矢野 栄二

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/01 18:30
 
アバター
研究者氏名
矢野 栄二
 
ヤノ エイジ
所属
京都大学
部署
生態学研究センター
職名
研究員
学位
農学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1976年
 - 
1978年
 四国農業試験場
 
1978年
 - 
1985年
 野菜試験場
 
1985年
 - 
1989年
 農業環境技術研究所
 
1992年
 - 
2001年
 農業環境技術研究所 室長
 
2004年
 - 
2006年
近畿中国四国農業研究センター 連絡調整室長
 

学歴

 
 
 - 
1974年
京都大学 農学部 農林生物学科
 
 
 - 
1976年
名古屋大学大学院 農学研究科 害虫学専攻
 

委員歴

 
2003年
 - 
2004年
日本応用動物昆虫学会  評議員
 
2007年
 - 
2017年
日本応用動物昆虫学会 評議員
 
2007年
 - 
2017年
関西病虫害研究会  評議員
 
2008年
 - 
2009年
関西病虫害研究会  編集委員長
 
2009年
 - 
2010年
日本応用動物昆虫学会  編集委員長
 

受賞

 
2002年
日本応用動物昆虫学会賞
 

論文

 
Reproduction of Aphidoletes aphidimyza (Diptera: Cecidomyiidae) on a banker plant system of sorghum with Melanaphis sacchari (Hemiptera: Aphelinidae) and its oviposition selection between this system and eggplant with Aphis gossypii (Hemiptera: Aphelinida
Higashida, K., Yano, E., Toyonishi, H., Nakauchi, M., Abe, J.
Applied Entomology and Zoology   52 295-303   2017年5月   [査読有り]
Reproduction and oviposition selection by Aphidoletes aphidimyza (Diptera: Cecidomyiidae) on the banker plants with alternative prey aphids or crop plants with pest aphids.
Higashida, K., Yano, E., Nishikawa, S., Ono, S., Okuno, N., Sakaguchi, T.
Applied Entomology and Zoology   51 445-456   2016年8月   [査読有り]
An attractant of the aphidophagous gall midge Aphidoletes aphidimyza from honeydew of Aphis gossypii.
Watanabe, T., Yano, E., Higashida, K., Hasegawa, S., Takabayashi, J., Ozawa, R.
Journal of Chemical Ecology   42 149-155   2016年1月   [査読有り]
青色LUDと青色粘着版を組み合わせたLED反射型トラップによるミナミキイロアザミウマの誘引時間帯
中村祐貴・柴尾学・田中寛・矢野栄二
日本応用動物昆虫学会誌   58 313-318   2014年11月   [査読有り]
Takeshi Shimoda, Takayuki Mitsunaga, Masayoshi Uefune, Junichiro Abe, Soichi Kugimiya, Koukichi Nagasaka, Kota Sano, Satoru Urano, Yoshito Suzuki, Eizi Yano, Junji Takabayashi
BioControl   69 681-688   2014年8月   [査読有り]
The limited availability of sugar sources (e.g., flowers) in greenhouses may affect biological pest control by parasitoid wasps. However, few studies have focused on feeding devices to provide parasitoids with sugar foods. We investigated the acce...
Hiroshi Watanabe, Noboru Katayama, Eizi Yano, Ryohei Sugiyama, Shoko Nishikawa, Takuya Endou, Kaori Watanabe, Junji Takabayashi, Rika Ozawa
Biological Control   78 55-60   2014年1月   [査読有り]
The predatory gall midge Aphidoletes aphidimyza, which is used for augmentative biological control of aphids in greenhouses, uses aphid honeydew as an energy source. Currently, Rhopalosiphum padi on barley plants and Melanaphis sacchari on sorghum...
H. Watanabe, M. Miyamaoto, E. Yano
Annals of the Entomological Society of America   106 447-453   2013年7月   [査読有り]
We examined changes of site selection by the mantid Tenodera aridifolia (Stoll) according to its developmental stage. We investigated the vegetation characteristics selected by mantids of different developmental stages at three field sites. The he...
Hiroshi Watanabe, Eizi Yano
Entomological Science   16 40-46   2013年1月   [査読有り]
Crypsis can be either defensive or aggressive in function, and the first evidence that crypsis reduces the probability of being detected by a predator was collected almost a century ago. Crypsis in mantids may reduce the probability that a mantid ...
Hiroshi Watanabe, Eizi Yano
Entomological Science   15 384-391   2012年10月   [査読有り]
When sexual cannibalism presents a sexual conflict, one expects to find male traits that reduce the risk of cannibalism. In sexually cannibalistic species, selection is thought to have favored the evolution of male approach behaviors that reduce t...
Development and characterization of 21 polymorphic microsatellite loci in the aphidophagous gall midge, Aphidoletes aphidimyza (Diptera: Cecidomyiidae).
Hinomoto, N., Higaki, T., Abe, J., Yamane, M.,Yano, E.
Applied Entomology and Zoology   47, 165-171   2012年   [査読有り]

