林徹

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/19 15:45
 
アバター
研究者氏名
林徹
 
ハヤシ トオル
URL
http://www.kitasato-u.ac.jp/ahs/
所属
北里大学
部署
医療衛生学部 基礎医学部門 解剖・組織学
職名
講師

プロフィール

2002年東京農工大学農学部環境資源科学科卒。2007年広島大学大学院生物圏科学研究科修了。農学博士。
2007年-2015年 朝日大学歯学部口腔感染医療学講座歯科薬理学分野助教、2016年より現職。2011-2013年Laboratory of Cell and Developmental Biology, National Institute of Dental and Craniofacial Research, National Institutes of Health, Visiting Fellow。

専門分野:解剖・組織学、分子生物学、発生生物学、微生物学
現在の主要なテーマ:
*microRNAによる器官の形態形成制御機構の解明
*microRNAによる組織間コミュニケーションの機能解析
*器官の運命決定を担うNon-coding RNAの探索
*器官の運命決定を担うエピジェネティクス機構の解明

東京都羽村市出身。RNAの概念を覆すようなNon-coding RNAの働きに魅せられて研究中。マウス生体器官(唾液腺)を使うことで、培養細胞の実験系では見えてこないNon-coding RNAの振る舞いを明らかにしたい。好きな作家は保坂和志、中井久夫。

近況報告:
*競争的資金等の研究課題について更新しました。
*2017年3月30日、第122回日本解剖学会総会・学術集会にて、口頭発表をして参りました。
*2017年3月8日、第10回 北里大学医療衛生学部附属「再生医療・細胞デザイン研究施設シンポジウム」にて、講演させていただきました。
*2017年2月19日-24日、Galveston, TX にて開催されたGordon Research Conferenceの Salivary Glands & Exocrine Biology, Understanding Development, Function and Regeneration of Secretory Tissues: Novel Signaling Pathways and Approaches to Treat Exocrine Disorders でポスター発表をして参りました。
*2017年1月、発表論文が学術雑誌 Developmental Cell の Preview にて紹介されました。
*2016年12月、学術雑誌 Developmental Cell にてShort Article「Exosomal MicroRNA Transport from Salivary Mesenchyme Regulates Epithelial Progenitor Expansion during Organogenesis」がaccept されました。
*2016年11月30日-12月02日、自然科学研究機構(岡崎市)で開催された国際学会 The 4th International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen にて口頭発表をさせて頂きました。
*2016年 4月より北里大学 医療衛生学部 基礎医学部門 解剖・組織学研究室に異動しました。今後とも宜しくお願い致します。
*2015年9月11日−13日 (朱鷺メッセ、新潟)にて開催された第57回歯科基礎医学会学術大会にてポスター発表をして参りました。
*2015年2月15日−20日(Galveston, TX)にて開催されたGordon Research Conferenceの Salivary Glands & Exocrine Biology, Development, Homeostasis and Repair of Secretory Organs: Their Microenvironments and the Signals That Control Them でポスター発表をして参りました。
*2014年11月15日(九州歯科大学講堂、小倉)に第51回日本口腔組織培養学会学術大会・総会におきまして、口頭発表をさせて頂きました。オーガナイザーの先生方に厚く御礼申し上げます。
*2014年9月25-27日(福岡国際会議場、福岡)の第56回歯科基礎医学会学術大会・総会
サテライトシンポジウムである第28回唾液腺談話会「唾液腺構造・機能解析から診断へ」において、シンポジストとして口頭発表して参りました。オーガナイザーの先生方、ご質問頂いた先生方に御礼申し上げます。
*2014年9月11-13日(東北大学、仙台)の日本動物学会 第85回 仙台大会にて、口頭発表をして参りました。ご質問ありがとうございました。
*2014年8月4-5日(自然科学研究機構、岡崎市)の平成26 年度生理学研究所研究会「唾液腺形態形成研究会〜機能解析から器官再生へ〜」にて口頭発表をして参りました。
*2014年7月23-25日開催(ウインクあいち、名古屋)の16th RNA Meeting にてポスター発表をして参りました。
*2014年5月27−30日開催(ウインクあいち、名古屋)の47th Annual Meeting of Japanese Society of Developmental Biologists にてポスター発表をして参りました。
*2014年4月、歯科基礎医学会発行の雑誌「Journal of Oral Biosciences」にshort reviewの「Extracellular microRNAs in saliva」がaccept されました。
*2014年01月、岐阜歯科学会40周年大会(岐阜)にて発表して参りました(招待講演)。素敵な表彰状も賜り、とても励みになりました。今後も頑張りますのでどうか宜しくお願い致します。
*2013年12月、第36回日本分子生物学会年会(神戸)にて発表して参りました。今年最後の学会参加です。斬新な企画も含め、素晴らしい御講演をいくつも拝聴し極めて有意義な時間を過ごせました。
*2013年11月、日本口腔組織培養学会設立50周年記念学術大会にて、シンポジウム「細胞工学の進歩がもたらす Oral Bioscience の新たな展開」にて発表して参りました(招待講演)。栄えある節目の回にこのような機会を賜り、本当に有り難うございました。
*2013年10月、公益財団法人 住友財団様よりご支援(2013年度基礎科学研究助成)を賜ることが決まりました。ご期待に応えられるよう頑張ります。
*2013年9月 第55回歯科基礎医学会学術大会(岡山)におけますサテライトシンポジウム第27回唾液腺談話会にて口頭発表して参りました。
*2013年9月 RNAフロンティアミーティング(ラフォーレ修善寺)にて口頭発表しました。留学を終えて初の発表となります。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
北里大学 医療衛生学部 解剖・組織学 講師
 
