小保方 潤一

J-GLOBALへ         更新日: 09/08/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
小保方 潤一
 
オボカタ ジユンイチ
URL
http://www.gene.nagoya-u.ac.jp/~obokata-g/
所属
京都府立大学
部署
生命環境科学研究科 応用生命科学専攻
職名
准教授
学位
理学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 名古屋大学 遺伝子実験施設 准教授
 
1999年
 - 
2007年
 名古屋大学 遺伝子実験施設 助教授
 
1993年
 - 
1999年
 北海道大学 大学院地球環境科学研究科 助教授
 
1991年
 - 
1993年
 北海道大学 理学部 助教授
 
1986年
 - 
1991年
 北海道大学 遺伝子実験施設 助手
 

学歴

 
 
 - 
1985年
北海道大学 理学研究科 植物学専攻
 

Misc

 
MIYAMOTO T, OBOKATA J, SUGIURA M
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   101(1) 48-52   2004年
Remote control of photosynthetic genes by the mitochondrial respiratory chain.
The Plant Journal   47 873-882   2006年
NAGAO Issei, OBOKATA Junichi
Analytical Biochemistry   354(1) 1-7   2006年

Works

 
「植物ゲノムの転写単位新生能」を定量的に評価する手法の確立と応用
2005年 - 2006年
シンビオジェネシスの基礎となるプロモーター獲得原理の解明
2005年 - 2005年
光合成核遺伝子システムに特有なプロモーター構成と転写制御機構の解明
2002年 - 2004年
高等植物ゲノムにおける転写開始複合体の多様性と機能分化
2005年 - 2007年
高等植物における葉緑体RNAエディティングの分子機構の解明
2003年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
植物ゲノムの流動性とプロモーターの起源
研究期間: 2000年   
植物プロモーターの多様性と進化
研究期間: 1999年   
葉緑体ゲノムから核ゲノムへの遺伝子移動のメカニズム
研究期間: 2001年   
細胞内共生進化を可能にする分子メカニズム
研究期間: 2001年   
光合成をするウミウシの研究
研究期間: 2007年   

特許

 
Methods of screening potential translational regulatory elements of mRNAs
Patent No. 6558909