室橋 春光

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/07 14:23
 
アバター
研究者氏名
室橋 春光
 
ムロハシ ハルミツ
所属
札幌学院大学
部署
人文学部
職名
教授
学位
教育学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
札幌学院大学 人文学部 教授
 
2016年4月
 - 
2017年3月
天使大学 看護栄養学部 教授
 
2013年4月
 - 
現在
北海道大学 名誉教授
 
2013年4月
 - 
2015年3月
北海道大学教育学研究院 特任教授
 
2002年4月
 - 
2013年3月
北海道大学 教育学研究科(研究院) 教授
 
2000年4月
 - 
2002年3月
北海道大学教育学研究科 助教授
 
1996年4月
 - 
2000年3月
富山大学教育学部 教授
 
1986年12月
 - 
1996年3月
富山大学教育学部 助教授
 
1985年4月
 - 
1986年11月
富山大学教育学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1973年
北海道大学 工学部卒業 
 
 
 - 
1976年
北海道大学 教育学部卒業 
 
 
 - 
1978年
北海道大学 教育学研究科修士課程修了 
 
 
 - 
1984年
北海道大学 教育学研究科博士課程修了 
 

委員歴

 
1986年
 - 
2015年
日本生理心理学会  評議員
 
2003年
 - 
2012年
日本LD学会  編集委員
 
2004年
 - 
2013年
日本臨床神経生理学会  評議員
 
2004年
 - 
2014年
日本発達障害学会  編集委員
 
2006年
 - 
現在
日本特殊教育学会  常任編集委員
 
2007年
 - 
2017年
発達性ディスレキシア研究会  理事
 
2007年
 - 
現在
日本臨床神経生理学会  編集委員
 
2008年
 - 
2013年
日本生理心理学会  編集委員
 
2010年
 - 
現在
日本LD学会  理事
 
2010年
 - 
2013年
日本心理学会  編集委員
 
2010年
 - 
現在
日本発達障害学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
日本ワーキングメモリー学会  理事
 

