舘野 義男

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/14 02:41
 
アバター
研究者氏名
舘野 義男
 
タテノ ヨシオ
URL
http://www.cib.nig.ac.jp/gfr/home.html
所属
国立遺伝学研究所
部署
生命情報・DDBJ研究センター 遺伝子機能研究室
職名
名誉教授
学位
Ph.D.(テキサス大学大学院(アメリカ合衆国)), 理学博士(東京都立大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1978年
テキサス大学大学院 生物医科学 集団遺伝学
 
 
 - 
1971年
茨城大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本GDB(Genome Database)委員会委員
 
 
   
 
文部省学術審議会専門委員
 
 
   
 
日本学術会議遺伝学研究連絡委員会委員
 
 
   
 
日本学術会議学術データ専門委員会委員
 
 
   
 
スーパーSINET推進協議会委員
 

受賞

 
1984年
日本科学技術情報センター 丹羽賞学術賞
 

論文

 
DNA data bank of Japan (DDBJ) in collaboration with mass sequencing teams.
Tateno Y, Miyazaki S, Ota M, Sugawara H, Gojobori T.
Nucleic Acids Res.   28 24-26   2000年   [査読有り]
Quality control in data banks for molecular biology
Abola, E.E., Bairoch, A., Baker, W.C., Beck, S., Benson, D.A., Berman, H., Cameron, G., Cantor, C., Doubet, S., Hubbbard, T.J.P, Jones, T.A., Kleywegt, G.J. Kolaskar, A.S., Kuik, Van A., Lesk, A.M., Mews, H.-W., Neuhaus, D., Pfeiffer, F., TenEyck, L.F., Simpson, R.J., Stosser, G., Sussman, J.L., Tateno, Y., Tsugita, H., Ulrich, E.L., and Viegenthart, J.F.G.
BioEssays   22 1024-1034   2000年   [査読有り]
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
DNA Data Bank of Japan (DDBJ) for genome scale research in life science
Tateno, Y., Imanishi, T., Miyazaki, S., Fukami-Kobayashi, K., Saitou, N., Sugawara, H. and Gojobori, T
Nucleic Acids Res   30 27-30   2002年   [査読有り]
A PCR-based method for cloning novel members of a gene family by a combination of degenerate and inhibitory primers
Kunihiro, S., Kawanishi, Y., Sano, M., Naitoh, K., Matsu-ura, S., Tateno, Y., Gojobori, T., Yamagata, Y., Abe, K., Machida, M.
Gene   289 177-184   2002年   [査読有り]
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
DNA Data Bank of Japan (DDBJ) in XML
Miyazaki, S., Sugawara, H., Gojobori, T. and Tateno, Y.
Nucleic Acids Res   31 13-16   2003年   [査読有り]

Misc

 
Initial sequencing and analysis of the human genome
Nature   409,860-921    2001年
A PCR-based method for cloning novel members of a gene family by a combination of degenerate and inhibitory primers
Gene   289,177-184    2002年
Parallel evolution of ligand specificity between LacI/GalR family repressors and periplasmic sugar-binding proteins
Mol Biol Evol   20(2), 267-277    2003年
DNA Data Bank of Japan(DDBJ)in XML
Nucleic Acids Res   31, 13-16    2003年
Highly differentiated and conserved sex chromosomes in fish species (Aulopus japonicus: Teleostei, Aulopidae)
Gene   317C, 187-193    2003年

書籍等出版物

 
DNA Data Bank of Japan as an Indispensable Public Database
Populations and Genetics, Marinus Nijihoff Pablishers, Leiden/Boston   2003年   
バイオインフォマティクス
裳華房   2008年   ISBN:978-4-7853-8785-3
Quantum Bio-Informatics
World Scientific   2008年   ISBN:978-981-279-316-4
ゲノミックスプロテオミックスの新展開 マイクロアレイ遺伝子発現データベース
池尾一穂、舘野義男
NTS出版   2004年   
編者名:今中忠行
細胞生物学事典 「バイオインフォマティクス」、「プロテオーム」
舘野義男
朝倉書店   2005年   
編者名:石川統、黒岩常祥、永田和宏

講演・口頭発表等

 
International standardization of microarray data and our microarray database, CIBEX [招待有り]
Tateno, Y.
A-IMBN/EMBO Workshop   2004年3月   
CIBEX and data standardization
Tateno, Y., Ikeo, K., Hayashizaki, Y.
The 7th MGED Society Meeting   2004年9月   
DNA Data Bank of Japan and the H-Invitational [招待有り]
Tateno, Y.
KISTI   2004年11月   
Genomic evolution of MHC class I regions in primates. [招待有り]
Tateno, Y
The 2nd Mishima Workshop   2004年11月   
Evolution of vitamin B6 (pyridoxine) metabolism by gain and loss of genes
Tanaka T, Tateno Y, Gojobori T.
Genomes and Evolution 2004   2004年6月   

Works

 
舘野義男、池尾一穂   データベース   2002年

競争的資金等の研究課題

 
霊長類MHCクラスⅠならびにMIC遺伝子群のゲノム生物学的解析
共同研究
研究期間: 2004年 - 2006年
現地共同体制による進化基礎情報の収集と調査
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2008年

特許

 
特願2005-330761 : 「コンピュータによる径路関係探索法」
舘野義男、堀池徳祐、宮田大輔、猿橋智
特許の国際・国内区分:国内、国立遺伝学研究所以外の外部共同発明者あり