武藤 康弘

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/29 02:52
 
アバター
研究者氏名
武藤 康弘
 
ムトウ ヤスヒロ
所属
奈良女子大学
職名
教授
学位
博士(文学)(東京大学), 文学修士(國學院大學大学院)
その他の所属
奈良女子大学奈良女子大学奈良女子大学

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1998年
:東京大学文学部助手
 
1998年
 - 
1998年
:東京大学大学院人文社会系研究科助手
 
1999年
   
 
-:奈良女子大学文学部助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
國學院大學大学院 歴史・人類学研究科 考古学
 
 
 - 
1983年
國學院大學 文学部 考古学
 

受賞

 
1998年
山下太郎学術研究奨励賞
 

Misc

 
大和における御田植祭の系譜
武藤 康弘
万葉古代学研究所年報   (4) 89-101   2006年
「トチノミの非加熱アクヌキ法の系譜」
武藤 康弘
『研究年報』 奈良女子大学文学部   46 19-39   2002年
トチノミの非加熱アクヌキ法の分布と起源
武藤 康弘
奈良女子大学人間文化研究科年報   (19) 23-34   2004年
1930年代から40年代に日本人が記録したモンゴル民族誌の悉皆調査
武藤 康弘
奈良女子大学文学部研究教育年報   (8) 85-93   2011年
映像人類学の実践的試み―奈良の伝統的祭礼の映像アーカイブの構築―
武藤 康弘
奈良女子大学文学部研究教育年報   6 59-64   2009年

書籍等出版物

 
映像でみる奈良まつり歳時記
ナカニシヤ出版   2011年   
縄文時代の食と住まい
同成社   2016年   
はじめての土偶
世界文化社   2014年   
『講座 日本の考古学4 縄文時代 下』
青木書店   2014年   
大学的奈良ガイド 子供が暴れると豊作!?-仮装と子供の暴れ 奈良の祭の醍醐味
昭和堂   2009年   

Works

 
奈良県内の農耕儀礼と民俗芸能の調査と記録保存
2002年
中国内モンゴル自治区におけるモンゴル民族の生活様態調査-オボ祭りを中心として-
2006年4月
紀伊半島山間地における伝統的食文化に関するフィールドワーク
2002年
伊豆諸島における鏡信仰の調査-八丈小島の考古学的調査-
1991年
住居(民家建築)、集落に関する世界的文献目録の作成〔未刊行〕(鹿島学術振興財団の助成金による)
1985年

競争的資金等の研究課題

 
堅果類・根茎類の食習の民族学的研究
研究期間: 2001年   
中国内モンゴル自治区におけるモンゴル民族の生活態様調査
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2010年
奈良県および隣接地域における農耕儀礼の実地調査
研究期間: 2001年 - 2010年
縄文時代後・晩期における居住システムの転換と分節化社会の発達過程の研究
研究期間: 1999年 - 2005年
縄文時代における定住・半定住的様相の研究