受賞

 
2008年
Biological Psychology Top reviewer in 2007
 

論文

 
発達障害を持つメンバーとの長期にわたる関わり-心理的居場所としての「ごぶサタ倶楽部」-.
渡辺隼人, 蒔苗詩歌, 室橋春光
子ども発達臨床研究   9 41-46   2017年3月
発達障害のある青年たちが社会につながるための支援の試み.
富永大悟, 日高茂暢, 室橋春光
子ども発達臨床研究   9 35-40   2017年3月
ワーキングメモリと学習方法の関連性.
土田幸男, 室橋春光
子ども発達臨床研究   9 47-56   2017年3月
カテゴリー変化時における意味ネットワークの活性化拡散-定型発達者の自閉症特性との関連性-
足立明夏, 室橋春光
LD研究ー研究と実践ー   25(2) 286-292   2016年   [査読有り]
鏡映像自己認知課題の新たなプロトコル設定
渡辺隼人, 富士本百合子, 室橋春光
豊岡短期大学論集   13 169-176   2016年
ERP correlates of feedback processing for number of misses in gambling
Cognitive studies: Bulletin of the Japanese cognitive science society   22(3) 315-325   2015年9月   [査読有り]
Representational levels of bilateral N170 for Japanese Hiragana strings during focal spatial attention to letters.
奧村安寿子, 河西哲子, 室橋 春光
生理心理学と精神生理学   33(1) 5-17   2015年4月   [査読有り]
発達性ディスレクシアにおけるRey複雑図形と文字の書き写しの関連性に関する検討.
岩田みちる,下條暁司,橋本竜作,柳生一自,室橋春光
子ども発達臨床研究   7 1-4   2015年3月
発達性ディスレクシアにおけるRey複雑図形と文字の写しの関連性に関する検討
岩田みちる,下條暁司,橋本竜作,柳生一自,室橋春光
子ども発達臨床研究   7 1-4   2015年
二次障害を呈した読み困難児に対する包括的支援の重要性
岩田みちる,柳生一自,横山里美,室橋春光
子ども発達臨床研究   7 57-62   2015年
Attention that covers letters is necessary ofr the left-lateralization of an erarly print-tuned ERP in Japanese hiragana.
OKUMURA,Y., KASAI,T., and MUROHASHI,H.
Neuropychologia   69 22-30   2015年   [査読有り]
発達とは何か—特別支援教育の視点から
室橋 春光
子ども発達臨床研究   6 49-53   2014年
発達障害におけるワーキングメモリー特性を生かした学習支援
室橋 春光
LD研究−研究と実践   23(2) 134-141   2014年   [査読有り]
Early print-tuned ERP response with minimal involvement of linguistic processing in Japanese Hiragana strings.
OKUMURA Y., KASAI T., MUROHASHI H.
Neuroreport   25(6) 410-414   2014年   [査読有り]
“Salience network” dysfunction hypothesis in autism spectrum disorders.
TOYOMAKI A. and MUROHASHI H.
Japanese Psychological Research   55(2) 175-185   2013年4月   [査読有り]
Global visual processing decreases with autistic-like traits: A study of early lateralized potentials with spatial attention.
KASAI T. and MUROHASHI H.
Japanese Psychological Research   55(2) 131-143   2013年4月   [査読有り]
フォニックスとライムのパターンを用いた英単語の読み書き指導法−読み書きに困難のある生徒2事例の指導経過より
奧村安寿子, 室橋春光
LD研究−研究と実践   22(4) 445-456   2013年   [査読有り]
MEGによるfunctional connectivityの解析−Default Mode Networkモデルに関連した Autism Spectrum Disorderと定型発達の比較−
豊巻敦人,渡辺隼人,柳生一自,室橋春光
生理心理学と精神生理学   31(1) 41-49   2014年   [査読有り]
Miyajima M, Toyomaki A, Hashimoto N, Kusumi I, Murohashi H, Koyama T
Neuroreport   23(11) 642-646   2012年8月   [査読有り]
Katagiri M, Kasai T, Kamio Y, Murohashi H
Journal of autism and developmental disorders      2012年6月   [査読有り]
Tsuchida Y, Katayama J, Murohashi H
Neuroscience letters   516(1) 62-66   2012年5月   [査読有り]
Goto K, Hoshi Y, Sata M, Kawahara M, Takahashi M, Murohashi H
Journal of biomedical optics   16 127003   2011年12月   [査読有り]
ERP modulation during image generation and inspection
YAMAZAKI, K., MUROHASHI, H.
Jornal of mental imagery   35(1) 2,109-122   2011年   [査読有り]
発達障害における視知覚形成過程に対する大細胞系の役割について
室橋春光
心理学評論   54(2) 54-63   2011年   [招待有り]
ADHDスペクトラム?
室橋春光
心理学評論   54(1) 73-75   2011年   [招待有り]
Role of the prefrontal cortex in the cognitive control of reaching movements: near-infrared spectorscopy study
