researchmap
 

研究者情報の更新について

 

1.研究者本人による更新

   研究者情報の更新は、研究者ご自身による更新をお願いしています。
   画面右上にある[ログイン]ボタンからログインIDとパスワードを利用し、情報更新を行います。

 
2.機関の担当者による更新

 (1)所属機関研究者情報確認用IDによる更新
  所属機関研究者情報確認用IDは、機関の担当者の方に発行しているIDです。
  すでに転出/退職し、機関の担当者の方が連絡のとれない研究者で、
  自機関の所属として公開されている研究者情報は、researchmapでこのIDを使用し、
  当該研究者の所属を修正することができます。
  
  ※researchmapではWebからログインした研究者が権限を設定できます。
    このIDで所属変更等ができるのは、研究者が権限設定
    「所属機関の事務担当者による上書きを認める」を設定している場合に限ります。
 

  
  ※このIDでは、複数の人の情報をまとめて更新することはできません。

 
   所属機関研究者情報確認用IDをご利用になりたい機関の方は利用マニュアルをご覧になり、

  利用にあたっての詳細をご確認ください。

  <所属機関研究者情報確認用ID利用マニュアル>


  申請書をダウンロードし、必要事項に記入・押印後、JSTサービス支援センターまでお送りください。
  申請書の送付先は、申請書に記載があります。
                                             
          絵文字:パソコン 所属機関研究者情報確認用ID申請書のダウンロード 絵文字:パソコン

 



 (2)データ交換による更新

  データ交換とは、researchmapと機関で構築している研究者情報に関するシステムとの間の
  「researchmapデータのやり取り」を言います。
  機関の担当者の方がデータ交換システムを利用し、各研究機関のデータベースに登録された情報で
  researchmapの情報を更新します。
  データ交換についての詳細はこちらをご覧ください。
  
  ※researchmapの研究者情報の更新は、研究者が同意している場合に限ります。


  ◎データ交換システムとは
    機関の担当者の方が、研究者情報や機関情報の整備を行うためのシステムです。
    データ交換システムのURLは、JSTサービス支援センターより個別にご案内しています。


《データ更新に関する説明図》


データ更新に関する説明図
 

機関情報の更新について 

  機関情報の更新は、機関の担当者の方による更新をお願いしています。
  データ交換システムに機関管理者IDとパスワードでログインし、自機関の機関情報の登録・更新を行います。
  データ交換システムのURLは個別にご案内していますので、
  ご不明な場合はJSTサービス支援センターまでお問い合わせください。
 
 

データ更新のお願い

  researchmapではデータの更新を促すために、年に2回、
  ご登録のメールアドレス宛、データ更新をお願いする更新依頼メールをお送りしています。

  なお、データ交換実施機関または実施予定機関の研究者には、
  更新依頼メールはお送りいたしません。