金子 信博

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/26 02:55
 
アバター
研究者氏名
金子 信博
 
カネコ ノブヒロ
eメール
kaneko-nobuhiro-swynu.ac.jp
URL
http://soil-ecology.ynu.ac.jp/Soil_Ecology_YNU/
所属
横浜国立大学
部署
大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門
学位
農学博士(京都大学), 農学修士(京都大学)

研究分野

 
 

論文

 
Miura, T., Niswati, A., Swibawa, I.G., Haryani, S., Gunito, H., Arai, M., Yamada, K., Shimano, S., Kaneko, N., Fujie,
Biology and Fertility of Soils.   52(3) 307-322   2016年4月   [査読有り]
Huang, Y., Kaneko, N., Nakamori, T., Miura, T., Tanaka, Y., Nonaka, M., Takenaka, C
Journal of Environmental Radioactivity   152 28-34   2016年2月   [査読有り]
土のなかの生物多様性を農業に活かす
金子 信博
科学   85(11) 1091-1096   2015年11月
初冬期に北海道北部の河川水中で観察された大量の陸棲ミミズ:一斉移動への示唆
小林真, 南谷幸雄, 竹内史郎, 奥田篤志, 金子信博
Edaphologia   97 39-42   2015年11月
北海道北部の銅蘭川中流部において,初冬期に河川水に大量に出現した陸棲ミミズの種構成を調べた.河川水中で発見された個体の全てがフトミミズ科で表層性のヒトツモンミミズ成体であった.一方,同時期に河畔の森林土壌ではツリミミズ科で地中性のバライロツリミミズが優占していた.これらの結果は,初冬期に道北地域の森林土壌から河川水中に一斉に移動するが,移動をするのは特定のミミズ種に限られる事を示唆する.
Miura, T., Niswati, A., Swibawa, I.G., Haryani, S., Gunito, H., Shimano, S., Fujie, K., Kaneko, N.,
Microbial Ecology   70(3) 646-658   2015年10月   [査読有り]
Mori, A., Ota, A., Fujii, S., Seino, T., Kabeya, D., Okamoto, T., Ito, M., Kaneko, N., Hasegawa, M.,
Oecologia   179(2) 527-535   2015年10月   [査読有り]
Aoyama, H., Saitoh, S., Fujii, S., Nagahama, H., Shinzato, N., Kaneko, N., Nakamori, T.,
Applied Entomology and Zoology   50(3) 419-425   2015年8月   [査読有り]
Ito, T., Araki, M., Higashi, T., Komatsuzaki, M., Kaneko, N., Ohta, H.
Applied Soil Ecology   89 50-58   2015年5月   [査読有り]
Yagioka, A., Komatsuzaki, M., Kaneko, N., Ueno, H.,
Agriculture, Ecosystems & Environmen   200 42-53   2015年2月   [査読有り]
Ito, T., Araki, M., Komatsuzaki, M., Kaneko, N., Ohta, H.
Applied Soil Ecology   86 137-147   2015年2月   [査読有り]
土壌の生物多様性と機能を活用した森林土壌の放射性セシウム除染.
金子信博, 中森泰三, 黄よう
日本森林学会誌   97 75-80   2015年
土壌動物は土壌微生物の機能をどのように引き出すか?.
金子 信博
日本土壌微生物学会誌   69 25-30   2015年
Shifts in the composition and potential functions of soil microbial communities responding to a no-tillage practice and bagasse mulching on a sugarcane plantation.
Miura, T., Niswati, A., Swibawa, I.G., Haryani, S., Gunito, H., Arai, M., Yamada, K., Shimano, S., Kaneko, N., Fujie, K.
Biology and Fertility of Soils.      2015年
Higashi, T., Yunghui, M., Komatsuzaki, M., Miura, S., Hirata, T., Araki, H., Kaneko, N., Ohta, H.
