笹野 泰弘

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/26 20:53
 
アバター
研究者氏名
笹野 泰弘
 
ササノ ヤスヒロ

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
2016年12月
一般社団法人国際環境研究協会 プログラムオフィサー
 

学歴

 
 
   
 
東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻修士課程  
 
 
   
 
東北大学理学部地球物理学科  
 

受賞

 
1986年
日本気象学会山本賞
 
1991年
日本リモートセンシング学会論文賞
 
1992年
科学技術庁長官賞(研究功績者)
 
1992年
日経地球環境技術賞
 
2004年
日本気象学会藤原賞
 

論文

 
TANAKA Tomoaki, NAKAJIMA Hideaki, SUGITA Takafumi, EJIRI Mitsumu K., IRIE Hitoshi, SAITOH Naoko, TERAO Yukio, KAWASAKI Hiroyuki, USAMI Masatoshi, YOKOTA Tatsuya, KOBAYASHI Hirokazu, SASANO Yasuhiro
Appl Opt   46(29) 7196-7201   2007年10月
Boyan Tatarov,Chan Bong Park,Hideaki Nakane,Nobuo Sugimoto,Ichiro Matsui,Yasuhiro Sasano
IEEE International Geoscience & Remote Sensing Symposium, IGARSS 2007, July 23-28, 2007, Barcelona, Spain, Proceedings   1673-1676   2007年   [査読有り]
TILMES Simone, MUELLER Rolf, GROOSS Jens-uwe, NAKAJIMA Hideaki, SASANO Yasuhiro
J Geophys Res   111(D24) D24S90-D24S90   2006年12月
TILMES Simone, MUELLER Rolf, GROOSS Jens-uwe, SPANG Reinhold, SUGITA Takafumi, NAKAJIMA Hideaki, SASANO Yasuhiro
J Geophys Res   111(D11) D11S12-D11S12   2006年6月
PARK Chan Bong, NAKANE Hideaki, SUGIMOTO Nobuo, MATSUI Ichiro, SASANO Yasuhiro, FUJINUMA Yasumi, IKEUCHI Izumi, KUROKAWA Jun-ichi, FURUHASHI Noritaka
Appl Opt   45(15) 3561-3576   2006年5月
OSHCHEPKOV Sergey, SASANO Yasuhiro, YOKOTA Tatsuya, NAKAJIMA Hideaki, UEMURA Nobuyuki, SAITOH Naoko, SUGITA Takafumi, MATSUDA Hisashi
J Geophys Res   111(D2) D02307-D02307   2006年1月
OSHCHEPKOV Sergey, SASANO Yasuhiro, YOKOTA Tatsuya, UEMURA Nobuyuki, MATSUDA Hisashi, ITOU Yasuhiro, NAKAJIMA Hideaki
Appl Opt   44(22) 4775-4784   2005年8月
SASANO Yasuhiro, OSHCHEPKOV Sergey, YOKOTA Tatsuya, NAKAJIMA Hideaki
J Geophys Res   110(D18) D18212-D18212   2005年6月
Hideaki Nakajima,Takafumi Sugita,Tatsuya Yokota,Yasuhiro Sasano
IEEE International Geoscience & Remote Sensing Symposium, IGARSS 2005, July 25-29, 2005, Seoul, Korea, Proceedings   4197-4200   2005年   [査読有り]
Characteristics and performance of the Improved Limb Atmospheric Spectrometer (ILAS) in orbit
J. Geophys. Res.   107, D24, 8213, 10.1029/2001JD001439    2002年
New method for simultaneous gas and aerosol retrievals from space limb-scanning spectral observation of the atmosphere
Appl. Opt.   41(21) , 4234-4244    2002年
Characteristics of Arctic polar stratospheric clouds in the winter of 1996/1997 inferred from ILAS measurements
J. Geophys. Res.   107, D24, 8205, 10.1029/2001JD000595    2002年
Improved Limb Atmospheric Spectrometer (ILAS) data retrieval algorithm for Version 5.20 gas profile products
J. Geophys. Res.   107, D24, 8216, 10.1029/2001JD000628    2002年
ILAS observation of chemical ozone loss in the Arctic vortex during early spring 1997
Geophys. Res. Lett.   27, 213-216    2000年
Arctic polar stratospheric clouds observed with the Improved Limb Atmospheric Spectrometer during winter 1996/1997.
Jour.Geophys.Res.   105,24715-24730    2000年
ILAS observations of chemical ozone loss in the Arctic vortex during early spring 1997
Geophys. Res. Lett   27(2), 213-216    2000年
中島 英彰, 横田 達也, 飯田 隼人, 笹野 泰弘
天気   46(9) 619-624   1999年9月
中島 英彰, 笹野 泰弘
可視化情報学会誌   19(1) 57-60   1999年
