岩橋 均

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
岩橋 均
 
イワハシ ヒトシ
eメール
h1884gifu-u.ac.jp
URL
http://www.abios.gifu-u.ac.jp/h1884/
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 応用生物科学科 応用生命科学講座 分子生命科学系 応用微生物学研究室
職名
教授
学位
農学博士(北海道大学)
その他の所属
研究推進・社会連携機構炭素繊維リサイクル研究センター研究推進・社会連携機構炭素繊維リサイクル研究センター応用生物科学研究科連合農学研究科

プロフィール

環境ストレス応答の網羅的解析/微生物を始めとした生物種を指標として、環境ストレスの網羅的解析を行う。すなわち、環境ストレスとして、環境化学物質、工業ナノ粒子、放射線、静水圧等を生物に暴露し、その応答をゲノミクス、プロテオミクス、メタボロミクスなどの手法を用いて解析する。これにより、環境ストレスの影響を評価し、環境保全や産業への利用に貢献する。/ナノ粒子の環境毒性評価/酵母を用いた高圧生物学/炭酸ガスを用いた殺菌技術の開発と微生物制御

研究分野

 

経歴

 
2010年
 - 
2013年
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
 
   
 
独立行政法人産業技術総合研究所 健康工学研究部門
 
 
   
 
微生物工業技術研究所
 
 
   
 
生命工学工業技術研究所
 
1985年4月
 - 
2001年3月
通商産業省工業技術院
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
北海道大学  
 
1980年4月
 - 
1982年3月
北海道大学大学院修士課程  
 
1982年4月
 - 
1985年3月
北海道大学大学院博士後期課程  
 

論文

 
The role of transcriptomics: physiological equivalence based on gene expression profiles.
Miura, S., Himaki, T., Takahashi, J. and Iwahashi, H.
Reviews in Agricultural Science   5 5:21-525   2017年
Urea cycle is enhanced by petit-high pressure carbon dioxide stress in yeast Saccharomyces cerevisiae.
Niu, L., Nomura, K., Iwahashi, H., Matsuoka,H., Kawachi, S., Suzuki Y., and Tamura K.
High Pressure Research   37 70-77   2017年
微高圧炭酸ガス殺菌技術
岩橋 均
15 29-32   2017年
2.5-aminolevulinic acid - Protoporphyrin IX mediated radiodynamic therapy (RDT)
Takahashi, J. and Iwahashi, H.
ALA porphyrin Science   5 35-38   2016年   [招待有り]
Spectrum analysis of X-ray irradiated protoporphyrin IX: radiosensitizer for radiodynamic therapy
5 35-38   2016年

Misc

 
Katsuhide Fujita, Makiko Fukuda, Hitoshi Iwahashi
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   67 390-395
The industrial applications of manufactured nanomaterials (MNs) are expected to be extended to next-generation devices. On the other hand, concern over the effects of MNs on human health has risen owing to advances in the development of nanotechno...
Junko Takahashi, Masaki Misawa, Mami Murakami, Takashi Mori, Kazuki Nomura, Hitoshi Iwahashi
SpringerPlus   2 1-6
5-Aminolevulinic acid (ALA) is a photosensitizer used in photodynamic therapy (PDT) because it causes preferential accumulation of protoporphyrin IX (PpIX) in tumor cells, where it forms singlet oxygen upon light irradiation and kills the tumor ce...
Moritaka Tamura, Masaharu Inada, Tetsuya Nakazato, Kazuhiro Yamamoto, Shigehisa Endo, Kunio Uchida, Masanori Horie, Hiroko Fukui, Hitoshi Iwahashi, Norihiro Kobayashi, Yasuo Morimoto, Hiroaki Tao
Talanta   84 802-808
This paper describes a method for determination of multiwall carbon nanotubes (MWCNTs) in rat lungs after intratracheal instillation exposure. The MWCNTs were quantitatively decomposed to CO2 by combustive oxidation and were then determined by non...
Katsuhide Fujita, Yasuo Morimoto, Akira Ogami, Isamu Tanaka, Shigehisa Endoh, Kunio Uchida, Hiroaki Tao, Mikio Akasaka, Masaharu Inada, Kazuhiro Yamamoto, Hiroko Fukui, Mieko Hayakawa, Masanori Horie, Yoshiro Saito, Yasukazu Yoshida, Hitoshi Iwahashi, Etsuo Niki, Junko Nakanishi
Atmospheric and Biological Environmental Monitoring   219-227   2011年5月
In recent years, industrial or commercial products incorporating nanomaterials have triggered concerns for human health. Manufactured nanomaterials are unstable and tend to form secondary particles by agglomeration. Little is known about the cytot...
Il Sup Kim, Hae Sun Yun, In Su Park, Ho Yong Sohn, Hitoshi Iwahashi, Ing Nyol Jin
Journal of Bioscience and Bioengineering   102 288-296   2006年10月
To investigate the tolerance factor of Saccharomyces cerevisiae KNU5377 against various types of environmental stress during fermentation, we identified the protein that is upregulated at high temperatures. The highly upregulated protein was high-...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 岩橋 均
微高圧炭酸ガス殺菌技術は、高圧ガス保安法の適用外の10 気圧以下で、液状・半液状の食品を殺菌するための全く新しい技術である。梅干し、果汁、生酒、魚醤油、等への適用が開始され、製品が供給されつつある。しかしながら、当該技術の殺菌メカニズムや適用微生物種についての基礎的な研究は遅れている。そこで、①酵母細胞を指標とした網羅的遺伝子発現(ゲノミクス)解析、メタボロミクス解析、および遺伝子破壊株等を用いた殺菌メカニズムの解明、②酵母等微生物のタイプカルチャーを用いた殺菌効果のプロファイル作成を行い...
1.マイクロアレイ利用技術 2.環境毒性評価技術
微高圧炭酸ガス殺菌技術のメカニズムと適用性に関する基礎的・基盤的研究
日本学術振興会: 
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 岩橋 均
微高圧炭酸ガス殺菌技術のメカニズムと適用性に関する基礎的・基盤的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 岩橋 均
生物分野の世界的ロボコンiGEMで自分の力を試す・世界と競う
代表者: 岩橋 均

特許

 
高見澤 一裕, 中原 大輔, 小原 美穂子, ランドルフ スコット ジュニア パズ, 岩橋 均, 伊藤 善孝
高見澤 一裕, 中原 大輔, 小原 美穂子, ランドルフ スコット ジュニア パズ, 岩橋 均, 伊藤 善孝
高見澤 一裕, 岩橋 均, 伊藤 善孝, ランドルフ スコット ジュニア パズ
高見澤 一裕, 岩橋 均, 伊藤 善孝, ランドルフ スコット ジュニア パズ

社会貢献活動

 
取締役
【】  有限会社ピエゾフードテクノ東アジア  有限会社ピエゾフードテクノ東アジア  2015年4月1日 - 2017年3月31日
UGSAS-GU&KUThe3rdInternationalWorkshop2016-Recentmicrobiologicalresearchforfood,energyandhealth-
【】  岐阜大学大学院連合農学研究科カセサート大学(タイ)  岐阜大学大学院連合農学研究科カセサート大学(タイ)  2016年11月28日 - 2016年11月28日