Soil and Tillage Research   138 64-72   2014年5月   [査読有り]
Hou, L.-B., Yanagisawa, Y., Yachi, S., Kaneko, N., Nakamori, T.
Ecotoxicology and Environmental Safety   101 59-63   2014年3月   [査読有り]
森林土壌の汚染対策と森林利用ーウッドチップによる除染の試みと里山再生ー
金子信博,
森林科学   72 9-12   2014年
Zaitsev, A.S., Gongalsky, K.B., Nakamori, T., Kaneko, N.
Pedobiologia   57(1) 5-14   2014年   [査読有り]
Species-dependent feeding responses of millipedes to climate warming and the consequences for plant–soil nitrogen dynamics.
Kobayashi, M., Arai, M., Kaneko, N.
SOIL BIOLOGY & BIOCHEMISTRY   72 19-25   2014年
Miura, T., Niswati, A., Swibawa, I.G., Haryani, S., Gunito, H., Kaneko
Soil Biology and Biochemistry   58 27-35   2013年5月   [査読有り]
Arai Miwa, Tayasu Ichiro, Komatsuzaki Masakazu, Uchida Masao, Shibata Yasuyuki, Kaneko Nobuhiro
126 42-49   2013年1月   [査読有り]
Arai M, Tayasu, I. Komatsuzaki, M. Uchida, M. Shibata, Y. Kaneko N
Soil and Tillage Research   126 42-49   2013年1月   [査読有り]
森林土壌の特徴と地力増進基本指針による農耕地土壌との比較ー環境保全型農業の参照としての森林土壌ー
高橋正通, 小松崎将一, 長谷川元洋, 橋本みのり, 金子信博
日本土壌肥料学会誌   84 275-284   2013年
Radio-cesium accumulation during decomposition of leaf litter in a deciduous forest after the Fukushima NPP accident.
Kaneko, N., Huang, Y., Nakamori, T., Tanaka, Y., Nonaka, M.
Geophysical Research Abstracts   15 7809   2013年
Hyodo, F., Uchida, T., Kaneko, N., Tayasu, I
Applied Soil Ecology   62 178-183   2012年11月   [査読有り]
ここまでわかった!ミミズの魅力
金子 信博
現代農業   91(10) 170-177   2012年10月
Nobuhiro Kaneko , Yukio Minamiya, Osami Nakamura , Masayuki Saito and Minori Hashimoto
Diversity   (4) 318-333   2012年8月
落葉広葉樹林へのヒノキ植栽が土壌の生物化学的特性に与える影響
中島剛, 金子信博
日本森林学会誌   94(3) 112-119   2012年6月
陸上生態系の食物網は土壌が支えている
金子 信博
理科教室   (6) 42-47   2012年6月
TOYOTA Ayu, KANEKO Nobuhiro
Pedobiologia   55(3) 129-135   2012年5月   [査読有り]
埼玉県長瀞町の大型陸棲貧毛類相
南谷幸雄, 中村修美, 金子信博
埼玉県立自然の博物館研究報告   (6) 37-42   2012年3月
Toyota A, Kaneko N
Forest Ecosystems – More than Just Trees   253-264   2012年3月
日本の有機農法水田における水生貧毛類の群集構造と季節変化
谷地俊二, 大高明史, 金子信博
Edaphologia   (90) 13-24   2012年2月
バイオマス生産による土壌生態系への影響
金子 信博
日本LCA学会誌   8 333-337   2012年
自然草生利用・不耕起による有機栽培体系に関する研究―茨城県での栽培事例分析―
小松崎将一, 山下幸祐, 竹崎善政, 嶺田拓也, 金子信博, 中島紀一, 太田寛行
有機農業研究   4(1・2) 53-56   2012年
Iwashima, N., Masunaga, T., Fujimaki, R., Toyota, A., Tayasu, I., Hiura, T., Kaneko, N.
Soil Science & Plant Nutrition   58(6) 783-792   2012年   [査読有り]
