松浦 健二

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/14 11:07
 
アバター
研究者氏名
松浦 健二
 
マツウラ ケンジ
ハンドル
project_matsuura
eメール
kenjijpnkais.kyoto-u.ac.jp
URL
http://www.insecteco.kais.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
大学院農学研究科 昆虫生態学研究室
職名
教授
学位
博士(農学)(京都大学)
科研費研究者番号
40379821
ORCID ID
0000-0002-9099-6694

プロフィール

岡山県岡山市出身. 1998年京都大学農学部農林生物学科卒業. 2002年京都大学大学院農学研究科博士課程在学期間短縮特例修了. 博士(農学). 2002年よりハーバード大学進化生物学分野(OEB)博士研究員. 岡山大学大学院自然科学研究科助手. 岡山大学大学院環境学研究科助教, 准教授を経て, 2012年より京都大学大学院農学研究科教授. 2011年日本学術振興会賞, 日本学士院学術奨励賞受賞.

Proceedings of the Royal Society B 編集委員, Population Ecology 編集委員, Journal of Ethology 副編集長, Insectes sociaux 編集委員.

主な著書は『シロアリ―女王様、その手がありましたか!』(単著, 岩波書店), 『社会性昆虫の進化生物学』(分担執筆, 海游舎), 『シリーズ現代の生態学 行動生態学』(分担執筆, 共立出版), 『シロアリの事典』(分担執筆, 海青社), 『Biology of Termites: A Modern Synthesis』(分担執筆, Springer)など.

趣味は山遊び, 川遊び, 海遊び, 巨大瓢箪栽培, 木工, 篆刻. モンブランのNo.149とモレスキンのプレーンラージノートを愛用.

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
京都大学大学院農学研究科 応用生物科学専攻 専攻長
 
2012年4月
 - 
現在
京都大学大学院農学研究科 教授
 
2008年4月
 - 
2012年3月
岡山大学大学院環境学研究科 准教授
 
2010年11月
 - 
2010年11月
京都大学大学院理学研究科 非常勤講師(兼任)
 
2007年4月
 - 
2008年3月
岡山大学大学院環境学研究科 助教
 
2007年10月
 - 
2007年10月
北海道大学大学院農学院 非常勤講師(兼任)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
岡山大学大学院環境学研究科 助手
 
2004年4月
 - 
2005年3月
岡山大学大学院自然科学研究科 助手
 
2002年9月
 - 
2004年8月
ハーバード大学進化生物学分野(OEB)  博士研究員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
京都大学大学院農学研究科    日本学術振興会特別研究員PD   
 
2000年4月
 - 
2002年3月
京都大学大学院農学研究科 日本学術振興会特別研究員DC1
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2002年3月
京都大学 大学院農学研究科 応用生物科学専攻博士後期課程
 
