田邉 新一

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/14 03:07
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
田邉 新一
 
タナベ シンイチ
通称等の別名
田辺 新一
eメール
tanabewaseda.jp
URL
http://www.tanabe.arch.waseda.ac.jp/
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 創造理工学部
職名
教授
学位
工学博士(早稲田大学), 工学修士(早稲田大学)
科研費研究者番号
30188362

プロフィール

建築環境に関して研究開発を行っています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1988年
早稲田大学理工学部 助手
 
1988年
 - 
1992年
お茶の水女子大学家政学部 講師
 
1992年
 - 
1998年
お茶の水女子大学生活科学部 助教授
 
1998年
 - 
1999年
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科 助教授
 
1999年
 - 
2001年
早稲田大学理工学部建築学科 助教授
 
2001年
   
 
早稲田大学理工学部建築学科 教授
 
2003年
 - 
2003年
デンマーク工科大学客員教授
 
2008年
   
 
大連理工大学客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
早稲田大学 理工学部 建築学科
 
 
 - 
1987年
早稲田大学 理工学研究科 建設工学
 

受賞

 
2014年
空気調和・衛生工学会賞(技術賞 建築設備部門)
 
2013年5月
空気調和・衛生工学会賞(技術賞 建築設備部門)
 
2012年
日本環境感染学会賞(優秀論文賞)
 
2009年5月
空気調和・衛生工学会(技術賞 建築設備部門)
 
