大森 隆司

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/07 03:14
 
アバター
研究者氏名
大森 隆司
 
オオモリ タカシ
所属
玉川大学
部署
工学部 情報通信工学科
職名
教授
その他の所属
玉川大学

プロフィール

人間の知的機能や心の機能についての脳での実現メカニズムを,情報論的な立場から議論し,工学的な手段で実現できるレベルでの理解と実現を目指している.

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
玉川大学 工学部・脳科学研究所 教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
玉川大学 学術研究所 教授
 
2004年4月
 - 
2006年3月
北海道大学 大学院情報科学研究科 教授(改組による)
 
2000年5月
 - 
2004年3月
北海道大学 大学院工学研究科 教授
 
1995年4月
 - 
1998年6月
東京農工大学 大学院生物システム応用科学研究科 助教授
 

受賞

 
2012年12月
HAI2011 優秀研究賞:「新奇性」と「親近性」の軸から子どもとロボットの関係性を捉える,高橋,宮崎,岡田,大森
 
2010年11月
自動車技術会2009年春季大会学術講演会 優秀講演発表賞大森隆司,佐藤正義,山内康一郎,石川 悟,脇田敏裕:危険予測に基づくドライバーの視線移動モデル
 
2010年9月
日本認知科学会論文賞 高橋,大森:円滑な対人インタラクションを実現する対象認識に応じた認知的構え調整機構のモデル化
 
2010年9月
日本ロボット学会賞:「ロボカップジャパンオープン2010 大阪 ロボカップ@ホームリーグにおいて家庭内での作業に適した移動機構と多様なセンサーを持つロボットを実現したことにより 」 岡田浩之,長井隆行,杉浦孔明,岩橋直人,大森隆司
 
2009年12月
HAI-2008 Outstanding Research Award 優秀賞授賞横山絢美, 大森隆司:人間の行動決定過程におけるメタ戦略の存在とその処理過程
 