Community structure and seasonal changes in aquatic oligochaetes in an organic paddy field in Japan.
Yachi S, Ohtaka A, Kaneko N
Edaphologia   90 13-24   2012年
島根県奥出雲町の造林地土壌の理化学性への火入れの影響
長谷川裕子, 金子信博, 松本卓也
島根大学生物資源科学部研究報告   16 11-16   2011年9月
Mineral nitrogen dynamics in the casts of epigeic earthworms (Metaphire hilgendorfi: Megascolecidae)
Kawaguchi, Tatsuya; Kyoshima, Tatsuya; Kaneko, Nobuhiro
57(3) 387-395   2011年6月
密度と餌の違いを考慮したババヤスデ科2種(キシャヤスデ、ババヤスデ)の糞の化学性の比較.
岩島範子, 金子信博, 佐藤邦明, 若月利之, 増永二之
Edaphologia   88 43-53   2011年3月
キシャヤスデとミドリババヤスデは周期的にかなり大きなバイオマスで出現する大型土壌動物であり,それらが摂食活動を通じて生態系の物質循環に及ぼす影響を調べた.これら2種の成虫のヤスデについて,餌の違い,種の違い,生育密度の違いが,糞の化学性に及ぼす影響について室内の飼育実験により比較した.糞,土壌及びリターの全炭素・全窒素,強熱減量を測定し,糞と土壌については培養による二酸化炭素発生量,無機態窒素も測定した.その結果,以下に示すようなことがわかった.1)いずれの成虫も土壌とリターを摂食した.2...
キシャヤスデ発生後の森林土壌における団粒構造の崩壊過程.
山口 久美子 , 小池 文人 , 金子 信博
Edaphologia   88 11-18   2011年3月
キシャヤスデは日本中部山岳地域に8年周期で同齢個体群が発生することが知られる.本研究では,キシャヤスデの成虫発生後の森林土壌において,マクロ団粒構造の大きな変動を観測した.ヤスデの生息密度が異なった2地点において,1993-2001年にかけて成長するヤスデ個体群の死亡後,2001-2004年にかけて,土壌深度0-20cmを4層に分けて採取し湿式団粒分析を行った.
Early-stage impacts of sika deer on structure and function of the soil microbial food webs in a temperate forest: A large-scale experiment
Niwa, Shigeru; Mariani, Lucero; Kaneko, Nobuhiro; Okada, Hiroaki; Sakamoto, Kazunori
261(3) 391-399   2011年2月
Influence of Collembola on nitrogen mineralization varies with soil moisture content
Kaneda, Satoshi; Kaneko, Nobuhiro
57(1) 40-49   2011年2月
The train millipede (Parafontaria laminata) mediates soil aggregation and N dynamics in a Japanese larch forest
Fujimaki, Reiji; Sato, Yui; Okai, Naoyuki; Kaneko, Nobuhiro
159(1-2) 216-220   2010年10月
Molecular Characterization of Fungal Communities in Non-Tilled, Cover-Cropped Upland Rice Field Soils
Nishizawa, Tomoyasu; Zhaorigetu; Komatsuzaki, Masakazu; Sato, Yoshinori; Kaneko, Nobuhiro; Ohta, Hiroyuki
25(3) 204-210   2010年9月
土壌のbioturbation−土壌生物の多様性と土壌構造の関係−.
金子 信博
タクサ   (29)    2010年8月
三瓶山のミドリババヤスデの生活史(森川國康博士追悼号)
金子信博、橋本みのり
(86) 21-25   2010年5月
末端制限断片(T-RFs)プロファイル情報に基づく土壌微生物群集構造解析
西澤智康, 小松崎将一, 金子信博
土と微生物   64(1) 33-40   2010年4月   [査読有り]
EFFECTS OF VEGETATION SWITCH AND SUBSEQUENT CHANGE IN SOIL INVERTEBRATE COMPOSITION ON SOIL CARBON ACCUMULATION PATTERNS, REVEALED BY RADIOCARBON CONCENTRATIONS
Toyota, Ayu; Tayasu, Ichiro; Fujimaki, Reiji; Kaneko, Nobuhiro; Uchida, Masao; Shibata, Yasuyuki; Hiura, Tsutom