2008年5月
空気調和・衛生工学会学会賞・技興賞,技術振興賞
 

論文

 
Progress in thermal comfort research over the last twenty years
R. J. de Dear, T. Akimoto, E. A. Arens, G. Brager, C. Candido, K. W. D. Cheong, B. Li, N. Nishihara, S. C. Sekhar, S. Tanabe, J. Toftum, H. Zhang and Y. Zhu
Indoor Air   Volume 23(Issue 6) 442-461   2013年12月
Development of JOS-2 human thermoregulation model with detailed vascular system
Yutaka Kobayashi, Shin-ichi Tanabe
Building and Environment   66 1-10   2013年
住環境と家事が女性の肩こりに及ぼす影響の構造分析
加藤龍一、長澤夏子、堤仁美、松岡由紀子、秋元孝之、田辺新一
臨床雑誌 整形外科   Vol64(No.11) 1147-1154   2013年
節電対策が電力消費量削減に与える影響 東日本大震災後の節電環境下におけるオフィス実態調査に関する研究
田渕誠一、平岡 雅哉、菰田英晴、岩橋優子、對馬聖菜、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.692 793   2013年10月
居住環境と家事が慢性腰痛に及ぼす影響の属性別分析
長澤夏子、堤仁美、松岡由紀子、加藤龍一、秋元孝之、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.690 655-661   2013年8月
建材選定が室内化学物質濃度に与える影響に関する実験
山田裕巳、松下和彦、田辺新一、林基哉
室内環境学会 室内環境     Vol.16 23-34   2013年6月
住環境満足度と居住者のストレス・健康感の関連分析
堤仁美、長澤夏子、加藤龍一、松岡由紀子、秋山友里、秋元孝之、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.686 359-366   2013年4月
諸外国における住宅・建築物の省エネルギー規制の動向に関する調査研究
水石仁、伊香賀俊治、村上周三、田辺新一
日本建築学会技術報告集   No.41 225-230   2013年2月
Thermal comfort and productivity in offices under mandatory electricity savingsafter the Great East Japan earthquake
Shin-ichi Tanabe, Yuko Iwahashi, Sayana Tsushima, Naoe Nishihara
Architectural Science Review   1-10   2013年1月
居住環境と家事が慢性疼痛に及ぼす影響の調査と構造分析
長澤夏子、堤仁美、松岡由紀子、加藤龍一、秋元孝之、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.683 55   2013年1月
マイクロチャンバー法における換気量変化がDEHP放散に及ぼす影響
川村聡宏、波多野弘和、金_兌、金勲、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.683 25-30   2013年1月
小型チャンバーにおける気流速度と水蒸気換算物質伝達率との関係
金勲、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.681 873   2012年11月
Effects of various indoor environmental factors on thedecay of chlorine dioxide gas concentration: Implicationsof its use against pandemic influenza
Hitomi Tsutsumi, Fumihiko Shinoda, Shin-ichi Tanabe, Masakazu Setsujima, Kouichi Nakahara
HVAC&R Research   18(4) 643-657   2012年8月
接着剤からの揮発性有機化合物(VOC)放散に関する研究(2)
古田陽子、山田雅章、滝欽二、川本隆文、田辺新一
日本接着学会誌   48(6) 187-192   2012年6月
居住環境と家事が慢性疼痛に及ぼす影響の調査と構造分析
長澤夏子、堤仁美、松岡由紀子、加藤龍一、秋元孝之、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.683 55-61   2012年1月
韓国住宅におけるリフォーム前後のハウスダスト中DEHP濃度と床材からのSVOC拡散速度
金兌、田辺新一、金泰佑、川村聡宏
日本建築学会環境系論文集   NO.665 617-622   2011年7月
建物の断熱性能と暖房方式が室内温熱環境と室内投入熱量に与える影響
大森敏明,田辺新一,板垣雅治
日本建築学会環境系論文集   NO.661 231-238   2011年3月
ホルムアルデヒド濃度低減性能試験における試験法及び低減建材面積比が低減性能評価に与える影響
金勲、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.659 35-41   2011年1月
塗布剤による化学物質の放散抑制に関する研究-建材から発生する化学物質に対する封止塗料の抑制効果
橋本康弘,野淳夫,田辺新一,桑澤保夫,大澤元毅,坊垣和明
日本建築学会環境系論文集   NO.657 987-992   2010年11月
夏季冷房28℃オフィスにおける執務者の着衣量および主観申告調査
西原直枝、羽田正沖、田辺新一、田辺新一
日本家政学会誌   61(3) 169-175   2010年9月
日本・韓国の住宅におけるハウスダスト中DEHP濃度の測定
金?兌、田辺新一、岡田厚太郎
日本建築学会環境系論文集   654 713   2010年8月
冷媒物性を考慮した空調設備のエネルギーシミュレーション用個別分散空調システムモデルの開発
安宅智洋、富樫英介、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   649 279-287   2010年3月
材料からの揮発性化合物の放散測定のためのサンプリングバッグ法の試験条件の影響
達晃一、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   647 79   2010年1月
東京都のガラス建築におけるファサード熱設計手法の設計意図と熱性能
伊藤浩士、米田拓朗、川田康介、金政秀、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   646 1347-1354   2009年12月
夏季に室温を高めに設定したオフィスにおける知的生産性?採涼手法の導入
