渡邉 和美

J-GLOBALへ         更新日: 10/07/21 00:00
 
アバター
研究者氏名
渡邉 和美
 
ワタナベ カズミ
所属
警察庁 科学警察研究所
部署
犯罪行動科学部 捜査支援研究室
職名
室長
学位
医学博士(東京医科歯科大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2007年
東京医科歯科大学 医学研究科 司法精神保健学
 

委員歴

 
 
   
 
日本犯罪心理学会  理事
 

受賞

 
2004年
日本犯罪学会 学術奨励賞
 

Misc

 
Characteristics of Juvenile Homicide Cases 1. The Differences by Offenders Age Group
Reports of the National Research Institute of Police Science Research on Prevention of Crime and Delinquency Vol.35, No.2, pp.13-23 (in Japanese) 1994   
Characteristics of Juvenile Homicide Cases 2. Differences by Offender-Victim Relationship
Reports of the National Research Institute of Police Science Research on Prevention of Crime and Delinquency Vol.36, No.1, pp.18-29 (in Japanese) 1995   
Profiling offenders on Mutilation-murder cases
Reports of the National Research Institute of Police Science Research on Prevention of Crime and Delinquency Vol.37, No.2, pp.1-14 (in Japanese) 1999   
Victims' Behavior in the Great Hanshin Earthquake and Disaster Countermeasures of the Police
Reports of the National Research Institute of Police Science Research on Prevention of Crime and Delinquency Vol.36, No.2, pp.17-29 (in Japanese) 1995   
13歳未満の少女を対象とした強姦事件の犯人像分析加害者の特徴と犯歴に関する分析
科学警察研究所報告防犯少年編   40(1)、67-81    1999年

書籍等出版物

 
現代刑事法入門(共同執筆)
東京法令出版   1997年   
日本の犯罪学7-8 (共同執筆)
東京大学出版会   1998年   
中学3年生の心理(共同執筆)
大日本図書   1998年   
プロファイリングとは何か(共同執筆)
立花書房   2000年   
Sex and Violence -The psychology of crime and risk assessment ( 共同執筆)
Routledge   2001年   

Works

 
犯罪発生と犯罪に対する不安感に関する研究

競争的資金等の研究課題

 
犯罪者プロファイリング
犯罪心理
被害者支援、危機的事件ストレス
再犯リスク
累犯者の行動の一貫性