鶴淵 誠二

J-GLOBALへ         更新日: 07/05/29 00:00
 
アバター
研究者氏名
鶴淵 誠二
 
ツルブチ セイジ
URL
http://www.tuat.ac.jp/~tsurulab/
所属
旧所属 東京農工大学 大学院共生科学技術研究院 ナノ未来科学研究拠点
職名
教授
学位
理学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
   
 
- 21世紀COEプロジェクト「ナノ未来材料」研究推進者
 
2001年
   
 
- 東京農工大学大学院工学研究科物理システム工学専攻博士前期課程M合教授。原子応用工学特論、 原子分子分光学、物理システム工学特別研究,物理システム特別講義Ⅱ,物理システム工学セミナーⅠ・Ⅱ担当
 
1992年
   
 
- 東京農工大学教授工学部に昇任
 
1988年
   
 
- 東京農工大学大学院工学研究科電子情報工学専攻後期課程D合助教授。 量子応用工学特論、電子情報工学特別セミナー、特別計画研究 担当
 
1980年
   
 
- 東京農工大学助教授工学部に昇任
 

学歴

 
 
 - 
1972年
大阪大学 理学研究科 物理学専攻
 

委員歴

 
2002年
 - 
2004年
原子衝突研究協会  会長
 

Misc

 
Lifetime measurements of the2p53p and 2p53d levels in CrXV.
RIKEN Accel. Prog. Rep.   25 79   1991年
Momentum distributions of fragment ions produced in collision of Ar11++CF4
Atom. Coll. Res Jpn   27 25   2001年
Dissociative electron transfer processes in Ar8++N2 and Ar8++CF4
Atom. Coll. Res Jpn   28 38-39   2002年
Effect of adsorbed oxygen in multiply charged ion-metal surface interactions
Atom. Coll. Res Jpn   28 52-53   2002年
低速重粒子の散乱-粒子線スペクトロスコピ-
日本物理学会誌   32(4) 313-320   1977年

書籍等出版物

 
Excitation of the 2p9 state of rare gases by electron impact
Correlations, Polarization, and Ionization in Atomic Systems. AIP conference proceedings   2002年   
Momentum distribution of fragment ions produced in collisions of Arq+ with CH4 and CF4
Correlations, Polarization, and Ionization in Atomic Systems. AIP Conference proceedings   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
イオン・固体表面相互作用
その他の研究制度
研究期間: 1980年 - 2007年
多価イオン・表面相互作用
その他の研究制度
研究期間: 1995年 - 2007年
電子衝突による分子の電離を伴う解離過程
その他の研究制度
研究期間: 2000年 - 2007年