relationships with journal indicators -
Masaki Nishizawa and Yuan Sun
In Proceedings 12th International Conference on Webometrics, Informetrics, Scientometrics and Science and Society & 17th COLLNET Meeting, Nancy, France      2016年12月   [査読有り]
A Study on Academic and Research Impact of Domestic Materials in Institutional Repositories
Hiroyuki Tsunoda, Yuan Sun, Masaki Nishizawa, Xiaomin Liu
IFLA’s 82nd World Library and Information Congress (WLIC), Columbus, USA      2016年8月   [査読有り]
多次元的な大学評価の方法に関する探索的な検討
孫 媛, 西澤 正己, 登藤 直弥
情報知識学会誌   26(2) 124-129   2016年7月   [査読有り]
学術研究のプレスリリースと原論文に関する詳細分析
西澤 正己, 孫 媛
情報知識学会誌   26(2) 116-123   2016年7月   [査読有り]
How is scientific research reported in newspapers? ---Relationship Between Press Release and Scientific Publication
Masaki Nishizawa and Yuan Sun
In Proceedings 11th International Conference on Webometrics, Informetrics, Scientometrics and Science and Society & 16th COLLNET Meeting   169-176   2015年11月   [査読有り][招待有り]
Search for Gamma Rays above 100 TeV from the Crab Nebula with the Tibet Air Shower Array and the 100 m2 Muon Detector
M. Amenomori et al., The Tibet ASγ Collaboration
The Astrophysics Journal   813(95)    2015年11月   [査読有り]
Observation of primary cosmic rays with the new Tibet hybrid experiment (YAC-II + Tibet-III + MD)
M. AMENOMORI et.al., The Tibet ASγ Collaboration
34th International Cosmic Ray Conference      2015年8月
Northern sky Galactic Cosmic Ray anisotropy between 10-1000 TeV with the Tibet Air Shower Array
M. AMENOMORI et.al., The Tibet ASγ Collaboration
34th International Cosmic Ray Conference      2015年8月
Sidereal anisotropy of Galactic cosmic ray observed by the Tibet Air Shower experiment and the IceCube experiment
M. AMENOMORI et.al., The Tibet ASγ Collaboration
34th International Cosmic Ray Conference      2015年8月

Misc

 
チベット空気シャワーアレイで観測された太陽の影による太陽磁場構造の研究5
中村佳昭,他The Tibet ASγ Collaboration
日本物理学会2016年秋季大会(宮崎大学), 24aSQ-6      2016年9月
チベット空気シャワーアレイで観測された太陽の影による太陽磁場構造の研究4
川田和正,他The Tibet ASγ Collaboration
日本物理学会2016年秋季大会(宮崎大学), 24aSQ-5      2016年9月
ALPACA実験3:フロントエンドエレクトロニクス開発1
徳永恭助, 他 The ALPACA Collaboration
日本物理学会2016年秋季大会(宮崎大学), 21aSP-6      2016年9月
ALPACA実験2:ALPAQUITAアレイ概要
佐古崇志, 他 The ALPACA Collaboration
日本物理学会2016年秋季大会(宮崎大学), 21aSP-5      2016年9月
ALPACA実験1: ALPACA実験計画概要
大西宗博, 他 The ALPACA Collaboration
日本天文学会2016年秋季大会(愛媛大学), V335a      2016年9月

書籍等出版物

 
電子学術コンテンツの形成と学術電子図書館拡大の国際動向に関する調査研究、科学研究費研究成果報告書(11691160)
代表: 根岸正光
未入力   2002年3月   
研究評価 −研究者・研究機関・大学におけるガイドライン
根岸正光、山崎茂明編著
丸善   2001年4月   ISBN:4-621-04890-2
我が国の大学の論文数と引用数 -ISI引用索引データベースによる統計調査-
孫 媛、山下泰弘、西澤 正己、柿沼澄男、根岸 正光
学術情報センター   2000年3月   ISBN:4-924600-81-4
COE(中核的研究機関)支援プログラム(学術情報の高度化および次世代情報ネットワークの構築に関する研究 - 次世代学術情報を支えるオープンプラットフォーム - )、平成7年度〜平成11年度 研究報告書
代表 小野欽司
未入力   2000年3月   
電子図書館の国際的拡大と学術情報の利用形態の国際動向に関する研究、科学研究費研究成果報告書(09041133)
代表: 根岸正光
未入力   1999年3月   

Works

 
学部・学科変遷データベース、1999−2001
Sumio Kakinuma, Yuan Sun, Masaki Nishizawa, Application Division   データベース   1999年4月
孫、西澤、アプリケーション課