The Improved Limb Atmospheric Spectrometer (ILAS) was a satellite sensor developed by Global Environment Division, the Environment Agency of Japan, for monitoring the ozone layer. ILAS was onboard the ADEOS (Advanced Earth Observing Satellite) "MI...
Yasuhiro Sasano,Makoto Suzuki,Tatsuya Yokota,Hiroshi Kanzawa
IEEE T. Geoscience and Remote Sensing   37(3) 1508-1516   1999年   [査読有り]
ILAS for stratospheric ozone layer monitoring: outline of data processing (Version 3.00 and 3.10) and validation experiments
IEEE T. G. Rem. Sens.   37(3), 1508-1516    1999年
Improved Limb Atmospheric Spectrometer (ILAS) for stratospheric ozone layer measurements by solar occultation technique
Geophys. Res. Lett.   26, 197-200    1999年
Validation of ILAS Version 3.10 ozone with ozonesonde measurements
Geophys. Res. Lett   26(7), 831-834    1999年
小林 隆久, 笹野 泰弘, 増田 一彦, 村治 能孝
日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan   18(1) 2-11   1998年3月
小林 隆久, 笹野 泰弘, 増田 一彦, 村治 能孝
日本リモートセンシング学会誌   18(1) 2-11   1998年
A multiple scattering contribution is one of the major problems to be solved in the lidar measurements of clouds from space. This paper discusses the effects of the multiple scattering on the lidar signals measured from space and on the retrieval ...
笹野 泰弘, 鈴木 睦, 横田 達也, 神沢 博
日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan   17(5) 493-499   1997年12月
Early Results from Improved Limb Atmospheric Spectrometer (ILAS) Measurements
GEOCARTO International   12, 61-68    1997年
Mukai Sonoyo, Sano Itaru, Sasano Yasuhiro
近畿大学環境科学研究所研究報告   (24) 49-52   1996年12月
Tropospheric aerosol extinction coefficient profiles derived from scanning lidar measurements over Tsukuba, Japan,from 1990 to 1993
Appl. Opt.   35(24), 4941-4952    1996年
Suzuki Makoto, Matsuzaki Akiyoshi, Ishigaki Takeo, Kimura Norio, Araki Nobuhiro, Yokota Tatsuya, Sasano Yasuhiro
IEICE transactions on communications   78(12) 1560-1570   1995年12月
Overview of Improved Limb Atmospheric Spectrometer (ILAS) instrument design, band selection studies, and operation plan is described. The ILAS is a solar occultation instrument onboard ADEOS spacecraft with two grating spectrometers : one is for m...
佐野 到, 向井 苑生, 笹野 泰弘
近畿大学理工学部研究報告   30(0) 371-377   1994年10月
鈴木 睦, 横田 達也, 笹野 泰弘
電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス   93(484) 59-66   1994年2月
1996年2月打ち上げ予定のADEOS衛星に塔載される環境庁のオゾン層センサーILAS(Improved Limb Atmospheric Spectrometer)の概要。12cm望遠鏡で太陽の日の出・日の入り時を観測する。赤外(12〜6μ)及び可視(784〜751mm)の回析格子分光器(各々44素子焦電型、1024素子MOS型検出器)により、O_3、HNO_3、NO_2、CFC11、H_2O、CH_4、エアロゾル、気温、気圧を測定する。3年間寿命で北緯57〜70度、南緯60〜85度の上...
Sonoyo Mukai,Itaru Sano,Yasuhiro Sasano,Makoto Suzuki,Tatsuya Yokota
IEEE T. Geoscience and Remote Sensing   32(5) 1124-1127   1994年   [査読有り]
中根 英昭, 笹野 泰弘, 林田 佐智子, 杉本 伸夫, 松井 一郎, 湊 淳, Mccormick M. P.
気象集誌   71(1) 153-159   1993年2月
国立環境研究所オゾンレーザーレーダー(つくば市、北緯36度、東経140度)を用いて測定されたオゾン濃度高度分布を、衛星搭載センサーSAGEIIのそれと比較した。比較にあたっては測定時間、測定場所の差についていくつかの基準をおいてSAGEIIのデータを選択した。すなわち、SAGEIIの測定対象域の緯度・経度について(1)それぞれつくばから5度及び15度以内に入るデータ、(2)北緯31度から41度までの緯度帯に入るデータの経度方向平均、また測定時間についてレーザーレーダー観測時刻の前後1日、3...
笹野 泰弘
日本リモートセンシング学会誌   13(4) 371-375   1993年
湊 淳, 杉本 伸夫, 笹野 泰弘
レーザー研究   20(10) 799-805   1992年
A laser long-path absorption system was developed by using an infrared Raman-shifter pumped by a tunable dye laser. The spectrum of carbon dioxide in the 2-μm region was mea-sured with the system in an open path with a round-trip path length of 1 ...
