江﨑 治

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/25 02:52
 
アバター
研究者氏名
江﨑 治
所属
昭和女子大学
部署
生活科学部健康デザイン学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
昭和女子大学 生活科学部 健康デザイン学科 教授
 
2015年4月
 - 
現在
昭和女子大学大学院 女性健康科学研究所 所長
 
2017年4月
 - 
現在
昭和女子大学 昭和デザインオフィス 所員
 

学歴

 
1971年4月
 - 
1977年3月
岐阜大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1996年11月
 - 
現在
日本肥満学会  評議員
 
1999年1月
 - 
現在
日本病態栄養学会  評議員
 
2001年6月
 - 
現在
日本動脈硬化学会  評議員
 
2002年7月
 - 
現在
日本栄養・食糧学会  評議員
 
2003年1月
 - 
2011年1月
日本病態栄養学会  監事
 

受賞

 
2004年2月
油脂技術論文審査委員会 優秀賞
 
2006年5月
日本栄養・食糧学会 学会賞
 

Misc

 
Medium-Chain Triglycerides in Combination with Leucine and Vitamin D Benefit Cognition in Frail Elderly Adults: A Randomized Controlled Trial
Abe S, Ezaki O, Suzuki M.
J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo)      2017年4月   [査読有り]
The combined supplementation of medium-chain triglycerides (MCTs), L-leucine-rich
amino acids, and cholecalciferol (vitamin D3) increase muscle strength and
function in frail elderly individuals. However, their effects on cognition are
unknown. We...
Medium-Chain Triglycerides in Combination with Leucine and Vitamin D Increase Muscle Strength and Function in Frail Elderly Adults in a Randomized Controlled Trial.
Abe S, Ezaki O, Suzuki M
J Nutr.   146(5) 1017-1026   2016年5月   [査読有り]
BACKGROUND: Sarcopenia, the loss of skeletal muscle mass, strength, and function,
is common in elderly individuals but difficult to treat.
OBJECTIVE: A combination of nutrients was investigated to treat sarcopenia in
very frail elderly adults.
MET...
Nonexercise Activity Thermogenesis is Significantly Lower in Type 2 Diabetic Patients With Mental Disorders Than in Those Without Mental Disorders: A Cross-sectional Study.
Hamasaki H, Ezaki O, Yanai H.
Medicine (Baltimore)   95(2) e2517   2016年1月   [査読有り]
Physical activity improves health in patients with mental disorders. Nonexercise
activity thermogenesis (NEAT) represents energy expenditure due to daily physical
activities other than volitional exercise. We aimed to evaluate NEAT in type 2
diab...
Higher daily energy expenditure by locomotive activities is favorably associated with cardiac autonomic nervous function and arterial stiffness
Hamasaki H, Yanai H, Kakei M, Noda M, Ezaki O.
Int J Cardiol.   1(194) 70-1   2015年9月   [査読有り]
Metabolomic Analysis of the Skeletal Muscle of Mice Overexpressing PGC-1α.
Hatazawa Y, Senoo N, Tadaishi M, Ogawa Y, Ezaki O, Kamei Y, Miura S.
PLoS One.   10(6) e0129084   2015年6月   [査読有り]
Peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) γ coactivator 1α (PGC-1α) is a
coactivator of various nuclear receptors and other transcription factors whose
expression increases in the skeletal muscle during exercise. We have previously
made t...

書籍等出版物

 
適正な脂質摂取量
中外医学社   2015年12月   
どのようにEPA,DHA摂取を指導したらよいか
伊藤 浩、江崎 治他46名
文光堂   2013年2月   
Producing PPARgamma2 Knockdown in Mouse Liver.
Yamazaki T, Ezaki O
PubMed PMID   2013年   
脂肪の種類と機能
㈱医学書院   2012年10月   
運動療法 (17章代謝・栄養疾患 1糖尿病 ⑮運動療法)
西村書店(東京出版編集部)   2012年7月   

講演・口頭発表等

 
日本人の食事摂取基準(2015年版)を活用した食事計画について [招待有り]
横浜市給食施設栄養管理研修会   2014年9月10日   横浜市健康福祉局
日本人の食事摂取基準(2015年版):脂質
第22回加工油脂栄養研究会講演会   2013年11月15日   加工油脂栄養研究会
座長:一般演題10 基礎栄養②
江崎 治、原田永勝
第16回日本病態栄養学会年次学術集会   2013年1月12日   
大豆蛋白β-コングリシニンの高脂肪食による脂肪肝発症予防機序
山崎聖美、江崎 治
第33回日本肥満学会   2012年10月12日   
マウス新生仔の肝臓における脂肪合成酵素GPAT1のDNAメチル化による遺伝子発現制御
江原達弥、亀井康富、高橋真由美、袁 勲梅、金井紗綾香、田村江梨奈、田中 都、山崎聖美、三浦進司、江崎 治、菅波孝祥、岡野正樹、小川佳宏
第33回日本肥満学会   2012年10月11日   

Works

 
中高年の体に何がおこるか?その予防は?
その他   2006年
体にいい油、悪い油.
その他   2007年
健康づくりQ&A:オリーブオイルについて.
その他   2008年
今話題のトランス脂肪酸を知る 脂肪酸の基礎知識.
その他   2010年
日本人の肥満予防に最適な脂肪/炭水化物摂取比率
その他   2011年3月
厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業

競争的資金等の研究課題

 
日本人の肥満予防に最適な脂肪/炭水化物摂取比率
厚生労働科学研究費補助金 環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 日本人の食事摂取基準の改定と改定と活用に資する総合研究: 厚生労働科学研究費
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月