1998年4月
 - 
2000年3月
京都大学 農学研究科 応用生物科学専攻修士課程
 
1994年4月
 - 
1998年3月
京都大学 農学部 農林生物学科
 

委員歴

 
2013年1月
 - 
現在
Proceeding of the Royal Society B 編集委員
 
 
 - 
現在
個体群生態学会 運営委員
 
 
 - 
現在
国際社会性昆虫学会 Insectes Sociaux編集員
 
 
 - 
現在
日本生態学会 大会企画委員
 
 
 - 
現在
日本動物行動学会運営委員
 
 
 - 
現在
日本応用動物昆虫学会誌 編集委員
 
 
 - 
現在
日本動物行動学会 英文誌副編集長
 
 
 - 
現在
個体群生態学会 英文誌編集委員
 
 
 - 
2012年
日本応用動物昆虫学会 評議委員
 

受賞

 
2011年9月
日本動物行動学会賞
 
2011年3月
日本学術振興会賞
 
2011年3月
日本学士院学術奨励賞
 
2009年5月
村川技術奨励賞
 
2008年4月
文部科学大臣表彰若手科学者賞
 
2008年3月
第8回日本応用動物昆虫学会奨励賞
 
2007年12月
岡山大学若手トップリサーチャー奨励賞
 
2007年11月
農林水産若手研究者表彰
 
2007年10月
第3回個体群生態学会奨励賞
 
2007年9月
Microsoft Innovation Award 2007 バイオ・アグリ部門賞
 
2005年11月
第4回日本農学進歩賞
 
2004年8月
第8回日本生態学会宮地賞
 
2003年2月
井上科学財団 井上研究奨励賞 
 

論文

 
Male same-sex pairing as an adaptive strategy for future reproduction in termites
Mizumoto N, Yashiro T, Matsuura K
Animal Behaviour   119 179-187   2016年8月   [査読有り]
Caste-specific and sex-specific expression of chemoreceptor genes in a termite
Yuki Mitaka, Kazuya Kobayashi, Alexander Mikheyev, Mandy M. Y. Tin, Yutaka Watanabe, Kenji Matsuura
PLoS ONE   11(1) e0146125   2016年1月   [査読有り]
Historical biogeography of Reticulitermes termites (Isoptera: Rhinotermitidae) inferred from analyses of mitochondrial and nuclear loci.
Dedeine F, Dupont S, Guyot S, Matsuura K, Wang C, Habibpour B, Bagnères A-G, Mantovani B, Luchetti A
Molecular phylogenetics and evolution   94 778-790   2016年1月   [査読有り]
Comparative genomics of early-diverging mushroom-forming fungi provides insights into the origins of lignocellulose decay capabilities
László G Nagy, Robert Riley, Andrew Tritt, Catherine Adam, Chris Daum, Dimitrios Floudas, Hui Sun, Jagjit S Yadav, Jasmyn Pangilinan, Karl-Henrik Larsson, Kenji Matsuura, Kerrie Barry, Kurt Labutti, Rita Kuo, Robin A Ohm, Sukanta S Bhattacharya, Takashi Shirouzu, Yuko Yoshinaga, Francis M Martin, Igor V Grigoriev, David S Hibbett
Molecular biology and evolution   msv337    2015年12月   [査読有り]
Emergence of intercolonial variation in termite shelter tube patterns and prediction of its underlying mechanism
Mizumoto N., Kobayashi K. Matsuura K.
Royal Society Open Science   2 150360   2015年11月   [査読有り]
The contribution of seed dispersers to tree species diversity in tropical rainforests
Satoshi Kakishima, Satoru Morita, Katsuhiko Yoshida, Atsushi Ishida, Saki Hayashi, Takahiro Asami, Hiromu Ito, Donald G Miller, Takashi Uehara, Shigeta Mori, Eisuke Hasegawa, Kenji Matsuura, Eiiti Kasuya, Jin Yoshimura
Royal Society open science   2(10) 150330   2015年10月   [査読有り]
Termite queens have disproportionately more DNA in their fat body cells: reproductive division of labor and endoreduplication
Nozaki, Tomonari and Matsuura, Kenji
Entomological Science   19(1) 67-71   2015年10月   [査読有り]
Suehiro W. and Matsuura K.
Insectes Sociaux   62(2) 193-198   2015年3月   [査読有り]
Antifungal activity of a termite queen pheromone against egg-mimicking termite ball fungi
Matsuura, Kenji and Matsunaga, Takeshi
Ecological Research   30(1) 93-100   2015年1月   [査読有り]
Yashiro T. and Matsuura K.
Proceedings of the National Academy of Sciences USA   111(48) 17212-17217   2014年12月   [査読有り]
Asanuma H, Kakishima S, Ito H, Kobayashi K, Hasegawa E, Asami T, Matsuura K, Roff D.A, Yoshimura J
Scientific Reports   4    2014年   [査読有り]
Kobayashi K, Hasegawa E, Yamamoto Y, Kawatsu K, Vargo E.L, Yoshimura J, Matsuura K
Nature communications   4    2013年   [査読有り]
Mizumoto N, Matsuura K
Insectes Sociaux   60(4) 525-530   2013年   [査読有り]
Vargo E.L, Labadie P.E, Matsuura K
Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   279(1729) 813-819   2012年   [査読有り]
Yamamoto Y, Kobayashi T, Matsuura K
Physiological Entomology   37(2) 192-195   2012年   [査読有り]
Matsuura K
Journal of Chemical Ecology   38(6) 746-754   2012年   [査読有り]
Yamamoto Y, Matsuura K