松井 一郎, 笹野 泰弘
環境科学会誌   4(1) 33-41   1991年
 都市域の夜間における窒素酸化物高濃度汚染現象の発現は都市境界層高度,平均風速と密接に関係していることを,ミー散乱レーザーレーダーを用いた低層大気構造の観測データを基に論じた。ミー散乱レーザーレーダーはエアロゾルの高度分布を時間的に連続して捉えることができる。エアロゾルの高度分布は大気の成層構造を反映することから,都市境界層の検出に用いることができる。都市境界層高度と平均風速の積の逆数で定義される停滞指数(Stagnant Factor)を用いて夜間平均の窒素酸化物(NOx)濃度,二酸化窒...
湊 淳, 杉本 伸夫, 笹野 泰弘
レーザー研究   19(12) 1153-1163   1991年
A simple and effective spectroscopic method based on earth-satellite-earth laser long path absorption measurements using RIS (Retroreflector-In-Space) on the ADEOS satellite, has been developed. This method utilize the Doppler shift of a reflected...
杉本 伸夫, 松井 一郎, 笹野 泰弘
光学   19(10) p687-693   1990年10月
, , ,
Japanese Journal of Applied Physics   29(2) 441-444   1990年2月
The presernt paper describes a new concept for a wind profiling technique using a conical scanning-lidar (laser radar). Measurement is based on a time correlation method using the pattern of aerosol and cloud distribution as a tracer. The directio...
向井 苑生, 竹俣 一也, 日下 迢, 笹野 泰弘
環境科学会誌   3(1) 13-19   1990年
 つくば市上空大気におけるエーロゾルの光学的厚さτaを,地球大気データ・LOWTRAN6の算出するτaと比較しながら検討する。エアートゥルースデータとして,茨城県つくば市にある国立公害研究所でライダー観測されたエーロゾルの消散係数データを用いる。波長0.53μmに対する高度100mから10kmまでのエーロゾルの消散係数を100m毎に観測したものである。データは1984年3月から1987年5月までの278件で,全て雲の影響を受けていない。これらの消...
湊 淳, 杉本 伸夫, 笹野 泰弘
レーザー研究   18(12) 986-994   1990年
An infrared laser long path absorption experimental system has been developed using a dyelaser pumped by an Nd: YAG laser and a hydrogen Raman shifter. The accuracy of the measurement system was evaluated by CO2 absorption experiment us...
岩坂 泰信, 笹野 泰弘
レーザー研究   17(4) 268-274   1989年
Lidar measureme nts and airborne-particle collections were performed during KOSARP 87 (KOSA Research Program of Nagoya University; April-May 1987) at Nagoya (35°N, 137°E) to investigate the vertical distribution of Asian dust (KOSA) particles and ...
杉本 伸夫, 笹野 泰弘, 中根 英昭, 林田 佐智子, 松井 一郎, 湊 淳
応用物理   58(9) 1385-1397   1989年
A multiple wavelength differential absorption laser radar has been constructed to measure the ozone profiles from the lower troposphere up to the upper stratosphere. The system consists of two subsystems ; one (the low altitude system ; LA) for th...
Light scattering characteristics of various aerosol types derived from multiple wavelength lidar observations
Appl. Opt.   28(9), 1670-1679    1989年
松井 一郎, 清水 浩, 杉本 伸夫, 笹野 泰弘, 浅井 和弘
応用物理   57(3) 407-413   1988年
The present paper describes a compact lidar system which is equipped with a high-power pulsed-laser-diode and a 30cm-diam. telescope. A photomultiplier with a high-speed data accumlator and a micro-computer are used for control and data processing...
笹野 泰弘
エアロゾル研究   3(3) 194-199   1988年
笹野 泰弘
エアロゾル研究   3(3) 194-199   1988年
飯倉 善和, 笹野 泰弘, 清水 浩
計測自動制御学会論文集   23(1) p11-15   1987年1月
飯倉 善和, 笹野 泰弘, 清水 浩
計測自動制御学会論文集   23(1) 11-15   1987年
In order to evaluate spacial stuructures of atmosphere from laser radar data, the location of target area must be accurately positioned. But, the usual method of positioning has a couple of error factors, such as earth curvature, laser beam refrac...
飯倉 善和, 笹野 泰弘, 清水 浩
計測自動制御学会論文集   23(1) 16-20   1987年
The calibration of laser radar signals required for determining the backscattering coefficents of stratospheric aerosol has been performed by matching the range corrected signals to the Rayleigh backscattering coefficients at the upper stratospher...