52(3) 1471-1486   2010年
不耕起・草生・低投入栽培下における畑地土壌のミミズを介した可給態リンの供給--茨城県の農家が営む自然農法畑の事例から
三浦季子, 金子信博, 小松崎将一
有機農業研究   2(2) 30-39   2010年
The effect of earthworms on copper fractionation of freshly and long-term polluted soils
Fujii Y, Kaneko N
(72) 1754-1759   2009年9月   [査読有り]
Ecological risk management from Asian viewpoints
Matsuda, Hiroyuki; Kaneko, Nobuhiro; Koike, Fumito
24(5) 943-944   2009年9月
Ecological risks in anthropogenic disturbance of nitrogen cycles in natural terrestrial ecosystems
Fujimaki, Reiji; Sakai, Akiko; Kaneko, Nobuhiro
24(5) 955-964   2009年9月
非破壊土壌マイクロコズムを用いた薬剤散布の土壌生態系への影響評価
谷地俊二, 金子信博, 大塚知泰, 三島聡子
(85) 19-26   2009年8月   [査読有り]
The influence of topography on the stream N concentration in the Tanzawa Mountains, Southern Kanto District, Japan
Fujimaki, Reiji; Kawasaki, Akiyuki; Fujii, Yoshikazu; Kaneko, Nobuhiro
13(6) 380-385   2008年12月
Effects of fine-scale simulation of deer browsing on soil micro-foodweb structure and N mineralization rate in a temperate forest.
Niwa, S., Kaneko, N., Okada, H., Sakamoto, K.
40 699-708   2008年1月
Collembolans feeding on soil affect carbon and nitrogen mineralization by their influence on microbial and nematode activities.
KANEDA Satoshi, KANEKO Nobuhiro
44 435-442   2008年1月   [査読有り]
Effects of acute gamma irradiation on Folsomia candida (Collembola) in a standard test.
Nakamori, T., Yoshida, S., Kubota, Y., Ban-nai, T., Kaneko, N., Hasegawa, M., Itoh, R.
71 590-596   2008年   [査読有り]
Archael diversity of upland raice field soils assessed by the terminal restriction fragment polymorphism method combined with real time quantitative-PCR and clone library analysis.
Nishizawa, T., Komatsuzaki, M., Kaneko, N., Ohta, H.,
23 237-243   2008年   [査読有り]
Sensitivity to cadmium of the standard test species Folsomia candida compared to two other species, Onychiurus yodai and Sinella umesaoi (Collembola).
Nakamori, T., Yoshida, S., Kubota, Y., Ban-nai, T., Kaneko, N., Hasegawa, M., Itoh, R.
44 266-270   2008年   [査読有り]
Species-specific heavy metal accumulation patterns of earthworms on a floodplain in Japan.
神谷貴文
66 82-89   2007年10月   [査読有り]
オカダンゴムシの窒素収支に関するモデル計算の適用
寺田美奈子
Edaphologia   80 29-33   2006年12月   [査読有り]
非破壊土壌マイクロコズムを用いたオオフォルソムトビムシ(Folsomia candida Willem)の物質循環と土壌微生物に与える影響評価
金田哲
日本土壌肥料学雑誌   77(3) 299-306   2006年6月   [査読有り]
