大坪 俊通

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/30 03:02
 
アバター
研究者氏名
大坪 俊通
eメール
t.otsubor.hit-u.ac.jp
URL
http://geo.science.hit-u.ac.jp/
所属
一橋大学
部署
社会学研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(信州大学)
科研費研究者番号
70358943

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2008年3月
一橋大学 社会学研究科 講師
 
2008年4月
 - 
2012年3月
一橋大学 社会学研究科 准教授
 
2012年4月
 - 
現在
一橋大学 社会学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年3月
一橋大学 法学部 
 

受賞

 
2004年5月
日本測地学会 日本測地学会坪井賞受賞
 
衛星レーザー測距データの高精度解析に関する研究

論文

 
H. Araki, S. Kashima, H. Noda, H. Kunimori, K. Chiba, H. Mashiko, H. Kato, T. Otsubo, Y. Matsumoto, S. Tsuruta, K. Asari, H. Hanada, S. Yasuda, S. Utsunomiya, H. Takino
Earth, Planets and Space   68(101)    2016年6月   [査読有り]
T. Otsubo, K. Matsuo, Y. Aoyama, K. Yamamoto, T. Hobiger, T. Kubo-oka, M. Sekido
Earth, Planets and Space   68(65)    2016年4月   [査読有り][招待有り]
D. Kucharski, G. Kirchner, T. Otsubo, H-C Lim, J. Bennett, F. Koidl, Y-R Kim, J-Y Hwang
Advances in Space Research   57(4) 983-990   2016年2月   [査読有り]
T. Otsubo, R. A. Sherwood, G. M. Appleby, R. Neubert
Journal of Geodesy   89 303-312   2015年4月   [査読有り]
To realize the full potential of satellite laser ranging for accurate geodesy, it is crucial that all systematic effects in the measurements are taken into account. This paper derives new values for the so-called center-of-mass corrections for thr...
重力衛星が捉えるグリーンランド氷床の縮退 (共著)
松尾 功二, 福田 洋一, 大坪 俊通, 鈴木 知良
月刊地球   37(2) 25-31   2015年2月

書籍等出版物

 
天体の位置と運動 (シリーズ現代の天文学第13巻) (共著)
大坪 俊通 (担当:共著)
日本評論社   2009年4月   ISBN:4535607338

講演・口頭発表等

 
"Further improvements in understanding subtle systematic effects in laser ranging data"
大坪 俊通
European Geosciences Union General Assembly 2007   2007年4月1日   
「新しい地球基準座標系 ITRF2005 と SLR データ解析による評価」
大坪 俊通
日本地球惑星科学連合2007年大会   2007年5月1日   
-
大坪 俊通
ILRS Fall 2007 Workshop"Preliminary Design of Retroreflector Array for ASTRO-G in Highly Elliptic Orbit"   2007年9月1日   
-
大坪 俊通
ILRS Fall 2007 Workshop"Multi-Satellite Quality Check at Hitotsubashi University"   2007年9月1日   
「ASTRO-G 精密軌道決定用レーザリフレクタの設計 [2] 配列と光学応答」
大坪 俊通
第51回宇宙科学技術連合講演会   2007年10月1日   

競争的資金等の研究課題

 
精密宇宙測地技術の開発及びその応用に関する研究
情報通信研究機構: 共同研究(国内共同研究)
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 大坪俊通
人工衛星の精密軌道決定およびそのための技術開発
研究期間: 1949年5月   
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月