遠藤 英明

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/05 16:00
 
アバター
研究者氏名
遠藤 英明
 
エンドウ ヒデアキ
URL
http://www2.kaiyodai.ac.jp/~endo/endo/index.html
所属
東京海洋大学
部署
海洋資源環境学部 海洋環境科学科
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)

プロフィール

東京海洋大学 海洋資源環境学部 海洋環境科学科 教授(工学博士).1985年,東京水産大学水産学部食品工学科卒業.1991 年,「バイオプロセス用センサーの開発とその応用」で東京工業大学大学院総合理工学研究科電子化学専攻を修了(工学博士).フランス・コンピエーヌ工科大学客員研究員を経て,1991年12月に東京水産大学水産学部食品生産学科助手,1998年7月,同助教授に就任.2003年,東京水産大学と東京商船大学の統合・改組に伴い東京海洋大学海洋科学部海洋環境学科助教授に.2008年に同准教授,2011年2月に同教授に就任,2017年4月より現職.
この間
1991年6月~1991年11月:フランス・コンピエーヌ工科大学 バイオテクノロジーセンター客員研究員
1995年3月~1996年1月:アメリカ・カリフォルニア大学スクリップス海洋研究所(文部省在外研究員)
2013年10月~現在:共立女子大学 家政学部 非常勤講師
2015年4月~現在:東京海洋大学 教育研究評議会 評議員
2017年4月~現在:東京海洋大学 海洋資源環境学部 副学部長

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
   
 
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
1991年
 - 
1998年
東京水産大学 食品生産学科 助手
 
1998年
 - 
2003年
東京水産大学 食品生産学科 助教授
 
2003年
 - 
2011年
東京海洋大学 海洋科学部 海洋環境学科 准教授
 
2011年
 - 
2016年
東京海洋大学 海洋科学部 海洋環境学科 教授
 
2017年
 - 
現在
東京海洋大学 海洋資源環境学部 海洋環境科学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東京工業大学 総合理工学研究科 電子化学
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員(基盤研究等第1段審査委員)(2015年),科学研究費委員会専門員(2011~2013年),特別研究員等審査会専門委員・国際事業委員会書面審査員(2009~2010年)
 
 
   
 
日本水産学会  総務幹事(2013~2014年度),庶務幹事(2006~2008年度),編集幹事(1997~1998年度),男女共同参画推進委員会委員(2012~2014年度),公益法人化対応特別委員会委員(2008~2010年度), 企画広報委員会委員(2001~2004年度)
 

受賞

 
2016年9月
日本学術振興会 平成28年度「科研費」審査委員表彰
 
2015年3月
東京海洋大学 学長賞 「研究の高度化と活性化貢献」
 
2010年3月
日本水産学会 平成21年度日本水産学会論文賞 Determination of plasma total cholesterol concentrations in fish using an optical biosensor with a silicone-immobilized enzyme.
 
2009年
Best Poster Award (Second Prize) Rapid and Highly Sensitive Detection of Flavobacterium Psychrophilun Using High-Gradient lmmunomagnetic Separation Euroanalysis 2009 (Anal. Bioanal. Chem., Springer) Innsbruck, Austria
 
2008年
Best Poster Award 2008 Wireless enzyme sensor system for real-time monitoring to blood glucose levels for fish The Tenth World Congress on Biosensors (Biosens & Bioelectron., Elsevier)
 
2008年
Best Poster Presentation (Corresponding author) Needle type cholesterol biosensor specialized consecutive health diagnosis of fishThe 5th World Fisheries Congress (WFC 2008) Yokohama, Japan
 
2007年
Award for Best Poster Immunomagnetic separation using carbonyl iron powder and flow cytometry for rapid detection of Flavobacterium psychrophilum. EuroanalysisXIV (Anal. Bioanal. Chem., Springer) Antwerp University, Antwerp, Belgium,
 
