白井直機

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/28 14:46
 
アバター
研究者氏名
白井直機
 
シライ ナオキ
URL
http://tyche.qe.eng.hokudai.ac.jp/members/shirai/index.html
所属
北海道大学
部署
工学研究院
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
80552281

プロフィール

1980年生まれ。福島県会津若松市出身。2008年3月東京工業大学大学院理工学研究科電気電子工学専攻博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て,2009年4月より首都大学東京助教,2016年4月より北海道大学准教授,現在に至る。主として液体の介在した大気圧プラズマの研究に従事。博士(工学)、電気学会、応用物理学会、IEEE会員。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
北海道大学 工学研究院量子理工学部門 准教授
 
2009年4月
 - 
2016年3月
首都大学東京 大学院 理工学研究科電気電子工学専攻 助教
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
東京工業大学 大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京工業大学 工学部 電気電子工学科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
電気学会 プラズマ技術委員会  幹事補
 

受賞

 
2017年3月
Outstanding Reviewers of 2016 Journal of Physics D: Applied Physics.
 
2015年9月
応用物理学会学術講演会 ポスターアワード
 
2014年2月
ICRP-8/SPP-31 Young Scientist Awards: Gold Medal
 
2013年3月
SPM1 (International Wokshop on Solution Plasma and Molecular Technology) The Best Poster Presentation Award
 
2012年1月
電気学会 電気学会優秀論文発表賞 基礎・材料・共通部門表彰
 

論文

 
Naoki Shirai, Taketo Yoshida, Satoshi Uchida, Fumiyoshi Tochikubo
Japanese Journal of Applied Physics   56(7) 076201   2017年6月   [査読有り]
Fumiyoshi Tochikubo, Takuya Aoki, Naoki Shirai and Satoshi Uchida
Japanese Journal of Applied Physics   56(4) 46201   2017年3月   [査読有り]
Keiichiro Urabe, Naoki Shirai, Kentaro Tomita, Tsuyoshi Akiyama and Tomoyuki Murakami
Plasma Sources Science and Technology   25(4) 045004   2016年5月   [査読有り]
Kentaro Tomita, Keiichiro Urabe, Naoki Shirai, Yuta Sato, Safwat Hassaballa, Nima Bolouki, Munehiro Yoneda, Takahiro Shimizu and Kiichiro Uchino
Japanese Journal of Applied Physics   55(6) 066101   2016年5月   [査読有り]
T. Akiyama, R. Yasuhara, K. Kawahata, K. Nakayama, S. Okajima, K. Urabe, K. Terashima and N. Shirai
Journal of Instrumentation   10 P09022   2015年9月   [査読有り]
Naoki Shirai, Satoshi Uchida and Fumiyoshi Tochikubo
Japanese Journal of Applied Physics   53(4) 046202   2014年3月   [査読有り]
Naoki Shirai, Ryuto Sekine, Satoshi Uchida and Fumiyoshi Tochikubo
Japanese Journal of Applied Physics   53(2) 026001   2014年1月   [査読有り]
Naoki Shirai, Satoshi Uchida, Fumiyoshi Tochikubo
Plasma Sources Science and Technology   23(5) 054010   2014年9月   [査読有り]
Naoki Shirai, Masato Nakazawa, Shinji Ibuka, Shozo Ishii
Electrical Engineering in Japan   178(4) 8-15   2012年3月   [査読有り]
Naoki Shirai, Koki Matsui, Shinji Ibuka, Shozo Ishii
IEEE Transactions on Plasma Science   39(11,Pt.1) 2210-2211   2011年11月   [査読有り]
Naoki Shirai, Satoshi Uchida, Fumiyoshi Tochikubo, Shozo Ishii
IEEE Transactions on Plasma Science   39(11,Pt.1) 2652-2653   2011年11月   [査読有り]
Naoki Shirai, Kosuke Ichinose, Satoshi Uchida, Fumiyoshi Tochikubo
Plasma Sources Science and Technology   20 034013-1-034013-9   2011年6月   [査読有り]
TOCHIKUBO Fumiyoshi, SHIRAI Naoki, UCHIDA Satoshi
Applied physics express   4(5) 56001-1   2011年5月   [査読有り]
石井 彰三, 白井 直機, 井深 真治, 金丸 誠, 菊地 淳
電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society   130(10) 899-906   2010年10月   [査読有り]
We developed noble schemes to generate atmospheric-pressure microplasmas, in which the mass of initial materials such as gases or liquids is limited to a small amount. A miniature gas flow through a nozzle electrode was used to generate direct cur...
Shirai Naoki, Shito Hiroaki, Ibuka Shinji, Ishii Shozo
Applied physics express   2(7) 76001-076001-3   2009年7月   [査読有り]
We discussed the corona-to-glow transition of DC discharges using intersecting axial miniature gas flows under atmospheric pressure. The stable dc discharges generated along the intersecting two axial miniature helium flows were operated from low ...
白井 直機, 中澤 将人, 井深 真治, 石井 彰三
電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society   129(4) 269-274   2009年4月   [査読有り]
Stable electrolyte cathode atmospheric dc glow microdischarges were generated by using a miniature helium gas flow from a nozzle electrode in air. We developed two schemes to control the temporal evolution of the discharge and the interaction betw...
Shirai Naoki, Ibuka Shinji, Ishii Shozo
Applied physics express   2(3) 36001-036001-3   2009年3月   [査読有り]
An atmospheric glow microdischarge is generated with an electrolyte anode and axial miniature helium flow. A stable operation under atmospheric pressure can be achieved using an axial miniature helium flow. When the electrode separation is 10 mm a...
Naoki Shirai, Masato Nakazawa, Shinji Ibuka, Shozo Ishii
IEEE Transactions on Plasma Science   36(4,Pt.1) 1160-1161   2008年8月   [査読有り]
Naoki Shirai, Shinji Ibuka, Shozo Ishii
IEEE Transactions on Plasma Science   36(4,Pt.1) 960-961   2008年8月   [査読有り]
Shirai Naoki, Onaka Yu, Ibuka Shinji, Ishii Shozo
Jpn J Appl Phys   47(4) 2244-2249   2008年4月   [査読有り]
One of the advantages of microplasmas is that it can be generated using any phase of materials, namely, gases, liquids, and solids. We developed methods to generate microplasmas by pulsed discharge utilizing ethanol filaments grown from the tip of...
Shirai Naoki, Onaka Yu, Ibuka Shinji, Yasuoka Koichi, Ishii Shozo
Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes   46(1) 370-374   2007年1月   [査読有り]
An ethanol droplet of 300 μm in diameter is used to create a dense microplasma by pulsed discharge. The pulsed discharge took place when the droplet came into the space between miniature electrodes across which a dc high voltage was applied. The v...