Goto, K., Hoshi, Y., Sata, M., Kawahara, M., Takahashi, M., Murohashi, H.
Jouranl of Biomedical Optics   16(12) doi:10.1117/1.3658757   2011年   [査読有り]
KIMURA,M., KATAYAMA, J., MUROHAAHI, H.
Neuroimage   49(3) 2697-2706   2010年   [査読有り]
発達障害研究と認知科学
室橋春光
基礎心理学研究   29(1) 47-52   2010年   [招待有り]
自閉症スペクトラム指数とワーキングメモリ容量の関係:定型発達の成人における自閉性障害傾向
土田幸男, 片山順一, 室橋春光
認知心理学研究   7(1) 67-73   2009年   [査読有り]
統合失調症におけるMagnocellular系機能をめぐって
室橋春光
精神保健研究   54 63-71   2009年   [査読有り]
ディスレキシアとワーキングメモリー−「学習障害」研究と認知科学ー
室橋春光
LD研究   18(3) 251-260   2009年   [招待有り]
Kimura M, Katayama J, Murohashi H
Neuroreport   19(3) 389-392   2008年2月   [査読有り]
Kimura M, Katayama J, Murohashi H
International journal of psychophysiology : official journal of the International Organization of Psychophysiology   67(2) 101-113   2008年2月   [査読有り]
KIMURA,M., KATAYAMA, J., MUROHAAHI, H.
Psychophysiology   45(3) 731-741   2008年   [査読有り]
LD(学習障害)やLDの疑いのある人たちにみられる弱い中枢性統合の認知スタイル
片桐正敏, 室橋春光
LD研究   18(1) 43-51   2008年   [査読有り]
KIMURA,M., KATAYAMA, J., MUROHAAHI, H.
Psychophysiology   45(3) 445-457   2008年   [査読有り]
ワーキングメモリ容量の個人差と視覚3刺激オドボール課題における注意捕捉の関係
土田幸男, 片山順一, 室橋春光
生理心理学と精神生理学   26(3) 217-228   2008年   [査読有り]
Neural correlates of auditory feedback control in human.
KIMURA,M., KATAYAMA, J., MUROHAAHI, H.
Neuroscience   146(2) 499-503   2007年   [査読有り]
LDのトータルな理解をめざしてー生物学的基盤から社会的環境までー
室橋春光
LD研究   16(1) 2-9   2007年   [招待有り]
学習障害の生物学的基盤ー読み書き障害に関する検討ー
室橋春光
発達障害研究   29(1) 17-24   2007年   [招待有り]
軽度発達障害の疑われる子どもの養育者がもつ困難の特徴と支援のあり方についての検討
金井優実子, 室橋春光
小児の精神と神経   47(2) 101-107   2007年   [査読有り]
視覚変化検出機構に関する事象関連脳電位
木村元洋, 片山順一, 室橋春光
臨床脳波   49(12) 750-755   2007年   [招待有り]
生きにくさを抱える子どもたちー生物学的基盤から社会的環境までー
室橋春光
子ども発達臨床研究   1 11-17   2007年
Kimura M, Katayama J, Murohashi H
Psychophysiology   43 180-189   2006年3月   [査読有り]
Independent processing of visual stimulus change in ventral and dorsal stream features indexed by an early positive difference in event-related brain potentials
KIMURA,M., KATAYAMA, J., MUROHAAHI, H.
International Journal of Psychophysiology   43(2) 180-189   2006年   [査読有り]
An ERP study of visual change detection: Effects of magnitude of spatial frequency changes on the change-related posterior positivity
KIMURA,M., KATAYAMA, J., MUROHAAHI, H.
. International Journal of Psychophysiology   62(1) 14-23   2006年   [査読有り]
Neural correlates of pre-attentive and attentive processing of visual changes.
KIMURA,M., KATAYAMA, J., MUROHAAHI, H.
Neuroreport   16(18) 2061-2604   2005年   [査読有り]
Discrepancy between feedback negativity and subjective evaluation in gambling.
Toyomaki, A., Murohashi, H.
Neuroreport   16(16) 1865-1868   2005年   [査読有り]
実行機能からみたLD・ADHD・自閉症の心理的特異性と共通性
室橋春光
LD研究   14(1) 451-457   2005年   [査読有り][招待有り]
「適応困難メカニズムの解明をめざしてー認知発達障害のある子どもは、なぜ新しい環境に慣れにくいのかー 第1節 適応困難メカニズムの解明への道のりー特殊教育・臨床心理学研究グループの歩みー」
北海道大学大学院教育学研究科紀要   96 174-225   2005年
「学習困難を有する子どものストループ効果からみた認知特性」
室橋春光, 齋藤純子
LD(学習障害)-研究と実践-   9(1) 52-62   2000年   [査読有り]
「実行機能」再考ー発達障害研究の視点からー
室橋 春光
心理学評論   58(1) 175-180   2015年4月   [査読有り][招待有り]
「学習障害」概念の再検討.
室橋 春光
北海道大学大学院教育学研究院紀要   124 13-32   2016年3月
土曜教室活動の意義.
室橋 春光
北海道大学大学院教育学研究院紀要   124 93-106   2016年3月