2007年4月
 - 
2016年3月
朝日大学 歯学部口腔感染医療学講座歯科薬理学分野 助教
 
2011年5月
 - 
2013年5月
NIDCR/NIH LCDB Visiting Fellow (Matthew P. Hoffman Lab.)
 

受賞

 
2011年10月
第53回歯科基礎医学会 第23回歯科基礎医学会賞 薬理学部門
 
2011年2月
Salivary Glands and Exocrine Biology Gordon Research Conference 2011 Poster award
 

論文

 
Exosomal MicroRNA Transport from Salivary Mesenchyme Regulates Epithelial Progenitor Expansion during Organogenesis
Toru Hayashi, Isabelle M.A. Lombaert, Belinda R. Hauser, Vaishali N. Patel, and Matthew P. Hoffman
Developmental Cell   40 95-103   2017年1月   [査読有り]
Shh/Ptch and EGF/ErbB cooperatively regulate branching morphogenesis of fetal mouse submandibular glands
Kenji Mizukoshi, Noriko Koyama, Toru Hayashi, Liguang Zheng, Sachiko Matsuura, Masanori Kashimata
Developmental Biology   412 278-287   2016年4月   [査読有り]
Extracellular microRNAs in saliva
Toru Hayashi, Noriko Koyama, Kenji Mizukoshi, Yukio Azuma, Masanori Kashimata
Journal of Oral Biosciences   56 91-96   2014年7月   [査読有り]
Cloning and expression of a gene encoding novel thermostable thiocyanate-degrading enzyme from a mesophilic Alphaproteobacteria strain THI201
Adeeba Hussain, Takahiro Ogawa, Maki Saito, Toshiharu Sekine, Misuzu Nameki, Yasuhiko Matsushita, Toru Hayashi, and Yoko Katayama
Microbiology   159 2294-2302   2013年   [査読有り]
MicroRNA profiling methods applied to recent studies of fetal mouse submandibular gland development
Toru Hayashi, Noriko Koyama, Kenji Mizukoshi and Masanori Kashimata
Journal of Oral Biosciences   54 169-172   2012年   [査読有り]
Extracellular regulated kinase5 is expressed in fetal mouse submandibular glands and is phosphorylated in response to epidermal growth factor and other ligands of the ErbB family of receptors.
Noriko Koyama, Toru Hayashi, Kenji Mizukoshi, Tsuguteru Matsumoto, Edward Gresik, Masanori Kashimata
Development, Growth & Differentiation   54 801-808   2012年   [査読有り]
miR-200c regulates FGFR-dependent epithelial proliferation via Vldlr during submandibular gland branching morphogenesis
Ivan T. Rebustini, Toru Hayashi, Andrew D. Reynolds, Melvin L. Dillard, Ellen M. Carpenter and Matthew P. Hoffman
Development   139 191-202   2012年   [査読有り]
Mesenchymal miR-21 regulates branching morphogenesis in murine submandibular gland in vitro
Toru Hayashi, Noriko Koyama, Yukio Azuma, and Masanori Kashimata
Developmental Biology   352 299-307   2011年   [査読有り]
Regulation of Branching Morphogenesis in Fetal Mouse Submandibular Gland by Signaling Pathways Activated by Growth Factors and α6 Integrin
Noriko Koyama, Toru Hayashi, and Masanori Kashimata
Journal of Oral Biosciences   298-303   2011年   [査読有り]
Detection of EGF-dependent microRNAs of the fetal mouse submandibular gland at embryonic day 13
Toru Hayashi, Noriko Koyama, Edward W. Gresik, and Masanori Kashimata
The Journal of Medical Investigation   56 250-252   2009年   [査読有り]
Molecular diversity of the genes encoding ammonia monooxygenase and particulate methane monooxygenase from deep-sea sediments
Toru Hayashi, Ryo Kaneko, Manabu Tanahashi, and Takeshi Naganuma
Research journal of microbiology   2 530-537   2007年   [査読有り]
Distribution and phylogenetic characteristics of the genes encoding enzymes relevant to methane oxidation in oxygen minimum zones of the eastern Pacific Ocean
Toru Hayashi, Hajime Obata, Toshitaka Gamo, Yuji Sano, and Takeshi Naganuma
