佐々木 哲彦


佐々木 哲彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/10 15:06
 
アバター
研究者氏名
佐々木 哲彦
 
ササキ テツヒコ
所属
玉川大学
部署
学術研究所 ミツバチ科学研究センター
職名
教授
学位
理学士(東京大学), 理学修士(東京大学), 博士(理学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1991年3月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻
 

論文

 
Kohno H, Suenami S, Takeuchi H, Sasaki T, Kubo T.
Zoolog Sci   33(5) 505-512   2016年10月   [査読有り]
Ugajin A, Watanabe T, Uchiyama H, Sasaki T, Yajima S, Ono M.
Biochem Biophys Res Commun.   478(2) 1014-9   2016年9月   [査読有り]
Ugajin A, Matsuo K, Kubo R, Sasaki T, Ono M.
Naturwissenschaften   103(3-4) 17   2016年4月   [査読有り]
Furukawa S, Tanaka K, Ikeda T, Fukatsu T, Sasaki T
Applied Entomology and Zoology   47 449-456   2012年11月   [査読有り]
Transduction of baculovirus vectors to queen honeybees, Apis mellifera L.
Ikeda T., Nakamura J., Furukawa S., Chantawannakul P., Sasaki M. and Sasaki T.
Apidologie   42 461-471   2011年8月   [査読有り]
CpG methylation in the hexamerin 110 gene in the European honeybee Apis mellifera L.
Ikeda T., Furukawa S., Nakamura J., Sasaki M. and Sasaki T.
J. Insect Science 1   Article 74    2011年8月   [査読有り]
Reduced expression of major royal jelly protein 1 gene in the mushroom bodies of worker honeybees with reduced learning ability.
Hojo M., Kagami T., Sasaki T., Nakamura J. and Sasaki M.
Apidology   41 194-202   2010年1月   [査読有り]
Differential gene expression in the mandibular glands of queen and worker honeybees, Apis mellifera L., Implication for caste-selective aldehyde and fatty acid metabolism.
Hasegawa M., Asanuma S., Fujiyuki T., Kiya T., Sasaki T., Endo D., Morioka M. and Kubo T.
Insect Biochemistry and Molecular Biology   39 661-667   2009年10月   [査読有り]
Complete WO phage sequence revealed putative functional elements required for integration into Wolbachia genome.
Tanaka K., Furukawa S., Nikoh N., Sasaki T. and Fukatsu T
Appl. Environmental. Microbiology.   75 5676-5686   2009年9月   [査読有り]
Expression of the dopamine transporter in the brain of the honeybee, Apis mellifera L. (Hymenoptera:Apidae).
Nomura S., Takahashi J., Sasaki T, Yoshida T. and Sasaki M.
Applied Entomology and Zoology   44 403-411   2009年8月   [査読有り]
In vitro infection of Wolbachia in insect cell lines
43(4) 519-525   2008年
Wolbachia variant that induce two distinct reproductive phenotypes in defferent hosts.
95 389-393   2005年
Transinfection reveals the crucial importance of Wolbachia genotypes in determining the type of reproductive alteration in the host.
85 205-210   2005年
Kakugo virus from brains of aggressive worker honeybees
5   65 1-27   2005年
A novel insect picorna-like virus identified in the brains of aggressive worker honeybees.
78 1093-1100   2004年
Isolation and characterization of the bacteriophage WO from Wolbachia, an arthropod endosymbiont.
317 1183-1188   2004年
Infection density of Wolbachia and level of cytoplasmic incompatibility in the Mediterranean flour moth, Ephestia kuehniella.
84 1-5   2003年
Regulation of Wolbachia density in the Mediterranean flour moth, Ephestia kuehniella, and the almond moth, Cadra cautella
20 153-157   2003年
Interspecific transfer of Wolbachia between two lepidopteran insects expressing cytoplasmic incompatibility: a Wolbachia variant naturally infecting Cadra cautella causes male killing in Ephestia kuehniella
162 1313-1319   2002年
Transfection of Wolbachia in Lepidoptera: the feminizer of the adzuki bean borer Ostrinia scapulalis causes male killing in the Mediterranean flour moth Ephestia kuehniella
268 1-5   2001年

Misc

 
Expression of slit homolog 1 and major royal jelly protein 7 genes in the brain of the European honeybee, Apis mellifera L.
Kagami T., Furukawa S., Ikeda T., Hojo M., Nakamura J., Sasaki M and Sasaki T.
Tamagawa University Research Review   16 11-18   2011年2月
Influence of social stimuli deprivation on gene expression in brain of the honeybee, Apis mellifera L.
Hojo M., Kagami T., Nomura S., Kubo Y., Nakamura J., Sasaki M. and Sasaki T.
Tamagawa University Research Review   15 31-38   2010年2月
細菌が操る性転換
佐々木哲彦(翻訳)
日経サイエンス   (7月号) 60-67   2002年7月   [依頼有り]
昆虫と微生物の栄養・代謝共生
佐々木 哲彦
植物防疫   52(11) 12-15   1998年

書籍等出版物

 
栄養生理
アブラムシの生物学   2000年   
昆虫における細胞内共生
微生物の共生系   1995年   

講演・口頭発表等

 
蛹期のミツバチ視葉におけるEgr-1相同遺伝子の一過的発現
宇賀神篤、渡辺崇之、内山 博允、佐々木哲彦、矢島俊介、小野正人
日本動物学会第87回大会(沖縄コンベンションセンター, 沖縄県宜野湾市)   2017年11月17日   
ミツバチにおけるCRISPR/Cas9を用いたゲノム編集技術の開発:社会行動に関わる遺伝子の機能解析に向けて
河野大輝、末次翔太、竹内英明、佐々木哲彦、久保健雄
日本動物学会第87回大会(沖縄コンベンションセンター, 沖縄県宜野湾市)   2016年11月17日   
ミツバチの分業社会を支える脳内遺伝子発現の調節 [招待有り]
佐々木 哲彦
日本学術会議公開シンポジウム「昆虫の社会と行動」(日本学術会議講堂, 東京都港区)   2016年9月25日   
ミツバチにおける新規セリン/スレオニンキナーゼ型初期応答遺伝子の解析
宇賀神 篤、内山 博允、宮田 徹、佐々木 哲彦、矢嶋 俊介、小野 正人
日本昆虫学会第76回大会   2016年3月26日   
ミツバチ脳の社会性行動を制御する候補遺伝子mKastの発現解析と、機能解析に向けたゲノム編集法確立の試み
河野大輝、末次翔太、金子九美、山根篤大、竹内秀明、佐々木哲彦、久保健雄
日本昆虫学会第76回大会   2016年3月26日   

競争的資金等の研究課題

 
ミツバチのカースト分化および脳機能に関するエピジェネティクス
日本学術振興会: 科研費(基盤C)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 佐々木 哲彦
昆虫類における多型発現のエピジェネティクス
日本学術振興会: 科研費(基盤C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 佐々木 哲彦
Modifying Mosquito Population Age Structure to Eliminate Dengue Transmission
FNIH: Grand Challenges in Global Health
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: Scott O’Neill