藤井 毅

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/22 14:24
 
アバター
研究者氏名
藤井 毅
 
フジイ タケシ
eメール
ftakeshiaffrc.go.jp
URL
http://www.niaes.affrc.go.jp/researcher/fujii_t.html
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
生物機能利用研究部門 植物・微生物機能利用研究領域
職名
領域長
学位
理学博士(東京理科大学)

プロフィール

専門は、土壌微生物を対象とした分子生物学、生化学。平成元年、農林水産省入省。農業環境技術研究所に配属され、土壌微生物の有用酵素生産に関わる遺伝子発現制御機構の研究や英国ジョン・イネス研究所で放線菌の抗生物質生産制御機構に関わる在外研究を経て、平21年成農業環境技術研究所の研究領域長に就任。平成28年より現職。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門 植物・微生物機能利用研究領域  領域長
 
2009年4月
 - 
2016年3月
農業環境技術研究所 生物生態機能研究領域 領域長
 
2007年4月
 - 
2009年3月
農業環境技術研究所 リサーチプロジェクトリーダー
 
2006年4月
 - 
2007年3月
農業環境技術研究所 企画戦略室 室長
 
2003年4月
 - 
2006年3月
農業環境技術研究所 研究リーダー
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京理科学大学大学院 理工学研究科 応用生物科学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
川崎市先端技術産業環境保全委員
 
 
   
 
「産官学連携による食料産業等活性化のための新事業技術開発事業」研究推進会議委員
 
2007年
   
 
日本土壌微生物学会  総務幹事長、評議員
 

論文

 
A putative porin gene of Burkholderia sp. NK8 involved in chemotaxis toward β-ketoadipate.
Tamura, Y. K., Kawagishi, I., Ogawa, N. and Fujii, T.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   79(6) 926-936   2015年   [査読有り]
Purification, characterization, and cloning of the gene for a biodegradable plastic-degrading enzyme from Paraphoma-related fungal strain B47-9.
Suzuki, K., Noguchi, M. T., Shinozaki, Y., Koitabashi, M., Yamashita, Y. S., Yoshida, S., Fujii, T., Kitamoto, H. K.
Appl. Microbiol. Biotechnol.   98(10) 4457-4465   2014年   [査読有り]
A 2,4-dichlorophenoxyacetic acid degradation plasmid pM7012 discloses distribution of an unclassified megaplasmid group across bacterial species
Sakai, Y., Ogawa, N., Shimomura, Y. and Fujii, T.
Microbiology-SGM   160 525-536   2014年   [査読有り]
Chitin-induced gene expression in secondary metabolic pathways of Streptomyces coelicolor A3(2) grown in soil.
Nazari, B., Kobayashi, M., Saito, A., Hassaninasab, A., Miyashita, K. and Fujii, T.
Appl. Environ. Microbiol.   79(2) 707-713   2013年   [査読有り]
Enzymatic and genetic characterization of the DasD protein possessing N-acetyl-β-D-glucosaminidase activity in Streptomyces coelicolor A3(2)
Saito, A., Ebise, H., Orihara, Y., Murakami, S., Sano, Y., Sugiyama, Y., Ando, A., Fujii, T. and Miyashita, K.
FEMS Microbiol. Lett.   340 33-40   2013年   [査読有り]
Biodegradable plastic-degrading enzyme from Pseudozyma antarctica: Cloning, sequencing, and characterization.
Shinozaki, Y., Morita, T., Cao, X., Yoshida, S., Koitabashi, M., Watanabe, T., Suzuki, K., Yamashita, S. Y., Kambe N. T., Fujii T. and Kitamoto, K. H.
Appl. Microbiol. Biotechnol.   97(7) 2951-2959   2013年   [査読有り]
Affinity purification and characterization of a biodegradable plastic-degrading enzyme from a yeast isolated from the larval midgut of a stag beetle, Aegus laevicollis
Suzuki, K., Sakamoto, H., Shinozaki, Y., Tabata, J., Watanabe, T., Mochizuki, A., Koitabashi, M., Fujii, T., Tsushima, S. and Kitamoto K. H.
Appl. Microbiol. Biotechnol.   97(17) 7679-7688   2013年   [査読有り]
Xylose induces the phyllosphere yeast Pseudozyma antarctica to produce a cutinase-like enzyme which efficiently degrades biodegradable plastics
Watanabe, T., Shinozaki, Y., Yoshida, S., Koitabashi, M., Yamashita, S. Y., T. Fujii, Fukuoka, T. and Kitamoto, H. K.
J. Biosci. Bioeng.   117(3) 325-329   2013年   [査読有り]
Extraction of Bacterial RNA from Soil: Challenges and Solutions.
Wang, Y., Hayatsu, M. and Fujii, T.
Microbes. Environ.   27(2) 111-121   2012年   [査読有り]
Specific gene responses of Rhodococcus jostii RHA1 during growth in soil.
Iino, T., Wang, Y., Miyauchi, K., Kasai, D., Masai, E., Fujii, T., Ogawa, N. and Fukuda M.
Appl. Environ. Microbiol.   78(19) 6954-6962   2012年   [査読有り]

