仁藤 修

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
仁藤 修
 
ニトウ オサム
URL
http://www.tuat.ac.jp/~nitohken/
所属
東京農工大学
部署
工学研究院 先端物理工学部門 工学研究院 先端物理工学部門
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)
その他の所属
東京農工大学東京農工大学

研究分野

 
 

経歴

 
1977年
 - 
1980年
:埼玉大学理学部非常勤講師
 
1980年
 - 
1986年
:東京農工大学工学部放射線研究室技官に採用
 
1986年
 - 
1995年
:東京農工大学工学部応用物理学科助手に配置換え
 
1995年
   
 
-:東京農工大学工学部助教授に昇任
 
1995年
   
 
-:東京学芸大学教育学部非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1974年
新潟大学 理学研究科 化学専攻
 
 
 - 
1977年
東京大学 理学系研究科 
 
 
 - 
1972年
埼玉大学 理工学部 化学科
 

Misc

 
Observation of Large CP Violation in the Neutral B Meson System
K.Abe, O.Nitoh and Belle Collabolation
Phys. Rev. Lett.,   87(9) 091802 1-7   2001年
The Belle detector
A.Abashian, K.Gotow, N.Morgan, L.Piilonen, S.Schrenk, K.Abe, O.Nitoh, Belle Collaboration
Nucl. Inst. and Meth.,   A479 117-232   2002年
Improved measurement of mixing-induced CP violation in the neutral B meson system
K.Abe, O.Nitoh et al., (Belle Collabolation)
Phys. Rev. D   66(7) 071102(R) 1-6   2002年
Charmless Hadronic Two-Body B Meson Decays
B.C.K.Casey, K.Abe, O.Nitoh et al., (Belle Collabolation)
Phys. Rev. D   66(9) 092002 1-11   2002年
Evidence for CP-violating asymmetries in B0 →π+π- decays and constraints on the CKM angle Φ2
K.Abe, O.Nitoh et al., (Belle Collabolation)
Phys. Rev. D   68(1) 012001 1-15   2003年

講演・口頭発表等

 
Studies on the drift properties and spatial resolution using a micromegas-equipped TPC
LCWS06   2006年   
厚さの異なるGEMの組み合わせによるガス増幅度測定
日本物理学会第65回年次大会   2010年   
Ar-CF4-iC4H10ガスを用いたGEM-TPCの性能試験
日本物理学会第62回年次大会   2007年   
Ar-CF4-isoC4H10ガスを用いたGEM-TPCのガス増幅率
日本物理学会第63回年次大会   2008年   
Ar-CF4系ガス中の電子のドリフト速度測定
日本物理学会第63回年次大会   2008年   

Works

 
Research on Elementary Particles with TRISTAN Electron-Positron Collider
電子陽電子衝突型加速器TRISTANを用いた素粒子研究
芸術活動   

競争的資金等の研究課題

 
気体中の電子のドリフトパラメーターの研究
B中間子崩壊によるCPのやぶれの研究
電子、陽電子線形衝突型加速器で使用する飛跡検出器の開発研究
研究期間: 1995年   
MPGD(マイクロパターンガス検出器)特にGEM(ガス電子増幅器)の開発研究とその応用
研究期間: 2004年   
ガスを用いた放射線検出器において、荷電粒子によって発生した電子をMPGD(マイクロパターンガス検出器)特にGEM(ガスエレクトロンマルチプライヤー)によって増幅するシステムを開発研究しその特性を調べて、大型タイムプロジェクションチェンバーや医療用検出器に応用する。
気体電離作用を利用した高精度粒子検出器の開発