Research Journal of Environmental Sciences   1 275-284   2007年   [査読有り]
P2Y(11) Purinoceptor Mediates the ATP-Enhanced Chemotactic Response of Rat Neutrophils
Feras Alkayed, Masanori Kashimata, Noriko Koyama, Toru Hayashi, Yasuo Tamura, Yukio Azuma
Journal of Pharmacological Sciences   120 288-295   2012年   [査読有り]
Regulation of expression of sprouty isoforms by EGF, FGF7 or FGF10 in fetal mouse submandibular glands
Kenji Ohno, Noriko Koyama, Toru Hayashi, Yoshiaki Takai, Edward W Gresik, and Masanori Kashimata
Oral Science International   7 47-55   2010年   [査読有り]
The development of Fe-nodules surrounding biological material mediated by microorganisms
Hidekazu Yoshida, Koshi Yamamoto, Yuki Murakami, Nagayoshi Katsuta, Toru Hayashi, and Takeshi Naganuma
Environmental Geology   55 1363-1374   2008年   [査読有り]
Redox front formation in an uplifting sedimentary rock sequence: An analogue for redox-controlling processes in the geosphere around deep geological repositories for radioactive waste
Hidekazu Yoshida, Richard Metcalfe, Koushi Yamamoto, Yuki Murakami, Daiki Hoshii, Atsuko Kanekiyo, Takeshi Naganuma, and Toru Hayashi
Applied Geochemistry   23 2364-2381   2008年   [査読有り]
Signaling pathways activated by epidermal growth factor receptor or fibroblast growth factor receptor differentially regulate branching morphogenesis in fetal mouse submandibular glands
Noriko Koyama, Toru Hayashi, Kenji Ohno, Larry Siu, Edward W. Gresik, and Masanori Kashimata
Development, Growth and Differentiation   50 565-576   2008年   [査読有り]
Phylogenetic diversity and distribution of dissimilatory sulfite reductase genes from deep-sea sediment cores
Ryo Kaneko, Toru Hayashi, Manabu Tanahashi, and Takeshi Naganuma
Marine Biotechnology   9 429-436   2007年   [査読有り]
Molecular analysis of deep-sea hydrothermal vent aerobic methanotrophs by targeting genes of 16S rRNA and particulate methane monooxygenase
Hosam Easa Elsaid, Toru Hayashi, and Takeshi Naganuma
Marine Biotechnology   6 503-509   2005年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
胎仔マウス器官の組織間におけるマイクロRNA輸送
林徹
第122回日本解剖学会総会・学術集会(2017年3月28日〜 30 日 長崎大学 坂本キャンパス)   2017年3月30日   
臓器の組織間におけるRNAコミュニケーション
林徹
第10回 北里大学医療衛生学部附属「再生医療・細胞デザイン研究施設シンポジウム」   2017年3月8日   
Dynamics of 5-methylcytosine and 5-hydroxymethylcytosine in Fetal Submandibular Gland Development
Toru Hayashi
Gordon Research Conferenceの Salivary Glands & Exocrine Biology, Understanding Development, Function and Regeneration of Secretory Tissues: Novel Signaling Pathways and Approaches to Treat Exocrine Disorders   2017年2月19日   
Dynamics of 5-methylcytosine and 5-hydroxymethylcytosine in fetal submandibular gland development
Toru Hayashi
The 4th International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen   2016年11月30日   
RNA interactions between tissues in fetal mouse salivary glands [招待有り]
林 徹
第58回歯科基礎医学会学術大会 The 30th Salivary Research Colloquium "Salivary glands: an unique and valuable experimental system"   2016年8月24日   

競争的資金等の研究課題

 
発生初期の唾液腺上皮を未分化状態に維持する間葉からのマイクロRNAシグナル
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 林徹
乳腺を唾液腺たらしめる組織間マイクロRNAシグナル
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 林徹
公益財団法人 住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2013年11月 - 2014年    代表者: 林徹
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 柏俣 正典
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 林徹