論文

 
複数のKinectセンサーを使用した育児支援ロボットによる子供の行動追跡
Int.Conf.Social Robotics      2016年11月   [査読有り]
周辺視ディスプレイと振動デバイスを利用した歩行誘導効果と感覚統合のモデル構築
渡邊紀文,森 文彦,大森隆司
知能と情報   28(3) 608-616   2016年   [査読有り]
Eimei Oyama, Naoji Shiroma, Norifumi Watanabe, Arvin Agah, Takashi Omori , Natsuo Suzuki
Advanced Robotics   30(3) 151-164   2016年   [査読有り]
Muhammad Attamimi,Masahiro Miyata,Tetsuji Yamada,Takashi Omori,Ryoma Hida
HAI2016   267-270   2016年   [査読有り]
感情の価値計算システムとしてのモデル化
ICONIP 2016   LNCS 9947 308-315   2016年   [査読有り]
ERP correlates of feedback processing for number of misses in gambling
小川昭利・豊巻敦人・大森隆司・室橋春光
認知科学   22(3) 315-325   2015年   [査読有り]
島は対人対戦ゲーム中に行動エントロピーを表現する
Takahashi H., IZUMA, Matsumoto M.,Matsumoto K., Omori T.
PLOS ONE      2015年   [査読有り]
他者の心的状態を誘導する戦略的インタラクションのモデル化
RO-Man2015      2015年   [査読有り]
精油芳香の学習への影響とERPによる検証
上條美和子,大森隆司
日本感性工学会論文誌   13(1) 45-48   2014年   [査読有り]
社会的相互作用を介して得られた他者の印象は背側と腹側経路の活動を調節する
Cortex   58 289\300   2014年   [査読有り]
画像スクラッチパラダイム:乳児の動機駆動の視線制御を評価するための新しいパラダイム
4(5498)    2014年   [査読有り]
人見知りの子どもとロボットの良好な関係構築に向けた遊び行動の分析
阿部香澄,日永田智絵,アッタミミムハンマド,長井隆行,岩崎安希子,下斗米貴之,大森隆司,岡夏樹
情報処理学会論文誌   55(12) 2524-2536   2014年   [査読有り]
English Phoneme Discrimination Acquisition for Speech Production: Focusing on Repetitive Phoneme Sounds
179-199   2014年   [査読有り]
Repetitive English Phoneme Listening for English Phoneme Discrimination Ability acquisition: a step to brainwave evaluation
Joint International Conference of ETAK      2014年   [査読有り]
Physical Embodied Communication between Robots and Children: An Approach for Relationship Building by Holding Hands
IROS 2014   3291-3298   2014年   [査読有り]
oward Playmate Robots that can Play with Children Considering Personality
HAI2014 proceedings      2014年
Toward Playmate Robots that can Play with Children Considering Personality
HAI2014      2014年   [査読有り]
Walk Assistance Interface by Sensory Superposition Fusion of Vision and Somatosensor
BICA2014      2014年   [査読有り]
A Constructive Approach for Investigating the Emergence of Role Division in Social Interactions
Kenichi Minoya, Takaya Arita and Takashi Omori
Advances in Cognitive Neurodynamics (III) (The 3rd International Conference on Cognitive Neurodynamics      2013年6月   [査読有り]
Using Robots to Estimate Children’s Personalities
Akiko Iwasaki, Takayuki Shimotomai, Kasumi Abe, Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, Takashi Omori
Proceedings of International Symposium of Affective Engineering(SAE2013)   1C-2    2013年3月   [査読有り]
子供と遊ぶロボット:心的状態の推定に基づいた行動決定モデルの適用
阿部香澄,岩崎安希子,中村友昭,長井隆行,横山絢美,下斗米貴之,岡田浩之,大森隆司
日本ロボット学会誌   31(3) in press   2013年   [査読有り]
An investigation of social factors related to online mentalizing in a human-robotcompetitive game.
Japanese Psychological Research   55(2)    2013年   [査読有り]
エージェントの擬人化の背景にある並列的な認知処理
高橋英之,岡田浩之,大森隆司,金岡利知,渡辺一郎
人工知能学会論文誌   28(2) in press   2013年   [査読有り]
遊びロボットによる子どもの性格傾向の推定に関する研究
岩崎安希子,下斗米貴之,阿部香澄,中村友昭, 長井隆行,大森隆司
感性工学会   in press    2013年   [査読有り]
Using Robots to Estimate Children's Personalities
Akiko Iwasaki,Takayuki Shimotomai,Kasumi Abe,Tomoaki Nakamura,Takayuki Nagai,Takashi Omori
Transactions of Japan Society of Kansei Engineering   Vol.12(No.1,Special Issue) 219-227   2013年   [査読有り]
周辺視へのオプティカルフロー刺激と身体動揺を利用した歩行者の誘導モデル
渡邉紀文,森 文彦,大森隆司
映像情報メディア学会誌   Vol.67(No.12) J434-440   2013年   [査読有り]
Hybrid Head Mounted/Surround Display for Telexistence/Telepresence and Behavior Navigation
