藤江 幸一

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/28 11:27
 
アバター
研究者氏名
藤江 幸一
 
フジエ コウイチ
eメール
fujieynu.ac.jp
URL
http://www.envlab.ynu.ac.jp/
学位
工学博士(東京工業大学), 工学修士(新潟大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
横浜国立大学 先端科学高等研究院
 
2007年12月
 - 
現在
横浜国立大学大学院環境情報研究院・自然環境と情報部門・教授
 
1994年8月
 - 
2007年11月
豊橋技術科学大学・エコロジー工学系・教授
 
1988年10月
 - 
1994年7月
横浜国立大学工学部・助教授(物質工学科・安全工学)
 
1980年3月
 - 
1988年9月
東京工業大学資源化学研究所・助手
 

学歴

 
 
 - 
1974年3月
新潟大学 工学部 化学工学科
 

委員歴

 
2009年12月
 - 
現在
厚生労働科学研究費補助金「健康安全・危機管理対策総合研究事業」事後中間評価委員会  委員
 
2009年11月
 - 
2010年3月
国際事業委員会書面審査委員  委員
 
2009年10月
 - 
2010年3月
公害防止制度に関する海外事例調査検討会  委員
 
2009年9月
 - 
2009年12月
総合科学技術会議「平成22年度科学技術関係概算要求における優先度判定」  外部専門家
 
2009年6月
 - 
2011年6月
国際エメックスセンター理事会  理事
 

受賞

 
2012年3月
公益社団法人化学工学会 功労賞
 
2011年9月
公益社団法人化学工学会 学会賞および池田亀三郎記念賞
 
2011年5月
一般社団法人廃棄物資源循環学会 論文賞
 
2010年9月
社団法人環境科学会 学術賞
 
2007年6月
公益社団法人日本水環境学会・学術賞
 

論文

 
Shifts in the composition and potential functions of soil microbial communities responding to a no-tillage practice and bagasse mulching on a sugarcane plantation
52(0) 307-322   2016年2月   [査読有り]
The Effects of Nitrogen Fertilizer on Soil Microbial Communities Under Conventional and Conservation Agricultural Managements in a Tropical Clay-Rich Ultisol
181(2) 68-74   2016年2月   [査読有り]
Palm oil mill effluent treatment and utilization to ensure the sustainability of palm oil industries
72(7) 1089-1095   2015年7月   [査読有り]
“Diversity of Fungi on Decomposing leaf Litter in a Sugarcane Plantation and Their Response to Tillage Practice and Bagasse Mulching: Implications for Management Effects on Litter Decomposition”
Microbial Ecology   70(3) 646-658   2015年3月   [査読有り]
「オゾン/過酸化水素処理における制御因子の検討」
加藤康弘、奥田健介、村田直樹、藤江幸一
土木学会論文集G(環境)   70(7) 95-102   2014年7月   [査読有り]

Misc

 
「科研費が推進した分野横断研究、そして再び」
藤江幸一
私と科研費   (82)    2015年11月
平成27年度に実施している研究テーマ:「プランテーションのダイナミックモデル開発による持続性評価と地域システムへの展開 」(基盤研究(S))
バイオマス利活用のシステム設計と評価
環境科学会誌   21(6) 463-466   2008年6月
曲がり角に来たバイオマス・ブーム
用水と排水   50(11) 1   2008年1月
「超臨界二酸化炭素を用いた新規微生物群集構造解析手法の開発と環境技術への応用」
熱田洋一、大門裕之
化学工業   57(1) 77-82   2006年1月
「水熱反応を用いたポリ乳酸の循環技術」
大門裕之、佐伯孝
生物工学会誌   83(5) 230-232   2005年9月

書籍等出版物

 
環境化学 第11章(エキスパート応用化学テキストシリーズ)
坂田昌弘 磯部知彦 梶井克純 加藤義久 高橋嘉夫 田辺信介 藤江幸一 益永茂樹 (担当:共著, 範囲:第11章 環境の保全)
講談社   2015年10月   ISBN:9784061568051
生態恒常性工学ー持続可能な未来社会のためにー
コロナ社   2008年4月   
改訂版「環境工学」・・・放送大学大学院教科書 第12章 資源循環(4)バイオマス・プランテーション
鈴木基之、中西準子、真柄泰基、大垣眞一 (担当:共著)
放送大学教育振興会   2007年4月   
バイオマス用語辞典
(株)オーム社   2006年1月   
「水素利用技術集成 Vol.2」 効率的大量生産・CO2フリー・安全管理 G編 将来展望:2.2 ゼロCO2社会の屋久島モデルの構築
エヌ・ティー・エス   2005年5月   

特許

 
平5-115743 : 生物脱臭装置
青木正信、柴山昌和、藤江幸一、藤田勝美、立川一水
10-244279 : 鉄を用いた被処理水中の窒素およびリンの除去方法
藤江幸一、胡洪営、岩崎暢、馬場圭、局俊明、武智辰夫
平10-277567 : 鉄を用いた排水処理方法
藤江幸一、胡洪営、岩崎暢、大槻浩平、武智辰夫、馬場圭、局俊明
11-221597 : 汚泥の処理方法
西村 孝彦、藤江幸一、胡洪営、大槻浩平、局俊明、武智辰夫
2000-117259 : 鉄を用いた被処理水中の窒素およびリンの除去方法
局 俊明、武智辰夫、馬場圭、藤江幸一、胡洪営、松村剛、加賀美淳、森浩平

その他

 
2007年
環境への汚濁負荷の排出抑制を考慮した低環境負荷生産プロセス構築のための総合的研究
2006年
熱帯プランテーションにおけるバイオマス利活用システム設計と環境インパクト評価
2005年
電炉スラグの海域水質浄化材としての機能開発
2005年
バイオマス利活用事業に関する持続可能性評価手法の開発「バイオマス利活用システムの設計・評価手法」
2005年
ゼロCO2社会に向けた木質バイオマス利活用技術開発と再生可能エネルギー融合システムの屋久島モデル構築