Behavioral Ecology and Sociobiology   66(1) 39-46   2012年   [査読有り]
Fuchikawa T, Matsubara K, Miyatake T, Matsuura K
Physiological Entomology   37(3) 303-308   2012年   [査読有り]
Kenji MATSUURA
KAGAKU TO SEIBUTSU   49(6) 370-372   2011年   [査読有り]
Kenji MATSUURA, 2011, 'シロアリの女王フェロモン', KAGAKU TO SEIBUTSU, vol. 49, no. 6, pp. 370-372
Matsuura K, Yamamoto Y
Insectes Sociaux   58(4) 513-518   2011年   [査読有り]
Matsuura K
Biology of Termites: A Modern Synthesis   255-277   2011年   [査読有り][招待有り]
Himuro C, Yokoi T, Matsuura K
Journal of Insect Physiology   57(7) 962-965   2011年   [査読有り]
Yamamoto Y, Matsuura K
Biology Letters   7(5) 727-729   2011年   [査読有り]
Matsuura K, Himuro C, Yokoi T, Yamamoto Y, Vargo E.L, Keller L
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(29) 12963-12968   2010年   [査読有り]
Kenji Matsuura
Biology of Termites: a Modern Synthesis   255-277   2010年   [査読有り]
Kenji Matsuura, 2010, 'Sexual and Asexual Reproduction in Termites', Biology of Termites: a Modern Synthesis, pp. 255-277
Matsuura K, Kobayashi N
Behavioral Ecology   21(5) 1018-1023   2010年   [査読有り]
Matsuura K, Yashiro T.A
Biological Journal of the Linnean Society   100(3) 531-537   2010年   [査読有り]
Matsuura K, Vargo E.L, Kawatsu K, Labadie P.E, Nakano H, Yashiro T, Tsuji K
Science   323(5922)    2009年   [査読有り]
Matsuura K, Yashiro T, Shimizu K, Tatsumi S, Tamura T
Current Biology   19(1) 30-36   2009年   [査読有り]
Husseneder C, Powell J.E, Grace J.K, Vargo E.L, Matsuura K
Environmental Entomology   37(2) 400-408   2008年   [査読有り]
T. Yashiro; K. Matsuura
Annals of the Entomological Society of America   100(4) 532-538   2007年7月   [査読有り]
T. Yashiro; K. Matsuura; C. Tanaka
Insectes Sociaux   58(1) 57-64   2011年2月   [査読有り]
Matsuura K, Tamura T, Kobayashi N, Yashiro T, Tatsumi S
PLoS ONE   2(8)    2007年   [査読有り]
Matsuura K, Kobayashi N, Yashiro T
Population Ecology   49(2) 179-183   2007年   [査読有り]
Brandon Matheny P, Wang Z, Binder M, Curtis J.M, Lim Y.W, Henrik Nilsson R, Hughes K.W, Hofstetter V, Ammirati J.F, Schoch C.L, Langer E, Langer G, McLaughlin D.J, Wilson A.W, Frøslev T, Ge Z.-W, Kerrigan R.W, Slot J.C, Yang Z.-L, Baroni T.J, Fischer M, Hosaka K, Matsuura K, Seidl M.T, Vauras J, Hibbett D.S
Molecular Phylogenetics and Evolution   43(2) 430-451   2007年   [査読有り]
Matsuura K
Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   273(1591) 1203-1209   2006年   [査読有り]
James T.Y, Kauff F, Schoch C.L, Matheny P.B, Hofstetter V, Cox C.J, Celio G, Gueidan C, Fraker E, Miadlikowska J, Lumbsch H.T, Rauhut A, Reeb V, Arnold A.E, Amtoft A, Stajich J.E, Hosaka K, Sung G.-H, Johnson D, O'Rourke B, Crockett M, Binder M, Curtis J.M, Slot J.C, Wang Z, Wilson A.W, Schüßler A, Longcore J.E, O'Donnell K, Mozley-Standridge S, Porter D, Letcher P.M, Powell M.J, Taylor J.W, White M.M, Griffith G.W, Davies D.R, Humber R.A, Morton J.B, Sugiyama J, Rossman A.Y, Rogers J.D, Pfister D.H, Hewitt D, Hansen K, Hambleton S, Shoemaker R.A, Kohlmeyer J, Volkmann-Kohlmeyer B, Spotts R.A, Serdani M, Crous P.W, Hughes K.W, Matsuura K, Langer E, Langer G, Untereiner W.A, Lücking R, Büdel B, Geiser D.M, Aptroot A, Diederich P, Schmitt I, Schultz M, Yahr R, Hibbett D.S, Lutzoni F, McLaughlin D.J, Spatafora J.W, Vilgalys R
Nature   443(7113) 818-822   2006年   [査読有り]
Matsuura K
Annals of the Entomological Society of America   99(3) 625-628   2006年   [査読有り]
Matsuura K
Evolutionary Ecology   20(6) 565-574   2006年   [査読有り]
Matsuura K
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   48(12) 1702-1710   2003年   [査読有り]
Matsuura K, Kuno E, Nishida T
Journal of Theoretical Biology   214(1) 63-70   2002年   [査読有り]
Matsuura K, Fujimoto M, Goka K, Nishida T
Animal Behaviour   64(2) 167-173   2002年   [査読有り]
Matsuura K
Behavioral Ecology and Sociobiology   51(2) 172-179   2002年   [査読有り]

