大河 誠司

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 02:56
 
アバター
研究者氏名
大河 誠司
 
オオカワ セイジ
所属
東京工業大学
部署
工学院
職名
准教授
学位
工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
60201373

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1987年
:(株)東芝 火力プラント技術部
 
1987年
 - 
1994年
:東京工業大学 助手
 
1994年
   
 
-:東京工業大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京工業大学 理工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1980年
カンタベリー大学 工学部 機械工学科
 

委員歴

 
2001年
 - 
2004年
日本機械学会  校閲委員、広報委員
 
2006年
 - 
2008年
日本冷凍空調学会  常任理事、論文編集委員会、学術講演会運営委員、国際委員会委員、理事、編集委員会査読委員
 
1995年
 - 
1996年
日本伝熱学会  総務部幹事
 

受賞

 
1993年
日本冷凍協会学術賞
 
1990年
日本冷凍協会学術賞
 
1997年
日本冷凍空調学会学術賞
 

Misc

 
基礎編 熱伝導
大河誠司
日本機械学会 伝熱工学資料 改訂第5版      2009年
SEIJI OKAWA, Tetsuya Ito, AKIO SAITO
International Journal of Refrigeration   32(2) 246-252   2009年
Hiroyuki KUMANO, Tatsunori ASAOKA, Akio SAITO, Seiji OKAWA
International Journal of Refrigeration   32(1) 175-182   2009年
Tatsunori ASAOKA, Akio SAITO, Seiji OKAWA, Hiroyuki KUMANO, Tsutomu HOZUMI
International Journal of Refrigeration   32(3) 387-393   2009年
Vacuum Freezing Type Ice Slurry Production using Ethanol Solution, 1st report: Measurement of Vapor-Liquid Equilibrium Data of Ethanol Solution at 20 oC and at the Freezing Temperature
Tatsunori ASAOKA, Akio SAITO, Seiji OKAWA, Tetsuya ITO, Naoki IZUMI
International Journal of Refrigeration   32(3) 387-393   2009年

書籍等出版物

 
機械工学のための数学I -基礎数学-
朝倉書店   2007年   
機械工学のための数学Ⅰ(基礎数学)
朝倉書店   2007年   
機械工学便覧 基礎編 熱工学
丸善   2006年   
氷蓄熱システムの製氷・解氷手法
日本エネルギー学会誌   2002年   ISBN:09168753

講演・口頭発表等

 
Fundamental research on freezing of refrigerant by making use of membrane
The 5th Asian Conference on Refrigeration and Air-conditioning   2010年   
固体の熱浸透率が固体面上での氷の成長現象に及ぼす影響
2009日本冷凍空調学会年次大会   2009年   
An anisotropic behavior in crystal nucleation
The 4th Asian Conference on Refrigeration and Air-conditioning   2009年   
イオン交換膜を介した過冷却解消現象を利用した保冷材の過冷却抑制に関する研究
第42回空気調和・冷凍連合講演会   2009年   
過冷却水中における固体面上での氷の成長に関する研究
第29回日本熱物性シンポジウム   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
分子動力学法を用いた固液相変化シミュレーション
ミクロな視点からの氷核発生についての研究
氷蓄熱システム
ダイナミック型氷蓄熱システムの抱える様々な技術開発が必要な点を取り上げ、研究する
凍結濃縮
凝固に伴う溶質排除の現象を利用して環境汚染につながる物質をなどを取り除く技術の研究
過冷却水の凝固
過冷却水の凝固を予測し、能動的に制御する方法の研究