羽田正沖、西原直枝、川口玄、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   646 1329-1337   2009年12月
ガラス建築群の将来予測モデルによるファサード熱性能に関する研究
金政秀、伊藤浩士、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   646 1283-1289   2009年12月
エアコン導入による公立小学校のエネルギー消費量将来予測
鈴木宏昌、藤波健二、金政秀、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   645 1253-1259   2009年11月
執務者による自然換気窓の開閉行為に関する研究
金政秀、川口知真、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.643 1075-1082   2009年9月
熱源システムシミュレーションを用いた新聞印刷工場におけるコミッショニングと省エネルギー効果実証
久保木真俊、富樫英介、牛尾智秋、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.642 991-999   2009年8月
The effect of indoor thermal environment on productivity by a year-long survey of a call centre
Shin-ichi Tanabe, Kozo Kobayashi, Osamu Kiyota, Naoe Nishihara, Masaoki Haneda
Intelligent Buildings International   1(3) 184-194   2009年
中程度の高温環境下の長時間作業が作業効率と疲労に与える影響に関する被験者実験
西川雅弥,西原直枝,田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.638 525-530   2009年4月
再利用性の高い建築エネルギーシミュレーション用スケジューラクラス群の設計法
富樫英介、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.638 517-523   2009年4月
温熱環境と換気量が知的生産性に与える影響に関する被験者実験
羽田正沖、西原直枝、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.638 507-515   2009年4月
夏季室温緩和設定オフィスにおける温熱環境実測および執務者アンケート調査による知的生産性に関する評価
羽田正沖、西原直枝、中村駿介、内田智志、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.637 389-396   2009年3月
躯体蓄熱空調システムの現場実測・模型実験による基礎的性能評価
金 政秀、松浦肇、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.635 63-70   2009年1月
PFT法を用いた換気量測定とSF6連続供給法、CO2一定濃度法、差圧測定法との比較実験
金 勲、田辺新一、田島昌樹、村江行忠
日本建築学会環境系論文集   No.635 47-54   2009年1月
オブジェクト指向言語による設備機器モジュールの抽象的定義法の研究
富樫英介、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.634 137-1382   2008年12月
オフィス空間における湿度が熱的快適性に与える影響に関する研究 第2報-空気温度・相対湿度を変数とした等SET*条件での被験者実験
田辺新一、堤仁美、鈴木孝佳
空気調和・衛生工学会論文集   No.137 1-8   2008年8月
サンプリングバッグを用いた揮発性有機化合物の放散測定に関する研究
達晃一、田辺新一 、星野 邦広、佐藤勝二
日本建築学会環境系論文集   No.629 911-916   2008年7月
道路交通騒音が知的生産性に与える影響に関する被験者実験
羽田正沖、西原直枝、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.625 355-362   2008年3月
800lxと3lxの机上面照度が知的生産性に与える影響に関する被験者実験
西川雅弥,西原直枝,田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.625 349-353   2008年3月
BMS実績データに基づくNaS電池システムの性能評価および電力負荷平準化効果
富樫英介、田辺新一、横山計三、吉井 存
日本建築学会環境系論文集   No.623 61-67   2008年1月
Effect of Car Cabin Environment on Driver's Comfort and Fatigue
Hitomi Tsutsumi, Yoshitaka Hoda, Shin-ichi Tanabe, Akiko Arishiro
SAE2007 TRANSACTIONS JORNAL OF PASSENGER CAR:MECHANICAL SYSTEMS   Section6-Volume116 335-346   2008年8月
Generation of sub-micron particles and secondary pollutants from building materials by ozone reaction
Taisuke Aoki, Shin-ichi Tanabe
Atmospheric Environment   41 3139-3150   2007年
Thermal sensation and comfort with different task conditioning systems
Hideyuki Amai, Shin-ichi Tanabe, Takashi Akimoto, Takeshi Genma
Building and Environment   42(12) 3955-3964   2007年
Indoor Environmental Quality and Productivity
Shin-ichi Tanabe, Masaoki Haneda, Naoe Nishihara
REHVA Journal   44(2) 26-31   2007年2月
Effect of humidity on human comfort and productivity after step changes from warm and humid environment
Hitomi Tsutsumi, Shin-ichi Tanabe, Junkichi Harigaya, Yasuo Iguchi, Gen Nakamura
Building and Environment   42(12) 4034-4042   2007年12月
自然換気システムの運用実態に関する研究
山本佳嗣、久保木真俊、鈴木宏昌、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.619 9-16   2007年9月