書籍等出版物

 
昆虫生態学
藤崎憲治 ・大串隆之 ・宮竹貴久 ・松浦健二 ・松村正哉 (担当:共著)
朝倉書店   2014年3月   
シリーズ現代の生態学5 行動生態学
日本生態学会 編
共立出版   2012年6月   
シロアリの事典
吉村剛・板倉修司・岩田隆太郎・大村和香子・杉尾幸司・竹松葉子・徳田岳・松浦健二・三浦徹 編
海青社   2012年12月   ISBN:4860992601
シロアリ-女王様、その手がありましたか
松浦健二
岩波書店   2013年2月   
Biology of termites: A modern synthesis
Kenji Matsuura (担当:共著, 範囲:Sexual and asexual reproduction in termites)
Springer   2011年12月   

講演・口頭発表等

 
Sex and asex in termite societies.
Toshihisa Yashiro and Kenji Matsuura
XXV International Congress of Entomology   2016年9月29日   
Dummy-egg carrying provides an effective pesticide delivery system for termite control. [招待有り]
松浦 健二
XXV International Congress of Entomology   2016年9月28日   
Efficient antioxidative defense system contributing to longevity in the subterranean termite Reticulitermes speratus.
Eisuke Tasaki, Kazuya Kobayashi, Kenji Matsuura, and Yoshihito Iuchi
XXV International Congress of Entomology   2016年9月26日   
Double amount DNA in queen fat body cells: Reproductive division of labor and endoreduplication in termites.
Tomonari Nozaki and Kenji Matsuura
XXV International Congress of Entomology   2016年9月26日   
Intraspecific variation of termite shelter-tube structures: Building mechanism and its organization in their society.
Nobuaki Mizumoto, Kazuya Kobayashi, and Kenji Matsuura
XXV International Congress of Entomology   2016年9月26日   
Caste-specific and sex-specific expression of chemoreceptor genes in a termite.
Yuki Mitaka, Kazuya Kobayashi, Alexander Mikheyev, Mandy Tin, Yutaka Watanabe, and Kenji Matsuura
XXV International Congress of Entomology   2016年9月26日   
Uncovering the evolution of asexual queen succession system and its underlying mechanisms in termites.  [招待有り]
松浦 健二
XXV International Congress of Entomology   2016年9月25日   
虫たちの社会:シロアリ王国の冒険
松浦 健二
昆虫アカデミア(京都大学博物館昆虫企画展特別講演会シリーズ)   2016年7月23日   
長寿命昆虫ヤマトシロアリの代謝制御能力
田崎英祐 ・末広亘・松浦健二 ・井内良仁
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月27日   
ヤマトシロアリの単為生殖による女王継承における普遍性.
藤田忠英, 矢代敏久, 松浦健二
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月27日   
真社会性昆虫ヤマトシロアリ生殖虫の長寿命を支える生体分子恒常性機能.
田崎英祐 ・田中友貴 ・三岳千夏 ・小林和也 ・末広亘 ・松浦健二 ・井内良仁
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月27日   
琉球列島固有の乾材シロアリ(レイビシロアリ科)の発見.
矢代敏久, 宮国泰史, 松浦健二(京大院・農・昆虫生態), 竹松葉子 (山口大・農)
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月27日   
Linking personal immunity and colony foundation success of monogamous pairs in termites.
Takashima R, Matsuura K
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月27日   
Caste- and sexspecific expression of chemoreceptor genes in a termite.
Mitaka Y, Kobayashi K, Mikheyev A, Tin MMY, Watanabe Y, Matsuura K
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月27日   