Misc

 
読み書きの困難を抱えつつ学びを求める子どもたち− 「読み書きに悩んでみる子どもたち−読み書き困難における問題の所在と支援−」シンポジウムを終えて
室橋 春光
子ども発達臨床研究   6 137-138   2014年
Editorial: Cognitive science approach to developmental disorders: From “discrete” diagnostic to “dimensional”
室橋 春光
Japanese Psychological Research   55(2) 95-98   2013年4月   [依頼有り]
柳生一自, 柳生一自, 下條暁司, 板垣俊, 横山里美, 岩田みちる, 大塚牧子, 豊巻敦人, 白石秀明, 室橋春光
臨床神経生理学   40(5) 484   2012年10月
日高茂暢, 日高茂暢, 室橋春光, 諸冨隆
臨床神経生理学   40(5) 483   2012年10月
足立明夏, 室橋春光
日本LD学会大会発表論文集   21st 608-609   2012年9月
渡辺隼人, 横澤宏一, 久住一郎, 室橋春光
生体・生理工学シンポジウム論文集(CD−ROM))   27th ROMBUNNO.2B3-02   2012年9月
片桐正敏, 河西哲子, 松井三枝, 室橋春光
日本認知心理学会大会発表論文集   10th 11   2012年6月
富永大悟, 室橋春光
基礎心理学研究   30(2) 238   2012年3月
柳生一自, 橋本直樹, 豊巻敦人, 久住一郎, 室橋春光
臨床神経生理学   39(5) 402   2011年10月
日高茂暢, 日高茂暢, 豊巻敦人, 室橋春光
臨床神経生理学   39(5) 405   2011年10月
渡辺隼人, 横澤宏一, 室橋春光
臨床神経生理学   39(5) 405   2011年10月
柳生一自, 豊巻敦人, 坂井恵, 室橋春光
脳と発達   43(5) 402   2011年9月
「腕上げ動作コントロール訓練における筋電図の測定と分析-脳性まひを持つ人への適用の試み-」
『富山大学教育学部研究論集』   2 23-34   1999年
「事象関連電位を指標とした精神遅滞児の数認知過程の分析」
『生理心理学と精神生理学』   19(3) 161   2001年
ADHD児の行動選択決定過程に関する考察ーギャンブリング   課題を用いてー
北海道LDサポート学会研究紀要   2 43-47   2002年
LDと思われる児童・生徒への学級担任の教育的対応に関する実態調査  (概要)
北海道LDサポート学会研究紀要   2 62-67   2002年
学習障害(LD)児における到達運動の適応過程
電子情報通信学会信学技報   MBE2001-181 127-132   2002年
学習障害児の到達運動   における運動学習の研究
北海道LDサポート学会研究紀要   2 33-42   2002年
「学習障害児(Learning Disabilities)における到達運動の視覚矛盾に対する適応過程」
『生体医工学』   42 328-333   2004年
「発達障害をもつ子どもたちの親の会ならびに支援ネットワークの形成過程ー北陸地方の場合ー」
発達・学習支援ネットワーク研究   4 95-105   2005年
「特別支援教育について-地域連携の重要性と医療に期待されるもの-」
北海道公衆衛生学雑誌   第18巻(第2号) 22-27   2005年
特別な教育的ニーズのある子どもたちへのIEP実践の検討−北海道大学におけるIEPシステムに基づく指導法の課題と可能性−,
子ども発達臨床研究   3 9-28   2009年
読み書き困難児に対する指導の一例
岩田みちる,草薙静江,橋本竜作,柳生一自,室橋春光
子ども発達臨床研究   7 49-56   2015年

書籍等出版物

 
日本発達心理学会, 根ヶ山 光一, 仲 真紀子 (担当:共著, 範囲:発達障害と認知:読み書きの困難)
新曜社   2012年9月   ISBN:9784788513020
緒方 明子, 里見 恵子 (担当:共著, 範囲:保護者とのかかわりと連携)
金剛出版   2012年4月   ISBN:9784772412438
太田 昌孝 (担当:共著, 範囲:特別支援教育と発達障害者支援法ー現状と課題ー)
日本評論社   2006年   ISBN:4535561001
下司 昌一, 砥抦 敬三 (担当:共著, 範囲:210-219)
ぎょうせい   2005年   ISBN:4324075751
田島 信元, 子安 増生, 森永 良子, 前川 久男, 菅野 敦 (担当:共著, 範囲:認知の基礎課程の発達とその障害)
ミネルヴァ書房   2002年   ISBN:4623036847

