延兼啓純

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 09:47
 
アバター
研究者氏名
延兼啓純
 
ノブカネ ヒロヨシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60550663.ja.html
所属
北海道大学
部署
理学研究院 物理学部門
学位
博士(工学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年10月
 - 
現在
北海道大学 大学院理学研究院 物理学部門  助教
 
2009年
 - 
2010年9月
旭川医科大学 医学部 一般教育等物理学教室 助教
 

論文

 
Nobukane H, Matsuyama T, Tanda S
Scientific reports   7 41291   2017年1月   [査読有り]
Oka Yuki, Nobukane Hiroyoshi, Matsunaga Noriaki, Nomura Kazushige, Katono Kazuhiro, Ichimura Koichi, Kawamoto Atsushi
JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   84(6)    2015年6月   [査読有り]
Nobukane Hiroyoshi, Matsuyama Toyoki, Tanda Satoshi
PHYSICA B-CONDENSED MATTER   460 168-170   2015年3月   [査読有り]
26TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON LOW TEMPERATURE PHYSICS (LT26), PTS 1-5   400    2012年   [査読有り]
H. Nobukane, A. Tokuno, T. Matsuyama, and S. Tanda
J. Phys.: Conf. Ser.   400 022084   2012年   [査読有り]
Y. Oka, R. Abe,H. Nobukane, N. Matsunaga, K. Nomura, K. Ichimura, and A. Kawamoto
J. Phys.: Conf. Ser.   400 022090   2012年   [査読有り]
Hiroyoshi Nobukane, Akiyuki Tokuno, Toyoki Matsuyama, Satoshi Tanda
Physical Review B   83(14) 144502   2011年4月   [査読有り]
Hiroyoshi Nobukane, Katsuhiko Inagaki, Satoshi Tsuchiya, Yasuhiro Asano, Koichi Ichimura, Kazuhiko Yamaya, Shigeru Takayanagi, Ikuto Kawasaki, Kenichi Tenya, Hiroshi Amitsuka, Satoshi Tanda
Japanese Journal of Applied Physics   49(2) 020209   2010年   [査読有り]
H. Nobukane, K. Inagaki, K. Ichimura, K. Yamaya, S. Takayanagi, I. Kawasaki, K. Tenya, H. Amitsuka, K. Konno, Y. Asano, S. Tanda
Physica B   405 S277-S278   2010年   [査読有り]
S. Tsuchiya, T. Toshima, H. Nobukane, K. Inagaki, S. Tanda
Journal of Physics: Conference Series   150 022089-1-022089-4   2009年   [査読有り]

Misc

 
Hiroyoshi Nobukane, Kosei Yanagihara, Yuji Kunisada, Yunito Ogasawara, Kazushige Nomura, Yasuhiro Asano, Satoshi Tanda
   2017年3月
We report two-dimensional superconducting phase fluctuations in a
CaTexRuOTex nanofilm single crystal. A thin film of CaTexRuOTex exhibits
typical Kosterlitz-Thouless transition behaviour around Tex K.
We also found that the b...
柳原興世, 延兼啓純, 野村一成, 丹田聡
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   71(2) ROMBUNNO.13aAC‐9   2016年9月
柳原興世, 延兼啓純, 野村一成, 能村貴宏, 秋山友宏, 丹田聡
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   72(1) ROMBUNNO.20aD32‐9   2017年3月
生松倫太郎, 延兼啓純, 松永悟明, 野村一成, 河本充司
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   71(1) ROMBUNNO.21ABC‐4   2016年3月
生松 倫太郎, 延兼 啓純, 松永 悟明, 野村 一成, 河本 充司
日本物理学会講演概要集   71(0)    2016年

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 延兼啓純
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 延兼 啓純
本研究の目的は、電子輸送測定及び走査トンネル分光測定(STM/STS)によりカイラル超伝導体中のマヨラナ(ワイル) 場におけるトポロジカル不変量を探索することである。本年度は特に電子輸送測定を重点的に研究を行った。まず、劈開法によりSiO2/Si基板上に取り出したSr2RuO4単結晶薄膜へ電子ビームリソグラフィーにより6端子電極を作製した。電子ビーム溶着法により試料と電極間の接触抵抗が低いことを確認した試料に対して、極低温(~0.5K)にて磁気抵抗及びホール抵抗を測定した。これまでに報告さ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 延兼 啓純
カイラル単一ドメインとされるマイクロメートルサイズのSr_2RuO_4超伝導体において電子輸送測定を行い、パリティの破れた電流-電圧特性を発見した。この結果は、クーパー対の内部自由度によりSr_2RuO_4試料がカイラル単一ドメインを形成し、ゼロ磁場で自発磁化していること、また外部磁場を印加することによりドメインのカイラリティが変化していることを示している。我々はこの物理的起源として、単一ドメインSr_2RuO_4の試料端におけるマヨラナフェルミオンの励起を提案した。
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 野村 一成
有機超伝導体の発現機構を明らかにするため、超伝導ギャップの直接測定が行えるSTMを用いた角度分解トンネル分光測定において、試料にFIB加工を施し詳細な角度依存を調べる手法の開発を行なった。まず、この手法の有用性を明らかにするため、結晶軸が直交した斜方晶に属する(BEDT-TTF)2Xの系において、FIB加工を試行し、平坦な面を得る手法の確立を行なった。この結果、金属光沢を持つ側面を得ることに成功した。この面が原子レベルで平坦であるかどうかを調べるため、室温でSTM観察を行なった。この結果、...
文部科学省: 特別研究員奨励費
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 延兼啓純