杉本 伸夫, 松井 一郎, 笹野 泰弘, 清水 浩, 竹内 延夫
レーザー研究   15(3) 170-180   1987年
The design and construction of a differential absorption lidar (DIAL) system for measuring NO2 in the urban atmosphere are described. Two-wavelength laser beams in the blue region generated by a dye laser pumped by a Nd: YAG laser are u...
笹野 泰弘, 杉本 伸夫, 松井 一郎, 清水 浩, 竹内 延夫, 〓刀 正行, 溝口 次夫
エアロゾル研究   2(2) 128-133   1987年
A Mie laser radar was used for observing diffusion of exhaust gases from motorcars running on a straight road over a flat terrain. Pointing the laser radar horizontally to the road at a right angle, time-range distribution patterns of aerosol conc...
笹野 泰弘, 杉本 伸夫, 松井 一郎, 清水 浩, 竹内 延夫, 〓刀 正行, 溝口 次夫
エアロゾル研究   2(2) 128-133   1987年
A Mie laser radar was used for observing diffusion of exhaust gases from motorcars running on a straight road over a flat terrain. Pointing the laser radar horizontally to the road at a right angle, time-range distribution patterns of aerosol conc...
中根 英昭, 笹野 泰弘
気象集誌   64(5) p787-792   1986年10月
松井 一郎, 清水 浩, 杉本 伸夫, 笹野 泰弘, 竹内 延夫, 丹野 直弘, 斎藤 典生, 横戸 健一
日本リモートセンシング学会誌   5(4) 321-329   1985年
The possibility of short-time forecasting of snowfall by a Mie lidar, which can measure the depolarization ratio, is discusssed. The information which can be obtained by lidar observation on snow clouds are the integrated intensity of backscattere...
斎藤 典生, 丹野 直弘, 高橋 良男, 横戸 健一, 清水 浩, 杉本 伸夫, 松井 一郎, 笹野 泰弘
応用物理   54(9) 952-958   1985年
The present paper describes the results of observation on the behaviour of a sectional snow cloud at Yonezawa by a Mie scattering laser radar. Laserradar offers the measurement of the phase of a cloud to a certain extent by using the depolarizatio...
Observational study on the atomospheric mixed layer and transition layer structures using a Mie lidar
J.Meteorol.Soc.Jpn   63(3), 419-435    1985年
清水 浩, 飯倉 善和, 笹野 泰弘, 松井 一郎
日本リモートセンシング学会誌   4(3) 233-244   1984年
We have constructed a large scale laser radar system.<BR>There are two types of systematic errors which occur in the measurement of wide area by using the system. Those are about measured signal intensity and the aiming error. The problem of the s...
笹野 泰弘, 松井 一郎, 清水 浩, 竹内 延夫
大気汚染学会誌   18(2) 175-183   1983年
混合層高度を連続的にモニターするためのMie散乱レーザーレーダーを製作し, 夏季に13日間にわたるテスト観測を行った。その結果, 晴天下の日中に発達する混合層高度の時間変化を明瞭に捉えることができた。<BR>本装置は, 混合層高度モニターの専用装置として, 鉛直上方だけを測定対象とした単機能型となっている。混合層内は上層の自由大気に比べてエアロゾル濃度が高く, 混合層の上端で濃度が急減しているケースが多い。レーザーレーダーは, このエアロゾル濃度の鉛直分布を測定するもので, 演算により濃度...
清水 浩, 笹野 泰弘, 安岡 善文, 植田 洋匡, 竹内 延夫, 奥田 典夫
応用物理   50(6) 616-620   1981年
Information on the wind profile in the upper atmosphere is important for a wide range of meteorological, air pollution mesurements etc. Remote sensing has frequently been used for this purpose. This paper describes a new two-dimensional spatial co...
清水 浩, 竹内 延夫, 笹野 泰弘, 杉本 伸夫, 松井 一郎, 奥田 典夫
応用物理   50(11) 1154-1164   1981年
A large-scale laser radar system, which measures Mie scatter from atmospheric aerosols and Raman scatter from major atmospheric components, has been constructed to observe the pollution over a wide area. For the system design, a laser wavelength s...
On Wind-Driven Current and Temperature Profiles with Diurnal Period in the Oceanic Planetary Boundary Layer
Journal of Physical Oceanography   9 (2), 360-372    1979年