Indoor Temperature, Productivity, and Fatigue in Office Tasks
Shin-ichi Tanabe, Naoe Nishihara, Masaoki Haneda
HVAC&R RESEARCH   13(4) 623-633   2007年7月
被験者のワークモチベーションが異なる温熱環境における作業パフォーマンスへ及ぼす影響
岩下剛、合原妙美、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.609 71-77   2006年11月
蒸暑環境から冷房空間への入室時において湿度が快適性・知的生産性に及ぼす影響に関する被験者実験
堤 仁美、田邉新一、針ヶ谷純吉、中村 元
日本建築学会環境系論文集   No.609 15-21   2006年11月
パッシブ測定法を用いた韓国新築集合住宅の室内空気室調査
金 勲、李 晟 在、成 旻起、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.608 31-38   2006年10月
ガラスデシケータ法とアクリルデシケータ法の数値理論解析
羽田正沖、田辺新一、舟木理香
日本建築学会環境系論文集   No.607 43-49   2006年9月
実験住宅を用いたアセトアルデヒド気中濃度に関する研究
山田裕巳,田辺新一,林 基哉
日本建築学会環境系論文集   No.604 39-44   2006年6月
タスク照明の個人制御が知的生産性に与える影響に関する研究
西川雅弥,西原直枝,田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.603 101-109   2006年5月
パッシブ型放散フラックス測定装置の拡散場解析と等価拡散距離予測
伊藤一秀,田辺新一,熊谷一清
日本建築学会環境系論文集   No.603 47-54   2006年5月
オフィス空間における湿度が熱的快適性に与える影響に関する研究 第1報-空気温度・相対湿度の組合せによる温冷感の違い
田辺新一、堤仁美、鈴木孝佳
空気調和・衛生工学会論文集   No.109 1-9   2006年4月
温熱環境評価のための人体熱数値計算モデルCOMの開発
田辺新一,小林弘造,小川一晃
日本建築学会環境系論文集   No.599 31-38   2006年1月
オフィス空間における非等温気流タスク空調方式の有効性
秋元孝之,李 晟 在,田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.596 67   2005年10月
寒冷地の戸建住宅における室内空気質の実態調査
源城かほり、松本真一、長谷川兼一、田辺新一
日本建築学会技術報告集   第21号 173-176   2005年6月
Numerical comfort simulator for evaluating thermal environment
Shin-ichi Tanabe, Yoshiichi Ozeki,Toru Takabayashi
Environmental Ergonomics   3 459-466   2005年
Effect of individual control of air velocity on office workers' productivity with subjective experiment
Naoe Nishihara and Shin-ichi Tanabe
Journal of Home Economics of Japan   56(3) 153-161   2005年
実験住宅を用いた異なる換気量下におけるホルムアルデヒド長期間放散に関する研究
山田裕巳、田辺新一、林基哉
日本建築学会環境系論文集   No.589 23-29   2005年
Relationship between possession of electric appliances and electricity for lighting and others in Japanese households
Kahori Genjo, Shin-ichi Tanabe, Shin-ichi Matsumoto, Ken-ichi Hasegawa, Hiroshi Yoshino
Energy and Buildings   No.37 259-272   2004年
化学物質放散量測定用大型チャンバー装置の開発と運用事例
田中清隆、森俊之、平野和志、三木慎一郎、橋田三樹雄、高原清、田辺新一
日本建築学会技術報告集   第20号 157-160   2004年12月
Productivity and fatigue
S. Tanabe, N. Nishihara
Indoor Air 2004   No.14 126-133   2004年
個人制御による非等温タスク空調が熱的快適性・知的生産性に与える影響
秋元孝之、松田順平、西原直枝、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.582 75-82   2004年8月
Thermal Comfort and Adaptation in Semi-Outdoor Environments
Junta Nakano, Shin-ichi Tanabe
2-11   2004年
日射環境下における体温調節65MNモデルの皮膚温予測値と被験者実験結果との比較
尾関義一、平松徹也、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.581 29-36   2004年7月
先進国における住宅の必要換気量の基準に関する調査
吉野博、村上周三、赤林伸一、倉渕隆、加藤信介、田辺新一、池田耕一、大沢元毅、澤地孝男、福島明、足立真弓
日本建築学会技術報告書   第19号 189-192   2004年6月
等温気流型ユニットを用いたタスク空調の温熱快適性
李 晟 在、田辺新一、野部達夫
日本建築学会環境系論文集   No.575 75-82   2004年1月
クリーンルーム構成材料のアウトガス評価法
神戸正純、稲毛亮太、高塚威、三浦邦夫、田辺新一
日本建築学会技術報告集   第18号 175-179   2003年12月
Measurements of Chemical Emission Rates from Portable PC and Electronic Appliances
Rika Funaki, Shin-ichi Tanabe, Hiroshi Tanaka and Takafumi Nakagawa
Journal of Asian Architecture and Building Engineering   Vol.2(NO.2) 55-59   2003年11月
建材からのアルデヒド類・VOC放散速度測定用小型チャンバーの性能試験及び異なるチャンバー間におけるホルムアルデヒド放散量の比較
舟木理香、田辺新一、田中博
日本建築学会環境系論文集   No.572 47-54   2003年10月
湿度環境とホルムアルデヒドが熱的快適性・知的生産性に与える影響に関する被験者実験
堤仁美、田辺新一、秋元孝之、鈴木孝佳
日本建築学会環境系論文集   No.572 31-37   2003年10月