せめぎ合うシロアリ: 繁殖システムの進化から読み解く社会性昆虫のジレンマ [招待有り]
松浦 健二
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月27日   
Preadaptive linkage of parthenogenesis and AQS in termite.
Nozaki T, Yashiro T, Matsuura K
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月26日   
Male pairs of termite cooperate for survival and future reproduction.
Mizumoto N, Yashiro T, Matsuura K
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会   2016年3月26日   
Genetics of social systems, social evolution and pheromone communication in termites. [招待有り]
松浦 健二
Journal of Experimental Biology Symposium 2016: Evolution of Social Behaviour   2016年3月22日   
Evolutionary linkage between reproductive division of labor and endoreduplication in termite.
Nozaki T, Matuura K
第63回日本生態学会大会   2016年3月20日   
Caste-specific and sexspecific expression of chemoreceptor genes in a termite.
Mitaka Y, Kobayashi K (Kyoto Univ.), Mikheyev A, Tin MYM, Watanabe Y (OIST), Matsuura K
第63回日本生態学会大会(仙台)   2016年3月20日   
Personal immunity and collective immunity of monogamous pairs in termite colony foundation: low-resistance individuals drag down high-resistance partners.
Takashima R, Matsuura K
第63回日本生態学会大会(仙台)   2016年3月20日   
シロアリの腸内原生動物群集にみられる性差
稲垣辰哉,松浦健二
第63回日本生態学会大会(仙台)   2016年3月20日   
シロアリの社会構造の進化と化学コミュニケーション [招待有り]
松浦 健二
京都大学地球環境フォーラム   2016年2月6日   
シロアリにおける繁殖の中央制御型システムと労働の自己組織化システム [招待有り]
松浦 健二
社会的知能発生学研究会   2015年12月19日   
不死身の女王:シロアリの繁殖システムの進化とその制御メカニズム [招待有り]
松浦 健二
BMB2015(日本分子生物学会・日本生化学会合同大会)   2015年12月3日   
オオハリアリの侵略機構:Bomb C14 でみる肉食アリの食性変化
末広亘(京大院・農・昆虫生態)・兵藤不二夫(岡山大・異分野コア)・辻和希(琉球大・農・
日本動物行動学会   2015年11月20日   
進撃のオオシロアリ:捕食者としてのシロアリ
吉岡尚人, 松浦 健二
日本動物行動学会   2015年11月20日   
Evolution of reproductive systems and pheromone communication in termites. [招待有り]
MATSUURA Kenji
22nd East Asia Joint Symposium on Biomedical Research   2015年11月14日   
Evolution of reproductive systems and pheromonal communication in Reticulitermes termites. [招待有り]
松浦 健二
The 5th NIE Forum: International Symposium on Ecological Research in Consilience   2015年11月9日   
Top-Down Control of Reproduction and Self-Organization of Labor in Termites. [招待有り]
MATSUURA Kenji
SWARM 2015: The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics   2015年10月28日   
Termite constructs colony specific structures in shelter tube construction
Mizumoto N., Kobayashi K. Matsuura K.
SWARM 2015: The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics   2015年10月28日   
Allee effect in termite colony foundation: alate density and flight timing affect pairing success.
Kusaka A., Matsuura K.
第31回個体群生態学会大会   2015年10月10日   
Personal immunity and monogamous colony foundation in a termite: low-resistance individuals drag down high-resistance partners.
