稲津 敏行

J-GLOBALへ         更新日: 03/12/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
稲津 敏行
 
イナヅ トシユキ
所属
東海大学
部署
工学部・応用化学科
職名
教授
学位
理学博士(東京理科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
   
 
 財団法人野口研究所研究員
 
1989年
   
 
 財団法人野口研究所主任(主任研究員)
 
1995年
   
 
 財団法人野口研究所主事(主任研究員)
 
2001年
   
 
 財団法人野口研究所参事(主任研究員)
 
2003年
   
 
 東海大学工学部応用化学科教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東京理科大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1979年
東京理科大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1977年
東京理科大学 理学部 応用化学
 

委員歴

 
2002年
   
 
FCCA  幹事
 
2000年
   
 
日本化学会  欧文誌編集委員
 
2005年
   
 
日本糖質学会  理事
 
2003年
   
 
日本シクロデキストリン学会  評議員
 

Misc

 
MIURA T, INAZU T
Tetrahedron Lett   44(9) 1819-1821   2003年
Chemo-enzymatic Synthesis of Neo-glycopeptides Using Endo-M
Methods in Enzymology   (362) 74-85   2002年
A Novel Peptide Synthesis Using a Fluorous Chemistry
Peptide Sciencee 2002   147-150   2003年
MIZUNO M, GOTO K, MIURA T, HOSAKA D, INAZU T
Chem.Commun.   (8) 972-973   2003年
Fluorous Oligosaccharide Synthesis Using a Novel Florous Support
Angew.Chem.Int.Ed.   (42) 2047-2051   2003年

書籍等出版物

 
New Developments in Glycomedicine Proceedings of the 4th Hirosaki Internatinal Forum of Medical Science
Elsevier Science   2001年   
Chemo-enzymatic Synthesis of Eel Calcitonin Analogs Having Natural N-Linked Oligosaccharides
Peptide Science -Present and Future:Proceedings of the 1st International Symposium on Peptide Science   1999年   
The Synthesis of Oligosaccharide-branched Cyclodextrins and Their Interaction with Concanavalin A
Proceedings of the 8th Internatlonal Symposium on Cyclodextrins   1996年   

競争的資金等の研究課題

 
複合糖質の合成を基盤にした糖鎖の機能解明とその応用
研究期間: 1982年   

特許

 
グリコシド系化合物の製造方法 
特許第1772321号 1983年
グリコシド系化合物の製造法
特許第1772322号 1983年
糖のアノマー位チオホスフィン酸エステル誘導体およびその製造方法
特許第1772323号 1983年
N−アシルアミノ糖の製造方法
特許第1849981号 1985年
ホスフィノチオイル基を糖水酸基の保護基として使用する方法
特許第1850040号 1987年