Misc

 
メタゲノムからの新規遺伝子探索~PCRを用いた様々なアプローチ~
森本晶・藤井毅
土と微生物   65(1) 66-72   2011年
藤井 毅
化学と生物   49(10) 697-703   2011年   [依頼有り]
土壌抽出RNAを用いた土壌微生物の遺伝子発現解析
藤井毅・宮坂知芳・王勇・森本晶・小川直人
植物防疫   62(11) 607-610   2008年
土壌DNAの利用 新しい研究手法(その1)特定機能を持つ遺伝子の単離
藤井毅
土壌肥料学雑誌   77(1) 115-118   2006年
有用組換え微生物におけるスイサイドシステムの発現制御
藤井毅・森本晶・長谷部亮
農林水産省研究成果   428 106-111   2005年

書籍等出版物

 
Molecular Microbial Ecology II
Morimoto, S. and Fujii, T. (担当:分担執筆, 範囲:Application of PCR-DGGE and metagenome walking to retrieve full-lengths functional genes from soil.)
Wiley-Blackwell   2011年   
メタゲノム解析技術の最前線
藤井 毅 (担当:分担執筆, 範囲:農耕地土壌の生物学的特性解明への挑戦)
シーエムー出版   2010年12月   
土壌微生物通信探訪(1)「過去」と対話してみませんか?
藤井 毅 (担当:分担執筆, 範囲:「土壌の微生物分析の基本原理」とメタゲノム研究)
博友社   2009年5月   

Works

 
土壌微生物におけるスイサイド遺伝子の開発
1990年 - 1992年
芳香族塩素化合物分解遺伝子等を用いた有用な組換え微生物の作出
1993年 - 1995年
有用機能遺伝子を野外環境下で安全に利用するための宿主ベクターシテムの開発
1996年 - 1998年
有用組換え微生物におけるスイサイドシステムの発現制御
1999年 - 2003年
アフィニティーバインディングアッセイによる微生物の環境シグナ ル物質認識レセプターの単離・解析法の開発
1998年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
放線菌の土壌環境適応戦略に関わる遺伝子発現制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究B
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 藤井 毅
土壌メタトランスクリプトーム解析に基づく新規抗生物質生産遺伝子のスクリーニン
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 藤井 毅
菌根共生系の窒素代謝機構とその土壌圏窒素循環における意義
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 斎藤 雅典
土壌圏の窒素循環における菌根共生系の意義を解明するために、(1)土壌の窒素・リン酸の比率の違いが菌根共生機能に及ぼす影響を解明する、(2)菌根共生系の窒素代謝に関わる遺伝子の機能解明、(3)菌根菌の形質転換のための技術を開発する。
土壌・根圏の温室効果ガスN2O を巡る微生物コミュニティーの機能ゲノミクスとN2O 低減化技術に向けた基盤研究
新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業
研究期間: 2007年 - 2011年
農耕地土壌から発生する温室効果ガス亜酸化窒素(N2O)の発生量低減化を目的として、N2O 発生型および除去型微生物コミュニティーの構造と機能を明らかにする。このコミュニティーの中心として機能する鍵微生物を特定・分離し、そのゲノムを解析する。これらの情報に基づき微生物コミュニティーの窒素変換機能を明らかにし、土壌中におけるN2O の生成・除去経路の正確な全体像を把握する。さらにN2O 除去微生物の生態系への定着と機能発現条件をゲノム情報により解析し、微生物によるN2O 除去技術を考案する。こ...
土壌環境下における放線菌有用機能の発現制御ネットワークの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 藤井 毅
土壌中で放線菌が分解酵素を生産し栄養を獲得する一連のプロセスや抗生物質の生産プロセスを制御する遺伝子の発現制御ネットワークを解明し、放線菌の自然環境適応戦略を明らかにする。