大迫 誠一郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/28 11:59
 
アバター
研究者氏名
大迫 誠一郎
 
オオサコ セイイチロウ
所属
東京大学
部署
大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター 健康環境医工学部門
職名
准教授
学位
博士(獣医)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
   
 
日本学術振興会 特別研究員
 
1995年8月
   
 
鹿児島大学農学部 助手
 
1998年10月
   
 
国立環境研究所 研究員
 
1999年4月
   
 
同 主任研究員
 
2003年4月
   
 
千葉大学大学院薬学研究院 助教授(併任)
 
2006年1月
   
 
東京大学医学系研究科 助教授
 
2007年4月
   
 
同 准教授
 
 
   
 
        現在に至る
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1995年3月
東京大学 農学生命科学研究科 獣医解剖学
 
 
 - 
1991年3月
東京大学 農学部 獣医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本繁殖生物学会  編集委員
 

受賞

 
 
平成4年4月 日本獣医学会解剖分科会奨励賞
 

Misc

 
Analysis of various antigens in golden hamster testis by monoclonal antibodies.
J Vet Med Sci 53(6), 969-974, (1991)   
Characterization of a testis specific protein localized to endoplasmic reticulum of spermatogenic cells.
Anat Rec 238(3), 335-348, (1994)   
Characterization of domains in mice of calnexin-t, a putative molecular chaperone required in sperm fertility, with use of glutathione S-transferase-fusion proteins.
Biol Reprod 59, 1214-1223, (1998)   
Immunocytochemical observation of the 90-kDa heat shock protein (HSP90): high expression in primordial and premeiotic germ cells of male and female rat gonads.
J. Histochem Cytochem 43(1), 67-76, (1995)   
Molecular cloning and sequencing of calnexin-t: An abundant male germ cell-specific calcium-binding protein of the endoplasmic reticulum.
J Boil Chem 269 (19), 14140-14148, (1994)   

書籍等出版物

 
大迫誠一郎.プログラムされる“病”の新たな仮説-環境化学物質による代謝系遺伝子の次世代エピゲノム変化.科学 79(9), 984-988, (2009)
岩波書店   2009年   
遠山千春・大迫誠一郎・石村隆太・西村典子・吉岡亘.ダイオキシンの生殖発生影響とその病態発症のメカニズム.細胞工学26(12), 1380-1385, (2007)
秀潤社   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
精細胞小胞体内分子シャペロン(calnexin-t)の機能に関する研究、 高分子量型熱ショックタンパクHSP90の精子発生における役割、 環境中の「ホルモン様化学物質」の生殖・発生影響に関する研究。
環境汚染化学物質の複合曝露による発癌リスクとその分子機構
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年