講演・口頭発表等

 
身体の認識と多種感覚情報の整合性の関連
富士本百合子, 室橋春光
日本心理学会第80回大会, ICP2016   2016年7月   
経頭蓋直流電気刺激が及ぼす視覚的ワーキングメモリ課題への影響.
日高茂暢,室橋春光
第45回日本臨床神経生理学会   2015年11月   
空間周波数特性が表情変化におけるN170に与える影響と自閉症傾向の関係に関する検討
日高茂暢,諸冨隆,室橋春光
日本臨床神経生理学会第44回大会   2014年11月   
脳梗塞に伴う運動性失語における梗塞前後,回復期での脳磁活動変化
柳生一自,下條暁司,白石秀明,数又 研,室橋春光
日本臨床神経生理学会第44回大会   2014年11月   
認知的機能のアンバランスな子どもの教育
室橋 春光
日本LD学会第23回大会   2014年11月   
Eye fixation patterns and saccades of children with dyslexia in Japanese.
17th world congress of psychophysiology of the International organization of psychophysiology   2014年9月   
A role of visual attention in expert word reading: Implications for the cause of development dyslexia.
OKUMURA,Y., KASAI,T., and MUROHASHI,H.
17th world congress of psychophysiology of the International organization of psychophysiology   2014年9月   
神経心理学的視点からの発達障害 [招待有り]
室橋 春光
日本K-ABCアセスメント学会 第17回大会   2014年8月   
これからの地域支援体制の構築の方向性
室橋 春光
日本発達障害ネットワーク第10回年次大会   2014年7月   
物語文の読み取りにおける心情曲線を用いた指導と考察−自閉症特性のある児童を対象とした学習から−
足立明夏 室橋春光
第23回日本LD学会大会   2013年10月   
漢字書字学習過程に関わるワーキングメモリ特性の検討−同時及び継次ワーキングメモリに着目して−
蓮沼杏花 室橋春光
2013年10月   
社会参加支援の為のソーシャルネットワークの構築と運用~当事者への直接的伝達を目的としたネットワークの試み~
富永大悟 日高茂暢 小泉雅彦 永瀬次郎 田中敦 西尾美里 室橋春光
第23回日本LD学会大会   2013年10月   
在宅化した発達障害青年と保護者が抱える課題の調査と支援における考察~北海道学習障害児者親の会クローバー「若者に社会参加の勇気を与える事業」より~
小泉雅彦 日高茂暢 富永大悟 永瀬次郎 田中敦 西尾美里 室橋春光
第23回日本LD学会大会   2013年10月   
ワーキングメモリーと学習支援 [招待有り]
室橋 春光
第23回日本LD学会大会   2013年10月   
自閉症スペクトラム障害に見られる感覚の偏奇と共感性の関連について−事象関連電位を用いた検討−
佐藤史人 室橋春光
第77回日本心理学会大会   2013年9月   
初期視覚処理における文字列の知覚的カテゴリー化
奧村安寿子 河西哲子 室橋春光
第77回日本心理学会大会   2013年9月   
他者の苦痛場面に対する共感的反応についての検討−事象関連電位を指標とした身体的な痛みと心理的な痛みの比較−
橋本悟 佐藤史人 室橋春光
第77回日本心理学会大会   2013年9月   
Multi-measured assessment for developmental dyslexia.
International Association for the Scientific Study of Intellectual and Developmental Disabilities(IASSID) Asia-Pacific Congress   2013年8月   
時間再生課題における神経活動の検討
富永大悟 室橋春光
第31回日本生理心理学会大会   2013年5月   
等確率に提示される複数種類の聴覚刺激入力に対する脳活動の違いに関する検討
渡辺隼人 室橋春光
第31回日本生理心理学会大会   2013年5月   
高速呈示下における文字列特異的なERP反応
奧村安寿子 河西哲子 室橋春光
注意と認知研究会 第11回合宿研究会   2013年3月   
教育とワーキングメモリ
室橋 春光
日本教育心理学会第54回総会   2012年9月   
統合失調症における自己感覚の異常ー体制感覚誘発電位(SEP)・磁界(SEF)を用いて
柳生一自 橋本直樹 豊巻敦人 久住一郎 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
数字の知覚に関連した空間処理の背後にある神経プロセスー事象関連脳電位による検討 
板垣俊 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
時間再生課題による時間感覚の検討(3)
富永大悟 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
自閉症スペクトラムにおける表情変化検出過程の検討
日高茂暢 室橋春光 諸冨隆
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
リーチングの認知制御時における背側外側前頭前野と腹側運動前野の活動変化ー近赤外線スペクトロスコピーによる検討
