河島 則天

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/22 12:56
 
アバター
研究者氏名
河島 則天
ハンドル
KWS
eメール
kawashima-noritakarehab.go.jp
所属
国立障害者リハビリテーションセンター研究所
部署
運動機能系障害研究部
職名
神経筋機能障害研究室長
学位
学術(論博)
科研費研究者番号
30392195
Twitter ID
KWS456123

プロフィール

ヒトのからだの仕組み、巧みで柔らかな運動調節の仕組みの理解を通じて、身体機能回復(維持/向上)のための新しいリハビリテーション(トレーニング)方法の構築を目指しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
国立障害者リハビリテーションセンター研究所・運動機能系障害研究部    神経筋機能障害研究室・室長
 
2009年12月
 - 
2012年3月
国立障害者リハビリテーションセンター研究所・運動機能系障害研究部    研究員
 
2008年4月
 - 
2009年11月
国立障害者リハビリテーションセンター研究所・運動機能系障害研究部    JSPS 特別研究員-SPD
 
2006年4月
 - 
2008年3月
トロントリハビリテーション研究所・リハビリテーション工学研究室        JSPS 海外特別研究員
 
2005年4月
 - 
2006年3月
芝浦工業大学 先端工学研究機構 助手
 
2002年4月
 - 
2005年3月
国立障害者リハビリテーションセンター研究所・運動機能系障害研究部    流動研究員
 

受賞

 
2011年
バリアフリーシステム開発財団 奨励賞
 
2009年
Motor Control研究会 優秀発表賞
 
2005年
計測自動制御学会 学術奨励賞
 
2004年
生体生理工学シンポジウム 研究奨励賞
 

論文

 
Psychophysical evaluation of the capability for phantom limb movement in forearm amputees
Kawashima N, Mita T
PLoS One   -kawashima-noritaka@rehab.go.jp   2016年5月   [査読有り]
Inter-individual difference in the effect of mirror reflection-induced visual feedback on phantom limb awareness in forelimb amputees
Kawashima N, Mita T, Yoshikawa M
PLoS One   8(7) e69324   2013年
Effect of intensive functional electrical stimulation therapy on the upper limb motor recovery after stroke
Kawashima N, Popovic MR, Zivanovic V
Physiotherapy Canada   65 20-28   2013年
Kawashima N, Abe MO, Iwaya T, and Haga N
Experimental Brain Research   218(4) 579-588   2012年
Metal bar prevents phantom limb motion
Kawashima N, Mita T
Neurocase   15 478-484   2009年
Shaping appropriate locomotive motor output through interlimb neural pathway within spinal cord in humans.
Kawashima N, Nozaki D, Abe MO, Nakazawa K
Journal of Neurophysiology   99 2946-2955   2008年
Characteristice of the locomotor-like muscle activity during orthotic gait in complete paraplegic patients.
Kawashima N, Nakazawa K
Neurological Research   30 36-45   2008年
Stretch reflex modulation during imposed static and dynamic hip movements in standing humans.
Kawashima N, Yano H, Ohta Y, Nakazawa K
Experimental Brain Research   174 342-350   2006年
Effect of lesion level on the orthotic gait performance in individuals with spinal cord injuries.
Kawashima N, Taguchi D, Nakazawa K, Akai M
Spinal Cord   44 487-494   2006年
Muscle oxygenation of the paralyzed lower limb in spinal cord injured persons.
Kawashima N, Nakazawa K, Akai M
Med Sci & Sport Exerc   37 915-921   2005年
Alternative leg movement amplifies locomotor-like muscle activity in spinal cord injured persons.
Kawashima N., Nozaki D., Abe OM., Nakazawa K., Akai M
Journal of Neurophysiology   93 777-785   2005年
Potential impact of orthotic gait on natural killer cell activities in thoracic level of spinal cord injured patients.
Kawashima N, Nakazawa K, Ishii N, Akai M. Yano H
Spinal Cord   42 420-424   2004年
Stretch reflex excitability of the anti-gravity ankle extensor muscle in elderly humans.
Kawashima N, Nakazawa K, Yamamoto S-I, Nozaki D, Yano H
Acta Physiol Scand   180 99-105   2004年
Energy expenditure during walking with weight bearing control orthosis (WBC) in thoracic level of paraplegic patients.
Kawashima N, Sone Y, Nakazawa K, Akai M, Yano H
Spinal Cord   41 506-510   2003年
Inhibition of the human soleus H-reflex during standing without descending commands.
Kawashima N, Sekiguchi H, Miyoshi T, Nakazawa K and Akai M
Neuroscience Letters   345 41-45   2003年

Misc

 
「痛み」の教示・学習ツール
河島 則天
ライフサポート学会誌   25(1) 11-14   2013年
正常歩行の神経制御
河島 則天
理学療法   26(1) 19-26   2009年
歩行運動を実現する神経システム
河島 則天
理学療法   29(7) 727-734   2012年

競争的資金等の研究課題

 
挑戦的萌芽:身体化する義手
文部科学省: 文部科学研究費
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 河島則天
A-Step(探索タイプ):半側空間無視を改善に導くリハビリテーションツールの開発
JST: 研究成果最適展開支援プログラム
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 河島則天
若手研究A:脊髄損傷後の歩行機能再獲得のための神経リハビリテーション方法の開発
文部科学省: 文部科学研究費
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 河島則天
特別研究員奨励費:脊髄損傷後の歩行機能再獲得のための神経リハビリテーション方法の開発
学術振興会: 文部科学研究費
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 河島則天
若手研究B:歩行運動出力の発現・調節に貢献する体肢間神経経路
文部科学省: 文部科学研究費
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 河島則天