Misc

 
Takayuki Mitsunaga, Takeshi Shimoda, Shigeyuki Mukawa, Shigeyuki Mukawa, Youichi Kobori, Youichi Kobori, Chie Goto, Yoshito Suzuki, Eizi Yano, Eizi Yano
Japan Agricultural Research Quarterly   46 161-166   2012年4月
An effective means of supplying food to Cotesia vestalis, the larval endoparasitoid of the diamondback moth, Plutella xylostella, was examined in a laboratory and an experimental small greenhouse. Compared to the red and blue boards, yellow boards...
Eizi Yano
Pesticide Outlook   14 247-250   2003年12月
Use of Encarsia formosa to control the greenhouse whitefly, Trialeurodes vaporariorum in Japan
FFTC Book Series   No.40, 82-93    1990年

書籍等出版物

 
生物的防除の概要と歴史.
矢野 栄二 (担当:分担執筆, 範囲:3-15)
バイオロジカル・コントロール(仲井まどか・大野和朗・田中利治編)朝倉書店   2009年   
放飼増強法による生物的防除
矢野 栄二 (担当:分担執筆, 範囲:38-51)
バイオロジカル・コントロール(仲井まどか・大野和朗・田中利治編)朝倉書店   2009年   
梅川 学, 宮井 俊一, 矢野 栄二, 高橋 賢司(農業技術)
養賢堂   2005年   ISBN:4842503750
Sampling protocols for pre-release and post-release evaluation of natural enemies in protected culture.
Yano, E. (担当:分担執筆, 範囲:71-93)
Ball Publishing, Batavia, Illinois, USA In: Heinz, K.M., van Driesche, R.G., Parrella, M.P. (eds.) Biocontrol in Protected Culture   2004年   
矢野 栄二
養賢堂   2003年   ISBN:9784842503455
Biological control of thrips
Castañé, C., Riudavets, J.,Yano E. (担当:分担執筆, 範囲:244-253)
In: Albajes, R., Gullino, M.L., van Lenteren, J.C., Elad, Y. (Eds.) Integrated pest and diseasemanagement in greenhouse crops., Kluwer Academic Publisher, Dordrecht, The Netherlands   1999年   
International Workshop on Biological Invasions of Ecosystem by Pests and Beneficial Organisms, 矢野 栄二, NIAES
National Institute of Agro-Environmental Sciences   1999年   ISBN:4931508006
矢野 栄二, NIAES, International Workshop on Biological Invasions of Ecosystem by Pests and Beneficial Organisms
Printed by Yokendo   1999年   ISBN:4842599081
天敵昆虫の利用
矢野 栄二 (担当:分担執筆, 範囲:57-74)
昆虫産業―地上最大の未利用資源の活用(農林水産技術情報協会)   1997年   
寄生蜂の寄主体液摂取と寄主―寄生者系の動態
矢野栄二 (担当:分担執筆, 範囲:171-185)
昆虫個体群生態学の展開(京都大学学術出版会,久野英二編)   1996年   
根本 久, 矢野 栄二
技報堂出版   1995年   ISBN:4765544095
Whitefly population dynamics and modelling
Baumgaertner, J., Yano, E. (担当:分担執筆, 範囲:123-146)
In: Gerling, D. (Ed.) Whiteflies: their Bionomics, Pest Status and Management, Intercept, Andover, UK.Intercept, Andover, UK.   1990年   
オンシツコナジラミとオンシツツヤコバチ—相互作用システムの解析
矢野 栄二 (担当:分担執筆, 範囲:133-142)
天敵の生態学(桐谷圭治・志賀正和編),東海大学出版会.   1990年   
オンシツコナジラミとミナミキイロアザミウマ—施設園芸害虫の新参者たち
矢野 栄二 (担当:分担執筆, 範囲:71-79)
日本の昆虫—侵略と撹乱の生態学(桐谷圭治編),東海大学出版会   1986年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 日本 典秀
農業害虫防除における土着天敵の保護利用の影響範囲をあきらかにするために、土着天敵のマイクロサテライトマーカーを開発し、野外個体群の遺伝的構造を解析することによって移動分散範囲を推定した。アブラムシの捕食性天敵ショクガタマバエにおいては、空間的自己相関がほとんど認められず、また、ミトコンドリアハプロタイプの解析とあわせると、広範囲の移動分散を行っていると考えられた。一方チャ園におけるハダニの天敵ケナガカブリダニにおいては、距離と血縁度の負の相関が認められ、半径50m程度の範囲で交配集団を形成...
施設園芸害虫防除のための在来捕食性天敵バンカーの開発
農林水産省: 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 矢野 栄二