Takashima R., Matsuura K
第31回個体群生態学会大会   2015年10月10日   
Evolution of reproductive systems and pheromone communication in Reticulitermes termites. [招待有り]
松浦 健二
8th Asia-Pacific Chemical Ecology Conference, 26th September 2015, California, USA.   2015年9月26日   
昆虫の社会を科学する ~シロアリたちの不思議の国~ [招待有り]
松浦 健二
高大接続事業SSH膳所高校講義   2015年9月11日   
Evolution of termite reproductive systems. [招待有り]
松浦 健二
Japan-Asia Youth Exchange Program in Science, Kyoto University.   2015年7月6日   
シロアリの社会構造の進化とフェロモンの多面的機能 [招待有り]
松浦 健二
第10回化学生態学研究会   2015年6月12日   
Evolution of termite reproductive systems [招待有り]
松浦 健二
日本・アジア青少年サイエンス交流計画(さくらサイエンスプラン)   2015年5月18日   
シロアリの女王の脂肪体における核DNA量の倍化と繁殖分業
野崎友成・松浦健二
第59回日本応用動物昆虫学会   2015年3月28日   
環境不均質性とシロアリの営巣戦略:ヘテロな環境をどう利用するか?
田中諒・松浦健二
第59回日本応用動物昆虫学会   2015年3月28日   
アルゼンチンアリにおける敵対性の相手系統依存性と適応度への影響
大河内怜奈・末廣亘・松浦健二
第59回日本応用動物昆虫学会   2015年3月28日   
シロアリの女王認識に関わる接触化学物質同定のためのバイオアッセイ法
三高雄希・森直樹・松浦健二
第59回日本応用動物昆虫学会   2015年3月28日   
シロヘリクチブトカメムシ幼虫の空間分布様式は齢によって異なるか?
兵働大輔・松浦健二・藤崎憲治
第59回日本応用動物昆虫学会   2015年3月28日   
シロアリ下目における隠蔽種の発見:日本・台湾産コウシュンシロアリ属の分類学的再検討
矢代敏久・宮国泰史・竹松葉子・松浦健二
第59回日本応用動物昆虫学会   2015年3月28日   
シロアリのコロニー経営学:羽アリ生産と蟻道建設のトレードオフ
水元惟暁・松浦健二
第62回日本生態学会大会   2015年3月21日   
Reproductive division of labor and endoreduplication in a termite
Tomonari Nozaki, Kenji Matsuura
第62回日本生態学会大会   2015年3月21日   
The parthenogenetic egg production in laboratory colonies of Neotermes koshunensis
Yasushi Miyaguni, Kazuya Kobayashi, Kenji Matsuura
第62回日本生態学会大会   2015年3月21日   
オオハリアリの侵略機構:融合コロニー制の有無を検証する
末廣亘・辻和希・松浦健二
第33回日本動物行動学会大会   2014年11月1日   
ヤマトシロアリの新旧女王の交代は、いつ・どのように行われるのか?
南波佑介・矢代敏久・松浦健二
第33回日本動物行動学会大会   2014年11月1日   
シロアリ社会における構築物形成の自己組織化
水元惟暁・岩田知歩・小林和也・松浦健二
第33回日本動物行動学会大会   2014年11月1日   
シロアリ女王の秘策:卵門を閉じて王と同居しながら単為生殖
矢代敏久・松浦健二
第30回個体群生態学会大会   2014年10月12日   
Multifaceted roles of a termite queen pheromone [招待有り]
Kenji Matsuura
International Union for the Study of Social Insects (IUSSI2014)   2014年7月14日   
The specialist predator protects termite colonies from generalist predators
Wataru Suehiro, Kenji Matsuura
International Union for the Study of Social Insects (IUSSI2014)   2014年7月14日   
Emergence of colony-specific architecture in termite shelter-tube construction
Nobuaki Mizumoto, Kazuya Kobayashi, Kenji Matsuura
International Union for the Study of Social Insects (IUSSI2014)   2014年7月14日   
The Achilles heel of decision making system in termites
Chiho Iwata, Kazuya Kobayashi, Kenji Matsuura
International Union for the Study of Social Insects (IUSSI2014)   2014年7月14日   
Queens close sperm-gates of eggs for asexual reproduction in termites
Toshihisa Yashiro, Kenji Matsuura