後藤広太郎 宇野英樹 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
心的イメージ生成の内容が視覚誘発電位に及ぼす影響
山崎圭子 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
自身のウソと他者のウソに対する認知活動の検討
岸 靖亮 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
ワーキングメモリ容量の個人差と聴覚および視覚感覚入力に対する干渉制御の関係
土田幸男 片山順一 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
感覚及び認知機能が自閉症スペクトラム障害の聴性誘発磁場(M100)に及ぼす影響
渡邉隼人 横澤宏一 久住一郎 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
事象関連電位を用いた選択的注意過程における話者・音韻処理の過程
岩田みちる 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
語彙性が文字列に対する空間的注意に及ぼす影響
奥村安寿子 河西哲子 竹谷隆司 室橋春光
第30回日本生理心理学会大会   2012年   
重度の読み障害を来し、脳磁検査において左前頭葉・側頭葉の機能不全が疑われた一例
柳生一自 下條暁司 板垣俊 横山里美 岩田みちる 大塚牧子 豊巻敦人 白石秀明 室橋春光
第42回日本臨床神経生理学会学術大会   2012年   
文字列に対する空間的注意における語彙性と読み方向の影響
奧村安寿子 河西哲子 竹谷隆司 室橋春光
日本心理学会第76回大会   2012年   
抑制的な意味処理における絵と単語の効果ー自閉症スペクトル指数との関連性
泉明里 室橋春光
2012年   
動的表情認知過程における空間周波数特性
室橋 春日高茂暢 室橋春光 諸冨隆
日本心理学会第76回大会   2012年   
実験心理学から探る発達障害
室橋 春光
日本心理学会第76回大会   2012年   
発達障害のある子どもへの支援ー北大土曜教室とごぶサタ倶楽部
日高茂暢 小泉雅彦 室橋春光
第12回発達性ディスレクシア研究会   2012年   
言語の理解・表現に困難さのある児童の認知特性についてーWISC-Ⅳを中心とした一事例の検討
橋本悟 杉澤美由紀 山下公司 室橋春光
第12回発達性ディスレクシア研究会   2012年   
音韻操作に困難を持つ小学生に対する漢字の読み学習の一例
柳生一自 下條暁司 板垣俊 横山里美 岩田みちる 大塚牧子 豊巻敦人
第12回発達性ディスレクシア研究会   2012年   
四肢の痙性および重度の読み障害を来し、脳磁検査にて左前頭葉・側頭葉の機能不全が疑われた一例
柳生一自 下條暁司 板垣俊 横山里美 岩田みちる 大塚牧子 豊巻敦人
第12回発達性ディスレクシア研究会   2012年   
単語特異的な初期視覚誘発電位と読み速度指標の関連性
奧村安寿子 河西哲子 室橋春光
2012年   
学習到達度に影響を及ぼす学習モダリティーに関する検討
荻布優子 川崎聡大 奧村智人 若宮英司 北村満
2012年   
誤信念課題の通過に関する言語機能およびその周辺領域に関する研究
荻荻布優子 川崎聡大 北村満 室橋春光
日本特殊教育学会第50回大会   2012年   
学習到達度を従属変数とした特異的発達障害の評価と指導
室橋 春光
日本特殊教育学会第50回大会   2012年   
物語文理解における登場人物の心情理解の支援〜自閉症特性のある児童に対する表情カードを用いた学習
足立明夏 室橋春光
日本LD学会第21回大会   2012年   
室橋春光2012 フォニックスとライムの修得がもたらす英単語の学習方略
奧村安寿子 室橋春光
日本LD学会第21回大会   2012年   
発達障害特性が背景にあると疑われた社会的ひきこもりへ、CRAFTを参考にした介入を行った後の転機〜31例の後方視的検討〜
山本彩 室橋春光
第53回日本児童青年精神医学会総会   2012年   
無意味図形の心的イメージと視覚的短期記憶保持の比較
山崎圭子、室橋春光
生理心理学会   2011年   
反復到達運動における腹外側前頭前野の関与ー近赤外線スペクトロスコピーによる検討ー
後藤広太郎、星詳子、佐多正至、宇野英樹、高橋誠、室橋春光
生理心理学会   2011年   
嘘生成時における脳活動の検討
岸靖亮、室橋春光
生理心理学会   2011年   
時間再生課題による時間感覚の検討(2)
富永大悟、室橋春光
基礎心理学会   2011年   
読み書き困難のある生徒に対する英単語の学習支援ーフォニックスのその後:ライムのパターンを用いた単語の読み指導ー
奥村安寿子、室橋春光
LD学会   2011年   
自閉症スペクトラムにおける感情的意味活性に対する半球差ー事象関連電位による検討ー
日高茂暢、豊巻敦人、室橋春光
臨床神経生理学会   2011年   
読み書き困難児における眼球運動検査の有用性
柳生一自、豊巻敦人、坂井恵、室橋春光
発達性ディスレクシア研究会   2011年   
統合失調症患者における自己感覚の異常:体性誘発電位(SEP)、体性誘発磁界(SEF)を用いて
柳生一自、橋本直樹、豊巻敦人、室橋春光
臨床神経生理学会   2011年   
N1m(M100)潜時と自閉症傾向の関係に関する検討
渡辺隼人、横澤宏一、室橋春光
臨床神経生理学会   2011年   
顔文字刺激における倒立効果の検討ー事象関連電位成分N170を指標としてー
日高茂暢、河西哲子、室橋春光
日本心理学会   2011年   
物体記憶の縮小化への符号化時間の影響