Soil ecosystem engineering by the train millipede Parafontaria laminata in a Japanese larch forest
Ayu TOYOTA, Mamichi T ITO
38 1840-1850   2006年   [査読有り]
Microbial biomass and tolerance of microbial community on an aged heavy metal polluted floodplain in Japan
Hirosuke Oba
172 185-200   2006年   [査読有り]
The earthron facility for below-ground manipulation study
Tkafumi Kamitani
21 483-487   2006年   [査読有り]
土壌生態系研究におけるマイクロコズム手法
金田哲・橋本みのり・豊田鮎・古川祐美・神谷貴文
Edaphologia   78 19-30   2005年
Oribatid mite community structure and tree species diversity: A link?
Sugawara Y, Miyamoto T, Hasegawa M, Hiura T
49 521-528   2005年
土壌動物と土壌生態系
グリーン・エージ   (363) 4-7   2004年3月   [査読有り]
森林土壌生態系における生物多様性(機能群)と生態系機能との関係
タクサ   (16) 11-13   2004年2月   [査読有り]
土壌動物の生物多様性と生態系機能
日本生態学会誌   54 201-207   2004年
Analysis of the feeding ecology of earthworms (Megascolecidae) in Japanese forests using gut content fractionation and d15N and d13C stable isotope natural abundances.
27 153-163   2004年
The feeding preference of a collembolan (Folsomia candida Willem) on ectomycorrhiza (Pisolithus tinctorius (Pers.)) varies with mycelial growth condition and vitality
27 1-5   2004年
Faunistic and type-specimen databases for oribatid mites in Japan
Satoshi Shimano, Kei Ichisawa, Motomichi Ito, Masamichi Ito
14 753-756   2004年
生態学視点による重油汚染土壌の回復状況調査
神谷貴文・丹羽尚志・前田浩之助
Edaphologia   75 1-9   2004年
神奈川県内の2ヶ所の林地におけるフトミミズ類の生活史
Edaphologia   74 35-45   2004年
異なる2つの林分におけるキシャヤスデ幼虫の生息密度と土壌微生物量との関係
Edaphologia   74 15-25   2004年
Growth of the collembolan Folsomia candida Willem in soil supplemented with glucose.
48 165-170   2004年
Effect of Copper Contamination on soil bacterial communities analyzed by length polymorphism for PCR-Amplified fragments of 16S ribosomal DNA
土と微生物   58(1) 3-11   2004年   [査読有り]
土壌の生成と土壌動物
化学と生物   42(6) 409-415   2004年   [査読有り]
Exploitation of litter and soil by the train millipede Parafontaria laminata (Diplopoda: Xystodesmidae) in larch plantation forests in Japan.
Hashimoto, M. Kaneko, N. Ito, M T. Toyota, A.
48 71-81   2004年   [査読有り]
Building databases of Asia/Oceanian earthworms with a table of exotics
56-62   2003年10月   [査読有り]
環境要因がトビムシ(Folsomia candida (Willem))の体長成長に与える影響の評価法の検討: 有効評価時期の決定.
金田哲.
Edaphologia   (71) 11-15   2003年   [査読有り]
ストローを用いた野外のミミズの簡易固定法
鈴木沙織. 金子信博. 伊藤雅道.
Edaphologia   (71) 55-56   2003年
Rainfall manipulation effects on litter decomposition and the microbial biomass of the forest floor.