International Union for the Study of Social Insects (IUSSI2014)   2014年7月14日   
Asexual queen succession system in termites: evolution and mechanism [招待有り]
Kenji Matsuura
Genetics Society of Australia, Annual Conference   2014年7月8日   
シロアリ社会における繁殖制御と女王フェロモンの多面的機能 [招待有り]
松浦健二
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月30日   
シロアリの卵運搬行動を利用した擬似卵型駆除剤の実用化開発
松浦 健二・小林 和也・日室 千尋・釜口 良誠・田川 大輔・橋本 拓・野口 裕志・安芸誠悦・前西 馨
第58回日本応用動物昆虫学会   2014年3月27日   
侵略的外来種オオハリアリにおける天敵解放仮説の検証
末廣亘・辻和希・松浦健二
第58回日本応用動物昆虫学会   2014年3月27日   
シロアリの胚発生からみた単為生殖できる種とできない種の分かれ目
野崎友成・矢代敏久・松浦健二
第58回日本応用動物昆虫学会   2014年3月27日   
女王の不在がシロアリの腸内原生動物群集に与える影響
竹内啓一・松浦健二
第58回日本応用動物昆虫学会   2014年3月27日   
王と同居しながら単為生殖するシロアリ女王の戦術
矢代敏久・松浦健二
第58回日本応用動物昆虫学会   2014年3月27日   
Theory of genomic imprinting for the evolution of termite reproductive systems 
Kenji Matsuura
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
The existence of an aggressive predator increases the survival rate of termite colony
Wataru Suehiro, Kenji Matsuura
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
Why can the Asian needle ant Pachycondyla chinensis be a successful invader in USA? 
Hiroki Konishi, Wataru Suehiro, Kazuki Tsuji, Kenji Matsuura
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
Colony-specificity of shelter-tube construction in termites
Nobuaki Mizumoto, Kenji Matsuura
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
Advantage and disadvantage of the decision makink algorithm of egg piling behavior in termites
Chiho Iwata, Kazuya Kobayashi, Kenji Matsuura
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
子守はつらいよ:母ハサミムシの卵保護コストと卵食の関係 
松下奈生子・松浦健二
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
Sex ratio bias in termites provide evidence for kin selection
Kazuya Kobayashi, eisuke Hasegawa, yuuka Yamamoto, Kazutaka Kawatsu, Edward L Vargo, jin Yoshimura, Kenji Matsuura
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
持たざる者もここまでできる! シロアリの単為生殖の起源
野崎友成・矢代敏久・松浦健二
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
Termite queens reject egg fertilization to produce asexual replacements
Toshihisa Yashiro, Kenji Matsuura
第61回日本生態学会大会   2014年3月18日   
Evolution of asexual queen succession in Reticulitermes termites [招待有り]
Kenji Matsuura
Pacific Rim Termite Research Group, Pacific Rim Termite Research Group   2014年2月26日   
シロアリ社会における繁殖の組織化と労働の自己組織化 [招待有り]
松浦 健二
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   2013年12月18日   計測自動制御学会
シロアリの卵塊形成アルゴリズムから見た集団意思決定の強みと弱み
岩田知歩・小林和也・松浦健二
生態学会近畿地区会   2013年12月14日   
シロアリの蟻道建設に見られるコロニー特異性
水元惟暁・松浦健二
生態学会近畿地区会   2013年12月14日   
負けて勝つ利己的遺伝子:シロアリの女王継承を巡るゲノム刷り込み
松浦健二・小林和也
第32回日本動物行動学会大会   2013年11月30日   
オオハリアリに捕食されるシロアリにも利益はあるのか?
