茂木 立志

J-GLOBALへ         更新日: 09/04/17 00:00
 
アバター
研究者氏名
茂木 立志
 
モギ タツシ
所属
東京大学
部署
大学院医学系研究科 国際保健学専攻 生物医化学教室
職名
特任講師
学位
理学博士(東京大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1989年
マサチューセッツ工科大学 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京大学 理学系研究科 植物学
 
 
 - 
1977年
東京教育大学 理学部 生物学科植物学専攻
 

受賞

 
1998年
Journal of Biochemistry論文賞
 

Misc

 
バクテリオロドプシンによるプロトンの放出・取り込みの量子収率および速度定数は、アスパラギン酸85,96,115と212の置換変異の影響を受ける.
米国国立科学アカデミー紀要   86,529-533    1989年
バクテリオロドプシンのアスパラギン酸96のアスパラギン置換はM中間体の崩壊速度と付随するプロトン移動速度を低下させる。
米国国立科学アカデミー紀要   86,2167-2171    1989年
バクテリオロドプシンの青紫転移とプロトンポンプ活性におよぼすチロシン185残基の遺伝的改変の効果
米国国立科学アカデミー紀要   87,4103-4107    1990年
大腸菌チトクロムb┣D5-┫D5562-o┣D5-┫D5複合体の転写制御:遺伝子発現とプロモーターの分子論的解析
生物化学誌   265,11198-11203    1990年
セリンおよびスレオニン残基に単一置換変異をもつバクテリオロドプシン変異体のプロトン輸送は全て正常である。
生物化学誌   266,6919-6927    1991年

書籍等出版物

 
バクテリオロドプシンの研究II
蛋白質からリボゾームへ   1988年   
チトクロムboの基質酸化における2つのキノン結合部位の協同性
酸素の恒常性と動態   1998年   
光受容蛋白
生体膜工学   1991年   
バクテリオロドプシン
生体膜と膜輸送   1992年   
FTIR
生体膜と膜輸送   1992年   

Works

 
末端酸化酵素選択的抗菌剤の開発
1995年 - 1997年
時間分解赤外分光器の開発
1998年 - 2001年
バクテリア呼吸鎖におけるユビキノン酸化還元反応の分子機構と構造の基盤
2000年

競争的資金等の研究課題

 
呼吸鎖末端酸化酵素の分子生理学
色素体の呼吸系
研究期間: 2002年   
ヘムO・Aの生合成機構
呼吸酵素阻害剤のスクリーニングと作用機構解析