小型チャンバーを用いた壁装材からの揮発性有機化合物の放散速度測定
舟木理香、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.570 45-51   2003年8月
中程度の高温環境下における知的生産性に関する被験者実験
西原直枝、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.568 33-39   2003年6月
人体に対する放射熱授受を表現する全身の重み係数の数値計算による算出
尾関義一、平松徹也、田辺新一
日本建築学会環境系論文集   No.566 47-50   2003年4月
緩衝空間が歩行移動後の熱的快適性に与える影響に関する研究
中野淳太、田辺新一
日本建築学会計画系論文集   No.565 33-40   2003年3月
住宅における電気機器の所有状況と照明・動力他用電力消費量に関する調査
源城かほり、田辺新一、松本真一、長谷川兼一、吉野博
日本建築学会計画系論文集   No.565 113-120   2003年3月
夏季における低湿度環境とコンタクトレンズ装用が在室者に与える影響に関する研究
堤仁美、田辺新一、秋元孝之、鈴木孝佳
日本建築学会計画系論文集   No.564 17-23   2003年2月
Chemical Emission Rates from Building Materials Measured by a Small Chamber
Rika Funaki and Shin-ichi Tanabe
Journal of Asian Architecture and Building Engineering   Vol.1(No.2) 93-100   2002年9月
日射環境下におけるサーマルマネキン周りの対流熱伝達率の評価
尾関義一,平松徹也,小西正哲,中野淳太,田辺新一
日本建築学会計画系論文集   No.555 29-36   2002年5月
実験住宅を用いたホルムアルデヒド気中濃度予測法の研究
山田裕巳、林基哉、田辺新一
日本建築学会計画系論文集   No.553 55-61   2002年3月
A cooling vest for working comfortably in a moderately hot environment
Naoe Nishihara, Shin-ichi Tanabe, Hirofumi Hayama, and Masayoshi Komatsu
Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science   Vol. 21(No. 1) 75-82   2002年
置換換気方式を採用した音楽ホールにおける温熱快適性と換気効率の実測
李 晟 在,田辺新一,木村建一,大高一博,高山真,村田敏夫
日本建築学会計画系論文集   No.559 37   2002年
Evaluation of thermal comfort using combined multi-node thermoregulation (65MN) and radiation models and computational fluid dynamics (CFD)
Shin-ichi Tanabe, Kozo Kobayashi, Junta Nakano, Yoshiichi Ozeki, Masaaki Konishi
Energy and Buildings   No.34 637-646   2002年
Differences in perception of indoor environment between Japanese and non-Japanese workers
Junta Nakano, Shin-ichi Tanabe, Ken-ichi Kimura
Energy and Buildings   No.34 615-621   2002年
Formation of organic indoor air pollutants by UV-curing chemistry
T.Salthammer, M.Bednarek, F.Fuhrmann, R.Funaki, S.-I.Tanabe
Journal of Photochemistry and Photobiology A:chemistry   6093 1-9   2002年
新築集合住宅における揮発性有機化合物の挙動と発生源の推定
内山茂久、長谷川修司、田辺新一
日本建築学会計画系論文集   No.547 75-80   2001年
日射の波長特性が温熱感に与える影響に関する研究?人工太陽灯と光学フィルタによる可視域・近赤外域・中赤外域放射が一対比較照射により手背の感覚量に与える影響?
成田千恵、田辺新一、尾関義一、小西正哲
日本建築学会計画系論文集   No.545 29-35   2001年
多国籍の執務者が混在する高密度熱負荷オフィスにおける温熱、空気環境及び居住快適性実測調査
中野淳太、李晟在、田辺新一、木村健一
日本建築学会計画系論文集   No.545 45-50   2001年
発泡プラスチック系断熱材から放散する化学物質の同定と放散速度の測定
内山茂久、秋元孝之、田辺新一
日本建築学会計画系論文集   No.544 25-30   2001年
小型チャンバーを用いたホルムアルデヒド気中濃度予測法の基礎研究
山田裕巳、上原浩二、林基哉、田辺新一
日本建築学会計画系論文報告集   No.543 57-63   2001年
温熱環境評価のための65分割体温調節モデルに関する研究
田辺新一、中野淳太、小林弘造
日本建築学会計画系論文報告集   No.541 9-16   2001年
Thermal Comfort Conditions by Wearing a Cooling Vest
Naoe Nishihara, Shin-ichi Tanabe, Hirofumi Hayama, and Masayoshi Komatsu
Journal of Home Economics of Japan   Vol. 52(No. 12) 1199-1207   2001年
小型チャンバーADPACを用いた建材・施工材からの室内汚染化学物質放散速度の測定
田辺新一、舟木理香、島田菜穂美
日本建築学会技術報告集   第10号 153-157   2000年
Effective radiation area of human body calculated by a numerical simulation
S.Tanabe, C.Narita, Y.Ozeki, M.Konishi
Energy and Buildings   Vol.32 205-215   2000年
Angle Factors Between Human Body and Rectangular Planes Calculated by a Numerical Model
Y.Ozeki, M.Konishi, C.Narita, S.Tanabe
ASHRAE Trans.   Vol.106(Pt.2) 551-520   2000年
通信機械室における快適作業環境維持のための冷却ベストに関する研究?冷却ベストの試作と着用実験?
田辺新一、西原(吉見)直枝、長谷部ヤエ、羽山広文、小松正佳
空気調和・衛生工学会論文集   No79 61-70   2000年

