researchmap
 

事業について

researchmapは国内の大学・公的研究機関等に関する研究機関情報、研究者情報等を
網羅的に収集・提供しています。
researchmapは日本の研究者総覧として国内最大級の研究者情報のデータベースです。


researchmapサービスの提供および運用は科学技術振興機構(JST)が事業として行っています。
本事業において提供するサービスに関する研究開発は情報・システム研究機構(ROIS)
具体的にはROISの大学共同利用機関である国立情報学研究所(NII)がJSTの委託を受け行います。

また、ROISおよびNIIはJSTからの委託とは別に、情報流通・情報推薦・セマンティックウェブ等の最先端の研究を独自に行い、その成果を本サービスにフィードバックする予定です。


researchmapは、研究分野や所属機関あるいは研究キーワードで研究者を検索し、研究者のプロフィールや業績など様々な情報を閲覧できます。

また、簡単な登録で自身の研究者サイトを作成でき、研究者コミュニティや資料配布用キャビネット、研究者ブログなど様々な便利なツールで研究活動を支援します。


◇研究者情報の登録・更新はresearchmapで行い、その情報はresearchmapおよび
 
J-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)で表示しています。

◇研究機関情報はJ-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)で表示しています。



researchmapの歴史

平成10年8月1日[ReaD]提供開始
平成14年度[ReaD]文部科学省国立情報学研究所が実施してきた「大学等の研究活動を総覧するデータベース構築のための調査」および「学術研究活動に関する調査」を引き継ぐ
平成19年1月15日[ReaD]システムリニューアル
平成21年4月[Researchmap]提供開始
平成21年度[ReaD]研究機関情報、研究者情報、研究課題情報の日本語詳細画面をJ-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)上で表示開始
平成23年度[ReaD]研究資源情報の日本語情報をJ-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)上で表示開始
平成23年11月1日[ReaD&Researchmap]研究者情報の登録・更新システムとして、ReaDとResearchmapを統合したReaD&Researchmapを提供開始。
システム統合に関するお知らせはこちら
平成26年4月1日[researchmap]ReaD&Researchmapをresearchmapに名称変更。
平成27年4月1日[researchmap]独立行政法人を国立研究開発法人に名称変更。
     

researchmapに収録されている情報(平成29年4月1日現在)

カテゴリ登録件数情報項目
研究機関3,366機関研究機関名称、所在地、沿革、研究分野、事業概要など
研究者256,559人氏名、所属機関、職名、研究分野、研究テーマ、研究業績など

 ※原則として研究者(または機関管理者)ご自身に登録・更新いただいております。


researchmapもしくはReaDで収集した情報の提供実績

 researchmapに登録いただきました情報は、以下のとおり国等の学術・科学技術政策立案の調査や統計利用目的でも有効活用されています。

 researchmapで収集した情報の使用を希望される場合は、JSTサービス支援センターまでお問い合わせください。

 ※手続きにお時間をいただく場合がございますので、使用を希望される場合はお早めにご連絡ください。

利用機関・制度利用目的利用情報
内閣府1.第3期科学技術基本計画推進にあたっての調査
2.科学技術政策推進に係る隘路調査
3.イノベーション戦略の出口側にかかる調査
(いずれも、内閣府の委託業務として、みずほ情報総研株式会社が実施)
研究者
特許庁平成20年度大学知財研究推進事業において大学研究者による特許出願の状況を調査するために利用
(特許庁の委託業務として、一般財団法人知的財産研究所が実施)
研究者
文部科学省
科学技術政策研究所
科学技術人材等に関する調査研究において統計分析のデータとして利用研究者
国立情報学研究所学術研究活動に関する動向を把握するための研究及び統計分析のデータ等として利用研究者、研究機関
研究課題、研究資源
大阪府立産業開発研究所「オープン・イノベーション時代における企業研究所と中小・ベンチャー企業の研究開発連携」の調査におけるアンケート対象機関の選定研究機関
国土交通省研究機関の所在地情報から国土数値情報を整備し、一般公開を行うために利用研究機関