Misc

 
笹野 泰弘
応用物理   59(4) 438-441   1990年
大気環境質の診断と予測にとって,大気の実態を三次元的にとらえることが本質的に重要であり,電磁波と大気構成成分気体との相互作用を利用したリモートセンシング技術が大きな役割を担うようになってきている.本稿では,すでに多くの開発・利用実績を持つ衛星搭載パッシブリモートセンサーの概要と,最近の進展が著しいアクティブリモートセンサーとしてのレーザーレーダーについて,計測に利用される光と物質の相互作用の観点から整理して示した.
笹野 泰弘
レーザー研究   17(4) 310-319   1989年
The present paper describes the present status of laser radar (lidar) applicationsto airpollution and related studies. Among various laser radar techniques so far developed, special attention is paid to the Mie laser radar and DIAL (Differential A...
笹野 泰弘, 祖父江 真一, 江淵 直人, 岡本 幸三, 佐藤 正樹, 沢田 治雄, 中村 健治, 早坂 忠裕, 本多 嘉明
天気   60(6) 433-444   2013年6月
山内 恭, 高橋 劭, 住 明正, 平野 仁司, 早坂 忠裕, 笹野 泰弘, 杉 正人, 田中 敏, 中島 映至, 真鍋 淑郎
天気   48(2) 119-125   2001年2月
中島 英彰, 笹野 泰弘
可視化情報学会誌. Suppl. = Journal of the Visualization Society of Japan   19(1) 57-60   1999年7月
笹野 泰弘
気象研究ノ-ト   123-130   1999年4月
笹野 泰弘
分光研究 = Journal of the spectroscopical research of Japan   47(6) 253-267   1998年12月
笹野 泰弘, 塩谷 雅人, 中根 英昭, 神沢 博, 鈴木 睦, 林田 佐智子
天気   45(4) 279-285   1998年4月
笹野 泰弘
化学と工業 = Chemistry and chemical industry   49(5) 671-672   1996年5月
笹野 泰弘
日本赤外線学会研究会資料   1995(7) 1-11   1995年8月
笹野 泰弘
化学工学   59(6) 423-424   1995年6月
笹野 泰弘
天気   42(4) 251-252   1995年4月
笹野 泰弘
ファルマシア   26(4) 346-349   1990年4月
笹野 泰弘
レ-ザ-研究   17(4) p310-319   1989年4月

書籍等出版物

 
オゾン層を守る[共著]
NHKブックス   1989年   
講座「地球環境」地球規模の環境問題[共著]
中央法規   1990年   
地球環境セミナー2 地球を観測する[編者]
オーム社   1993年   
地球環境セミナー3 地球を包む大気[共著]
オーム社   1993年   
地球環境経済論[共著]
慶応通信   1994年   
新しい地球環境学(共著)
古今書院   2000年   

講演・口頭発表等

 
横田 達也, 鈴木 睦, 笹野 泰弘
全国大会講演論文集   1993年9月27日   
1996年2月に打ち上げ予定の人工衛星ADEOSには、北極・南極周辺のオゾン層を観測するセンサーILAS(Impoved Limb Atmospheric Spectrometer)が搭載される。ILASは可視と赤外の分光器で構成され、日の出と日の入りの太陽光を観測する(太陽掩蔽法;solar occultation,図1)。その観測データから、成層圏のオゾン、硝酸、メタンなどの微量ガスの鉛直分布を導出するためには、高速かつ推定結果の要求精度を十分に満たすような演算手法を開発し、専用の運用...
横田 達也, 椿 広計, 笹野 泰弘
学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing   1996年11月1日   
横田 達也, 飯田 隼人, 笹野 泰弘
学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing   1997年5月1日   
横田 達也, 椿 広計, 笹野 泰弘
学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing   1997年11月1日   
横田 達也, 椿 広計, 笹野 泰弘
学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing   1998年11月1日