書籍等出版物

 
床暖房読本 快適・安心・人と環境にやさしい暖房のすべて
田辺新一/秋元孝之/倉渕隆/BL暖房研究会
風土社   2009年6月   ISBN:9784863900004
民間集合住宅におけるESCO・リース事業の推進
空気調和・衛生工学会編
丸善   2007年10月   ISBN:N978-4-87418-040-2
低温送風空調システムの計画と設計
田辺新一 他
空気調和・衛生工学会   2004年2月   ISBN:978-4874180358
「建築学」の教科書 建築が毒になる シックハウス問題
田辺新一 他
彰国社   2003年5月   ISBN:978-4395005420
シックハウス対策に役立つ小形チャンバー−法解説(JIS A 1901)
田辺新一/村上周三
日本規格協会   2003年4月   ISBN:9784542303942

講演・口頭発表等

 
アルゴリズムを用いた環境設計プロセス
ワークプレイスにおける室内環境質と満足度その1 調査概要および温熱環境・空気質環境満足度に関する考察
ワークプレイスにおける室内環境質と満足度その2 光環境・音環境・空間環境満足度に関する考察および室内環境に対する総合的な満足度に関する考察
臭気が作業パフォーマンス及び自律神経系に及ぼす影響
細粒度電力測定データを用いた住宅の電力消費分析その1:世帯特性が電力消費構造に与える影響

競争的資金等の研究課題

 
建築システムの高度化に関する総合的研究
文部科学省: 
住宅における生活環境の衛生問題の実態調査
人間-熱環境系快適性数値シミュレータの開発
室内化学物質空気汚染の解明と健康・衛生居住環境の開発
室内環境の評価法及び健康影響の予測法の開発に関する研究