室井 尚

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/27 02:59
 
アバター
研究者氏名
室井 尚
 
ムロイ ヒサシ
eメール
hmuroiynu.ac.jp
URL
http://www.ari.bekkoame.ne.jp/~hmuroi
所属
横浜国立大学
部署
教育学部 学校教育課程
職名
教授
学位
文学修士(京都大学)
科研費研究者番号
50219953

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
教育学部
 
2011年4月
 - 
現在
都市イノベーション研究院 建築都市文化専攻 教授
 
1997年10月
 - 
現在
横浜国立大学教育人間科学部
 
1992年4月
 - 
1997年9月
横浜国立大学教育学部
 
1989年4月
 - 
1992年3月
帝塚山学院大学
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
京都大学 文学研究科 美学美術史学
 
 
 - 
1977年3月
京都大学 文学部 美学美術史学
 

論文

 
ポップカルチャー研究の一般理論に向けての考察
室井 尚
ポップカルチャー・ワールド概念を用いたポップカルチャー美学の構築に関わる基盤研究・研究成果報告書2016年度   3-7   2017年3月
室井尚, 新しい美学は生まれるだろうか?, 季刊『武蔵野美術』, 114, 13-18
室井 尚
武蔵野美術大学      1999年10月
室井尚, 情報社会と<多言語主義>, 大修館書店『月刊言語』, 8月号, 76-83
室井 尚
大修館      1998年8月

書籍等出版物

 
栗本慎一郎連続講義・この人*を見よ!Ecce Homo-pants!
室井尚、栗本慎一郎 (担当:共著)
横浜都市文化ラボ   2015年4月   
栗本慎一郎氏との対話全記録
ケータイ研究の最前線
慶應大学出版会   2005年12月   
教室から路地へ-横浜国大VS紅テント2739日
岩波書店   2005年9月   
巨大バッタの奇蹟
アートン   2005年9月   
生命の教養学へ
慶應大学出版会   2005年2月   

講演・口頭発表等

 
Toward a General Theory of Pop-culture Studies
室井尚
国際美学会   2016年7月26日   国際美学会事務局
術・歴史・日本―自作を語るための歴史とは [招待有り]
大澤真幸、中ザワヒデキ
文化庁メディア芸術祭   2015年2月10日   文化庁
A theoretical overview on pop culture
なし
第12回国際記号学会大会   2014年9月17日   国際記号学会
想像力を共有するとは? [招待有り]
室井尚、吉岡洋、山内宏康
ネオ・クラシック!カクノダテ、文化芸術創造都市モデル事業   2012年10月20日   仙北実行委員会(角館町観光協会)
ネオクラシック・カクノダテに招待され、震災後の東北地方の文化復興について話した。
Ten years of Yokohama Triennale--The condition of Art Festival in Japan and East Asia [招待有り]
なし
Aesthetics and Cultures, The 1st Polish-Japanese Meeting Exchanging Experiences   2011年5月24日   Jagiellonian University

担当経験のある科目

 

Works

 
インセクトワールド
その他   2001年9月

競争的資金等の研究課題

 
ポップカルチャー・ワールド概念を用いたポップカルチャー美学の構築に関する基盤研究
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 室井 尚
ポップカルチャーの美学に関する基盤研究
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 室井尚