Eimei Oyama1, Naoji Shiroma2, Masataka Niwa3, Norifumi Watanabe4,Shunsuke Shinoda5, Takashi Omori5 and Natuo Suzuki5
SSRR2013      2013年   [査読有り]
子どもと遊ぶロボット : 何がロボットを友達にするのか
Muhammad Attamimi, Kasumi Abe, Akiko Iwasaki, Takayuki Nagai, Takayuki Shimotomai, and Takashi Omori
I 377-386   2013年   [査読有り]
Behavior Navigation Using Common Communication Devices for CPR
Eimei Oyama, Takashi Omori, Naoji Shiroma, Itsuki Noda, Arvin Agah
SII2012      2012年12月   [査読有り]
Mapping Model from Chord to Color
SCIS-ISIS2012      2012年11月   [査読有り]
Model in viewing Art
SCIS-ISIS2012      2012年11月
Unconscious Guidance of Pedestrians Using Vection and Body Sway
N. Watanabe, T. Omori
Annual International Conference on Biologically Inspired Cognitive Architecture(BICA2012      2012年11月   [査読有り]
Playmate Robots That Can Act According to Child’s Mental State
Kasumi Abe, Iwasaki Akiko, Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, Ayami Yokoyama, Takayuki Shimotomai, Hiroyuki Okada, Takashi Omori
IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   4660-4667   2012年10月
Learning Novel Objects for Extended Mobile Manipulation
Journal of Intelligent & Robotic Systems   66(1-2) 187-204   2012年   [査読有り]
前庭感覚刺激を用いた歩行誘導効果とそれに影響を及ぼす行動決定過程のモデル化
渡邊紀文,大森隆司
日本知能情報ファジィ学会誌   24(1) 501-512   2012年   [査読有り]
拡張モバイルマニピュレーションのための新規物体の学習
中村友昭,アッタミミ ムハンマド,杉浦孔明,長井隆行,岩橋直人,戸田智基,岡田浩之,大森隆司
日本ロボット学会誌   30(2) 213-224   2012年   [査読有り]
Unconscious Guidance of Pedestrians Using Vection and Body Sway
Annual International Conference on Biologically Inspired Cognitive Architecture(BICA2012)   in press    2012年   [査読有り]
Behavior Navigation Using Common Communication Devices for CPR
SII2012      2012年   [査読有り]
Computational modeling of mental state dynamics for interactive play with child.
Dynamic Brain Forum, Spain      2012年
社会認知における「社会的思い込み効果」の役割とその脳内メカニズム
高橋英之,大森隆司
認知科学   18(1) 138-157   2011年   [査読有り]
Autonomous Acquisition of Cooperative Behavior based on a Theory of Mind using Parallel Genetic Network Programming
Artificial Life and Robotics   16(2) 157-161   2011年   [査読有り]
Construction of Collision Avoidance Behavior Model Induced by Visual Motion
2011 IEEE International Conference on Fuzzy Systems(FUZZ-IEEE2011)   2732-2736   2011年   [査読有り]
Modeling of Pedestrian’s Unintentional Guide Using Vection and Body Sway
The 21th International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT 2011)   94-97   2011年   [査読有り]
RoboCup@home:生活支援ベンチマークとしてのロボット競技
大森,岡田,中村,長井,杉浦,岩橋
日本ロボット学会第28回学術講演会   3B3-1    2010年10月
鬼ごっこゲームを題材とした幼児の行動決定過程のモデルベース評価
石川 悟,坂本寛之,大森隆司
認知科学   17(3) 650-662   2010年9月   [査読有り]
絵画鑑賞時の視線の動きから嗜好を読み取る
高橋 英之,西村 望,大森 隆司
日本認知科学会大会2010      2010年9月
視覚入力に対するすれ違い時の行動決定のモデル化
渡邊紀文, 三門裕明, 大森隆司
日本知能情報ファジィ学会ファジィシステムシンポジウム講演論文集   26 276-279   2010年9月
Trigger Model for guiding arm movement in circle drawing
3149-3154   2010年7月   [査読有り]
Modeling of human intention estimation process in social interaction scene
2306-2311   2010年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
『保育の質』の定量的分析に向けた半自動アノテーションツールの開発
SI2016 札幌   2016年   
ロボットから紐解く保育士の対人インタラクション技能の定量化
HAIシンポジウム   2016年   
保育支援のための子どもの行動追跡システムの評価
SSI2016   2016年   
保育園児および保育士の行動軌跡の教師なし分類に基づく活動識別
SSI2016,   2016年   
帰納論理プログラミングAlephを用いたロボカップサッカーシミュレーション2Dの戦術パターン抽出
第109回 知識ベースシステム研究会 (SIG-KBS)   2016年   
「保育の質」の定量化に向けた子どもとロボットの関わり ?子どもの心的状態推定へのアプローチ
第33回日本認知科学会大会   2016年   
感情の価値システムとしてのモデル化の試み
