researchmap
 

研究者のみなさまへ - researchmapからのお知らせ

12345

JST管理者2017/06/21 14:07:46

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

業績情報登録時の外部データベースとして、Web of Scienceとの連携を開始いたしました。

Web of Scienceは、クラリベイト・アナリティクス社が提供する学術文献データベースであり、
世界中の自然科学、社会科学、人文科学分野の
高品質な学術雑誌の論文情報などを
収録しています。

本連携により、業績情報として論文を追加する際に、Web of Science収録誌のうち
学術雑誌約18,000誌および会議録約190,000件のデータを対象に、
論文情報を簡便かつ正確に入力することが可能となります。

今後ともresearchmapをぜひご活用ください。


いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

J-GLOBALのシステムメンテナンスにより、
下記の日時においてJ-GLOBALからのフィード機能のサービスを停止いたします。

 平成29年6月20日(火)12:00~13:00(予定)

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。


本日6月9日13時頃から行っておりましたJ-GLOBALのシステムメンテナンスが終了し、
J-GLOBALからのフィード機能のサービスがご利用いただけるようになりました。

ご利用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。


いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。
 
J-GLOBALの緊急メンテナンスにより、6月9日13時頃より
J-GLOBALからのフィード機能のサービスを停止しております。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

JST管理者2017/06/07 15:36:08

昨日6月6日20時頃から行っておりましたJ-GLOBALのシステムメンテナンスが終了し、
本日6月7日15時頃から、J-GLOBALからのフィード機能のサービスがご利用いただけるようになりました。

ご利用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

JST管理者2017/06/07 12:58:21

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。
 
J-GLOBALの緊急メンテナンスにより、6月6日20時頃より
J-GLOBALからのフィード機能のサービスを停止しております。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。



いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。
学術認証フェデレーションにアイデンティティプロバイダー(IdP)として参加
する機関の認証によるシングルサインオンでのご利用について、
岡山県立大学が利用可能となりましたのでお知らせします。
IdPによるログインが利用できる機関の一覧は、こちらから確認いただけます。
今後も準備が整った機関から、順次お知らせいたします。

 [手順]
 ①ログイン画面の「他の機関のIdPによるログイン」を押下
 ②プルダウンで所属機関を選ぶ
 ③選択ボタンを押下

rmap事務局22017/05/01 10:03:06

今月のresearchmap「つながるコンテンツ」は、明海大学 嶋田珠巳 教授のインタビューです。タイトルは英語は「自分たちのことば」になりえるか?アイルランド人の言語意識を探るです。ぜひご一読ください。

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

J-GLOBALのシステムメンテナンスにより、
下記の日時においてJ-GLOBALからのフィード機能のサービスを停止いたします。

 ・平成29年5月12日(金)13:00 ~ 平成29年5月15日(月)15:00(予定)
 ・平成29年5月26日(金)13:00 ~ 平成29年5月29日(月)15:00(予定)

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。


いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

JREC-IN Portalのシステムメンテナンスにより、
2017年4月26日(水)11:00~14:00(予定)において、
下記のサービスを停止いたします。

  ・マイポータルの求人公募情報
  ・人材募集ページ  http://researchmap.jp/public/recruit/

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

JST管理者2017/04/17 14:01:39

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

本日(4/17)メンテナンスを行い、researchmapにログインする際、ポップアップ画面ではなく、
別途設けたログインページ
を経由してログインするよう変更いたしました。

この変更は、先日掲載した「Firefoxでのログイン時のメッセージについて」で
お知らせした対応です。
ログイン情報は暗号化され安全に通信しており、他の機関のIdPによるログインも従前どおりお使いいただけます。

Firefoxをお使いの方にはご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

今後ともresearchmapをよろしくお願いいたします。

rmap事務局22017/04/13 12:19:21

2015年10月号公開の「頼りなさが生み出すもの 弱いロボットの力」(岡田美智男 豊橋技術科学大学教授)の記事中に「弱いロボットたち」の動画を掲載しました。併せてごらんください。
JST管理者2017/04/12 12:11:28

2017年4月12日(水)に行っておりましたJREC-IN Portalのシステムメンテナンスが終了し、
同日11:30頃から、マイポータルの求人公募情報と人材募集ページがご利用いただけるようになりました。

ご利用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。


JST管理者2017/04/12 09:35:09

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

JREC-IN Portalはメンテナンス中のため、
本日(2017年4月12日(水))下記のサービスを停止しております。

  ・マイポータルの求人公募情報
  ・人材募集ページ  http://researchmap.jp/public/recruit/
  

サービス再開までしばらくお待ちください。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

JST管理者2017/03/31 15:21:37

いつもreserchmapをご利用いただきありがとうございます。

現在、Firefoxでログインする際に、セキュリティ警告のメッセージが表示される場合があります。
ログイン情報は暗号化され安全に通信していますが、httpのURL中にhttpsのログインボックスを
表示させているため、Firefoxが安全ではないと誤認識をしているもようです。

なお、researchmapでは、4月中旬までに警告のメッセージが出ないように変更する予定です。
変更が終わりましたら、改めてお知らせいたします。

しばらくの間ご不便をおかけしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。


いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。
学術認証フェデレーションにアイデンティティプロバイダー(IdP)として参加
する機関の認証によるシングルサインオンでのご利用について、
鹿児島大学が利用可能となりましたのでお知らせします。
IdPによるログインが利用できる機関の一覧は、こちらから確認いただけます。
今後も準備が整った機関から、順次お知らせいたします。

 [手順]
 ①ログイン画面の「他の機関のIdPによるログイン」を押下
 ②プルダウンで所属機関を選ぶ
 ③選択ボタンを押下

rmap事務局22017/03/01 10:42:55

今月のresearchmap「つながるコンテンツ」は、山口大学 山本晴彦 教授のインタビューです。タイトルは研究から実装までのスキーム作りで、光害の解決に取り組むです。ぜひご一読ください。
JST管理者2017/02/06 09:39:04

いつもresearchmapをご利用いただき、ありがとうございます。

機関の方がresearchmapのデータを用いて
自機関の研究状況を可視化することができる「研究状況分析ツール」を
情報・システム研究機構(ROIS)より提供しています。

ご利用に関する詳細は、こちらのページをご覧ください。

研究状況分析ツールに関するお問い合わせは、
こちらからお寄せください。

どうぞよろしくお願いいたします。

rmap事務局22017/02/01 10:40:38

今月のresearchmap「つながるコンテンツ」は、立命館大学 筒井淳也 教授のインタビューです。タイトルは計量社会学で家族の姿を描き出すです。ぜひご一読ください。
JST管理者2017/01/25 14:01:18

いつもresearchmapをご利用いただきありがとうございます。

researchmapは、研究者の方が利用できる「研究ブログ」のプラットフォームを提供しています。
researchmapは無料のサービスですので、ブログ機能も無料でご利用いただけます。

利用規約に示すとおりresearchmapは「研究開発目的」で使用していただくサービスで、
その機能の一つである「研究ブログ」につきましても、研究内容のアウトリーチ、
異分野の研究者との交流など「研究開発目的」で利用いただき、
日本の研究開発がより一層発展することを期待して提供しています。

研究者の方には、「研究ブログ」のご利用に際し、利用規約をよくお読みいただき、
利用規約を遵守した利用を心がけていただくようお願いいたします。

12345