大石雅寿

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/01 23:47
 
アバター
研究者氏名
大石雅寿
所属
天文データセンター
部署
天文データセンター
職名
准教授
学位
理学博士(東京大学)

プロフィール

国立天文台勤務。電波天文学,アストロバイオロジー,星間化学,データベース天文学。ヴァーチャル天文台。国際天文学連合(IAU)F.3委員会 (Astrobiology) vice president, 同第5委員会 (Astronomical Data) past president,IAU-ITU official liaison。日本学術会議配下の委員複数。 総務省情報通信審議会専門委員。

http://jvo.nao.ac.jp/

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
国立天文台 天文データセンター センター長
 
2008年
 - 
現在
国立天文台 准教授
 
2007年
   
 
国立天文台 天文データセンター 准教授
 
2006年
   
 
国立天文台 天文データセンター 助教授
 
2004年
 - 
2005年
国立天文台・大学共同利用機関法人自然科学研究機構(共通施設) 助教授
 

Misc

 
Yutaka Komiya, Yuji Shirasaki, Masatoshi Ohishi, Yoshihiko Mizumoto
   2013年6月
We present results of the cross-correlation analysis between active galactic
nuclei (AGNs) and galaxies at redshift 0.1-1. We obtain data of ~10,000 SDSS
AGNs in which their virial masses with a super-massive black hole (SMBH) were
estimated. The ...
Satoshi Eguchi, Wataru Kawasaki, Yuji Shirasaki, Yutaka Komiya, George Kosugi, Masatoshi Ohishi, Yoshihiko Mizumoto
   2012年11月
ALMA is estimated to generate TB scale data during only one observation;
astronomers manage to identify which part of the data they are really
interested in. Now we have been developing new GUI software for this purpose
utilizing the VO interface:...
Inaki Ortiz, Jeff Lusted, Pat Dowler, Alexander Szalay, Yuji Shirasaki, Maria A. Nieto-Santisteban, Masatoshi Ohishi, William O'Mullane, Pedro Osuna, the VOQL-TEG Working Group, the VOQL Working Group
   2011年10月
This document describes the Astronomical Data Query Language (ADQL). ADQL has
been developed based on SQL92. This document describes the subset of the SQL
grammar supported by ADQL. Special restrictions and extensions to SQL92 have
been defined in...
大石雅寿, 北川勝浩, 三澤浩昭, 土屋史紀
電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   109(185) 29-34   2009年8月
日本の屋内広帯域電力線搬送通信(PLC)を使用した際の、これまでの漏洩電界の実測データは、家屋の外壁からの離隔距離が10m以内のものばかりであり、それより遠方での実測例は知られていない.我々は、離隔距離をより長く取った場合の漏洩電波を測定し、離隔距離30mで周囲雑音を20dB以上超過する場合があることを見いだした.また、このような漏洩を生じる原因と考えられる屋内電力線上のコモンモード電流値を直接測定し、PLC技術基準の許容値を20dB以上超過する場合があることを見いだした.
Yuji Shirasaki, Masahiro Tanaka, Masatoshi Ohishi, Yoshihiko Mizumoto, Naoki Yasuda, Tadafumi Takata
   2009年7月
We present the result of projected cross correlation analysis of AGNs and
galaxies at redshifts from 0.3 to 3.0. The Japanese Virtual Observatory (JVO)
was used to obtain the Subaru Suprime-Cam images and UKIDSS catalog data around
AGNs. We invest...