第33回日本認知科学会大会   2016年   
複数のKinectを用いた子どもの行動追跡及び個人認証
人工知能全国大会   2016年   
多人数が映る動画からの表情解析 ?子どもの興味の対象を見つけるシステムの作成に向けて?
人工知能全国大会   2016年   
保育AI:心の発達を理解するAIの可能性
人工知能全国大会   2016年   
保育支援システムのためのKinectを用いた子どもの行動追跡
SSI2015   2015年   
ロボカップサッカー2Dにおける帰納論理プログラミングを用いた攻撃パターンの抽出とその評価
人工知能全国大会   2015年   
発話における応答部・主導部の推定とそれらを構成する単語の推定?ベイズ階層言語モデルを用いて?
人工知能全国大会   2015年   
モジュールの学習とモジュール組換え計算による見立て遊びの成立過程のモデル化
人工知能全国大会   2015年   
汎用人工知能が感情を持つことは有用か?感情機能の計算モデル化にむけての検討?
人工知能全国大会   2015年   
発話における応答部・主導部の推定とそれらを構成する単語の推定?ベイズ階層言語モデルを用いて?
人工知能全国大会   2015年   
見立て遊びの成立過程のモジュール組換え計算によるモデル化
情報処理学会 第77回全国大会   2015年   
人からロボットへの声掛けの韻律的特徴 ?注意喚起の韻律から回避行動を学習するロボット?
ヒューマンコミュニケーション基礎研究会,   2015年   
ロボカップサッカーシミュレーション2DにおけるILPを用いた有効な攻撃パターンの推論
社会における AI」研究会 第20回研究会   2014年   
確率モデルに基づく他者モデル相互適応のモデル化
HAIシンポジウム   2014年   
注意喚起に対する反応を学習するロボット
HAIシンポジウム   2014年   
共感するロボットの実現に向けての模倣機能と共感度に関する検討
HAIシンポジウム   2014年   
English Phoneme Discrimination Ability Acquisition by Repetitive English Phoneme Listening
2014 ETAK International Conference   2014年   
他者を引き込んでいく戦略的インタラクションのモデル化
2014年度日本認知科学会31回大会発表論文集   2014年   
子供と遊びながら興味度と緊張度を推定するシステム
人工知能学会大会   2014年   
Kinectを用いた3次元歩行解析システムの検討
神経学会総会抄録   2014年   
子どもの性格を考慮して遊ぶロボットの実現に向けた基礎的検討
人工知能学会大会   2014年   
サッカーにおけるパス行動決定の計算モデル化
人工知能学会大会   2014年   
ロボット‐子供遊び戦略と生体指標による評価
感性工学会大会   2014年   
サービスロボットのための遠隔操作システムの開発
HAI2013   2013年12月17日   
人とロボットのフィジカルコミュニケーション:手をつないで一緒に散歩するロボットの実現
HAI2013   2013年12月7日   
共感するロボットとのインタラクション
HAI2013   2013年12月7日   
生体指標によるロボット‐子供遊び戦略の妥当性の評価
HAI2013   2013年12月7日   
サッカーにおけるパス行動決定の計算モデル化の試み
認知大会,2013   2013年9月12日   
他者の認識の推定に基づく知的インタラクションの試み
人工知能学会大会   2013年6月4日   
テレイグジスタンス・遠隔行動誘導のためのHMD/プロジェクター複合ディスプレイシステム
ROBOMEC2013 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,in Tsukuba   2013年5月23日   
性格を読み取るロボットシステム
感性ロボティクスシンポジウム   2013年3月19日   
周辺視と振動刺激による歩行誘導と感覚統合
電子情報通信学会技術研究報告   2013年3月   
English short speech activities using movies -assisted with essential oil-
STEM Conference   2013年   
共有知識に基づくワンツーパスのモデル化
人工知能学会「社会における AI」研究会 第18回研究会   2013年   
機械の向こうの二つの私 -ロボットコミュニケーションにおける心の知覚のfMRI計測-
脳と心のメカニズム第12回冬のワークショップ   2013年   
対人相互作用のモデル化の位置づけについての考察
HAI2012   2012年12月7日   
他者の信念推定に基づく行動決定のモデル化に向けた追跡ゲームの開発
HAI2012   2012年12月7日   
遊びロボットによる子供の性格傾向の推定に関する研究
日本感性工学会第14回大会   2012年12月   
周辺視へのオプティカルフロー刺激呈示による歩行者の誘導
第28回ファジィシステムシンポジウム   2012年9月   
周辺視へのオプティカルフロー刺激呈示による歩行者の誘導
第28回ファジィシステムシンポジウム講演論文集   2012年   
対人相互作用のモデル化の位置づけについての考察
HAI2012   2012年   
Gaze-contingency パラダイムを用いた乳児における行為の意図性の評価
日本認知科学会第29回大会   2012年   
遊びロボットによる子供の性格推定に関する基礎的研究
日本認知科学会第29回大会   2012年   
移動障害物を回避する自律移動ロボットの経路計画
第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
ユーザーの心を読む脳認知計算的ユーザーインターフェースの研究(2005-2009)
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月
自動車運転における認知プロセスの脳科学的計算モデル化(2003-2005) 国内共同研究
研究期間: 2004年 - 現在
ナビゲーションタスクの手続き探索仮説にもとづく脳シンボル処理のモデル化(2001)
0038
研究期間: 2002年10月 - 2005年3月
広域ナビゲーションにおける脳シンボル処理の発達過程のモデル化(2000)
研究期間: 2002年10月 - 2005年3月
認知発達のメカニズムの解明 (2000-2006) 国内共同研究
研究期間: 2000年7月 - 2007年3月

書籍等出版物

 
脳科学と哲学の会話 脳科学と哲学の出会い?脳・生命・心?
玉川大学出版部   2008年4月   
子供の語彙獲得にみるヒト脳のひみつ? 語彙爆発のモデル化から論じるヒト脳のルール獲得能力?高次認知のコネクショニストモデル
共立出版   2005年8月   
神経回路の記憶から発生するシンボル処理 「パターン・記号統合 基礎と応用 -ペットロボットのペットらしさを求めて-」
丸善   2004年2月   

Misc

 
大森 隆司
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   14(4)    2007年12月

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
学術研究所長
 
2009年4月
 - 
2015年3月
玉川大学工学研究科長