桂木 健次

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/08 08:12
 
アバター
研究者氏名
桂木 健次
 
カツラギ ケンジ
URL
http://jp.linkedin.com/in/csanet
所属
富山大学
職名
名誉教授
その他の所属
非営利活動法人河北潟湖沼研究所

プロフィール

旧制高岡高等商業学校が1929年に収蔵したFriedrich von Wieser( ウイーン大學)Bibliothek〈現:富山大学経済学部資料室に格納)の公開に向けた再整理に携わっています。

 2004 富山大学定年退官
 2009 福岡工業大学定年退職(コンソーシアム福岡・取組担当辞任)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1970年
九州大学 経済学研究科 経済学史
 
 
   
 
九州大学 経済学研究科 経済学史
 
 
 - 
1963年
九州大学 法学部 政治・公法
 

委員歴

 
1992年
 - 
2003年
エントロピ-学会  世話人
 
1994年
 - 
2005年
北東アジア(環日本海)学会  理事
 
2000年
   
 
経済教育学会  代表幹事
 

受賞

 
1991年
計画行政学会中部支部奨励賞
 
1991 ?

Misc

 
地域情報化における環境ネットワークの実験的研究
富山大学教養部紀要   23(7)    1990年
中国東北とソ連(シベリア・極東)における環境問題の現状と問題点
富山大学教養部紀要   23(2)    1991年
環日本海経済時代の到来と課題
九州経済調査協会月報   45(2)    1991年
地球的行動の経済学
富山大学教養部紀要   24(1)    1991年
健康と住宅-高気密・高断熱住宅-
富山の自然と文化      1991年

書籍等出版物

 
現代環境経済学の視座〔『市民社会の思想と運動』所収〕
ミネルヴァ書房   1985年   
乾田化および新港建設がもたらした富山県射水地域の変容に関する研究
射水地域研究会(トヨタ財団)   1985年   
環境と福祉の経済学・増補版
ミネルヴァ書房   1991年   
シベリア・極東地域の経済交流と環境問題
富山大学日本海経済研究所「環日本海経済交流に関する調査研究」   1993年   
環境経済学の研究:環境勘定研究への学的道程
松香堂   1996年   

講演・口頭発表等

 
F.Soddy's Concern about the Sustainable Development and Monetary Reform
EcoBalance 2006.11   2006年   
「環境経済学の源流にふれて」
経済学史学会西南部会   2006年   
市場経済に関する学史的系譜と環境論の位相
経済学史学会第64回大会記念シンポジウム「市場経済の理解と評価:経済学史研究の立場から」   2000年   
「アメリカ環境経済学における学史的研究」
経済学史学会30周年第44回大会   1980年   
City Environments in the snowny land and Improvement Problems - The Casestudy in Toyama City-
ISCORD:International Symposium on     Cold Region Development   1988年   

所属学協会

 
 

Works

 
環日本海経済交流に関する調査
1990年
シベリア・極東学術調査(北陸中日新聞社)
1990年
訳・ウラジオストク(ロシア語より)
1992年
中国湖南省張家界森林公園の研究調査
1992年 - 1993年
韓国経済と環境調査
1993年

競争的資金等の研究課題

 
環境経済学の基礎的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年 - 2003年