1998年
日本水産学会 平成10年度日本水産学会賞[技術賞] HACCP対応型バイオセンサーの開発に関する研究
 

論文

 
Wu H, Ohnuki H, Ota S, Murata M, Yoshiura Y, Endo H
Biosensors & bioelectronics   93 57-64   2017年7月   [査読有り]
Wu H, Ohnuki H, Hibi K, Ren H, Endo H
Fish physiology and biochemistry   42(1) 19-27   2016年2月   [査読有り]
Wu H, Aoki A, Arimoto T, Nakano T, Ohnuki H, Murata M, Ren H, Endo H
Biosensors & bioelectronics   67 503-510   2015年5月   [査読有り]
Wang H, Ohnuki H, Endo H, Izumi M
Bioelectrochemistry (Amsterdam, Netherlands)   101 1-7   2015年2月   [査読有り]
Carbon nanotube-Enhanced label-free immunosensor for highly sensitive detection of plasma cortisol levels in fish
H. Wu, H. Ohnuki, H. Ren, H. Endo
Sensors and Materials   27 793-803   2015年   [査読有り]
Carbon nanotube-enhanced enzyme sens.
Taogesi, H. Wu, M. Murata, H. Ren, H. Endo
Sensors and Materials   27 805-815   2015年   [査読有り]
Takase M, Murata M, Hibi K, Huifeng R, Endo H
Fish physiology and biochemistry   40(2) 385-394   2014年4月   [査読有り]
Pt-Au interdigitated array electrodes for biosensing applications
S. Mukoyama, H. Ohnuki, H. Endo, D. Tsuya, M. Izumi
Transactions of the Materials Research Society of Japan   39 239-242   2014年   [査読有り]
Hirai M, Muramatsu T, Ohnuki H, Hibi K, Ren H, Endo H
Fish physiology and biochemistry   39(2) 299-308   2013年4月   [査読有り]
Ohno R, Ohnuki H, Wang H, Yokoyama T, Endo H, Tsuya D, Izumi M
Biosensors & bioelectronics   40(1) 422-426   2013年2月   [査読有り]

Misc

 
バイオセンサーによる迅速・簡便な魚類の健康診断(2010)
遠藤英明
養殖   592(6) 25-27   2010年
魚類の健康バイオセンシング
遠藤英明
未来材料   10(5) 30-35   2010年
魚の安全性をセンシングできるバイオセンサーの開発 ~魚肉の鮮度測定,微生物検出から魚の健康診断まで~
遠藤英明
食品工業   51(16) 51-59   2008年
バイオセンシングシステムによる新しい微生物検出法
遠藤英明
アクアネット   6(1) 56-59   2003年
微生物の特異検出のための新しいバイオセンシング法の開発
遠藤 英明
ふーま   15-3(59) 16-19   1998年
Development of New Bioprocess Sensors
BIO INDUSTRY   8(545-553)    1991年
新しいバイオプロセス用センサーの開発
民谷栄一,遠藤英明,軽部征夫
BIO INDUSTRY   8 545-553   1991年
Development of Novel Sensors for Bioprocess Monitoring Piezoelectric Transducers
Chemical Engineering   35(29-33)    1990年
Application of Piezoelectric Transducers for Bioprocess monitoring
Ultrasonic Technology   2(77-81)    1990年

書籍等出版物

 
生物学辞典(分担執筆)バイオテクノロジー分野の用語を数項目担当
東京化学同仁   2010年   
魚介類のための鮮度測定用バイオセンサ(分筆) バイオセンサ・ケミカルセンサ事典(監修 軽部征夫) 317-328,東京(2007)
テクノシステム   2007年   
遠藤英明(分担執筆):ユビキタス・バイオセンシング,三林浩二監修,第4編第4章「食としての魚の安全性をセンシングする」,pp. 247-259
シーエムシー出版   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
魚の生理状態の可視化と測定:双方向通信技術を用いた魚類のためのバイオセンシング 科研費 基盤研究(B)
科研費 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 遠藤 英明
バイオセンサによる魚類のユーストレス/ディストレスの解明:魚に良いストレスとは? 科研費 挑戦的萌芽研究
科研費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 遠藤 英明
魚類のストレスの見える化:可視光通信技術を用いたバイオセンシングシステムの創出
科研費 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 遠藤 英明
バイオセンサによる魚類のストレス応答モニタリング:魚のきもちを知ることは可能か?
科研費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 遠藤 英明
魚類の健康バイオセンシング「さかなドック」の創出に関する研究
科研費 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 遠藤 英明
魚類のための生体留置型ワイヤレスバイオセンサーの創出に関する研究
科研費 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 遠藤 英明
養殖魚の健康診断のための生体刺入型バイオセンサーの創出に関する研究
科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 遠藤 英明
免疫反応におけるブラウン運動を指標としたHACCP対応型微生物検出法の確立
科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 遠藤 英明