Salamanca, E F. Katagiri, S.
22 271-281   2003年   [査読有り]
ピットフォールトラップによるキシャヤスデ成虫の活動調査手法の確立と活動の季節性.
橋本みのり. 伊藤雅道. 豊田 鮎.
Edaphololgia   (73) 19-25   2003年   [査読有り]
日本産ササラダニ類データベース(ORIDAS)の構築.
一澤圭. 伊藤雅道. 島野智之. 青木淳一
Edaphologia   (73) 45-57   2003年   [査読有り]
キシャヤスデ八ヶ岳~霧ヶ峰集団と同所的に存在する1令遅れ集団の発見.
伊藤雅道. 美馬純一. 藤川粋至. 吉田利男.
Edaphologia   (70) 37-39   2002年   [査読有り]
Naidid worms (Oligochaeta, Naididae) in paddy soils as affected by the application of legume mulch and/or tillage practice.
Yokota, H.
35 122-127   2002年   [査読有り]
Influence of soil quality on the growth of Folsomia candida (Willem)(Collembola)
Kaneda, S.
46 428-439   2002年   [査読有り]
土壌汚染による土壌動物に関する生態リスクの解析.
久松真紀子・中西準子,
Edaphologia   (67) 1-14   2001年   [査読有り]
キシャヤスデ八ヶ岳~霧ヶ峰集団の2000年の分布および群遊状況について.
伊藤雅道・美馬純一・吉田利男・橋本みのり・豊田鮎・富田大介・内田煌二,
Edaphologia   (68) 39-42   2001年   [査読有り]
Effects of soil pH gradient caused by stemflow acidification on soil microarthropod community structure in a Japanese Red Cedar plantation: an ecological risk on decomposition. Journal of Forest Research, 5, 157-162
Kofuji, R.
5 157-162   2000年   [査読有り]
スギ樹冠上のササラダニ相
一澤 圭・バレリー ベーハンペレティエール・青木淳一,
横浜国立大学環境科学研究センター紀要   25(1) 49-53   1999年   [査読有り]
Mixed leaf litter effects on decomposition rates and soil microarthropod communities in an oak-pine stand in Japan.
Salamanca, E. F.
14 131-138   1999年   [査読有り]
Effect of millipede Parafontaria tonominea Attems (Diplopoda: Xystodesmidae) adults on soil biological activities: A microcosm experiment
14 271-279   1999年   [査読有り]
2種のトビムシFolsomia candidaとSinella curvisetaの摂食によるアカマツ (Pinus densiflora)実生の苗立枯病(Fusarium oxysporum)の発病抑制.
金子信博, 隈本宗聡
Edaphologia   60 49-56   1998年   [査読有り]
スギ樹幹流の酸性化がスギ苗木の成長と土壌生物におよぼす影響
金子信博, 原勇治, 北見奈緒子, 小藤隆一,
山陰地域研究(森林資源)   14 1-7   1998年
Nutrient dynamics and lignocellulose degradation in decomposing Quercus serrata leaf litter
Salamanca, E.F., Kaneko, N., Katagairi, S., Nagayama, Y.
13 199-210   1998年   [査読有り]
Effects of leaf litter mixtures on the decomposition of Quercus serrata and Pinus densiflora using field and laboratory microcosm methods
Salamanca, E.F., Kaneko, N., Katagairi, S.
10 53-73   1998年   [査読有り]
Nutrient dynamics in decomposing forest leaf litter: a comparison of field and laboratory microcosm approach
Salamanca, E.F., Kaneko, N., Katagairi, S., 1998.
3 91-98   1998年