和田善哉、河西哲子、室橋春光
日本心理学会   2011年   
自閉症児の援助行動における親密性の影響に関する検討ーきょうだいへの援助行動と実験者への援助行動との比較ー
橋本悟、室橋春光
日本心理学会   2011年   
時間感覚への言語的報酬の効果ーAD/HD尺度との関連ー
山田優士、室橋春光、河西哲子
日本心理学会   2011年   
ひらがな文字列の正書法・音韻処理の特性と時間経過ー事象関連電位を指標とした検討ー
奥村安寿子、室橋春光、河西哲子
日本心理学会   2011年   
The relationship between M100 latency delay and autistic questionnaire.
渡辺隼人、横澤宏一、室橋春光
International Society for the Advancement of Clinical Magnetoencephalography   2011年   
An investigation on the ability to discriminate vowels from multiple speakers in Japanese using mismatch negativity
M.Iwata and H.Murohashi
8th International Conference of British Dyslexia Association   2011年   
Teaching to read and spell English words to Japanese middle school students with developmental dyslexia
Y.Okumura and H.Murohashi
8th International Conference of British Dyslexia Association   2011年   
あらためてテレビゲームとは何か?(テレビゲームの認知神経科学的研究ー暴力的テレビゲームの影響ー:指定討論)
室橋春光
日本心理学会   2011年   
大学教員の立場から(ボランティアとLD親の会との関わりのありかたを考えるー学生と親、それぞれの「意識のズレ」を埋めるためにー:指定討論)
室橋春光
日本LD学会   2011年   
青年期QOLと発達障害指標との関連性ーある定時制高校における学年別調査ー
室橋春光
日本教育心理学会   2011年   
青年期QOLと発達障害指標との関連性ー親の会に所属する親子の調査事例についてー
室橋春光
日本特殊教育学会   2011年   
Similarities and differences of reading difficulty between first and second language In case of Japanese English learners with developmental dyslexia: An electrophysiological analysis using ERP
H.Murohashi and N.Watanabe
8th International Conference of British Dyslexia Association   2011年   
読み書きに困難のある中学生2事例に対する英語学習支援の経過 −単語の読み書き指導におけるフォニックス法の有用性と意義について−
奥村安寿子 室橋春光
第10回発達性ディスレクシア研究会   2010年   
音韻意識が外国語教育に与える影響について −潜在的なディスレクシア児への英語教育−
岩田みちる 室橋春光
第10回発達性ディスレクシア研究会   2010年   
心的イメージと視覚的短期記憶保持時の処理過程の比較
山崎圭子 片山純一 室橋春光
第28回生理心理学会学術大会   2010年   
時間再生課題による時間感覚の検討
富永大悟 室橋春光
第28回生理心理学会学術大会   2010年   
発達性ディスレクシアのある男児2例の事例検討
豊巻敦人 坂井恵 豊澤悠子 室橋春光
第28回生理心理学会学術大会   2010年   
自身の証言に関する認知活動ーERPを指標とした虚偽検出検査からー
岸靖亮 室橋春光
第28回生理心理学会学術大会   2010年   
社会的文脈から予期される感情と表情の意味処理に関する検討
日高茂暢 豊巻敦人 室橋春光
第28回生理心理学会学術大会   2010年   
Cognition of facial emotion on social context; an event-related potential study
M.Hidaka A.Toyomaki H.Murohashi
29th International Congress of Clinical Neurophysiology   2010年   
The method for clear distinction between short and long duration MMNm
H.Watanabe, K.Ykosawa, H.Murohashi
29th International Congress of Clinical Neurophysiology   2010年   
短縮持続時間MMNmと延長持続時間MMNmの違いに関する検討
渡辺隼人 横澤宏一 室橋春光
第40回日本臨床神経生理学会学術大会   2010年   
持続時間変化検出における変化の方向性の影響に関する検討ー自閉症スペクトラム指数高得点者における違いー
渡辺隼人 室橋春光
日本特殊教育学会第38回大会   2010年   
青年期QOLと発達障害特性との関連性ー単位制高校生と大学生の比較ー
室橋春光
日本発達障害学会第45回大会   2010年   