Misc

 
白井 直機, 一之瀬 工資, 内田 諭, 杤久保 文嘉
電気学会研究会資料. PPT, パルスパワー研究会   2011(1) 5-9   2011年6月
杤久保 文嘉, 白井 直機, 内田 諭, 浪平 隆男
電気学会研究会資料. PPT, パルスパワー研究会   2010(62) 45-50   2010年10月
井出 存, 出原 慎, 白井 直機, 内田 諭, 栃久保 文嘉
電気学会研究会資料. PPT, パルスパワー研究会   2010(72) 25-30   2010年10月
白井 直機, 一之瀬 工資, 橋爪 裕介, 岩本 直己, 内田 諭, 杤久保 文嘉, 石井 彰三
電気学会研究会資料. PPT, パルスパワー研究会   2010(11) 23-28   2010年2月
荒井 翔太, 出原 慎, 白井 直機, 内田 諭, 杤久保 文嘉
電気学会研究会資料. PPT, パルスパワー研究会   2009(93) 27-32   2009年10月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 白井直機
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 杤久保文嘉
低気圧環境という制約のない非熱平衡大気圧プラズマでは、液体、生体などの多様な媒質にプラズマ照射が可能である。本研究は、非熱平衡プラズマが液相と接する場であるプラズマ気液界面に生じる諸現象を、数値シミュレーション、及び、実験によって解明することを目的としている。安定したプラズマ気液界面の形成、界面への荷電粒子照射の制御性より、大気中での微細希ガス流による直流グロー放電を対象とした。平成21年度は研究計画に則り、以下の成果を得た。1. 実験微細希ガス流を用い、ノズル-液体電極間に直流グロー放電...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 白井直機
電解質溶液を電極とした放電の電極間に微細なヘリウムガス流を導入して、大気圧空気中で安定な直流駆動のグロー放電を生成した。気流界面では、溶液の気化、イオン衝突、電子放出、ラジカルの発生、窒素酸化物の溶解、電気分解等、様々な反応が発生していると考えられ、その複雑さ故に、明確な放電維持機構については十分な理解がなされていない。本研究では、特に液体プラズマ間の熱の輸送に着目して、液体を陰極とした放電の特性を実験的に調べ検討した。最初に直流駆動の放電についてNaCL溶液電極の温度を外部から加熱または...