書籍等出版物

 
土の百科事典編集委員会(編) (担当:共著)
丸善出版   2014年1月   ISBN:978-462108584
森林土壌と土壌動物の放射線影響
金子信博, 中森泰三,森林環境研究会(編著) (担当:共著)
公益財団法人森林文化協会   2014年   
巌佐 庸、 倉谷 滋、 斎藤 成也、 塚谷 裕一(編集) (担当:共著)
岩波書店   2013年2月   ISBN:978-400080314
生態系の暮らし方―アジア視点の環境リスク‐マネジメント
小池文人, 松田裕之, 茂岡忠義, 金子信博 (担当:共著)
東海大学出版会   2012年3月   ISBN:4486019318
生物多様性. In: 森林立地学会 (ed) 森のバランス-植物と土壌の相互作用-
金子 信博
東海大学出版会   2012年   
熱帯農業の土壌生態系「生態系の暮らし方−アジア視点の環境リスク・マネジメント−」
金子信博, 仁科一哉, 南谷幸雄, 三浦季子, 荒井見和 (編著)小池文人, 松田裕之, 茂岡忠義 (担当:共著)
東海大学出版会   2012年   
ライフサイクル思考で現代の環境問題に立ち向かう 生態系の暮らし方−アジア視点の環境リスク・マネジメント−.
本藤祐樹, 金子信博 (担当:共著)
東海大学出版会   2012年   
やっぱり土は生きているめぐる―生命誌年刊号〈vol.61‐64〉
JT生命誌研究館   2010年7月   ISBN:4788512092
生物多様な星の作り方ー生態学からみた地球システムー
東海大学出版会   2009年3月   
土壌生態学入門ー土壌動物の多様性と機能ー
東海大学出版会   2007年6月   
土壌動物への招待ー採集からデータ解析までー
東海大学出版会   2007年5月   
自然再生事業とリスクマネジメント
「生態環境リスクマネジメントの基礎―生態系をなぜ,どうやって守るのか」オーム社   2007年3月   
国連ミレニアムエコシステム評価 生態系サービスと人類の将来
茂岡・浦野・雨宮・川崎・酒井・藤巻・劉・山口・久保 (担当:共著)
オーム社   2007年3月   
土壌の生物性(生態学事典)
共立出版   2003年   
土壌生態系の微生物と動物の相互作用
森林微生物生態学, 二井一禎・ 肘井直樹 編著(朝倉書店)   2000年   
微生物と動物の相互依存関係
森林微生物生態学, 二井一禎・ 肘井直樹 編著 (朝倉書店)   2000年   
森林破壊が土の劣化に与える影響. 土の環境圏
フジテクノシステム   1997年   
ササラダニの群集構造. 「日本の昆虫群集」-住み分けと多様性をめぐって.
東海大学出版会   1987年   

受賞

 
2004年5月
日本土壌動物学会賞
 
1992年5月
日本土壌動物学会奨励賞
 

Misc

 
「ミミズ」と「地球温暖化」--土壌生物と地球環境問題
金子信博
ビオフィリア   7(1) 56-58   2011年
Ecological risks in anthropogenic disturbance of nitrogen cycles in natural terrestrial ecosystems
   2009年1月
生物多様性の交差点ー表層土壌が育む生物群集とその知られざる働きー.
ペドロジスト   52 47-50   2008年
足下の生物多様性ー森林の土壌生態系ー
クリンネス   272 2-7   2008年
生態毒性学におけるトビムシのゲノミクスの動向
中森泰三,木下圭司,久保田善久,府馬正一,藤森亮
Edaphologia   82 41-54   2007年12月
大都市「ヨコハマ」を「流域」にもつ丹沢の生態系管理
藤巻玲路
月刊浄化槽   367 12-17   2006年10月
土壌動物(環境保全型農業事典)
丸善   177-180   2005年2月
酸性降下物が森林の生物群集の相互作用に与える影響.3.酸性降下物が樹木と微 生物の相互作用に及ぼす影響.
肘井直樹, 二井一禎, 金子信博
日本生態学会誌   45 19-31   1995年
ササラダニの飼育と観察. 「土の中の生き物」-観察と飼育のしかた-
築地書館   84-94   1995年
酸性降下物が森林の生物群集の相互作用に与える影響.1.酸性降下物が土壌動物 と分解微生物の相互作用に与える影響
金子信博, 肘井直樹, 二井一禎
日本生態学会誌   44 181-194   1994年

講演・口頭発表等

 
P-63 環境保全型農法と土壌細菌・アーキア群集 : ミミズ導入とカバークロップの影響
日本微生物生態学会   2009年11月21日   
P-83 環境保全型農法を継続した畑地土壌における真核微生物の群集構造解析
日本微生物生態学会   2009年11月21日   

Works

 
フィリピン・ルソン島北部の大型ミミズ類生態調査
その他   2001年
熱帯泥炭湿地林の維持機構と持続的利用
その他   1993年
タイ南部とマレーシアにおける沿岸抵温地生態系の生態学的研究
その他   1988年

学歴

 
 
 - 
1983年
京都大学 農学研究科 林学
 
 
 - 
1981年
京都大学 農学部 林学科