発達障害研究と認知科学
室橋春光
日本基礎心理学会2009年度第2回フォーラム   2010年   
日本語を母語とする読み書き困難児に対する英語指導の事例ー単語学習における困難とフォニックスの指導効果ー
室橋春光 奥村安寿子
日本LD学会第19回大会   2010年   
Orthographic activation in auditory word processing by Japanese English learneres: interconnection and interaction between phonology and orthography
Y.Okumura, H.Murohashi
61th Annual conference of International Dyslexia Association   2010年   
自閉症スペクトラムにおける文脈変化時の意味ネットワーク活性化ー事象関連電位を用いた検討ー
足立明夏 室橋春光 河西哲子 
日本心理学会第74回大会   2010年   
視覚性短期記憶における属性結合について
和田義哉 室橋春光
日本心理学会第74回大会   2010年   
視空間ワーキングメモリのトレーニングに関する効果と限界
土田幸男 室橋春光
日本心理学会第74回大会   2010年   
事象関連電位を用いた社会的文脈における表情認知過程の検討ー ERP成分N400を指標とした検討ー
日高茂暢 豊巻敦人 河西哲子 室橋春光
日本心理学会第74回大会   2010年   
複数話者の日本語母音による音韻変化検出の検討
岩田みちる 室橋春光 河西哲子
日本心理学会第74回大会   2010年   
日本人学習者による、英語単文における文末語の適合性判断ー文末語の音韻情報の影響ー
奥村安寿子 室橋春光 河西哲子
日本心理学会第74回大会   2010年   
社会性の機能要素の追求ー知覚・注意・遂行機能ー(指定討論)
室橋春光
日本心理学会第74回大会   2010年   
発達障害研究と認知科学
室橋春光
日本基礎心理学会   2010年   
社会的文脈による情動と表情認知の関連における検討
日高茂暢、室橋春光、豊巻敦人
日本臨床神経生理学会   2009年   
発達性ディスレキシアのある男児2例の事例検討
豊巻敦人、坂井恵、豊澤悠子、室橋春光
日本臨床神経生理学会   2009年   
青年期QOLと発達障害指標との関連性ー大学生および発達障害のある青年を対象にー
坂井恵、室橋春光
日本LD学会   2009年   
聴覚障害者に関する書記日本語エラーに関する一考察
加藤 耕、室橋春光
The Japanese Studies Association of Ausyralia   2009年   
連続した音系列聴取時の記憶テンプレートに関する検討
渡辺隼人、室橋春光
日本特殊教育学会   2009年   
手話の語認知における眼球運動について
加藤 耕、豊巻敦人、室橋春光
日本特殊教育学会   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 室橋 春光
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 岸 玲子
1.胎児期の環境要因が児の成長発達や疾病発症に及ぼす影響を解明するために立ち上げた2つの前向き出生コホートの詳細な追跡調査を実施し,乳幼児期から学童期の神経行動障害(ADHDなど)や免疫アレルギー疾患に及ぼす影響をアウトカムとして検討している。環境化学物質として母体血中ダイオキシン・PCBs異性体類426名,母乳中ダイオキシン・PCBs異性体類250名,母体血中PFOS/PFOA447名の測定を行った。2.1産院ベースコホートでは,妊娠期,1歳6ヵ月,3歳6ヵ月,7歳時の両親または児の食習...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 間宮 正幸
わが国の若者自立支援の実際に鑑み、特別な教育的ニーズに視点をあてて学校から職場への移行支援とその後の労働と生活に焦点をあてた。先駆的実践が行われているUK 北アイルランド、アイルランド共和国、韓国で調査を行い、それぞれの国でシンポジウムを開催した。とくに、韓国の学校相談システムと青少年相談支援システムに関する調査を行ったことで、今後のわが国での若者自立支援の方向の一端が見えてきた。また、わが国のハローワーク、若者サポートステーションでの臨床研究を行い、さらに、発達障害をもつ若年母親の生活調...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 岸 玲子
妊婦514名とその児を対象とした1産院ベースコホートで、ベースライン時、1歳6ヵ月時、3歳6ヵ月時、7歳時の両親または児の食習慣・生活習慣・職業歴・居住環境・育児環境等を詳細に調べた。環境化学物質として母体血中ダイオキシン・PCB異性体類、母乳中ダイオキシン・PCB異性体類、母体血中PFOS/PFOAの測定した。小児の神経行動発達検査は、生後6ヵ月、1歳6ヵ月時にBSID-II、3歳6ヵ月時に日本語版K-ABC3歳7ヵ月時に日本版CBCLを終了した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 室橋 春光
発達障害は、生物学的基盤の上に社会的影響を受けて発現する。発達障害のある子どもを対象として、生物学的脆弱性について生理心理学的指標を用いて分析するとともに、社会的脆弱性については生活の質(QOL)ならびに障害特性質問紙を開発・利用して分析し、総合的に検討した。そしてそれらの総合的評価に基づいた、一人ひとりのニーズに応じた支援方法を検討し、児童・青年の一部について実施を試みた。