荻田信二郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/27 09:51
 
アバター
研究者氏名
荻田信二郎
 
オギタ シンジロウ
eメール
ogitapu-hiroshima.ac.jp
URL
http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~ogita/
所属
県立広島大学
部署
生命環境学部
職名
教授
学位
農学博士(東京農工大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
県立広島大学大学院総合学術研究科 生命システム科学専攻 専攻長 (兼務)
 
2015年4月
 - 
現在
県立広島大学 生命環境学部生命科学科 教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
富山県立大学 工学部生物工学科 准教授
 
2006年4月
 - 
2010年3月
富山県立大学 工学部生物工学科 講師
 
2003年4月
 - 
2006年3月
富山県立大学 工学部生物工学研究センター 助手
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
現在
日本植物細胞分子生物学会  代議員
 
2015年7月
 - 
現在
広島バイオテクノロジー推進協議会  監事
 
2004年
 - 
現在
日本植物細胞分子生物学会  編集委員
 
 
 - 
現在
竹林景観ネットワーク(BaLaNET)  運営委員
 

論文

 
In vitro bioassay of allelopathy in four bamboo species; Bambusa multiplex, Phyllostachys bambusoides, P. nigra, Sasa kurilensis, using sandwich method and protoplast co-culture method with digital image analysis
Ogita S, Sasamoto H
American Journal of Plant Sciences   8(7) 1699-1710   2017年6月   [査読有り]
Nomura T, Ueno A, Ogita S, Kato Y
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(6) 1185-1193   2017年6月   [査読有り]
Plant cell, tissue and organ culture: the most flexible foundations for plant metabolic engineering applications.
Ogita S
Natural product communications   10(5) 815-820   2015年5月   [査読有り]
A stepwise protocol for induction and selection of prominent coniferous cell cultures for the production of β-thujaplicin.
Ogita S, Shichiken M, Ito C, Yamashita T, Nomura T, Kato Y
Natural product communications   10(5) 783-787   2015年5月   [査読有り]
The biosynthetic activities of primary and secondary metabolites in suspension cultures of Aquilaria microcarpa.
Ogita S, Lee JB, Kurosaki F, Kato Y
Natural product communications   10(5) 779-782   2015年5月   [査読有り]

Misc

 
Chen Qu, Takao Kishimoto, Shinjiro Ogita, Masahiro Hamada, Noriyuki Nakajima
16th International Symposium on Wood, Fiber and Pulping Chemistry - Proceedings, ISWFPC   1 13-17   2011年12月
A 6.2 m high immature hachiku bamboo (Phyllostachys nigra Munro var. Henonis) was divided into 7 fractions from bottom to top. Milled bamboo lignin was isolated from both mature bamboo and the basal fraction of the immature bamboo by traditional B...
Remi Nakagawa, Remi Nakagawa, Shinjiro Ogita, Ugai Watanabe, Takafumi Kubo, Ryo Funada
Propagation of Ornamental Plants   8 50-52   2008年3月
In order to investigate the ability of somatic embryo formation, morphological features of proembryogenic masses (PEMs) of Picea glehnii and Cryptomeria japonica, which differed in the ability of somatic embryo formation, were observed. PEMs of P....
荻田 信二郎
バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry   65(12) 590-595   2007年12月
荻田 信二郎
植物の生長調節   40(1) 106-107   2005年5月
荻田 信二郎, 山口 夕
Sago palm   11(1) 21-25   2003年12月
荻田 信二郎, 上藤 洋敬, 佐野 浩
植物の生長調節   38(1) 125-131   2003年5月
Hamako Sasamoto, Shinjiro Ogita
Progress in Biotechnology   18 279-288   2001年12月
Two different methods were used to examine the regulatory factors for cell division and subsequent plant regeneration in protoplast cultures of several Japanese conifers. One method involves the small-scale analysis of endogenous levels of plant h...
Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto
Progress in Biotechnology   18 289-296   2001年12月
Embryogenic tissues of Japanese larch (Larix kaempferi Lamb. = L leptolepis Gord) which were induced and maintained on the modified Campbell and Durzan (mCD) medium with 7 M of 2,4-dichlorophenoxyacetic acid (2,4-D), 3 uM of N 6-benzyladenine (BA)...
荻田 信二郎
林木の育種   (198) 19-24   2001年1月

書籍等出版物

 
田部井 豊 (担当:分担執筆, 範囲:第6章樹木 6-1コーヒー)
化学同人   2012年   ISBN:9784759814859
種子生理生化学研究会, 原田 久也 (担当:分担執筆, 範囲:5章5-2カフェイン生合成系の制御)
学会出版センター   2009年   ISBN:9784762230592
芦原 坦, 作田 正明 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅱ編1章1.1、2章2.4、2.6)
オーム社   2004年   ISBN:4274197298

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 加藤 康夫
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 黒崎 文也
植物研究助成 高収量バイオマス竹稈の非破壊探索・評価技術の開発
(財)新技術開発財団: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 荻田信二郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 荻田 信二郎
タケは単子葉イネ科植物の中で世界最大級、木質に劣らぬセルロース系バイオマスとして有望視されているが、稈に中空を有しており、この特性は材積を著しく低下させる、輸送コストを増大させるなど、タケバイオマスの効率的な活用を妨げる主要因となっている。本研究では、熱帯性タケ数種で知られている「中実=肉厚または中空が存在しない竹稈」の成立要因を解明すると共に、その人為的な制御を可能にする手法を開発し、バイオマス高収量タケ品種作出を達成することを目的としている。今年度の主な研究成果は次の通りである。①中実...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 加藤 康夫
申請者らのこれまでの研究によって、タケ培養細胞の増殖性ならびに代謝能は、培地に添加する糖類および植物ホルモンの種類や濃度によって大きく変動することが明らかになっている。本年度は、様々な培養条件下で培養したタケ培養細胞抽出物をHPLC等にて詳細に解析したところ、ハチクH4細胞を木化条件(BA10μM添加)下で懸濁培養したときに細胞内に多量に蓄積する主要未知代謝産物を見出した。本化合物を単離・精製し、各種分光学的手法による構造解析を行い、さらに化学合成標品との一致から、本未知化合物はferul...