末廣亘・松浦健二
第32回日本動物行動学会大会   2013年11月30日   
シロアリの三角関係:王のパートナーの座を巡る妹と他人の攻防
南波佑介・松浦健二
第32回日本動物行動学会大会   2013年11月30日   
マザコンのシロアリ:母なき悲しさで腹を下す子供たち
竹内啓一・松浦健二
第32回日本動物行動学会大会   2013年11月30日   
千人寄ればシロアリの知恵:卵塊形成アルゴリズムの解明
岩田知歩・小林和也・松浦健二
第32回日本動物行動学会大会   2013年11月30日   
シロアリの個性から自己組織化を斬る:蟻道建設にみられるコロニー特異性
水元惟暁・松浦健二
第32回日本動物行動学会大会   2013年11月30日   
閉ざされた卵:シロアリ女王が王の知らぬ間に単為生殖する方法
矢代敏久・松浦健二
第32回日本動物行動学会大会   2013年11月30日   
オオハリアリの侵略機構:オオハリアリの特殊な捕食戦略
末廣亘・辻和希・松浦健二
第57回日本応用動物昆虫学会大会   2013年3月29日   
蟻道形成におけるシロアリの個性
水元惟暁・松浦健二
第57回日本応用動物昆虫学会大会   2013年3月29日   
シロアリの女王が有性生殖卵と単為生殖卵を産み分ける仕組み
松浦健二・矢代敏久
第57回日本応用動物昆虫学会大会   2013年3月29日   
社会性昆虫の繁殖システムの進化 [招待有り]
松浦健二
第60回日本生態学会大会シンポジウム   2013年3月7日   
イラガ科2種の繭生態
古川真莉子・西田隆義・松山和世・日高直哉・中西康介・松浦健二
第60回日本生態学会大会   2013年3月6日   
オオハリアリの侵略機構:天敵解放仮説の検証
末廣亘・辻和希・松浦健二
第31回日本動物行動学会大会   2012年11月23日   
女王たちの椅子取りゲーム〜ヤマトシロアリの女王はいつ誰に入れ替わるのか〜
山本結花・松浦健二
第31回日本動物行動学会大会   2012年11月23日   
Evolution of reproductive systems and pheromonal regulation in termites. [招待有り]
Kenji Matsuura
Entomology 2012, ESA 60th Annual Meeting   2012年11月11日   
シロアリの女王は卵門数を調節して有性生殖と単為生殖を使い分ける
松浦健二
第28回個体群生態学会   2012年10月20日   
シロアリ研究における基礎と応用のフィードバック [招待有り]
松浦健二
日本昆虫学会   2012年9月16日   
イラガ科2種の同所的分布が鳥の補食圧におよぼす影響
古川真莉子・西田隆義・松浦健二
日本昆虫学会   2012年9月16日   
Queen pheromone regulates egg production in a termite
Yuuka Yamamoto, Kenji Matsuura
24th International Congress of Entomology   2012年8月20日   
ヤマトシロアリにおけるコロニー内の産卵量調節機構
山本結花・松浦健二
日本生態学会近畿地区会   2012年6月9日   
シロアリの女王フェロモン物質の糸状菌に対する抗菌活性
松永武・松浦健二
日本応用動物昆虫学会   2012年3月27日   
ヤマトシロアリにおいて卵の不揮発性物質が二次女王分化に与える影響
内藤龍太・松浦健二
日本応用動物昆虫学会   2012年3月27日   
シロアリ類3種における女王フェロモンの同定、比較
日室千尋・横井智之・松浦健二
日本応用動物昆虫学会   2012年3月27日   
シロアリの繁殖分化制御機構を探る:女王決定に関わる遺伝的要因とフェロモン [招待有り]
松浦健二
日本農芸化学会   2012年3月25日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
シロアリの卵運搬本能を利用した駆除技術の開発
新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業
研究期間: 2004年 - 2008年
世界で最も重要な木材害虫であるシロアリの生活は、その高度に発達した社会性によって成立している。社会性昆虫であるシロアリを最も効率的に駆除する方法は、その社会性を利用することである。本研究は、シロアリの根本的かつ普遍的な社会行動である卵保護行動を利用した世界初の画期的駆除技術の実現を目的とする。本技術の特性は、きわめて効果的にコロニーの中枢を破壊できる点にある。擬似卵を卵として認識したワーカーは、速やかに生殖中枢へと運搬し、保護行動をとることが分かっている。擬似卵に殺虫活性物質を含ませてシロ...
遺伝的には不死身の女王:シロアリの単為生殖による後継女王の生産
研究期間: 2006年   
これまで考えられてきたシロアリの繁殖様式の常識を根底から覆す事実を報告する。野外の成熟コロニーの遺伝解析により、ヤマトシロアリの創設女王が、補充女王(巣内で創設女王の生殖を引き継ぐ)をほぼすべて単為生殖で生産していることを発見した。これまで補充女王は創設女王と創設王の娘だと考えられており、女王の死後は近親交配によって生殖が引き継がれると考えられてきた。しかし、近親交配は個体レベルおよびコロニーレベルでの遺伝的多様性を低下させるため、大きなコストを伴う。本研究によって、補充女王は創設女王が単...
シロアリのカースト分化制御メカニズムの解明
科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2012年
シロアリと卵擬態菌核菌ターマイトボールの相互作用
科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2012年

特許

 
特開WO2011059054 : シロアリの卵の揮発性コーリングフェロモンおよび女王フェロモンを利用した駆除技術
松浦健二, 日室千尋, 横井智之